ロドラント ミノルナキジン@銀座でディナーを


先週末、2泊3日で京都へ行ってきました~



『そうだ 京都、行こう』



何年もそう思いつつ、まぁーったく行動を起こしてませんでしたが
そろそろ本気で、行きたいなぁ・・・と、思って





春節というコトでメジャーな観光地は、日本人よりも中国人・韓国人の方が多く
混雑もしていましたが

中学校の修学旅行以来の京都は
色々なものが新鮮で、風情が感じられて、楽しかったでーす





そしてやっぱり
大人になってからでないと、あの良さは分からないよ~



と、改めて思いました。
中学生にとっては、京都そのものは楽しくも何ともないもーん









と、いうコトで
全くなんの関係もない前置きは、このくらいにして。

半年前くらいになってしまいますが
銀座の『ロドラント ミノルナキジン(l'Odorante Minoru Nakijin)』へ行ったので、その時のお話でも・・・。











丸められた紙
ミノルナキジン1


お皿の上にのった、丸められたこの紙は
メニューではなく

お店のコンセプトというか、メッセージというか
そんなカンジだったと思います。



なぜ丸めてあるのか、聞いてみたところ
フランスでこのようにしてるお店があって、シェフがそれを意識してるのかも・・・とか。

イマイチ、ハッキリおっしゃっていなかったので
本当のところは、よく分かりませ~ん










アヴァン・アミューズ
ミノルナキジン2


プチクロワッサン・しらすのタルト・マカロン





アップで
ミノルナキジン3


手前左側のプチクロワッサンは
中のハモンイベリコとアンチョビが、サクッと軽い生地によく合ってます。




手前右側のしらすのタルトは、上にサマートリュフが
タルトは玉ねぎでつくられた、薄~いパリパリのもの。

しらすの下のサワークリームも合わさって、一口なのがもったいない
すばらしハーモニーです~




マカロンは確か、ロックフォールを使ってるって言ってた気がします。
ただ、青カビらしさは感じられず・・・。









カンパイ
ミノルナキジン4


シャンパンでカンパーイ





アミューズ
ミノルナキジン5


アミューズは、コクティエ





ちょっとだけ俯瞰で・・・
ミノルナキジン6


卵の殻の1番下に、甘いメープルシロップがあって、
その上に、温かい卵黄、冷たくて酸味のあるクリーム
1番上には、ブラックペッパーと唐辛子の粉が。

甘味・酸味・辛味・温かい・冷たいと
色々楽しめる1皿にしたかったんだって。





パン
ミノルナキジン7


パンはたぶん、ライ麦だと思います。

ホイップバターには、レモンの皮かな
かかっていて、ふわっと香りがしておいしい。





アントレ
ミノルナキジン8


前菜は、グリーンアスパラ





アップで
ミノルナキジン9


グリーンアスパラの下に、カリフラワーのヴルーテ
っていう、『THE お野菜』な1皿

見えないけど、みじん切りのエシャロットやトマトが
爽やかさを演出してます。



まわりの点々は、オリエンタルなソースというだけど
感じたコトをストレートにいうと、カレーの味。(例えがジャンクで申し訳ないです。)

