翌日は、ロンドンへ移動するので
パリでのディナーは、この日が最後です。

ホテルからタクシーに乗って
ヴァンドーム広場近くの、カスティリオーヌ通りへ。







Carre des Feuillants
トリュフ1


パリでの最後の晩餐は、1区にある
ミシュラン2つ星の『カレ・デ・フイヤン(Carre des Feuillants)』へ。

大きなワインボトルのオブジェが、カワイイ







内装
トリュフ2


内装は、とてもシンプルです。

19:30のオープンの時間と共に入ったので、誰もいませんが
この後、続々と人がいらっしゃいました。







一口アミューズ
トリュフ3


ギャルソンにうながされるまま
まずはこちらのピックを。







シャンパーニュ
トリュフ4


シャンパンで乾杯







アヴァン・アミューズ
トリュフ5


アミューズと一緒に。







コース
トリュフ6


今回、レストランのHPで
とってもお得なコースを見つけてしまったんです




メニューの中に、トリュフがひょこひょこ顔を現して
オマール・ブルーの文字も見える、こちらのゼイタクなコースは€230なのですが

その中には、乾杯のグラス・シャンパン、白・赤・デザートワインのフリーフロー
おまけにお水・カフェも込みという

至れり尽くせりな、スバラシイものなんです~












アミューズ・ブーシュ
トリュフ7


2皿目のアミューズは
ケーキみたいでカワイイ







パン
トリュフ8


パンもおいしくて。







スティック
トリュフ9


こちらのスティックも
ワインを飲みながら、いただきます。







白トリュフ
トリュフ10


BOUILLON MOUSSEUX DE CHATAIGNES,
TRUFFE BLANCHE ET POULE FAISANE







アップで
トリュフ11


栗のヴルーテ&ムースの上にのっているのは、白トリュフ
前菜から、すごいです~







バケット
トリュフ12


こちらのバケットが、一緒に添えられてます。







ワイン
トリュフ13


このあたりで、白ワインを







パン
トリュフ14


パンも遊びに来ました~







オマール海老
トリュフ15


HOMARD BLEU, BOLETS






アップで
トリュフ16


一皿で、3度おいしい
オマール・ブルーの一品です。







赤ワイン
トリュフ17


次のお料理にそなえて
赤ワインをいただいてみまーす







トリュフ
トリュフ18


LA TRUFFE EN COQUE DE TRUFFE







アップで
トリュフ19


今までトリュフって
スライスされたものか、細かくなった状態でしか、いただいたことがございませんが

こちらのお皿には
トリュフがまるまる一つ、のってるんです







トリュフ入刀
トリュフ20


おそらく、はむたんの人生で
最初で最後だと思われます。

トリュフ入刀







仔鴨
トリュフ21


CANETON CROISE ROTI SUR L'OS,
ORANGE,OLIVE ET NAVET







アップで
トリュフ22


メインは、クロワゼ仔鴨のロティ。







フロマージュ
トリュフ23


BRILLANT SAVARIN EN FOUGERU TRUFFE







アップで
トリュフ24


コースに組み込まれている、こちらのフロマージュにも
トリュフが使われてます。







アヴァン・デセール
トリュフ25


一皿目のデザート






アップで
トリュフ26


チョコムース&抹茶・・・だったかなぁ。

和を意識してるのかな?
なんて、思ったような気も・・・。







グラン・デセール
トリュフ29


FRAISES DES BOIS EN PAVLOVA,
SORBET A LA ROSE, GELEE DE LITCHIS







アップで
トリュフ30


なんだか、とっても個性的なビジュアルです。







デザートワイン
トリュフ28


ダンナさまだけ、デザートワインもいただきました。







ミニャルディーズ
トリュフ27


ミニャルディーズと一緒に、紅茶をいただきます。







カフェ
トリュフ31


とってもゼイタクなコースで
いや、なんか、すごくて

どのお料理も、本当においしくいただきました




まるごとトリュフに、ナイフを入れる時も
『トリュフって、こうやって食べるものだっけ???』

なぁんて、話したりして
ゼイタクな気分も、楽しませていただきました~












ショコラ
トリュフ32


サービスもスマートで
大満足な、パリ最後の晩餐でございました







ホテルへ戻ってきた
トリュフ33


1Fのカフェが有名ですけど
泊まってるからいいかなぁと、1度も利用しませんでした~







カフェ
トリュフ34


夜も遅く、かなり寒いと思うのですが
そんな中でもパリの方たちは、テラスを楽しんでいらっしゃいます。

同時多発テロから、まだ1ヶ月半ほどでしたが
そんなものには屈しない、強い心が見える気がしました。







スポンサーサイト
テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_28


ヴェルサイユ宮殿は、思っていた以上に広かったので
まだまだこの後も、散策を続けます。







エントランス
ヴェルサイユ19


ラデュレを後にして
再度、宮殿内へ入ったのは覚えてるのですが








???
ヴェルサイユ20


なんのお部屋か、覚えてないんです~。







???
ヴェルサイユ21


グリーンのファブリックが
カワイイなぁと、思ってみたり。







???
ヴェルサイユ22


本がいっぱい並んでいるので
書庫のひとつか何かでしょうか。







庭園
ヴェルサイユ23


建物を出て、庭園へやってきました。







ラトナの泉
ヴェルサイユ24


庭園が広すぎて
どう写真を撮っていいのか、分からず








ヴェルサイユ25


本当に広くて、気付くと結構歩いてきていて






振り返ってみた
ヴェルサイユ26


振り返ってみると
あの大きな宮殿が、遙か向こうに小さく見えています。





最終的に、あそこまで戻るのかぁ・・・

と、考えると
急に足に疲れが来てしまうので




気を取り直して。
横へ逸れて、グランド・トリアノンへ。











柱廊
ヴェルサイユ37


グラン・トリアノン到着。







鏡の間
ヴェルサイユ27


並んでいる調度品が、本当にステキです
天井も高いです~。







柱廊に戻った
ヴェルサイユ28


昔はここを、華やかなドレスを着た女性が歩いていたんだろうなぁ

とても静かな空間で、すごぉーく絵になりそうで
思わず、そんな想像をした瞬間。








コテルの回廊
ヴェルサイユ29


ヴェルサイユ宮殿と
トリアノンの風景画が、掲げられています。








グラン・トリアノンの庭園
ヴェルサイユ38


ヴェルサイユ宮殿から少し離れ
こちらの離宮は、落ち着いた空気が流れている気がします。







大理石
ヴェルサイユ30


グラン・トリアノンは、その装飾から
「大理石のトリアノン」と呼ばれていたとか。

ピンク色の大理石が、カワイイんだけどきちんと品があって
ステキなんです~。







プティ・トリアノンへ
ヴェルサイユ31


今度は、プティ・トリアノンへ来てみました。



元々は、ルイ15世が
愛妾ポンパドール夫人のために建てた離宮です。

でもポンパドール夫人は、完成前に亡くなってしまい

その後、公式愛妾のデュ・バリー夫人に贈られて
ルイ16世が即位した際に、マリー・アントワネットが所有しました。





マリー・アントワネットが、自分のお気に入りだけを集めて
この離宮で多くの時間を過ごしたというお話。

ただ、ここへの出入りを許されなかった多くの貴族から
反感を買ってしまったとか。




誰だって、気心知れた好きな人と過ごせたらシアワセだけど
まぁ、反感買っちゃうよね。どーしたって。












小宴会の間
ヴェルサイユ32


家具は実際に、マリー・アントワネットが使用したものです。







外へ出てきました
ヴェルサイユ33


こーゆーところへ来ると
もっと世界史を勉強してたらなぁ・・・

と思ってしまいます。
(私は、日本史だったので)








