上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


カクテルタイムの時間になったので
ラウンジへ行ってみます。







ラウンジの案内
ラウンジ26


お部屋にクラブラウンジの案内が、ちょこっとあったから
写真を撮ってみました。







エグゼクティブラウンジ
ラウンジ16


年末なので
ラウンジのエントランスには、クリスマスツリーが







ビターレモン
ラウンジ17


シュウェップスのビターレモンがありました~。
2人とも、大好きなんです~
 






アルコール
ラウンジ18


カクテルタイムのアルコールは、こんなカンジ。







オードブル
ラウンジ19


オードブルは、軽いものが多いです。






野菜スティック
ラウンジ22


ヘルシーな野菜スティックとかね。







チーズ
ラウンジ20


チーズもありました。







いただきまーす
ラウンジ21


ティータイムと似てますけど、カナッペをつまんでみました~。
温かいスープも。







階段
ラウンジ23


アルコール気分ではないので
ラウンジの様子を確認して、サクッとを出てきました~。







ロビー
ラウンジ24


ロビーにも、クリスマスツリーが飾られています







レセプション
ラウンジ25


昔からあるホテルなのかな。
けっこう、クラシックというか、レトロなカンジ。







ネイル
ラウンジ27


勝手に恒例にしてますが、今回のネイル。



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_07_06


お部屋の写真も、一通り撮り終わったから
クラブラウンジへ行ってみまーす







エグゼクティブラウンジ
ラウンジ1


エグゼクティブラウンジは、確か1階だった気がします。
(グランドフロアの上だったような・・・???)




この時は、何か違和感を感じる・・・
ぐらいに思ってたのですが、今気付きました。

クラブラウンジが低層階にあるのって、珍しいですよね。
窓の外の景色が、目線と変わらないというか。





そしてやっぱり
夕方だけど、外はもう夜の気配みたいな











スコーン
ラウンジ2


イギリスは、ティータイムの文化だから







ケーキ
ラウンジ3


ラウンジのティータイムが、ちょっと楽しみだったんです~







オープンサンド
ラウンジ4


フードが、けっこう空間が目立ちますけど
そんなコトは気にしないもーん







着席
ラウンジ5


テーブルへ戻ってきました~。







ケーキ
ラウンジ6


ケーキの奥は
スコーン用の、クロテッドクリームとジャムです~。







サンド
ラウンジ7


紅茶と一緒に、ティータイムを楽しみました





カクテルタイムまでは、ちょっと時間があるから
この後は、1度お部屋へ戻ります。











エレベーター
ラウンジ8


エレベーターの、このシステムは初めてで
最初とまどっちゃいました~




まずボタンで、行きたいフロアを押すんです。

すると画面に、乗れるエレベーターの番号(A~D)が表示されるので
後はそのエレベーター前で、来るのを待つのですが。












エレベーター
ラウンジ9


タイミングが悪く、エレベーターに乗り損ねちゃうと
また、同じことをしないといけないし。

案内されたところ以外の、他のエレベーターが先に来たから乗ってみたけど
きちんと制御されているみたいで、フロアのボタンが押せなくて乗れなかったり。



まぁ、慣れないと
ちょっとメンドーかな












なぜ???
ラウンジ10


ひとつ、すごーーーーく疑問があって。


お部屋へ戻ると、『ルームサービスです』ってホテルスタッフがきて
なんか、いろいろと置いていってくれたんですよ。







シャンパン
ラウンジ11


ポメリー







フルーツ
ラウンジ12


フルーツいろいろ







ケーキ
ラウンジ13


チョコレートケーキ







お水
ラウンジ14


HILDONのお水と。



なんか、プレゼントっていうコトらしいのですが

さすがに1泊だから、アニバーサリーとは伝えてないし
ヒルトンの会員でもないし。





スイートの特典なのかな。
よく分からないけど、くれたから遠慮なくもらったよ











ハイド・パークの夜景
ラウンジ15


公園が真っ暗な分
遊園地のライトアップが、キレイです~

でも、お散歩気分じゃないから
見-てーるーだーけー





そろそろ、カクテルタイムなので
ラウンジへ行ってみまーす。


テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_07_05


セント・パンクラス駅へ到着後は
タクシーでホテルへ向かいます。

ロンドン到着日のこの日は
ロンドン・ヒルトン・オン・パークレーン・ホテル(London Hilton on Park Lane Hotel)で1泊します。




メイフェアに建つホテルで、目の前がハイド・パークという立地です。
バッキンガム宮殿なんかも徒歩圏なので、翌日お散歩してみます。

この日は、どんより曇っていて(さすがロンドン!)
ちょっとお疲れ気味だから、このままホテルでゆっくりしまーす。










フロアマップ
london11.jpg


今回泊まるのは、パークレーン・スイートというお部屋です。







Park Lane Suite
london12.jpg


お部屋の名前の通り
ハイド・パークを望む、スイートのお部屋になります。







お部屋へ
london17.jpg


お部屋へ入ると
右側が、ベッドルームになります。







ベッドルーム
london13.jpg


ベッドは、ハリウッドツイン。

ロンドンの地理は、全然わからないのですが
ベッドルームからの眺望は、メイフェアになるのかな?







