FC2ブログ



先週末、2泊3日で京都へ行ってきました~



『そうだ 京都、行こう』



何年もそう思いつつ、まぁーったく行動を起こしてませんでしたが
そろそろ本気で、行きたいなぁ・・・と、思って





春節というコトでメジャーな観光地は、日本人よりも中国人・韓国人の方が多く
混雑もしていましたが

中学校の修学旅行以来の京都は
色々なものが新鮮で、風情が感じられて、楽しかったでーす





そしてやっぱり
大人になってからでないと、あの良さは分からないよ~



と、改めて思いました。
中学生にとっては、京都そのものは楽しくも何ともないもーん









と、いうコトで
全くなんの関係もない前置きは、このくらいにして。

半年前くらいになってしまいますが
銀座の『ロドラント ミノルナキジン(l'Odorante Minoru Nakijin)』へ行ったので、その時のお話でも・・・。











丸められた紙
ミノルナキジン1


お皿の上にのった、丸められたこの紙は
メニューではなく

お店のコンセプトというか、メッセージというか
そんなカンジだったと思います。



なぜ丸めてあるのか、聞いてみたところ
フランスでこのようにしてるお店があって、シェフがそれを意識してるのかも・・・とか。

イマイチ、ハッキリおっしゃっていなかったので
本当のところは、よく分かりませ~ん










アヴァン・アミューズ
ミノルナキジン2


プチクロワッサン・しらすのタルト・マカロン





アップで
ミノルナキジン3


手前左側のプチクロワッサンは
中のハモンイベリコとアンチョビが、サクッと軽い生地によく合ってます。




手前右側のしらすのタルトは、上にサマートリュフが
タルトは玉ねぎでつくられた、薄~いパリパリのもの。

しらすの下のサワークリームも合わさって、一口なのがもったいない
すばらしハーモニーです~




マカロンは確か、ロックフォールを使ってるって言ってた気がします。
ただ、青カビらしさは感じられず・・・。









カンパイ
ミノルナキジン4


シャンパンでカンパーイ





アミューズ
ミノルナキジン5


アミューズは、コクティエ





ちょっとだけ俯瞰で・・・
ミノルナキジン6


卵の殻の1番下に、甘いメープルシロップがあって、
その上に、温かい卵黄、冷たくて酸味のあるクリーム
1番上には、ブラックペッパーと唐辛子の粉が。

甘味・酸味・辛味・温かい・冷たいと
色々楽しめる1皿にしたかったんだって。





パン
ミノルナキジン7


パンはたぶん、ライ麦だと思います。

ホイップバターには、レモンの皮かな
かかっていて、ふわっと香りがしておいしい。





アントレ
ミノルナキジン8


前菜は、グリーンアスパラ





アップで
ミノルナキジン9


グリーンアスパラの下に、カリフラワーのヴルーテ
っていう、『THE お野菜』な1皿

見えないけど、みじん切りのエシャロットやトマトが
爽やかさを演出してます。



まわりの点々は、オリエンタルなソースというだけど
感じたコトをストレートにいうと、カレーの味。(例えがジャンクで申し訳ないです。)