愛の神殿
ヴェルサイユ34


マリー・アントワネットは、ここで
フェルゼンと会ったりしたのかなぁ

『愛の神殿』なんて言われたら、そう思っちゃうよね。








帰り道
ヴェルサイユ39


久しぶりに、この角度で写真撮りました。

道がまっすぐで、どうやったら撮れるかなぁ
って考えた結果が、コレだったらしい・・・(ビミョーすぎる・・・










ただいま~
ヴェルサイユ35


ホテルへ戻ってきたので
お部屋でティータイムしまーす







エッフェル塔のライトアップ
ヴェルサイユ36


ディナー前に、ホテルからちょっと歩いて
エッフェル塔のライトアップを見に行きました~。

静止画だと分からないけど、キラキラのシャンパンフラッシュが
とってもキレイだったの






テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_27


ノープランだった、パリ3日目のこの日は
ヴェルサイユ宮殿へ行くことにしたので

朝早くから、ホテルを出発します。







まだ暗いうちに・・・
ヴェルサイユ1


夜中に雨が降ったようで、路面が濡れてます。
この時はほとんど止んでいたので、傘なしで大丈夫でした

暗くて人通りもほとんどないので、一応警戒しながら
ジョルジュ・サンク通りを数分南下して、アルマ=マルソー駅へ。




ヴェルサイユ宮殿まで、どう行くのか調べたら

アルマ=マルソー駅から9号線で、終点のポン・ド・セーヴル駅へ出て
そこから171番のバスに乗ると、目の前に到着できるようだったので。











Chateau de Versailles
ヴェルサイユ2


チケット売り場は、前日にダンナさまが買ってきてくれたので
並ばずにすんだけど

入場するには、やっぱり並ばないといけなくて。




早めに出たつもりだけど
まだまだ甘かったみたい











やっと入れた!!
ヴェルサイユ3


40分~1時間ぐらい並んでたかな。
ようやく中へ







王宮礼拝堂
ヴェルサイユ4


ルイ16世とマリー・アントワネットが
この礼拝堂で結婚式を挙げたらしいです。







模型
ヴェルサイユ5


小さい時にTVで
『ベルサイユのばら』を、見ていた覚えがあります。

ヴェルサイユ宮殿っていうと、マリー・アントワネットのイメージで。
マリー・アントワネットっていうと、ベルサイユのばらのイメージで。







絵画
ヴェルサイユ6


先程の模型と、この絵画を見ると
ヴェルサイユ宮殿のその広さに、改めてビックリ

こんなにステキなところに住むなんて
さすがです~。(国費もかさみそうだけど・・・)








礼拝堂
ヴェルサイユ7


先程の写真は、下からだっので
少し暗かったのですが

上から見ると
その天井画のすごさが、少しでも伝えられるかと・・・。









もう1枚
ヴェルサイユ8


祭壇上に見えるのが、クリコ作のパイプオルガン。








メルキュールの間
ヴェルサイユ9


どこを見ても
豪華としか言いようがないです~。

そして、人もいっぱいです~








寝室
ヴェルサイユ10


この前後は、寝室がいっぱいで
どなたのものか、忘れちゃいました~。








戦争の間
ヴェルサイユ11


写真正面のレリーフは、ルイ14世です。
勇ましいお姿







鏡の間(鏡の回廊)
ヴェルサイユ12


たぶん、ココが1番有名なところですよね。
鏡の間。

長い回廊が広がって
シャンデリアがキラキラして、とっても荘厳で華やかな空間です。







外を見てみた
ヴェルサイユ13


窓から、外の様子を見てみた。







鏡の間に戻って
ヴェルサイユ14


"ヴェルサイユ条約" も
キラキラゴージャスなこちらで、調印されたそうです。


この後、王の寝室や王妃の寝室が出てくるんだけど
うまく撮れなかったので、写真がないんです~









「グラン・クヴェールの控えの間」
ヴェルサイユ15


公式の晩餐の時に
王妃の控えのお部屋で使われていたとか。







「戴冠の間」
ヴェルサイユ16


この絵は、ナポレオン1世の戴冠式で
ナポレオンが妻のジョセフィーヌに冠を授けている場面です。








戦闘の回廊
ヴェルサイユ17


こちらの回廊は
両脇一面、戦争の絵で埋めつくされています。







ラデュレ
ヴェルサイユ18


ヴェルサイユ宮殿の中にも、ラデュレがありました~







テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_26


この日のディナーは、パークハイアットホテル内にある
ミシュラン一つ星の、『PUR'』へ。







パークハイアット
pur1.jpg


パークハイアットは
ヴァンドーム広場すぐのところにあります。

昼間、この辺までお散歩に来たけど
さすがにディナーは、タクりました~







PUR'
pur2.jpg


今回はJCBを通して、3コース€120
というのを予約しました。

乾杯のシャンパン&グラスワイン1杯も、もれなくついてくるという
いたれりつくせりなものなんです~







カンパイ
pur3.jpg


シャンパンでカンパイ
コースにすでに込みって、うれしいです~







オープンキッチン
pur4.jpg


案内されたソファ席から
キッチンの様子が、ちょこっとうかがえます。







ソファ
pur5.jpg


ゆったりソファです~







アヴァン・アミューズ
pur6.jpg


アミューズ一皿目







アップで
pur7.jpg


ぜーんぜん覚えてませんが
シャンパンと一緒にいただいて、この後の期待が高まったのは確か







パン
pur8.jpg


こちらのパンも







バター
pur9.jpg


バターたっぷりでいただきまーす。







アミューズ・ブーシュ
pur10.jpg


アミューズ二皿目は
フォアグラのテリーヌ







アップで
pur11.jpg


その濃厚な味わいに、大満足です~







前菜
pur12.jpg


前菜は、帆立のカルパッチョ。







アップで
pur13.jpg


ぎゅっと身の締まった、甘いホタテでした







パン
pur14.jpg


パンがなくなったところで、おかわりが遊びに来ました~。







プラ
pur15.jpg


メインはお魚。







アップで
pur16.jpg


なんのお魚か、記憶にないけれど
ソースと一緒に、繊細なお味を楽しめました







白ワインを
pur17.jpg


メインに合わせて、白ワインを







アヴァン・デセール
pur18.jpg


デザート一皿目







アップで
pur19.jpg


なんとなく、マドレーヌとかフィナンシェ的なものだったような・・・???







グラン・デセール
pur21.jpg


コロンってかわいいフォルムと
ベリー系のおいしそうな色がヤバイ!







