3日目 ボン島へ


3日目の今日も良い天気です
今日は、とっても楽しみにしていたボン島へ行く日です
エヴァソンに宿泊するなら、とりあえず行っておかないとね。
ボン島は、エヴァソン所有のプライベートアイランドです。

朝ごはんを食べてから、ボートが出る桟橋へ行きます。
暑いので、トロリーに乗っていきます。
お散歩も良いのですが、こう暑いとやっぱり歩くのはちょっとツライです。
このトロリー(バス?)は、ゲストももちろんですが、スタッフも利用します。
むしろ、利用する人数でいったら、スタッフの方がずっと多いです。
あと、お部屋に置いてあるビーチバッグ。
コレもスタッフみんな持ってます。
それなら、ゲストにプレゼントしてくれてもいいのにぃ・・・。
欲しい方は、shopで売ってます。

桟橋のオブジェ(?) ギリはこっちらしいです。(私はギリの外観、苦手です)
ギリはこっちらしいです

ボン島へいく場合は、桟橋付近のカウンターに名前などを書きます。
人数でも把握するのかなぁ?
海は、透明度は低そうですが、色はキレイな色をしてます

桟橋をパチリ。
桟橋前

ボート出航です。木製のちょっと頼りなさげなボートです。
いっぱいは乗れなさそうです。16人+操縦士2名くらいが限界かも。
ボン島へ渡るスタッフもいっぱいいるみたいですが、ボートにはゲスト優先で乗ります。
すると、スタッフが全員あぶれちゃったんだけど、そのあぶれちゃったスタッフ達は
きれいな白いスピードボートに乗って、早々とボン島へ行っちゃいました。
絶対、あっちのが快適だよ~
スタッフが乗るくらいなら、ゲストを乗せてよ~

ボートから見たボン島
ボン島

ボン島へ行くと、ウェルカムすいか(笑)がありました
タオルをもらって、ビーチ前の席をとります。
ちなみに、ここのタオルスタッフ、本当ケチです。1人1枚しかくれません。
理由も聞いてくれないんです。
1枚しかなかったら、海入って濡れた後どうするの
その辺の安宿じゃないんだから、もう少し気を配ってよ

気を取り直して。
チェアとパラソルは、充分な数がありました。(繁忙期は分かりませんが・・・)
どのチェアを見渡しても、テーブルはありません。
デッキチェア&パラソル

タオルからチェアのマットがはみ出しちゃうじゃん。
やっぱりもう1枚くれてもいいと思うよ~。
か、大きなタオル用意するとかさ。ぶちぶち。

海、キレイです~
砂は裸足だとちょっとイタイかも。
海キレ~

ボン島で気になっていたのが、デイサラ。
大きさによって変わるらしいけど、1500バーツ++~ってお部屋の案内にあったので
どんなものか、お散歩がてら見てみました。
外観はこんな感じです。
デイサラ 外観

・・・私の好みではなかったかな。
デイサラだと、プライベート送迎らしいって聞いてて、興味はあったんだけど。。。
中は、大きなオレンジ色のデイベッドがあって、屋外シャワーとかもあるらしいんだけど、
ナチュラルテイストというか、素朴というか。

まぁ、ボン島自体が、素朴な感じかな。
あまりリゾートっぽさは感じません。
ドリンクやフードなんかも、特に聞きに来てくれません。スタッフもうろうろしてないし。
1軒レストランがあるので、そこへ行って言えば持ってきてくれるんだろうけど。
お手洗いは、島ってことを考えれば、充分かなぁ・・・
私は1度行った後は、我慢しちゃったけど

なんだかんだ書いちゃいましたが、海はキレイで、見ていて癒されます。
うみ~

ダンナ様は早速、朝食で失礼したパンを持って、シュノーケリングしてました。
お魚、けっこう集まってくるそうです。
すっかりパンのお兄さんになってたらしく、お魚がずっと後をついてきたと言ってました。
その後、浅瀬でパンをばらまいてみましたが、浅瀬でもいっぱい寄ってきました。
黄色に青(黒だったかな?)ラインの入ったお魚でした。

朝食いっぱい食べたからかなぁ、そんなにお腹も空かず
読書やお昼寝をしてぼーっと過ごしました。
こういう、何もしない時間大好きです
贅沢な気分になります。

満潮時、デッキチェアが大変なことになりました。
水上デッキチェアです(苦笑)
水上デッキ(笑)

私は、怪しい雰囲気を感じて、下に置いといた荷物を避難させたので良かったですが、
ビーサンを流されて追いかけてる人もいました
この水上チェア、なかなか見られない新鮮な光景でした。
荷物流されてたら、そんなのん気なコト言えないけどね

カヤックも無料なので、やってみました。カヤック大好き
ブイで仕切られてるので、かなり狭い範囲でぐるぐる回ります。
本当は、もっと自由に動ければいいんだけど、それでも楽しめました。

3時ごろのボートで、ホテルへ戻ろうということになり、
往路と同じように、復路もカウンターの用紙に名前を書きます。
このぐらいの時間から、帰る人が増えるようで、
名前を書いておかないと、乗れなくて次のボートまで待たないといけなくなります。
私達は早めに書いておいたので、大丈夫でした

帰りのボートからホテルを見た撮ってみました。
ボートから見ると、ホテルの敷地が広いのがよく分かります。
ボートからホテルをのぞむ

お部屋へ戻る前に、インフィニティプールを見てみました。
すると
こっちの方が私のタイプ~
とっても絵になります。ダンナ様も同じコトを思ったようです。
おトイレもちょっとのぞいてみましたが、やっぱりこっちの方がキレイ。
(向こうは島なんだから、当たり前なんだけどね。)
明日は、こっちへ来ようね
お部屋へ戻って、シャワーを浴びます。

今日のディナーは、Into The View のディナービュッフェに行きます。
ビュッフェは曜日毎にテーマが変わり、土曜日は『オーシャン&アース』でシーフード&お肉です。
ハネムーン特典でもらった無料クーポンを持っていきます。

海側の席は、全部予約席になってました。
そっかぁ、みんなちゃんと予約してくるんだね。
ドレスコードは全くないハズですが、女の人はみんなちょっとドレスアップしてます。
もちろん私もワンピース
ディナービュッフェは、1人850++なので、そんなに期待はしてなかったのですが・・・。
種類はそんなに多くはないですが、ホテルでこのお値段なら良いと思います。

私の盛り付け、雑です
ディナービュッフェ

端の方に、小さいロブスター(または、大きなエビ)やカニが氷に乗ったコーナーがあって
いっぱいおかわりしちゃいました

左から、ビーフ、チキン、フィッシュで、その場で焼いてテーブルまで持ってきてくれます。
コレおいしいですよ~オススメです。他のテーブルの方もおかわりしてました。
ビーフ チキン フィッシュ

デザートもありました。一応、一通り食べましたが、チーズケーキがおいしかったかなぁ。
(ちょっとうろ覚えです。。。)
アイスもおいしかったナッツとか自分でトッピングできたし。
ビュッフェ、なかなか満足度高かったです
クーポンでお食事は無料だったので、お会計はドリンクのみで、400バーツくらいでした。

ボン島、素朴なところではあったけど、のんびりできて、今日も1日楽しく過ごせました
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_05_16

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top