夏らしいお料理です。










スープ
ミノルナキジン10


とうもろこしの冷製スープ。
『THE とうもろこし』な、甘くて本当に味の濃いスープです。





アップで
ミノルナキジン11


とうもろこしの実以外にも
違う食感や香ばしさが楽しめる、ポップコーンが入ってたり
苦みを加えるために、コーヒーゼリーが入ってたりと

シェフの遊び心あふれる一皿に、仕上がっております。





白ワイン
ミノルナキジン12


ココで、グラスで白をオーダー。

この白ワインは、6樽しか作らない珍しいものだそうです。
日本に入ってくるのも、数が少ないらしいです~。





ポワソン
ミノルナキジン13


お魚は、銚子で水揚げされたスズキ

もう、見るからに
スズキの火入れの絶妙さが伝わってきます





アップで
ミノルナキジン14


豆苗とアサリのソースは、アサリの旨みが楽しめまぁーす。

その上にあるスペルト麦は、古代麦で栄養価が高いそうです。
ぷちっともちっとした食感がよくて、風味もいいカンジ。

スズキだけじゃなく、アサリもちょうどよい火の入り方





グラニテ
ミノルナキジン15


お口直しのグラニテは
マンザナっていう青リンゴリキュールと、ハーブ(オゼイユ)のシャーベット

上のハーブのさわやかな酸味が、フルーツを食べてるみたいでおいしい。





赤ワイン
ミノルナキジン16


赤ワインは、ダンナさまと、はむたんで
それぞれ別のものを飲んでみました~。





ヴィアンド
ミノルナキジン17


お肉は、ランド産のマグレカナールを低温調理したもの。





アップで
ミノルナキジン18


しっかりとした肉質は、柔らかいけどほどよい歯ごたえがあって
ほんのりフォアグラの香りも。

脂身が細かくカットされてるんだけど、すごぉーく香ばしく焼かれていて
噛むとぷちって脂の濃厚な旨み・甘味が、じゅわ~って口の中に広がります

付け合わせは、ポワロ葱やジロール茸とか。





ナイフ
ミノルナキジン19


お肉用のナイフがかわいかったから、撮ってみました~。





アヴァン・デセール
ミノルナキジン20


クレームブリュレなのですが
ピスタチオオイルの風味が楽しめます。





グラン・デセール
ミノルナキジン21


球体は、ヌガーグラッセ。
メレンゲ、生クリーム、ドライフルーツを混ぜたアイスクリーム。

ねっとりとした濃厚さもあるんだけど、なめらかで口溶けがよくて
ドライフルーツの味・食感・香りが、いいアクセントに。

下のキウイフルーツのソースが、まんまキウイ。
上のキャラメリゼされたチュイルを崩しながら、一緒に。





カフェ
ミノルナキジン22


カップ&ソーサーは、レイノーでした。





小菓子
ミノルナキジン23


最後のミニャルディーズのあたりが、1番酔ってて
説明聞いてたんだけど、全然入ってこなかった

なんかね、マシュマロみたいなのを
『バスクリンの香りがするね』って食べてた記憶が・・・




最後は、シェフがお見送りしてくれます。







お店の名前の『ロドラント』は、フランス語で『香り・芳香』をイミするそうです。

お料理だけでなく、お店の空間やコンセプトなど
色々とこだわりが感じられるお店だと思います。




席数は多くなく、この時も満席だったかなぁ。
隠れ家のような落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりとお食事を楽しめました

スポンサーサイト

テーマ : フレンチ    ジャンル : グルメ
2016_02_16

Comments

 

「ロドラント ミノルナキジン」さん、
くしゃくしゃの紙が置いてあると思えば、
とっても繊細なお料理の数々、
個性的だけど正統派の雰囲気もあって、美味しそうですね♪

温製でなく、冷製で『THE とうもろこし』のスープ、
ぜひ味わってみたいものです!!

スズキの調理加減も良さそう。
そして、マグレカナールさまの焦げ目のついた御脂身!!!
噛んだ瞬間に、口の中のシアワセMAXになりそう~

銀座のお店、あまり新規開拓してないので、すごく参考になりました。
素ん晴らしいレポ、ありがとうございました!!
キュウ親  URL   2016-02-17 13:05  

 

京都いいですよね
でもすごい混んでそうで、この頃国内も考えちゃいますーー

写真がすごく明るくてきれいなので、おいしいのが引き立ちますね
コクティエはいろいろなサプライズが入っていて楽しめそう
お魚もお肉もとてもおいしそう
クレームビュリュレはオリーブオイルに見えたけど、ピスタチオオイルなのでしょうか
香りがとてもよさそうです~
マシュマロみたいなのがバスクリンって??フルーツの香りがしたのでしょうか~
酔いもまわって謎もふかまりそうですね~
Yottitti  URL   2016-02-17 20:25  

 

こんにちわ

京都に行ってたんですね!
この時期に京都に行ったことがないので
レポをゆるりとお待ちしております♪

新進気鋭のシェフのお店なんでしょうか
クリエイティブなお料理ばかり
見て味わって驚きが感じられそうです。
M@lauaealoha  URL   2016-02-18 10:30  

キュウ親さん 

くしゃくしゃの紙があるって、インパクトありますよね(笑)
正統派のフランス料理に、モダンなエッセンスが加わって
シェフの遊び心も感じられる、繊細なお料理が楽しめて
とてもおいしかったです~i-237

とうもろこしのスープも、本当にとうもろこしそのままの濃厚な中に
ポップコーンやコーヒーゼリーが入る斬新さにビックリして
普段は、そんなにスープに心が躍らない私でも(笑)
おいしくいただきました~。

皮目がパリッと仕上がった、ふっくらと瑞々しいスズキも
マグレカナールさまの、香ばしい脂身を噛んだ瞬間の口いっぱいに広がる旨みも
どちらもシアワセMAXでした~e-420

横浜だと、あまりお店がなく限られてしまうのですが
さすがに都内はお店がありすぎて、色々気になるところばかりで
どこへ行けばいいのか、わかりませーんv-356(笑)
ぜひぜひ、キュウ親さんの新規開拓
参考にさせていただきたいです!!
はむこたん  URL   2016-02-18 16:15  

Yottittiさん 

リアルに中学の修旅以来の京都は、よかったです~i-237
京都ってオトナになって初めて、その良さがわかるところで
修旅なんかでいっても、子供にはおもしろくないと思うのですが・・・(笑)
お花見と紅葉と春節の季節を外せば
もうちょっと、ゆっくり見られるかなぁって思いました。

> 写真がすごく明るくてきれいなので、おいしいのが引き立ちますね

お店は地下だったと思いますが
店内が白く明るかったので、写真もハッキリ撮れたのかもです~。

絶妙な火入れ具合のスズキ&アサリも
身も脂身も楽しめた鴨さんも
どちらもおいしかったでーすe-420

えっとですね。
クレームブリュレに使われていたのは、ピスタチオオイルで
香りがよかったです。
マシュマロのバスクリン的なカンジは、フルーツとは違って
なんか本当に、グリーンのバスクリンみたいな。
不思議ですねぇ(笑)
はむこたん  URL   2016-02-18 16:37  

Mさん 

こんにちは~。

ハイ、何年も行こうと思って行ってなかった京都ですが
ようやく足を運んできました~!
情報は旬が命なので、あまり遅くならないうちに
UPしたいとは思っているのですが・・・i-229

ナキジンさん、レカンやフランスの星付きのお店で
修行をされたとか。
トラディショナルをベースに
シェフならではの要素が色々散りばめられた
繊細でモダンなお料理が楽しめましたe-415
はむこたん  URL   2016-02-18 16:56  

 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top