アップで
pur22.jpg


どうせなら、断面図を撮ればよかったかなぁ。
なんだか覚えてないけど、おいしかったのは間違いない







プレゼント
pur23.jpg


結婚記念日と伝えていたら
お祝いのケーキをいただいちゃいました~

ありがとうございます







ミニャルディーズ
pur24.jpg


締めのミニャルディーズに加えて







チョコレート
pur25.jpg


チョコレートも遊びに来ました~







カフェ
pur26.jpg


紅茶のポットが
南部鉄器みたいなカンジ






かなり前のお話なので、細かいことは覚えていないのですが

堅苦しくない、温かいサービスが心地がよく
お料理も、どれもおいしくいただきました







テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_23


冬のパリの散策で、エッフェル塔を後にして
やってきたのが、アンヴァリッド。






Les Invalides(アンヴァリッド)
お散歩21


ナポレオンが眠る、アンヴァリッドです。

前に来た時は、ちょうど結婚式をやっていて
教会は入れなかったんだよね。










目の前の通り
お散歩23


このあたりは、人もまばらで静かです。








サン・ルイ教会
お散歩22


黄金のドームが、カッコイイ







教会のドア
お散歩26


中へ入ってみました~。







祭壇
お散歩25


この祭壇の向こう側が
ナポレオンのお墓がある、ドーム教会なのだと思いますが

華麗にスルーしますっ









広場
お散歩27


この中央広場には







大砲
お散歩28


大砲が並んでまーす。

有料エリアにはなってしまいますが、古代から現代までの
世界中の武器、武具、軍服などが集められた軍事博物館も、併設してます。







建物正面
お散歩29


このまま、アンヴァリッドを後にして・・・







Pont Alexandre III (アレクサンドル3世橋)
お散歩30


パリで最も美しいといわれる鉄橋
アレクサンドル3世橋です。







セーヌ川
お散歩31


橋を渡ってまーす。







もう1枚
お散歩32


柱塔の彫刻や女神像、入り口の装飾、欄干の像、アールヌーボーの街灯
どれをとっても、華やかでゴージャスな橋です。







観覧車
お散歩33


冬の風物詩のひとつ、期間限定で設置される
コンコルド広場の観覧車です。

横目に見ながら、向かった先は・・・








JEAN-PAUL HÉVIN
お散歩34


サントノーレ通りにある

はむたんが、世界で1番おいしいショコラと思っている
ジャン=ポール・エヴァン



お土産にね。










Place Vendome(ヴァンドーム広場)
お散歩35


ここまで来たので
ヴァンドーム広場で、1枚。

オペラ座は、前回いっぱい見たからカットで









シャンゼリゼ通り
お散歩36


シャンゼリゼ通りも、クリスマスマーケットが開かれていて
たくさんの人で、賑わってまーす

歩くのは大変だけど
こーゆー中にまぎれると、楽しい気分になれますよね







楽しそう
お散歩37


スケートリンクや、ミニ遊園地みたいなのもあって
子供たちも楽しそう







凱旋門
お散歩38


遠くに凱旋門が見えてきました。
ホテルまでもう少し・・・。







MONOPRIX(モノプリ)
お散歩39


途中、モノプリに立ち寄ります。
バラマキ土産の、強~い味方だよね。







暗くなってきた
お散歩40


お土産を買って、外へ出ると
暗くなってきました。







ホテルロビー
お散歩41


ただいまー。
ホテルへ戻ってきました。

前回ほどではないにしても
この日もいっぱい、歩きました








戦利品
お散歩42


はむたんのショコラ
もちろん、ダンナさまにもあげましたよ~。







ヴェルサイユのチケット
お散歩43


翌日、特に何も考えてなかったけど

ダンナさまが『ヴェルサイユ宮殿に行きたい』と、言って
ひとり、チケットを買いに旅立ちました。



疲れて、はむたんが軽く寝てる間に
シャンゼリゼ通りで、買ってきたみたい。

ありがと





テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_22


パリ2日目のこの日は、
ひたすら、パリの街並みのお散歩に徹しまーす







ホテルエントランス
お散歩1


ジョルジュ・サンク通りにある、ホテルのエントランス。
写真には写ってないけど、ちゃんとドアマンがいらっしゃいますよ~。







ホテル外観
お散歩2


ホテルを出発して、まず向かうのは・・・







LOUIS VUITTON
お散歩3


目の前にあるヴィトン
何も買ってないけどねー。







シャンゼリゼ通り
お散歩4


シャンゼリゼ通りで1枚。

道幅が広いし、この時間は人もまばらで
歩きやすいです~。







凱旋門
お散歩5


上に登りたい気もするけど
並んでそうだから、外観ショットだけ







シャンゼリゼ通り
お散歩6


歩行者信号が青のうちに
中央分離帯から1枚。






お散歩中
お散歩7


目的がないとはいえ
なんとぁく、エッフェル塔へ向かってます。




冬の冷たい空気の中、太陽も低くて

なんだか、すでに夕方みたいなカンジで
ちょっとセンチメンタルな気分かも。









どこかのオブジェ
お散歩8


適当に写真を撮りながら







もう1枚
お散歩9


お散歩中です。



飛行機雲みたいなのが、ずっとあるんだよね。
おかげで翌朝は、雨に降りました~










エッフェル塔
お散歩10


エッフェル塔が見えてきました







シャイヨー宮
お散歩11


シャイヨー宮から、エッフェル塔を。







噴水
お散歩12


トロカデロ庭園の噴水と一緒に。







クリスマスツリー
お散歩13


年末なので
通りに、クリスマスツリーが飾られてます





セーヌ川
お散歩14


セーヌ川を横目に、イエナ橋(Pont d'Iena) を渡って・・・







見上げてみた
お散歩15


エッフェル塔の下まで来ました







人がいっぱい
お散歩16


このシーズンはやっぱり、人がいっぱい

凱旋門と同じく
上へ上がるのは、あきらめます~。










クリスマスマーケット
お散歩17


エッフェル塔ふもとの、シャン・ド・マルス公園(Parc du Champ-de-Mars)では
クリスマスマーケットが開かれていて、賑わいを見せております







スケートリンク
お散歩18


冬の風物詩のひとつ
スケートリンクもありました~







見上げてみた
お散歩19


エッフェル塔を後にして
お散歩を続けます。






ロバ???
お散歩20


ロバ・・・かな???

みんなそろって頭を寄せて、静かに下を向いてるから
ちょっと気になってみた。







テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_21


ルノーのカフェで食事後
のんびり歩いて、ホテルへ戻ってきました~。





エントランス
サプライズ1


ホテルのエントランスは
ジョルジュⅤ通りになります。






クリスマスツリー
サプライズ2


年末だから、エントランスの両サイドには
キラキラしたクリスマスツリーが






こっちにも!
サプライズ3


レセプション前にも、ツリーがいたよ~






レセプション
サプライズ4


こじんまりとしてますが
オシャレでステキ

ホテルのスタッフも、みなさん笑顔で
優しい方ばかりです。







ロビー
サプライズ5


ロビーには
有名人のポートレートがいっぱい飾ってあって






もう1枚
サプライズ6


その見せ方も、やっぱりステキ







フロアマップ
サプライズ7


とりあえず、撮ってみた。







ショップ
サプライズ8


エレベーター近くのこちらは
香水のショップ・・・だったような?






ディスプレイ
サプライズ9


ブランドものが、ディスプレイされてます。




と、いうコトで。
お部屋へ戻りまーす。










お部屋へ戻ると・・・
サプライズ10


夜、お部屋へ戻ると

出てきた時とは
明らかに何か違います







これは・・・???
サプライズ11


まるで足跡かなにかのように
花びらがお部屋の奥へと、続いてます

『え?なにコレ???』と、
とっても興味をそそられながら、跡をたどると・・・







フラワーデコレーション
サプライズ12


結婚記念日と伝えていたから
ベッドが、お花でデコられてます

ステキ






あれ???
サプライズ13


でも、まだ終わりじゃないみたい。

花びらが、バスルームの方へと続いてるから
ワクワクしながら、進んでみると・・・







バスルーム
サプライズ14


洗面台の上と






バスタブ
サプライズ15


バスタブのまわりも
バラの花びらが飾られてます




コレは、ヤバイでしょ!!
こんな遊び心を感じる演出、初めて。

すごぉーくワクワクさせてくれて
とってもオシャレ






さすが、『Hôtel Barrière Le Fouquet's』
もう、グッとハートを掴まれました

こんなコトされたら
次にパリへ来る時もまた・・・って思っちゃうよね。絶対。














チョコレート
サプライズ16


ターンダウンの時に
チョコレートを置いていってくれます。






カンパイ
サプライズ17


と、いうことで
うっとり気分で、ベリーを浮かべてシャンパンを







テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_20


バリエール・ル・フーケは
シャンゼリゼ通り×ジョルジュ・サンク通りという

スバラシイ立地になります。
LVも目の前だよ(買わないけど。)






ホテル外観
ルノー1


すっかり暗くなったので
夜ごはんを食べに行きまーす。

ホテルのライトアップも、カワイイ




前回のパリは、オペラ座すぐの
インターコンチネンタルと、スクリーブに泊まったんです。

ただ、気になるお店が、シャンゼリゼ通りのあたりだったから
移動がビミョーに、メンドーだったなぁと(笑)





