パリ・ロンドン3日目② ヴェルサイユ宮殿は広かった・・・


ヴェルサイユ宮殿は、思っていた以上に広かったので
まだまだこの後も、散策を続けます。







エントランス
ヴェルサイユ19


ラデュレを後にして
再度、宮殿内へ入ったのは覚えてるのですが








???
ヴェルサイユ20


なんのお部屋か、覚えてないんです~。







???
ヴェルサイユ21


グリーンのファブリックが
カワイイなぁと、思ってみたり。







???
ヴェルサイユ22


本がいっぱい並んでいるので
書庫のひとつか何かでしょうか。







庭園
ヴェルサイユ23


建物を出て、庭園へやってきました。







ラトナの泉
ヴェルサイユ24


庭園が広すぎて
どう写真を撮っていいのか、分からず








ヴェルサイユ25


本当に広くて、気付くと結構歩いてきていて






振り返ってみた
ヴェルサイユ26


振り返ってみると
あの大きな宮殿が、遙か向こうに小さく見えています。





最終的に、あそこまで戻るのかぁ・・・

と、考えると
急に足に疲れが来てしまうので




気を取り直して。
横へ逸れて、グランド・トリアノンへ。











柱廊
ヴェルサイユ37


グラン・トリアノン到着。







鏡の間
ヴェルサイユ27


並んでいる調度品が、本当にステキです
天井も高いです~。







柱廊に戻った
ヴェルサイユ28


昔はここを、華やかなドレスを着た女性が歩いていたんだろうなぁ

とても静かな空間で、すごぉーく絵になりそうで
思わず、そんな想像をした瞬間。








コテルの回廊
ヴェルサイユ29


ヴェルサイユ宮殿と
トリアノンの風景画が、掲げられています。








グラン・トリアノンの庭園
ヴェルサイユ38


ヴェルサイユ宮殿から少し離れ
こちらの離宮は、落ち着いた空気が流れている気がします。







大理石
ヴェルサイユ30


グラン・トリアノンは、その装飾から
「大理石のトリアノン」と呼ばれていたとか。

ピンク色の大理石が、カワイイんだけどきちんと品があって
ステキなんです~。







プティ・トリアノンへ
ヴェルサイユ31


今度は、プティ・トリアノンへ来てみました。



元々は、ルイ15世が
愛妾ポンパドール夫人のために建てた離宮です。

でもポンパドール夫人は、完成前に亡くなってしまい

その後、公式愛妾のデュ・バリー夫人に贈られて
ルイ16世が即位した際に、マリー・アントワネットが所有しました。





マリー・アントワネットが、自分のお気に入りだけを集めて
この離宮で多くの時間を過ごしたというお話。

ただ、ここへの出入りを許されなかった多くの貴族から
反感を買ってしまったとか。




誰だって、気心知れた好きな人と過ごせたらシアワセだけど
まぁ、反感買っちゃうよね。どーしたって。












小宴会の間
ヴェルサイユ32


家具は実際に、マリー・アントワネットが使用したものです。







外へ出てきました
ヴェルサイユ33


こーゆーところへ来ると
もっと世界史を勉強してたらなぁ・・・

と思ってしまいます。
(私は、日本史だったので)








愛の神殿
ヴェルサイユ34


マリー・アントワネットは、ここで
フェルゼンと会ったりしたのかなぁ

『愛の神殿』なんて言われたら、そう思っちゃうよね。








帰り道
ヴェルサイユ39


久しぶりに、この角度で写真撮りました。

道がまっすぐで、どうやったら撮れるかなぁ
って考えた結果が、コレだったらしい・・・(ビミョーすぎる・・・










ただいま~
ヴェルサイユ35


ホテルへ戻ってきたので
お部屋でティータイムしまーす







エッフェル塔のライトアップ
ヴェルサイユ36


ディナー前に、ホテルからちょっと歩いて
エッフェル塔のライトアップを見に行きました~。

静止画だと分からないけど、キラキラのシャンパンフラッシュが
とってもキレイだったの





スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_27

Comments

 

こんにちわ

オスカルさまがロザリーに
「ベルサイユ宮殿自体が街のようなのだ」って言うシーンがあったと思うけど
ほんとに広くて街のようなんですねー。
この広い敷地と宮殿を王侯貴族だけで使って贅沢三昧
そりゃ庶民が怒るわけですよね…(;^_^A
M@lauaealoha  URL   2017-06-29 10:58  

Mさん 

こんにちは~。

> オスカルさまがロザリーに
> 「ベルサイユ宮殿自体が街のようなのだ」って言うシーンがあったと思うけど

そういえば、そんなセリフがありましたね~!
復讐のために、ベルサイユへ行ったロザリーに
オスカルが言ったセリフ・・・みたいなカンジですよね。

庶民と王侯貴族との違い、コワイです。
明日の暮らしもままならない人たちと、贅沢三昧に過ごせる人たちと。
それが努力の賜ではなく、生まれの違いですもんね・・・。
はむこたん  URL   2017-06-30 12:58  

 

はむこたんさん、ヴェルサイユ宮殿ステキでしたね♪
また、なんでこんなに混んでますのよ!!っていうほど
人・人・人で・・・(汗)

タヌキ猫が訪れた中よりも、もっと人がいる気がします・・・。
プチトリアノンへ行ってみると、やっぱりフェルゼンとの
密会?現場に注目しちゃいますよねぇ~

そりゃ~あのキンキラ宮殿の喧騒からも離れたくなるよね
って思っちゃうけど・・・。

またのヴェルサイユもいいななんて思っちゃいました♪

タヌキ猫でした
タヌキ猫  URL   2017-08-14 18:54  

タヌキ猫さん 

最初、ヴェルサイユ宮殿はスルーしようとしてたのですが
行ってみて、本当によかったです~i-179
来年には、一部がホテルとしてオープンするんですよね。
どんなカンジになるのか、気になります~。

年末だからか、人がいっぱいで
こんなことなら、もっと早くホテルを出ればよかった~
って、ちょっと後悔しましたけど・・・。

> プチトリアノンへ行ってみると、やっぱりフェルゼンとの
> 密会?現場に注目しちゃいますよねぇ~

気になっちゃいますよね~(笑)
密会っていうよりも、堂々と一緒にお散歩したくなるような場所だなぁ
なんて、思ってみたりして・・・。

歩き疲れて、途中で切り上げちゃったから
見逃したところがいっぱいあって・・・。
パリへ行く機会があったら、また行きたいな~って思います。
はむこたん  URL   2017-08-22 23:03  

 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top