スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

パリ・ロンドン3日目① ヴェルサイユ宮殿へ行ってみた


ノープランだった、パリ3日目のこの日は
ヴェルサイユ宮殿へ行くことにしたので

朝早くから、ホテルを出発します。







まだ暗いうちに・・・
ヴェルサイユ1


夜中に雨が降ったようで、路面が濡れてます。
この時はほとんど止んでいたので、傘なしで大丈夫でした

暗くて人通りもほとんどないので、一応警戒しながら
ジョルジュ・サンク通りを数分南下して、アルマ=マルソー駅へ。




ヴェルサイユ宮殿まで、どう行くのか調べたら

アルマ=マルソー駅から9号線で、終点のポン・ド・セーヴル駅へ出て
そこから171番のバスに乗ると、目の前に到着できるようだったので。











Chateau de Versailles
ヴェルサイユ2


チケット売り場は、前日にダンナさまが買ってきてくれたので
並ばずにすんだけど

入場するには、やっぱり並ばないといけなくて。




早めに出たつもりだけど
まだまだ甘かったみたい











やっと入れた!!
ヴェルサイユ3


40分~1時間ぐらい並んでたかな。
ようやく中へ







王宮礼拝堂
ヴェルサイユ4


ルイ16世とマリー・アントワネットが
この礼拝堂で結婚式を挙げたらしいです。







模型
ヴェルサイユ5


小さい時にTVで
『ベルサイユのばら』を、見ていた覚えがあります。

ヴェルサイユ宮殿っていうと、マリー・アントワネットのイメージで。
マリー・アントワネットっていうと、ベルサイユのばらのイメージで。







絵画
ヴェルサイユ6


先程の模型と、この絵画を見ると
ヴェルサイユ宮殿のその広さに、改めてビックリ

こんなにステキなところに住むなんて
さすがです~。(国費もかさみそうだけど・・・)








礼拝堂
ヴェルサイユ7


先程の写真は、下からだっので
少し暗かったのですが

上から見ると
その天井画のすごさが、少しでも伝えられるかと・・・。









もう1枚
ヴェルサイユ8


祭壇上に見えるのが、クリコ作のパイプオルガン。








メルキュールの間
ヴェルサイユ9


どこを見ても
豪華としか言いようがないです~。

そして、人もいっぱいです~








寝室
ヴェルサイユ10


この前後は、寝室がいっぱいで
どなたのものか、忘れちゃいました~。








戦争の間
ヴェルサイユ11


写真正面のレリーフは、ルイ14世です。
勇ましいお姿







鏡の間(鏡の回廊)
ヴェルサイユ12


たぶん、ココが1番有名なところですよね。
鏡の間。

長い回廊が広がって
シャンデリアがキラキラして、とっても荘厳で華やかな空間です。







外を見てみた
ヴェルサイユ13


窓から、外の様子を見てみた。







鏡の間に戻って
ヴェルサイユ14


"ヴェルサイユ条約" も
キラキラゴージャスなこちらで、調印されたそうです。


この後、王の寝室や王妃の寝室が出てくるんだけど
うまく撮れなかったので、写真がないんです~









「グラン・クヴェールの控えの間」
ヴェルサイユ15


公式の晩餐の時に
王妃の控えのお部屋で使われていたとか。







「戴冠の間」
ヴェルサイユ16


この絵は、ナポレオン1世の戴冠式で
ナポレオンが妻のジョセフィーヌに冠を授けている場面です。








戦闘の回廊
ヴェルサイユ17


こちらの回廊は
両脇一面、戦争の絵で埋めつくされています。







ラデュレ
ヴェルサイユ18


ヴェルサイユ宮殿の中にも、ラデュレがありました~






スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_26

Comments

 

こんにちわ

薄暗い感じですが、何時ごろなんでしょうか?
ヨーロッパの冬は明るくなるのが遅いから薄暗いんだろうなぁと
勝手に想像しています(;^_^A
やっぱり人気の観光地、1時間も待つんですねー。
ベルばらの世界を感じられたんでしょうか?
ラデュレもあるなんてビックリです。
M@lauaealoha  URL   2017-06-26 11:56  

Mさん 

こんにちは~。

ホテルを出たのは、7:00前だったかと。
記憶が曖昧なのですが
8:00~9:00には、ヴェルサイユに到着していたかったハズなんです。
待たずに入るには、まだまだ甘かったのですが(苦笑)

宮殿そのものは、キラキラゴージャスe-420で圧倒されてしまい
『ベルサイユのばら』どころではなかったでーすi-179

ただ、この後のプティ・トリアノンは
お気に入りばっかり集めたエピソードが、頭をよぎりました~!

実際のところは知りませんが、マリー・アントワネットは
気が強くてワガママだけど、人を魅了してやまない女性として
描かれていましたよね。

ちなみに、こちらのラデュレはすいていたので
サクッとお土産が買えると思います~。
はむこたん  URL   2017-06-27 10:31  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。