それもあって、今回はシャンゼリゼ通りのホテルにしたんだけど
そしたら今度は、この翌日・翌々日と、オペラ座近くのお店を予約することになって。


なんか悔しいから

この日の夜は、何が何でもシャンゼリゼ通りで食べてやるッ
と、心に固く誓っておりました~。












シャンゼリゼ通り
ルノー2


キラキラとライトアップされた、シャンゼリゼ通りは
そこにいるだけで、なんだか楽しい気分になれちゃいます~






中央分離帯から
ルノー3


せっかくなので
中央分離帯から、写真を撮ってみた。






凱旋門
ルノー4


今度は、逆方向を撮ったので
写真奥には、凱旋門が映ってます~。






L'Atelier Renault Cafe
ルノー5


この日のディナーは
シャンゼリゼ通りに面した、ラトリエ・ルノー・カフェ(L'Atelier Renault Cafe)へ。

ココに限らず、至るところで
エントランスで、セキュリティチェックが行われてました。







カフェ内
ルノー6


1Fはルノーのショールームになっていて
2Fがカフェになります。






シャンゼリゼ通り
ルノー7


お店の中から、シャンゼリゼ通りを撮ったら
日本語も見えますね。






メニュー
ルノー8


メニューは、こんなカンジ。






テーブル
ルノー9


店内は
シンプルでスタイリッシュな雰囲気。






パン
ルノー10


ナフキンに巻かれていたリボンが
なんかカワイイ






カンパイ
ルノー11


2人とも、ソフトドリンクですが
パリで最初のお食事に、カンパイ






Semi-cooked duck foie gras
ルノー12


スターターは、2人そろってフォアグラを。






アップで
ルノー13


フォアグラ大好きだから
その文字を見たら、やっぱりオーダーしちゃうよね。






Gambas linguine
ルノー14


メインは、ダンナさまはエビのリングイネを。






アップで
ルノー15


ごろっと大きなエビさんが







Beef tartar cut with a knife
ルノー16


はむたんは、牛肉のタルタルを






アップで
ルノー17


日本だと
生肉食べるの、ハードル高いからさ。






フレンチフライ
ルノー18


タルタルには、もれなくポテトも



正直、高いとは思ったけど
すいていて、人も少ないから

シャンゼリゼを歩いていて
安心してサクッと入れるお店だと思います。

味は、フツーにおいしかったよ










まだまだ人がいっぱい
ルノー19


食後は、少しだけ1Fのショールームを見て
その後は、お散歩しながらホテルへ。

夜遅くなっても、人がいっぱいでにぎやかだから
寒い中を歩いていても、楽しいです~







テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_19


シャルル・ド・ゴール空港へ到着後、
エールフランスバスで、ホテルへ向かおうかとも思ったけど

凱旋門からホテルまでが、ビミョーな距離だから
結局タクシーで向かうコトにしました。





今回泊まったのは、
オテル・バリエール・ル・フーケ(Hotel Barriere Le Fouquet's Paris)です。

なんとなく、シャンゼリゼ通りあたりに泊まりたくて。
凱旋門も近いしね











フロアマップ
フーケ1


ただ、予算がそこまでなかったから
泊まったのは1番下のお部屋、スーペリアルームです。






スーペリアルーム
フーケ2


お部屋へ入ると
右側にデスク(ドレッサー?)があるのですが







デスク
フーケ3


このデスクの手前側に







トイレ
フーケ7


トイレと







クローゼット
フーケ4


大きなクローゼットがあります。
もちろん、バスローブ・スリッパの用意もありますよ~。

このクローゼットの中に







ミニバー
フーケ5


ミニバーもあります。







ティーバッグ
フーケ26


ティーバッグは、Dilmahみたい。






冷蔵庫
フーケ6


事前にメールで、いろいろと好みを聞かれて
お水の銘柄など、その返答が反映されてます。

細かいところまで、気配りがあってビックリです~。
しかも、無料だよ







お部屋
フーケ8


肝心のお部屋は
シンプルで品良くまとまってます。






ベッド
フーケ9


華美ではないけれど
この落ち着いた雰囲気、リラックスできます~






角度を変えて
フーケ11


ミラーにTVがあるんだよね。
老舗のホテルだけど、設備はスタイリッシュ






またまた角度を変えて
フーケ12


ベッドの向こう側が、バスルームになります。






もう1枚
フーケ13


この時期は、リアルに結婚記念日のあたりで






プレゼント
フーケ14


事前に、そのことを伝えていたら
お部屋にプレゼントが用意されてました






チョコ
フーケ15


パズルになってるチョコレートと






シャンパーニュ
フーケ16


エチケットに、Fouquet'sの文字が入った
シャンパーニュ。






フルーツ
フーケ17


さらに、デスクの上には
たくさんのベリー

ありがとうございます~



ちなみに、このあたりも
事前に好みをリサーチされてました~。










バスルーム
フーケ18


バスルームも、広くて
モノトーンがいいカンジ






バスタブ
フーケ19


ゆったりサイズのバスタブで
この写真には写ってないけど、TVもついてまーす






バスアメニティ
フーケ20


たぶん、バリエールのBが書かれてると思うんだけど
バスアメニティのボトルも、シンプルです。






ダブル
フーケ21


洗面台も、ダブルベイスンで
機能的で快適なバスルームです~。






ハンドタオル
フーケ22


ハンドタオルが入ってるこの器
質感とか重量感がスキ






シャワーブース
フーケ23


シャワーブースは
レインシャワーとハンドシャワーがあります。






もう1枚
フーケ24


この写真だと
バスタブのところに、TVがあるのが分かると思いまーす。





窓の外
フーケ25


窓の外に見えるのは、ジョルジュⅤ通り。
日も落ちてきました。





テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_16


お食事をいただいた後は、少しお休みしまーす。

写真撮ってなかったけど、お食事中に十四代をおいしく飲んだら
見事に睡魔におそわれました!!