夏らしいお料理です。










スープ
ミノルナキジン10


とうもろこしの冷製スープ。
『THE とうもろこし』な、甘くて本当に味の濃いスープです。





アップで
ミノルナキジン11


とうもろこしの実以外にも
違う食感や香ばしさが楽しめる、ポップコーンが入ってたり
苦みを加えるために、コーヒーゼリーが入ってたりと

シェフの遊び心あふれる一皿に、仕上がっております。





白ワイン
ミノルナキジン12


ココで、グラスで白をオーダー。

この白ワインは、6樽しか作らない珍しいものだそうです。
日本に入ってくるのも、数が少ないらしいです~。





ポワソン
ミノルナキジン13


お魚は、銚子で水揚げされたスズキ

もう、見るからに
スズキの火入れの絶妙さが伝わってきます





アップで
ミノルナキジン14


豆苗とアサリのソースは、アサリの旨みが楽しめまぁーす。

その上にあるスペルト麦は、古代麦で栄養価が高いそうです。
ぷちっともちっとした食感がよくて、風味もいいカンジ。

スズキだけじゃなく、アサリもちょうどよい火の入り方





グラニテ
ミノルナキジン15


お口直しのグラニテは
マンザナっていう青リンゴリキュールと、ハーブ(オゼイユ)のシャーベット

上のハーブのさわやかな酸味が、フルーツを食べてるみたいでおいしい。





赤ワイン
ミノルナキジン16


赤ワインは、ダンナさまと、はむたんで
それぞれ別のものを飲んでみました~。





ヴィアンド
ミノルナキジン17


お肉は、ランド産のマグレカナールを低温調理したもの。





アップで
ミノルナキジン18


しっかりとした肉質は、柔らかいけどほどよい歯ごたえがあって
ほんのりフォアグラの香りも。

脂身が細かくカットされてるんだけど、すごぉーく香ばしく焼かれていて
噛むとぷちって脂の濃厚な旨み・甘味が、じゅわ~って口の中に広がります

付け合わせは、ポワロ葱やジロール茸とか。





ナイフ
ミノルナキジン19


お肉用のナイフがかわいかったから、撮ってみました~。





アヴァン・デセール
ミノルナキジン20


クレームブリュレなのですが
ピスタチオオイルの風味が楽しめます。





グラン・デセール
ミノルナキジン21


球体は、ヌガーグラッセ。
メレンゲ、生クリーム、ドライフルーツを混ぜたアイスクリーム。

ねっとりとした濃厚さもあるんだけど、なめらかで口溶けがよくて
ドライフルーツの味・食感・香りが、いいアクセントに。

下のキウイフルーツのソースが、まんまキウイ。
上のキャラメリゼされたチュイルを崩しながら、一緒に。





カフェ
ミノルナキジン22


カップ&ソーサーは、レイノーでした。





小菓子
ミノルナキジン23


最後のミニャルディーズのあたりが、1番酔ってて
説明聞いてたんだけど、全然入ってこなかった

なんかね、マシュマロみたいなのを
『バスクリンの香りがするね』って食べてた記憶が・・・




最後は、シェフがお見送りしてくれます。







お店の名前の『ロドラント』は、フランス語で『香り・芳香』をイミするそうです。

お料理だけでなく、お店の空間やコンセプトなど
色々とこだわりが感じられるお店だと思います。




席数は多くなく、この時も満席だったかなぁ。
隠れ家のような落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりとお食事を楽しめました