角度を変えて
london14.jpg


ベッドの正面が、デスクになります。







さらに角度を変えて
london15.jpg


もう1枚、撮ってみた。








窓の外
london16.jpg


窓に寄ったら
ベッドルームからも、ハイド・パークが見えました~

すっかり葉の落ちた木々と、どんよりした空が
冬の夕方ってカンジ。







クローゼット
london18.jpg


ベッドルームに隣接するクローゼットは
広さ十分です~。







セーフティボックス
london19.jpg


すでに、ダンナさまのジャケットがかかっておりますが
セーフティボックスも、こちらに。







バスルーム
london20.jpg


ダブルベイスンで、タオルもいっぱい
もちろん、バスローブもあります。







シャワーブース
london21.jpg


シャワーブースは、レインシャワーだったかな。







トイレ
london22.jpg


使わないけど、ビデ付き。







アメニティ
london24.jpg


ヒルトンだと、よく見かけます。
バスアメニティは、ピーター・トーマス・ロス(PETER THOMAS ROTH)。







リビングルーム
london23.jpg


最後は、リビングルームへ。







横長のお部屋
london25.jpg


リビングルームは、横長になっていて
大きくとられた窓は、緩やかなカーブを描いています。







角度を変えて
london26.jpg


こちらの写真と、上の写真の2枚は
翌朝、撮ったものになります。

部屋の全景が分かりそうなものが
コレしかなくて・・・。







ソファアップ
london27.jpg


大きなソファで、リラックスできまーす







ソファ背面から
london29.jpg


ソファのナナメ後ろから、お部屋を撮ってみました~。







シェルフの方を
london28.jpg


シェルフの方へ、近づいてみました。







チェアの後ろから
london30.jpg


チェアのナナメ後ろから、デスクの方を撮ってみました~。








london31.jpg


今回、楽しみにしていたのが
お部屋の、このバルコニー。

当たり前だけど寒いから、結局この時しか外へ出なかったけど
お部屋にバルコニーがあるって、うれしいですよね







窓の外
london32.jpg


左側の景色は、こんなカンジ。







正面
london33.jpg


正面を向くと、ハイド・パーク・ビュー。







右側
london34.jpg


右を見ると、ロンドンのクリスマスの風物詩
ウィンター・ワンダーランドが見えます

ロンドンの中心部のハイド・パークに
毎年クリスマスの期間限定で出現する、巨大な遊園地です。




本当は、あそこまでお散歩へ行きたかったんだけど
この後ラウンジでまったりしたら、動きたくなくなって。

寒いし、雨もあやしかったし・・・
と、なんだかんだ言い訳をして、行くのを断念しちゃいました~









ミニバー
london35.jpg


ミニバーには
コーヒーセットや







ポット
london36.jpg


ポットもきちんとあります。







冷蔵庫
london37.jpg


冷蔵庫オープンッ
完全放置プレイだけどねー








テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_30


4日目のこの日は、パリからロンドンへ
ユーロスターで移動します。

ユーロスターには、パリ北駅から乗るのですが
なんだか、とっても治安が悪いところらしい・・・。





と、いうことで。

ホテルからパリ北駅までは、タクシーで行きましたが
一切、写真はございません(絶賛、警戒中だったので・・・)




入国審査も混まずにスムーズで
入国審査官から、まさかの日本語の世間話も・・・











スタンダードプレミア
london1.jpg


ユーロスターの座席クラスは、
スタンダード、スタンダードプレミア、ビジネスプレミアの3種類があります。

言い方を変えると、それぞれ2等、1等、特等といったところでしょうか。



今回予約したのは
真ん中の、スタンダードプレミアです。












2人席
london2.jpg


2名なので、こちらの2人席を。







お食事
london3.jpg


スタンダードプレミアなので、軽食がつきます。
確かメインは、2~3種類から選べたような気がします~。


 




ワイン
london4.jpg


ドリンクも込みのため、ワインにしてみました。







時速
london5.jpg


だいたい、このくらいで時速で走っていたと思います。

速さでいえば、上海のリニアが早かったなぁ
と、ついつい思ってしまいました







車窓から
london6.jpg


途中、こんなカンジの
のどかな風景が広がります。







到着
london7.jpg


セント・パンクラス駅へ到着。







ホーム
london8.jpg


パリからロンドンまで、2時間ちょっと。
近いですね。








ツリー
london9.jpg


大きなクリスマスツリーが、あるのですが







寄ってみた
london10.jpg


ディズニーキャラクターのぬいぐるみが
タワー状に、いーーーーっぱい積まれていて

1番上、TOPに君臨するのはやっぱり
『THE Disney』な、王座のミッキーです




・・・さすがに、これだけ積まれてあると
キモチわるいと思ってしまうのは、私だけ???





テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_29


翌日は、ロンドンへ移動するので
パリでのディナーは、この日が最後です。

ホテルからタクシーに乗って
ヴァンドーム広場近くの、カスティリオーヌ通りへ。







Carre des Feuillants
トリュフ1


パリでの最後の晩餐は、1区にある
ミシュラン2つ星の『カレ・デ・フイヤン(Carre des Feuillants)』へ。

大きなワインボトルのオブジェが、カワイイ







内装
トリュフ2


内装は、とてもシンプルです。

19:30のオープンの時間と共に入ったので、誰もいませんが
この後、続々と人がいらっしゃいました。







一口アミューズ
トリュフ3


ギャルソンにうながされるまま
まずはこちらのピックを。







シャンパーニュ
トリュフ4


シャンパンで乾杯







アヴァン・アミューズ
トリュフ5


アミューズと一緒に。







コース
トリュフ6


今回、レストランのHPで
とってもお得なコースを見つけてしまったんです




メニューの中に、トリュフがひょこひょこ顔を現して
オマール・ブルーの文字も見える、こちらのゼイタクなコースは€230なのですが

その中には、乾杯のグラス・シャンパン、白・赤・デザートワインのフリーフロー
おまけにお水・カフェも込みという

至れり尽くせりな、スバラシイものなんです~












アミューズ・ブーシュ
トリュフ7


2皿目のアミューズは
ケーキみたいでカワイイ







パン
トリュフ8


パンもおいしくて。







スティック
トリュフ9


こちらのスティックも
ワインを飲みながら、いただきます。







白トリュフ
トリュフ10


BOUILLON MOUSSEUX DE CHATAIGNES,
TRUFFE BLANCHE ET POULE FAISANE







アップで
トリュフ11


栗のヴルーテ&ムースの上にのっているのは、白トリュフ
前菜から、すごいです~







バケット
トリュフ12


こちらのバケットが、一緒に添えられてます。







ワイン
トリュフ13


このあたりで、白ワインを







パン
トリュフ14


パンも遊びに来ました~







オマール海老
トリュフ15


HOMARD BLEU, BOLETS






アップで
トリュフ16


一皿で、3度おいしい
オマール・ブルーの一品です。







赤ワイン
トリュフ17


次のお料理にそなえて
赤ワインをいただいてみまーす







トリュフ
トリュフ18


LA TRUFFE EN COQUE DE TRUFFE







アップで
トリュフ19


今までトリュフって
スライスされたものか、細かくなった状態でしか、いただいたことがございませんが

こちらのお皿には
トリュフがまるまる一つ、のってるんです







トリュフ入刀
トリュフ20


おそらく、はむたんの人生で
最初で最後だと思われます。

トリュフ入刀







仔鴨
トリュフ21


CANETON CROISE ROTI SUR L'OS,
ORANGE,OLIVE ET NAVET







アップで
トリュフ22


メインは、クロワゼ仔鴨のロティ。







フロマージュ
トリュフ23


BRILLANT SAVARIN EN FOUGERU TRUFFE







アップで
トリュフ24


コースに組み込まれている、こちらのフロマージュにも
トリュフが使われてます。







アヴァン・デセール
トリュフ25


一皿目のデザート






アップで
トリュフ26


チョコムース&抹茶・・・だったかなぁ。

和を意識してるのかな?
なんて、思ったような気も・・・。







グラン・デセール
トリュフ29


FRAISES DES BOIS EN PAVLOVA,
SORBET A LA ROSE, GELEE DE LITCHIS







アップで
トリュフ30


なんだか、とっても個性的なビジュアルです。







デザートワイン
トリュフ28


ダンナさまだけ、デザートワインもいただきました。







ミニャルディーズ
トリュフ27


ミニャルディーズと一緒に、紅茶をいただきます。







カフェ
トリュフ31


とってもゼイタクなコースで
いや、なんか、すごくて

どのお料理も、本当においしくいただきました




まるごとトリュフに、ナイフを入れる時も
『トリュフって、こうやって食べるものだっけ???』

なぁんて、話したりして
ゼイタクな気分も、楽しませていただきました~












ショコラ
トリュフ32


サービスもスマートで
大満足な、パリ最後の晩餐でございました







ホテルへ戻ってきた
トリュフ33


1Fのカフェが有名ですけど
泊まってるからいいかなぁと、1度も利用しませんでした~







カフェ
トリュフ34


夜も遅く、かなり寒いと思うのですが
そんな中でもパリの方たちは、テラスを楽しんでいらっしゃいます。

同時多発テロから、まだ1ヶ月半ほどでしたが
そんなものには屈しない、強い心が見える気がしました。







テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_28


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。