ベッドメイキング
jl4542.jpg


パジャマに着替えてる間に
ベッドメイキングしていただきました。







アメニティ
jl4543.jpg


アメニティは、LOEWEのポーチです。
今は、ポルシェデザインみたいですね。







ポーチの中身
jl4554.jpg


写真はこの後、ホテルのお部屋で撮ったものですが
ポーチの中身も、載せてみました~。






はむたんがぐっすり寝てる間に、ダンナさまは軽く飲んで食べていたらしい
ということで、彼のおやつ











メニュー
jl4524.jpg


だいぶ見づらいですが、アラカルトメニューはこんなカンジ。







お酒のお供に
jl4544.jpg


十四代が飲みたくて、オーダーしたらしい。
数の子 松前漬け







軽いお食事
jl4545.jpg


軽く何かを・・・
というコトで、スープをオーダーしたらしい。

オマールとトリュフ
国産茸のクリームスープ 木の葉パイをそえて







ギャレー
jl4546.jpg


ココから、はむたんカメラマンに戻ります。


おめめが覚めたから
とりあえず、ギャレーの写真を。









おやつ
jl4547.jpg


お目覚めのおやつに
『ケーク大納言“S”』をいただきました。



 『SUGALABO』×『京菓子司 末富』
 フランスと日本のコラボレーションスイーツ

 バターをふんだんに使用した生地に
 丹波大納言と大徳寺納豆を練り込んだ、風味豊かなパウンドケーキ





そんなメニューの説明通り
シアワセを感じるスイーツでございました~。

パウンドケーキ、大好き












2食目
jl4548.jpg


到着前のお食事は、フミコの和食を。







台の物
jl4549.jpg


台の物は、炙り金目鯛のエシャロット風味
春菊と菊花・からすみ大根が、添えられています。







ごはん
jl4550.jpg


ごはんは
鮭とイクラのはらこ飯に、変更してもらいました。







サラダ
jl4551.jpg


と、一緒にアラカルトから
シーフードと茸のサラダ アドリアンドレッシングを。







フルーツ
jl4552.jpg


FAさん曰く、デフォルトでこの形らしいです。

完全に女性好みのビジュアルをした
華やかなフルーツの盛り合わせも、いただきました~。








コーヒー
jl4553.jpg


このマグカップ、カワイイですよね
食後はコーヒーをいただきました。




本当に快適なフライトで、パリまでの12時間なんて
あっという間です。

まだまだ降りたくないけれど、そーゆーワケにもいかないので
CDGへ着いた後は、タクシーでホテルへ向かいます。













テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_15


もう、JALさんのファーストクラスの機内食が楽しみすぎて
メニューを見るだけで楽しくなっちゃいます~






メニュー
jl4521.jpg


スターシェフ競演のおもてなしが楽しめる
空の上の、特別なレストランのメニューは






メニュー オープンッ!!
jl4523.jpg


・・・すみません。
UPしたものの、写真が小さくて全然見えませんね・・・



ファーストクラスは

和食が、『日本料理 龍吟』の山本征治シェフ監修
洋食が、『SUGALABO』の須加洋介シェフ監修

と、どちらも気になって仕方がない
JALさんの本気が感じられるメニューになっております。









SALON
jl4518.jpg


ファーストドリンクはもちろん
お楽しみのサロン






と、一緒に
jl4519.jpg


サロンと一緒に、ロイヤルブルーティーもいただきます。






チーズ
jl4520.jpg


一口サイズの、チーズなどの盛り合わせと






おつまみ
jl4522.jpg


おいしいエビさんのおつまみも
いただきまーす。






テーブルセッティング
jl4525.jpg


その後
エシレバター、粒こしょう入り岩塩、オリーブオイルや






カトラリー
jl4526.jpg


カトラリーがセッティングされます。






パン
jl4527.jpg


エシレバターがあるから
シンプルなパンを選んでみました~。






ブロック
jl4528.jpg


いろいろなところで出てくる、JALさんのこのブロック柄
個人的に、ツボです。






アミューズ
jl4529.jpg


和食か洋食か
悩んだ末に、洋食にしてみました。

アミューズは、最中。






アップで
jl4530.jpg


生粒胡椒を効かせた
フォアグラの一口最中






アペタイザー
jl4531.jpg


アペタイザーは

“キャビア”
スモークサーモンとジャガイモにのせて 香草ケッパーソース







キャビアさまアップ
jl4532.jpg


瓶ひとつ、まるまる提供されるので
なんだかシアワセも倍増です~






瓶の裏
jl4533.jpg


やっぱり、裏のラベルも気になります。






アペタイザー2品目
jl4534.jpg


前菜3種類が、どれもおいしそうで選べなかったので
2ついただいちゃいました(3つはさすがに。ねぇ・・・

“オマール海老” 冬野菜に温かいビスクを注いで







窓の外
jl4536.jpg


ふと、窓の外を見ると
こんな景色でした。






メインディッシュ
jl4537.jpg


メインは

“うずら”
茸ご飯を詰め ローストに



写真が陰になっちゃってるので











角度を変えて
jl4538.jpg


このうずらさん、名前のとおり
中に茸ご飯が詰まっていて、ボリュームもあるんだけど

すごぉーくおいしかった





口にするまでは、実は心の中で

メニューに
お牛さまの、おいしいステーキがないのが残念・・・

と思ってたんだけど





実際に食べてみたら、大満足です~。
とってもおいしくいただきました











デザート
jl4539.jpg


デザートは
“SUGALABOモンブラン”