テーマ : フレンチ    ジャンル : グルメ
2016_02_16


だいぶ前になってしまいますが・・・
はむたんのバースデーディナー

新宿の、ハイアットリージェンシー東京の1階にある
『キュイジーヌ[s]・ミッシェル・トロワグロ』へ、行ってみました~。





テーブルセッティング
トロワグロ1


トロワグロさん
1度、来てみたかったんです~。





カンパイ
トロワグロ2


シャンパンでカンパイ





メニュー
トロワグロ3


今回は『一歩ずつ...』というコースをオーダー。
本日のメニューは、このようになっております。





はじまりの一品
トロワグロ4


スナップえんどうの上には、ドライにした生ハムが。
京人参のタルトは、フィリングに柑橘系も入ってます。
いかすみのパン粉は、中からトリュフの香りが





パン
トロワグロ5


温かいパンが、カゴに入って遊びに来ました~。





ブリオッシュ
トロワグロ8


最初のこのパンは、ブリオッシュ。





アミューズブーシュ
トロワグロ6


写真だと、全く分からないのですが
アミューズは、小さく切ったヤリイカです。

細かいのはカリフラワーで、白ごまものってます。





オーガニックのパン
トロワグロ9


お食事中のパンは、オーガニックのパンがきました。
本当に、香りがオーガニックなカンジだ~。





冷前菜
トロワグロ10


サヨリのダンテル オゼイユとキャビア





アップで
トロワグロ11


オゼイユに巻かれた細切りのサヨリが、食感がよくて
キャビアと一緒に食べると、さらにおいしい





温前菜
トロワグロ12


フォアグラとアンディーブ レーズンとタマリンドのソース 





フォアグラアップ
トロワグロ13


フレッシュなフォアグラを蒸しております。
コレが、すごぉーくおいしい

蒸してあるからなのかな

より、フレッシュ感が感じられて
やわらかくてレアなカンジ。





白ワイン
トロワグロ14


ココで、白ワインをオーダー。





パイ包み
トロワグロ15


途中で、メインの羊を見せにきてくれました。
羊の脂を巻いて、パイ包みにしてあります。





テーブルのオブジェ
トロワグロ16


リンゴはよくあるけど
ピーマンやキノコなんかもあるんだねー





お魚
トロワグロ17


ホウボウ“リオ・デ・ジャネイロ”菜の花

どうでもいいんだけど
リオデジャネイロって、そう分かれるんですね~。





アップで
トロワグロ18


ほうぼうは、ふっくら柔らかで
ちょうどいい火の入りです~。

上には、ガーリックと唐辛子をのせて
情熱的なリオデジャネイロを表現しているんだって。



ソースの海老のビスクが、濃厚でおいしいんです

あまったソースを持ってきてくれたから
遠慮なく、たっぷり楽しませていただきました~










お魚
トロワグロ19


ラングースト キャロットと柑橘のブイヨン 七味唐辛子





アップで
トロワグロ20


どこ産だったか覚えてないけれど、たしか関西以西のうちわえび。
こちらも火の入り方が絶妙です

京人参のソースは、柑橘系の香りがすごくいいの。
クスクスはそんなにスキじゃないけど、ソースと合っておいしくいただきました





ナイフ
トロワグロ21


お肉のナイフが遊びにきたんだけど
カワイイから撮ってみました~。

残った白ワインを、ダンナさまの方へ追いやって
赤ワインをオーダーしたハズなんだけど


写真撮り忘れたっぽい・・・







お肉
トロワグロ22


仔羊の鞍下肉 ハーブの香る塩のパート 





アップで
トロワグロ23


パイが外されて、やってきました。

この、まわりの脂身が濃厚で