この状態では、なんだか分からないのですが








チョコオープンッ!!
jl4540.jpg


上のチョコをはずすと、中からモンブランが
こーゆー遊び心、スキです~。






コーヒー
jl4541.jpg


食後は、おいしいコーヒーをいただいて
機上の特別なレストランの、余韻にひたってみました。







テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_14


搭乗時間になったので、機内へ






運命の分かれ道
jl451.jpg


JAL SKY SUITE 777 に搭乗です。

ありがたいコトに、今回ファーストクラスなので
左へ進ませていただきまーす






JAL SUITE
jl452.jpg


JALさんの、このブラウンカラーでまとまった空間
落ち着いていて、個人的にすごくステキだと思います






角度を変えて
jl453.jpg


パリまでの時間を、このゼイタクな空間で過ごせるなんて
シアワセです~

むしろ。
着いても降りずに、乗っていたいくらい







Aコン内
jl454.jpg


はむたんは2A。

ちなみにダンナさまは
間にシート2つ挟んだ、反対側の窓側2Kです。







シートコントロール
jl455.jpg


シートの調節は、こちらで。






ヘッドホン
jl456.jpg


BOSEのノイズキャンセリング・ヘッドホン






モニター
jl457.jpg


モニターも23インチで、大きいでーす。






オープンッ!!
jl458.jpg


収納スペースをオープンッ!!
エンターテイメントのコントローラーも、こちらに。






ウェルカムドリンク
jl459.jpg


ウェルカムドリンクは、シャンパンを。






スカイツリー
jl4510.jpg


離陸後、スカイツリーが見えました






ブランケット&リラクシングウェア
jl4511.jpg


後程、リラクシングウェアに着替えよっと。






ワインリスト
jl4512.jpg


お楽しみの
ワインリストを見てみまーす。






サロン
jl4513.jpg


サロン
楽しみ~






白ワイン
jl4514.jpg


JALさんのドリンクのラインナップって
とっても魅力的






赤ワイン
jl4515.jpg


お酒が強ければ、いろいろ飲みたいところだけど・・・。






十四代
jl4516.jpg


十四代も気になるんだよね~。






ロイヤルブルーティー
jl4517.jpg


ロイヤルブルーティ “クイーン・オブ・ブルー” も
お楽しみのひとつです~。






テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_13


2016年のカウントダウンは、ロンドンで迎えました~




もちろん、特典航空券ですが
往路のパリまでは、JALさんのファーストクラス

復路はビジネスクラスで、ロンドン発(FRA経由)のオープンジョー。
ヨーロッパ内なら、どうにでもなるしね。







この時期にヨーロッパへ行くなら
やっぱり、ロンドンのカウントダウンが見たくて







まずはパリだから、それならシャンゼリゼ付近に泊まりたい!
というコトで、いろいろ悩んで『フーケ・バリエール』に決定。




ロンドンのホテルは、カウントダウンが見える『サボイ』に。
でも年末は超高いから、1泊しかできない~~~

と、なると、ホテルを刻むしかなくて
サボイ前の1泊は、『ヒルトン・オン・パークレーン』に。

サボイ後の2泊は、ダンナさまが『ココがいい』(彼はそこそこワガママ
と断言した、『シャングリ・ラ・ホテル・アット・ザ・シャード』に。







そんな楽しみな旅行の1ヶ月ちょっと前に、あのパリ同時多発テロが起こって。

まわりには、心配をかけたみたいだけど
パリは元気で、観光客もいっぱいでした。








そんなカンジの
7泊9日、パリ・ロンドン旅行記になります。














ファーストクラスのカウンター
nrt1_2017051321160565d.jpg


往路は、JALさんのファーストクラスだから
こちらでチェックイン







ファーストクラスラウンジ
nrt2_20170513211607be1.jpg


JALさんのファーストクラスラウンジは
羽田は、初めてです~。

そして、こんな機会はそうそうないので
きっとこれが、最後だろうと・・・








エントランス
nrt3_20170513211608c83.jpg


こちらのエントランスは

『ひこうき雲(空と翼の軌跡)』をテーマとした
空へ向かって歩いていくような高揚感

を演出しているそうです。





ドキドキしながら
奥へ進んで・・・











ダイニングエリア
nrt4_20170513211609977.jpg


まずは、朝食をいただこうと
ダイニングエリアへ。







フードカウンター
nrt5_20170513211611414.jpg


1番、日が短い季節とはいえ
まだ外も明るくなりきっていないこの時間は、人もまばらでした~。







アルコール
nrt6_2017051321161308d.jpg


アルコール類が、いろいろございます。







ご飯のお供
nrt7_201705132116141c5.jpg


朝食の時間帯だから
筑前煮や、いろいろなご飯のお供が並んでたり







オードブル的な
nrt8_20170513211615d48.jpg


パテやパストラミなどの、オードブル的なものが並んでたり







デザートも
nrt9_2017051321161795b.jpg


サラダやフルーツ、デザートもありまーす。

すでに小皿に取り分けてあるから
取りやすいし、衛生的だねー。








お野菜
nrt10_201705132116188e4.jpg


お野菜と
それに合わせるドレッシングが、4種類ほど。







パン
nrt11_2017051321162018d.jpg


サンドイッチやパンも。







いただきまーす
nrt12_20170513211621150.jpg


機内食が待ってるから
遠慮気味に、いただきまーす




・・・
忘れてた













デザートも
nrt13_20170513211623ac3.jpg


取り忘れたのに気付いて
デザート、持ってきてみた







チケット
nrt14_20170513211624f0b.jpg


今回のチケット。
真ん中の『F』の文字が、うれしいです~







マッサージの予約
nrt15_20170513211626b26.jpg


前は成田でしたが、JALさんのファーストクラスラウンジを利用した時
予約がいっぱいで、マッサージを受けるコトができなかったので

今回はきちんと、早めに予約してみました~








ラウンジ内
nrt17_201705132116290ec.jpg


朝食も食べ終わったので







RED Suite
nrt29.jpg


今回、とっても楽しみにしていた
『RED Suite』へ来てみました~。



~特別に仕立てられた大人の空間~
というだけあって

このファーストクラスラウンジの中でも
ひときわ特別感・高級感の漂う空間になってます。










ギャラリールーム
nrt18_20170513211630a4b.jpg


旅好きな大人のプライベートルームを
イメージしているそうで






ギャラリールーム
nrt19_2017051321163259c.jpg


空の旅を想起させるアイテムが、たくさんあって。







寄ってみた
nrt33.jpg


くわしくないので、わかりませんが
このあたりは、昔の計器とかでしょうか。







飛行機
nrt34.jpg


モデルプレーンも、いっぱい並んでます。







写真
nrt20_201705132116334e4.jpg


貴重そうな写真も、飾られていました。






プレイルーム
nrt21_20170513212036551.jpg


プレイルームには
映画でよく見るテーブル・サッカーと、チェスがあります。







バー
nrt23.jpg


こちらのバーコーナーには







シャンパン
nrt22.jpg


ローラン・ペリエや







日本酒
nrt30.jpg


鳳凰美田などの日本酒があって







ワイングラス
nrt24.jpg


リーデルの専用グラスで、お楽しみいただけます~








ライブラリー
nrt32.jpg


この時はちょうど、席をはずされていますが
こちらで、JOHN LOBB(ジョン ロブ)社の靴磨きのサービスがあります。

ダンナさまももちろん
しっかりシューポリッシュしてもらってました~




こちらの『RED Suite』は、期待した以上に
サービスあり、遊び心あり、雰囲気ありの

出発前のひとときを過ごすのに、スバラシイところでございました。













ラウンジ内
nrt25.jpg


そんなステキな『RED Suite』から出て
向かったのが・・・







鉄板ダイニング
nrt26.jpg


鉄板を使って、シェフが目の前で作ってくれる
『鉄板ダイニング』に興味があったので、いただいてみました~。

朝の時間は、ガレットになります。
夕食の時間だと、お肉らしいんだよね。(いいなぁ・・・。)



とか、いいつつ
こちらのガレット、おいしくいただきました~。











お散歩中
nrt27.jpg


人もまばらな、静かなラウンジ内を
ちょっとだけお散歩中。







ビジネスコーナー
nrt28.jpg


なぜ、この角度で撮ったのだろう???

この、ひとりがけのソファがいいカンジだったんだけど
コレじゃ伝わらないよねぇ









マッサージ
nrt31.jpg


時間になったので、マッサージを受けました~。

ごりごりの肩・背中で、申し訳なく思う一方で
10分という短い時間でしたけど、とっても気持ちよかったです








外を見ながら・・・
nrt35.jpg


すっかり明るくなった、外を見ながらくつろいだりして
搭乗時間まで、ラウンジでゆっくり過ごさせていただきました






















テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_12


かなり前になってしまいますが

バースデーディナーで、横浜ロイヤルパークホテル内の
『Le Ciel(ル・シエール)』へ行ったので、その時の写真でも・・・。






テーブルセッティング
ルシエール1


なぜでしょう???