めちゃめちゃジューシー

ソースも、羊のガラや骨を丁寧に取り除いてつくられたものらしく
羊のお肉とよく合って、おいしいの



このおソースもいい味が出てるからって、また持ってきてくれたので
遠慮なく、パンと一緒にいただきま~す









フロマージュ
トロワグロ24


デフォルトのチーズは、ワゴンサービスで。

お皿に載るだけ、載せますよ
という、うれしいお言葉をいただいたので





こんなカンジ
トロワグロ25


クミンシードや、オレンジの花の蜂蜜と一緒に。





アヴァンデセール
トロワグロ26


最初のデザートが、遊びにきました





こんなカンジ
トロワグロ27


パンナコッタの上に、何かジュレがのってます。

パルメザンチーズやクルミなんかが、細かくなってのってるのですが
チーズがよく合います





グランデセール
トロワグロ28


アシデュレのニュアンスということで
甘酸っぱいカンジ。




まわりのフルーツはデコポンで
薄くスライスされてる生姜のゼリーと一緒に。

丸っこいフォルムのものは
上の白いのが、ヨーグルトなのは覚えてるんだけど
・・・あと忘れちゃった




お誕生日のお祝いということで
メッセージが入ってまぁーす









小菓子
トロワグロ29


最後はミニャルディーズと





カフェ
トロワグロ30


紅茶をいただいて
ゆっくりと、食後の余韻にひたっておりました。




シンプルモダンな空間も、居心地がよくて
シアワセなキモチになれる、そんなステキなバースデーディナーになりました

またお邪魔します



テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
2015_12_03


横浜に『俺のフレンチ』ができたので
予約をして、週末に行ってみました~。

どんなカンジなのか、気になってはいたけど

わざわざそのために、青山とか銀座へ出るなら
他のお店へ行く方がいいなぁ・・・



と思ってたから、なかなか行く気が起きなかったのですが
横浜にできたのなら、サクッと行けちゃうもんね~。







俺のフレンチ
俺のフレンチ1


17:15の回で予約をしていたので、5分ぐらい前に着いたのですが
それでもはむたんたちが、この回だと1番最後くらいでした。

みんな、早くから来てるんだね。


でも予約してた人たちで、店内が埋まっちゃったから
予約しないで並んでる人たちは、いつになったら入れるんだろう・・・





メニュー
俺のフレンチ2


オール着席なので、予想はしてましたが
隣と、とっても近いの

最大限、テーブルを配置したんだろうなぁ・・・。





ドリンクメニュー
俺のフレンチ3


ちなみに、今月の俺のシャンパンは
ドラピエでした。





カンパイ
俺のフレンチ4


ダンナさまは、生を。
はむたんは、ベリーニ

お通しは
バゲットと、鶏のリエットです。





本日のカルパッチョ
俺のフレンチ5


冷前菜から
本日のカルパッチョを。

サーモンの上に、アーモンドスライスと
小さく刻まれたオレンジが乗ってます。





フォアグラのポワレ
俺のフレンチ6


温前菜から
フォアグラのポワレ ごぼうくずしを。

シェアしやすいように、かな
フォアグラは、ちゃんと2つあります。





ブイヤベース
俺のフレンチ7


魚介料理から
オマール海老と魚介のブイヤベース風を。

オマール海老・鯛・帆立・あさり・ムール貝の下には
焼きリゾットが隠れてます。





ロッシーニ
俺のフレンチ8


おそらく、ほとんどのテーブルで注文してると思われる
牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニです。