ロイパの高層階へ来る時は
かなりの確率で、お天気が悪いんです・・・




雨男でも雨女でもないんだけど・・・・。











窓の外
ルシエール2


ね。真っ白でしょ
せっかくの68階も、何もイミないんだよねー






冷前菜
ルシエール3


前菜一皿目は
フォアグラのコンフィ







アップで
ルシエール4


なめらかな食感と、フォアグラの濃厚な旨みが

お皿の奥には
カリっと焼あがった、トーストも添えられてます。








パン
ルシエール5


パンは、カゴでいろいろ持ってきてくれるので
そこからスキなものを選びます。

どれもおいしいから、迷っちゃうんだよね








少しだけ・・・
ルシエール6


店内が、窓に反射しちゃってますが・・・。

雲が切れる時に、写真を撮ると
こんなカンジの夜景です。








温前菜
ルシエール7


前菜二皿目は
カリフラワーのフランとずわい蟹に帆立貝のソテーを添えて







アップで
ルシエール8


サイズは大きくないけれど、肉厚な帆立が
身が締まって甘みが強いです







白ワインを
ルシエール9


せっかくなので
ココで白ワインを







スープ
ルシエール10


温泉卵 クーリー ド トリュフとマロンピューレを共に







アップで
ルシエール11


トリュフの香りをまとい、マロンピューレで深みが増した
完全によそ行き姿の温泉卵







お魚
ルシエール12


お魚は
鮑のフリカッセに茸と松の実をあしらって







アップで
ルシエール13


けっこう、ビックリしました。

確かに、久しぶりのル・シエールなのですが
ここも、こういう空白の使い方をするんだ~、と思って。




もう、おいしいの一言です。











グラニテ
ルシエール14


なんだったか、覚えてませんが
グラニテを挟んで







お肉
ルシエール15


はむたんのメインは
黒毛和牛フィレ肉のポワレ ペリグーソース







アップで
ルシエール16


お肉がおいしすぎるーーー







ダンナさまのメイン
ルシエール17


ダンナさまは、メインはこちらを。
リ ド ヴォーのロティ じゃがいものエカイエ見立て







赤ワイン
ルシエール18


お肉に合わせて、赤ワインをいただきます







フロマージュ
ルシエール19


こちらのコースのスバラシイところのひとつが
このフロマージュが、デフォルトなところ。







選んでみた
ルシエール20


4種類ほど、いただきました。
このためにちゃんと、赤ワイン残しておいたもんね~



そんなに早く飲みきれるほど、強くない
と、いう言い方もできますけど。











デザート
ルシエール21


温かいチョコレートのケーキとスープ フランボワーズの一皿


デザートは、数種類の中から
スキなものを選べます。

こちらは、ダンナさまが選んだもの。








はむたんのデザート
ルシエール23


お好みケーキをワゴンより


はむたんは、『ワゴン』の文字を見たら
選ばずには、いられないんです~。

と、いうことで、ワゴンサービスにしてみました~。








アップで
ルシエール24


もちろん、全部盛り







カフェ
ルシエール25


あいにくのお天気で
夜景がイマイチだったのは、残念ですが

華やかな雰囲気の中
正統派の王道フレンチを堪能させていただきました








今回のメニュー
ルシエール26


今回オーダーしたのは
ムニュ マジェスト(18,000++)のコースです。







テーマ : フレンチ    ジャンル : グルメ
2017_06_08


1年ちょっと前のお話になってしまうのですが・・・






ダンナさまが
『泊まらなくてもいいから、アマンへ行きたい

と、騒ぐので
彼のバースデーのお祝いで、『ザ・レストラン by アマン』へ行ってみました~。



オープンしばらくは、レストラン利用も宿泊者のみだったようなのですが
そのうち、レストランだけの利用もできるようになったので。











ガーデンレセプション
アマン1


アマン東京の33F ロビーフロアになります。
ダイニングがあるのも、こちらの33Fです。



和紙に覆われた、壮大な吹き抜けと圧巻の天井高
枯山水あり、水が張る空間に生け花ありと

静かな時間が流れる、こちらのロビーひとつとっても

『アマン』の非日常なラグジュアリー感を
完成された、圧倒的な美しさを感じます。





それはもちろん、泊まってみたいけどさ
価格を考えると、温泉も捨てがたいしなぁ

と思ってしまう、お年頃なワケで・・・。












テーブルセッティング
アマン2


ロビー見学を終えて
レストランへ来てみました~。







ザ・レストラン by アマン 内装
アマン3


ダイニング内も、天井が高いです~

人も少なく
静かでゆったりした空間が、広がってます。








カンパイ
アマン6


グラスシャンパンは、ルイナール ブラン・ド・ブラン。
おいしーよね







メニュー
アマン5


あらかじめ予約したのは
こちらの18,000円(ぐらいだったかと・・・)のコース。



telで問い合わせた時に
コースは2種類あって、品数は同じで内容が豪華になる

と、いうことだったので。





『アマン』っていうだけで、高いと思っていたので
想定外の良心的な価格に、よいイミでビックリです~












窓の外
アマン7


だいぶ、店内が反射してしまってますが・・・

窓の奥の方で、棒状のオレンジに光ってる建物が
東京タワー








パン
アマン8


パンは、こちらの3種類。







パンのお供
アマン9


パンのコンディメントも
オリーブオイル・ホイップバター・岩塩の3種類。







アミューズ・ブーシュ
アマン10


なんだったか、覚えてないので







アップで
アマン11


とりあえず、写真だけ・・・







冷前菜
アマン12


北海道産ホタテ貝のカルパッチョ 
菜花と色々な人参のインサラータ 紫蘇のサルサとイスラエル産フレッシュオシェトラキャビア







アップで
アマン13


新鮮なホタテがおいしくて
ウニもキャビアも一緒に楽しめる、ゼイタクな一皿







温前菜
アマン15


ソフトシェルクラブ 
青森県産菊芋のブルーテ 黒酢のアクセント







アップで
アマン16


ソフトシェルクラブ、大好き







パスタ
アマン17


手打ちパスタ オレキエッテ 
鴨肉のボロネーゼソースと鴨レバーのフリット 3色のカリフラワーを一緒に







アップで
アマン18


手打ちのオレキエッテが、おいしい

ボロネーゼのソースをたっぷり絡めて
鴨レバーの濃厚な旨みも楽しみながら、いただきます。








お魚
アマン19


ホウボウのポワレ 
天蕪と長野県産ちぢみほうれん草 浅利のジュと山葵







アップで
アマン20


あらかじめ、苦手と伝えていたので
はむたんのは、山葵ナシです。

『もう、これだけでずっと飲んでいたい』と思ってしまう、あさりのジュのソースと
しっとりと仕上がったホウボウが、よく合います








日本酒
アマン21


フツーだったら、ワインを合わせるところだけど

メニューに日本酒もあったから
アマン東京ブレンドの真澄を。








パン
アマン22


パンがなくなって、リクエストを聞かれたので
バゲットとみるくパンをいただきました~。







お肉
アマン23


岐阜県産飛騨牛うち腿肉の味噌漬け焼き 
フランス産フォアグラと下仁田葱のコンフィ ペリグーソース 黒トリュフのスライス







アップで
アマン24


メインがうち腿肉ということで
正直なところ、メニューを見てガッカリしたんだけど



目の前にお皿が来た時点で、トリュフの香りが広がります。

一口食べて
『ごめんなさい』って、謝りました。




お肉の、赤身の旨みが存分に味わえて

添えてあるフォアグラと、ペリグーソースで
とってもおいしくいただきました











デザート
アマン25


福岡県産あまおうのシャルロットと飴細工 
ポルト酒とスパイスのジュレ タヒチバニラアイスクリーム カシスとルバーブのコンポート







アップで
アマン26


『アマン』という名前が、どうしてもついてくるから
期待しないで、お店へ行ったのですが

想定外に、どのお料理もおいしくて
このゆったりした空間も、とても心地よくて




大満足のディナーになりました











プティフール
アマン27


プティフールをいただきながら、余韻に浸ります。







ごちそうさまでした
アマン28


ロビーがあまりにもステキなので
帰る前に、もう1度写真を撮ってみました~。







テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
2017_06_07


日本大通りの駅前、歴史的建造物の1Fにある
『Alte Liebe(アルテリーベ)』へ、行ってみました~。

ミュージックレストランと、うたっているだけあって
おいしいお食事と共に、ピアノ・バイオリンの生演奏が楽しめます







外観
アルテリーベ1


馬車道~日本大通りのあたりは特に、歴史的建造物が多く建ち並び
それを生かした、雰囲気のあるお店がいっぱいです。

アルテリーベも、歴史的建造物のひとつ
旧横浜商工奨励館の中にあります。







内装
アルテリーベ2


歴史と風格を感じさせる外観と、見事に調和した
重厚感のある、クラシカルな内装になっております。

天井も高~い







カンパイ
アルテリーベ3


まずは、シャンパンで乾杯







アヴァン・アミューズ(Avant amuse)
アルテリーベ4


アミューズ1皿目なのですが
なんだったか、忘れちゃいました~







アミューズ・ブーシュ(Amuse bouche)
アルテリーベ5


アミューズ2皿目のこちらは、2名分になります。







アップで
アルテリーベ6


貝なのは覚えてるんだけど・・・。(←写真見たまま・・・)







パン(Pain)
アルテリーベ7


パンは、ホイップバターと一緒に。







アントレ(Les entrée)
アルテリーベ8


前菜は
沼津産のどぐろのマリネと蓮芋、赤レモンの香り







アップで
アルテリーベ9


見るからに食欲をそそられる、炙られた皮目と
柔らかいピンク色のしまった身に、ほんのちょこっとレモンの香りを添えて。

のどぐろのしっかりとした、でも品のある脂の旨みがより引き出され
香ばしさも加わって、とってもおいしいです~








スープ(Les soupe)
アルテリーベ10


ずわい蟹のフラン、ビスクのエマルジョン『北海の恵』







アップで
アルテリーベ11


ビスクの下に、ずわい蟹のフランが隠れてます。

濃厚な味わいのビスクに、ずわい蟹の身にフランと
ゼイタクな一皿です~








ポワソン(Les poisson)
アルテリーベ12


お魚は
甘鯛の鱗焼き、ディルの香るブールブランと春の山菜を添えて

パリッパリの鱗は香ばしく、その食感と
ふっくらと柔らかく焼きあがった甘鯛の、上品な味わいが楽しめます







グラニテ(Granité)
アルテリーベ13


グラニテを挟んで







ヴィアンド(Les viandes)
アルテリーベ14


お肉は
国産牛フィレ肉のターフェルシュピッツ、トリュフを浮かべて







アップで
アルテリーベ15


ターフェルシュピッツは、牛肉の煮込みで
オーストリアの名物料理のひとつだそうです。

お肉の、とろけるような柔らかさが楽しめます。








アヴァン・デセール(Avant dessert)アルテリーベ16


こちらのお店の特徴のひとつの、生演奏ですが

基本はお店の中央で
ピアノとバイオリンの演奏があります。




ただ途中で、バイオリン奏者の方が各テーブルをまわって
目の前で弾いてくれるんです

もちろん、動けないけどピアノの演奏もありますよ~
(逆に、ピアノが動いたらホラーだね)






しかも、1曲リクエストも聞いてくれます





が!!