お肉がね。イマイチで
とっても残念









俺の重赤
俺のフレンチ9


俺の重赤は、価格を考えたら
アリかなって思いました。



赤ワインの写真を撮ったんだけど
斜め前のテーブルの方々が、なぜかカメラ目線。

ひょっとしたら
そっちを撮ってると勘違いされたかな・・・









途中、ジャズの生演奏もあるのですが
あれだけ小さな店内で、あのボリューム音だと

・・・会話できないよー。

演奏されてる方には、申し訳ないけど
もう少しボリューム落として、完全にバックミュージックの方がいいんじゃないかと・・・





2人で
フード4品、ドリンク4杯で、10,000円でしたが

コスパがいいとは、思えなくて・・・。

別に、まずくはないけど
特別おいしいワケでもなくて。


想像はしていたのだけど
最初から最後まで、ガヤガヤ落ち着かなくて。






フレンチを食べてるっていうよりも
居酒屋に来てるってカンジで

この価格だったら、他にもっとおいしいお店があるから

1度行けば、十分だね
っていう結論に達しました。





8月末ぐらいにオープンしましたが
今は平日だと、そんなに並んでません。

でもやっぱり、週末は人がいっぱい並ぶみたい。





ちなみに。

お店は、オープンキッチンになってて
はむたんの席からは見えなくて、ダンナさまが見てたんだけど

中身が少なくなっただろう、2つのシャンパンボトルを

他のシャンパンボトルに注いで、1つにまとめて
そのまま、お客様のテーブルへ持っていって注いだらしい。




ワイルドだねー。

というか
ちょっと、ザツいのでは・・・





お店でデザートを食べる気にならなかったので
スイーツは別で買って、おうちで食べました。


でも、テーブルに運ばれていくのを、遠目から見てたら
『私のエクレア』は、ちょっと気になりました~


テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
2015_09_03


山下公園前にある、ホテルモントレ横浜の13Fに
フランス料理のレストラン、『エスカーレ』があります。

平日限定ですが、お得なランチがあるというコトで
行ってみました~





ESCALE
エスカーレ1


スパークリングワインで、カンパ~イ





店内
エスカーレ2


店内は、あまり広くなくて
こじんまりとしてます。

このホテルの2Fの和食のお店、『随縁亭』はたびたび行くのですが
こちらは初めてです~。





景色
エスカーレ3


山下公園が目の前の立地で
13Fで、前が抜けてるので

景色がいいです~。





ドリンクメニュー
エスカーレ4


今回のランチ、なにがお得かというと

このメニューにあるドリンクが
ぜ~んぶ、フリードリンクで楽しめちゃうんです~





前菜
エスカーレ5


前菜の盛り合わせが、遊びにきました~。





パン
エスカーレ6


パンもいただきまーす。





スープ
エスカーレ7


全然覚えてないけど
カボチャのスープだと思われまーす。

ビジュアル的に。





お魚料理
エスカーレ8


お魚料理は、オマール海老と鯛です。





アップで
エスカーレ9


ちょっと小さいオマール海老だけど
ソースをたっぷりつけて、いただきます~。

鯛の後ろには、サフランライスも。





パン
エスカーレ10


最初のとは違うパンだー。





肉料理
エスカーレ11


牛フィレ肉とフォアグラのパイ包み焼き マデラ酒ソース





アップで
エスカーレ12


明るく撮ろうとしたら、ちょっと失敗してしまいましたが
シェフ自慢の一品だそうでーす。






デセール
エスカーレ13


前菜と同様に
デザートも盛り合わせ





小菓子
エスカーレ14


今回のこのランチは
フリードリンク込みで、4,000円です。

前菜・スープ・魚・肉・デザートのコースで、この価格って
コスパ高いですよね




ホームページから予約できるのですが
周りの方も、同じコースを予約してたみたいで

みなさん、いっぱい飲まれてました



はむたんも強かったら、もっと飲めるのになぁ・・・。

3杯しか飲めない自分に、若干悔しさを覚えますが
それでも全然、お得だと思います~








食後に、お散歩がてら赤レンガ倉庫へ寄ったら

そういえば
ちょうどフードコートに、気になるお店があったハズ・・・



と、いうコトを思い出したので
寄り道して、軽くおやつを食べるコトに











活イカ刺し
エスカーレ イカセンター


『横浜イカセンター』で、イカのお刺身を
前からこのお店、気になってたんです~

メニューには、2,000円~と書いてありますが
大きさによって、価格が異なるみたい。

この日のイカは、大きめというコトで
このイカさんは、3,000円でした。




さばかれて、目の前に出てきたこの状態でも
まだ生きてて、動いていて

新鮮でおいしかったです~





テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
2015_08_31


だいぶ前のお話になってしまいますが
おいしかったから、UPしちゃいました~。



六本木ヒルズのけやき坂に、2014年3月にオープンした
ジャン・ジョルジュ東京。



上海やNYで行きたかったけど、結局、他のお店に行ってしまったので
今回行くコトができて、よかったです~








Jean-Georges Tokyo
jg1.jpg


オープンして9ヶ月で、ミシュラン一ツ星を獲得してましたね。
そんなミシュラン発表直後のお話です。

たびたびですが
古くてゴメンなさい。。。






カウンター
jg2.jpg


1Fは、オールカウンターで
ライブ感あふれる、オープンキッチンとなっております。

2Fはテーブル席でーす。





天井
jg3.jpg


吹き抜けで、天井が高いの。





ぱーてぃーぴーぽー
jg4.jpg


お店の外を見てみると
ぱーてぃーぴーぽーが

クリスマスや年末が控える、12月の師走の季節だから
シェフ曰く、この時期はやっぱり多いらしいでーす。





パン
jg5.jpg


最初のパンは、ビジュアルがスコーンみたいな
バターの香り豊かなパン。

温かくて、サクッとしてます。
バターをたっぷりつけて、いただきまぁーす





テーブルセッティング
jg6.jpg


このパンのお皿とか、薄くてとってもカワイイの。

食器類は某ブランドで統一されてるって、教えてもらったんだけど
・・・どこのだったか忘れちゃった





カンパイ
jg10.jpg


とりあえず、グラスシャンパンを
ビルカール・サルモンです。

はむたんはそんなに飲めないから
ダンナさまだけ、ワインペアリングにしました。





メニュー
jg7.jpg


Winter Tasting Menuは、こんなカンジ。





アミューズ
jg8.jpg


全粒粉のクルトンの上に、ウニがのってまーす。
丸い粒はライムです。

カリカリのクルトンと、ぷちぷちはじけるライム
クセがなく甘~いウニに、ライムの爽やかな酸味

色々な食感や味が楽しめます。





エッグキャビア
jg9.jpg


キャビアさま。サイコー

中のスクランブルエッグが、温かくて滑らかで濃厚なんです。

甘みのある、柔らかい液状のスクランブルエッグと
上のクリーム、キャビアを一緒に・・・シアワセ





本マグロのヌードル仕立て
jg11.jpg


本マグロのヌードル仕立て
アボカド、ラディッシュ、ジンジャーマリナード





アップで
jg12.jpg


本マグロの下には、アボカドのペーストがひいてあります。
ジンジャーの効いたソースが、よく合ってます。





パン
jg13.jpg


パンが変わった。





フォアグラテリーヌのブリュレ
jg14.jpg


フォアグラテリーヌのブリュレ
パイナップルと国産レモンのジャム





アップで
jg15.jpg


もうッ

ナイフをいれた時の
キャラメリゼされた表面の『サクッ』が、たまらない

下には、ブリオッシュがあって
ローズ風味の塩が、お皿の上にのってます。


パイナップル&レモンのジャムを
濃厚なフォアグラテリーヌと一緒にいただきます。





コレは個人的な好みですが
フォアグラ単体でも、とぉーってもおいしい










リゾット
jg16.jpg


毛ガニのリゾット
海藻とユズ





アップで
jg17.jpg


カニ味噌の風味が、とっても豊かな
食感のよいアルデンテのリゾットには

カニの身も入っていて
上の岩海苔とユズも、和を感じられていいです~





お魚
jg18.jpg


スパイスをまぶしたアイナメ
スウィート&サワーソース





アップで
jg19.jpg


アイナメが、ふっくらと柔らかく仕上がっていて

上にのってるスパイスは
ヘーゼルナッツやブラウンバターが、甘みを醸し出しています。

鰹だしの効いたスープをたっぷり絡めて
いただきまーす





お肉
jg20.jpg


蝦夷鹿のロースト
かりんとマデラ酒のコンディメント ブルーチーズ



ジビエの季節だからかな。
メインは鹿さんでした








アップで
jg21.jpg


かりんは、本当にかりんってカンジ。
甘みや酸味、果実感がたっぷり。

ブルーチーズも、少しにおいは和らいでいるけど
まんまブルーチーズ。



両方のソースを合わせると

やっぱり、ブルーチーズの方の香りやクセ、塩気が表に出てくるけど
そこに果実感もプラスされて



おいしいです~








メッセージプレート
jg22.jpg


事前に、結婚記念日のお祝いと伝えていたので

こんなメッセージプレートが、遊びに来ました
ありがとうございます





デザート
jg23.jpg


温かいJGチョコレートケーキ
キャラメルアイスクリーム





アップで
jg24.jpg


温かいフォンダンショコラと、冷たいキャラメルアイス。
一緒に食べて、おいしくないワケがないですよね

ちなみに、フォンダンショコラは
そこまでは溶け出さなかったです。





ミニャルディーズ
jg25.jpg


たぶん、奥から

ヌガー、ライム(ユズだっけ?)のプリン
クッキーをホワイトチョコでコーティングしたモノ、フランボワーズのお餅





紅茶
jg26.jpg


最後は、アールグレイを。

このカップ、表面のマットなカンジがとってもカワイイ





上を見上げてみる
jg27.jpg


お手洗いは2Fなので





下を見下ろしてみる
jg28.jpg


2Fへ上がって
下を見下ろしてみました~。






さすが、ジャン・ジョルジュさん

アジアンテイストが随所に散りばめられた、NY発のフレンチは
どのお料理も、どれもとってもおいしくて

カウンター席も、目の前でお料理ができあがるのを見られて
シェフとお話ができて楽しくて

サービスも、お見送りまでしっかりしていただけて




リアルに、ゴキゲンになれちゃう
すごぉーーーーーーく、ステキなお店でした。

また行きたぁーい







BMW i8
jg29.jpg


ヴィトンの前を通ると、BMW i8 が展示されてました。

LOUIS VUITTON が、BMW i8 のために
i8専用のラゲージを製作した


とか、でしたっけ。





車自体は、コラボしていないですけど
行き交う人みんな、写真を撮ってました









テーマ : フレンチ    ジャンル : グルメ
2015_07_14


11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top