そのリクエストが
なかなか、とっさに出てこないんですよね






例えば、月の光と月光、どっちがどっちか分からなくなるし
英語名なんて知らないし

クラシック聞かないし
昔、エレクトーンで何を弾いたかなぁ・・・って考えても

ぜーんぜん出てこないし






と、いうことでベタに、アヴェ・マリアをリクエスト。
誰のとまで言わなくても、はむたんが思ってたシューベルトのでした

他の方は全員、ディズニー映画の曲でしたね。
(アラジンと、美女と野獣くらいしか知らない・・・)














グラン・デセール(Grand dessert)
アルテリーベ17


グラン・デセールは、イチゴのミルフィーユ仕立て。







断面図を撮ってみた
アルテリーベ18


割ってみると、中から
大きなイチゴが生まれました

お皿にたっぷり敷き詰められた、イチゴのソースが
リアルに『イチゴ』ってカンジで、おいし~








ミニャルディーズ(Les Mignardises)
アルテリーベ19


いつだったかなぁ・・・。
以前にも1度、アルテリーベへ行ったことがあって。

外観・内装は、そのままの印象だけど
コンセプトやサービス・お料理などは、いろいろ変わってる気がします。






良い方に





と、いうことで。
そのうち、また行ってみようかなぁ

と、思いました










今回のメニュー
アルテリーベ20


今回いただいたのは
3種類あるうちの、真ん中のコース(\13,000-)です。











テーマ : フレンチ    ジャンル : グルメ
2017_06_06


新橋駅からすぐの『銀座 天川』で
お鮨をいただきました~





外観
天川1


今回は、天川のおすすめコース(20,000円)を。






1皿目
天川2


まず最初に出てきたのが、お野菜とコンソメジュレ

たいして飲めないので
最初から、日本酒いっちゃいまーす






アップで
天川3


主張しすぎないコンソメジュレが
お野菜と合います。






トロの炙り
天川4


ほどよく脂ののったトロは、まわりは炙られてますが
中は、おいしそうなピンク色

このタレ、ニンニクが若干効いてる気がします~。







2皿目
天川5


『お酒に合うと思います』と、出してくれたのが
こちらの、カラスミとあん肝の煮こごり

もうッ、サイコーです~







お刺身
天川6


ココから、お刺身が3品。







天川7


角切りの赤身と







天川8


湯引きされた、真鯛のお刺身と







天川9


鰆の炙り(たぶん)の3品でした。






お魚
天川10


ふっくらと蒸された、お魚(なんだっけなぁ・・・)






タコ
天川11


やわらかく煮込まれたタコさん






日本酒
天川12


ココで、日本酒追加しまーす。






焼魚
天川13


なんのお魚か忘れてしまいました~。






トロ
天川15


ココから、握りに入ります。

まず最初は、トロ。
おいしいに決まってます~






イカ
天川16


細かくしっかりと包丁が入った、スミイカは
ねっとりとして、甘みも強いです






コハダ
天川17


小さい頃は、小肌なんて興味がなかったけど
今は、スキな方多いのがよく分かります

おいしいもんねー







真鯛
天川18


真鯛の昆布〆






赤身
天川19


おいしい赤身がいただけるのって
うれしいです~






カレイ
天川20


確か、なんとかカレイって言ってたような気がします。

最初、『え?カレイ???』と思ったけど
新鮮なんですよね。

食べたら、おいしかった記憶が







穴子
天川21


穴子は、塩とタレの両方が味わえます。






玉子
天川22


最後は、カステラのような
江戸前な玉子。






お椀
天川23


こんなカンジで
ざぎんでシースー、楽しんできました~





残念ながら、たいした味覚は持ち合わせていないので
難しいことは分かりませんが


おいしかった



テーマ : 寿司    ジャンル : グルメ
2017_06_02


3泊5日のバンコク旅行記も、これが最後になります。

仁川に着いたので
ラウンジへ立ち寄りまーす。







Asiana Lounge Business Class
ICN1_20170417001122836.jpg


アシアナ航空さんのビジネスクラスラウンジです。
やっぱり、人が多いです。






ライブキッチン
ICN2_2017041700112304f.jpg


朝食のこの時間帯に
なにか目の前で、ライブキッチンをやっていたので






もらってみた
ICN3_20170417001125dcd.jpg


もらってみました。
トマトソースのキッシュ。


そんなに時間もないので、そろそろ搭乗ゲートへ・・・。









運命の別れ口
ICN4_20170417001126b66.jpg


仁川-成田のOZ102は、機材はB747のジャンボです~
この区間、うれしいのが・・・






ファーストクラス
ICN5_20170417001128cd8.jpg


ビジネスクラスだけど
シートだけは、ファーストクラスなんです~

1階Aコンのファーストクラスが
ビジネスクラスに解放されていたので、こちらに。







角度を変えて
ICN6_2017041700112922d.jpg


アメニティで、スリッパが用意されてます。






もう1枚
ICN7_201704170011312d3.jpg


古い機材だから
シートも昔のタイプで、ちょっとくたびれてるけど

でも、はむたん楽しみにしてたの







機内
ICN8_20170417001132101.jpg


さすがに、Aコンは満席でした。






モニター
ICN9_20170417001134c4f.jpg


モニターも小さいけど






リモコン
ICN10_2017041700113554d.jpg


いろいろ古さも目立つかもだけど






ウェルカムドリンク
ICN11_201704170011372de.jpg


ウェルカムドリンクでお水をもらって
旅行の余韻にひたりながら、ゆったり座ってます~






メニュー
ICN12_20170417001138be5.jpg


機内食は、洋食と韓国食の2種類です。






ワインメニュー
ICN13_201704170011403c8.jpg


さっきお水にしたから、軽く飲もうかなぁ~。






ドリンクメニュー
ICN14_20170417001141e3a.jpg


このあたりは
テキトーに流し読み~。







韓国料理
ICN15_20170417001143f81.jpg


ダンナさまは、韓国料理のおかゆを。

彼もお粥は、スキじゃないハズだけど
なぜかオーダーしちゃったらしい。

でやっぱり、違うと思ってしまったらしい






洋食
ICN16_201704170011441b9.jpg


はむたんは、オーソドックスに洋食を。
シャンパンと一緒に。






アップで
ICN17_201704170011508c3.jpg


煮込み系は、スキじゃないけど
コレ、フツーにおいしかった

機内食は、煮込んだものがおいしいっていうもんねー。






フルフラット
ICN18.jpg


寝るほどの時間はないけど
とりあえずフラットにして、写真を撮ってみた






こんなカンジで、3泊5日でバンコクを楽しんできました

初めてのバンコクは、あまり観光はしなかったけど
その分ホテルでゆっくりして、リラックスできました~



次に行く時には、アユタヤへ行くのもいいなぁ
とか、考えたりもしてるので

またそのうち、バンコクへ行こうと思います~




バンコク旅行記に、最後までお付き合いいただきまして
ありがとうございます

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2017_06_01


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top