FC2ブログ



以前は六本木ヒルズの中にあった、『テール・ド・トリュフ』さん。
ずーっと気になってはいたのですが、なかなか行く機会がなくて。

数年前に移転して、現在は外苑前にあるのですが
ようやく行くことができました~。(ちょっと前のお話だけどね





外観
テールドトリュフ1


あ。
なんか、かわいらしいカンジ。

六本木ヒルズの時と比べると
カジュアルなカンジがします~。





内装
テールドトリュフ3


さすが。
トリュフの絵が飾ってある



ちなみに、こちらのお店は

フランス料理をベースに
トリュフの魅力を最大限に生かした料理を提供する、トリュフ料理専門店

というコンセプトだそうです。










シャンパン&カクテル
テールドトリュフ4


ダンナさまは、シャンパンを。
はむたんは、フルーツのソルベのシャンパンカクテルでカンパ~イ

この日フルーツのソルベは、ライチでした。




テーブルの上に置かれた栗や・・・









秋の香り
テールドトリュフ13


店内に飾られてる、ススキやかぼちゃが
秋を感じさせてくれます





トリュフのプレゼンテーション
テールドトリュフ5


ここで、コースに使う
サマートリュフと黒トリュフを、見せに来てくれます。

グラスに入った黒トリュフは、しっかり香りが感じられます。
いい香り





アミューズ
テールドトリュフ6


アミューズは、冷たいビーフコンソメのスープと
バゲットの上に、チーズとサマートリュフを載せたもの。





サマートリュフアップ
テールドトリュフ7


チーズとサマートリュフ、合います





ビーフコンソメ
テールドトリュフ8


こちらの中にも、刻まれたトリュフが





こんなところにまで・・・
テールドトリュフ9


お水のグラスや





お皿
テールドトリュフ16


お皿にもトリュフのイラストが入ってます~。





白ワイン
テールドトリュフ10


ココでダンナさまは、白ワインを。





前菜
テールドトリュフ11


前菜は、手前から時計回りに

天使のエビをカダイフで巻いたもの
1度冷凍した卵黄を解凍したもの
マグロのタルタルをアボカドで巻いたもの

の、盛り合わせの上に
その場で、サマートリュフがスライスされます。






アップで
テールドトリュフ12


炭塩でいただくエビのカダイフが、おいし~





パン
テールドトリュフ14


パンは、白トリュフのオイルでいただくのだけれど





白トリュフのオイル
テールドトリュフ15


この白トリュフのオイルが、ガーリックの香りと似てる

と、いうことですが
確かに、そんなカンジ。

しっかり香りが感じられて
食べてもガツンとパンチが効いてるカンジ。



トリュフオイル食べてます!みたいな。
(ダンナさまは、セメダインって言ってた









ちゃまご
テールドトリュフ17


会津地鶏玉子のヴォイヤード





アップで
テールドトリュフ18


55度の低温で調理された
とろっとろの、やわらか~いスクランブルエッグ状の玉子の上に
細切りのサマートリュフと、ブリオッシュを。

濃厚な玉子と、サマートリュフの香りに食感
合わないワケがないんです





赤ワイン
テールドトリュフ19


ダンナさま、赤ワインをオーダー





ポテト
テールドトリュフ20


北海道帯広中薮農園 じゃがいものロースト トリュフクリームソース





アップで
テールドトリュフ21


北海道産の『はるか』というジャガイモを使ったお料理で
トリュフクリームソースをたっぷり絡めて、上の黒トリュフと一緒に食べるのだけど

めちゃめちゃおいしい






まずジャガイモが、ものすごぉーく甘くて、ねっとりとした食感もよくて
タダモノじゃないおいしさ。

最近、おいしいジャガイモ多いですよね。



そこに、濃厚な味わいのトリュフクリームソースをたぁーっぷり絡めて
さらに黒トリュフも一緒になんて

本当にゼイタクで、舌も脳も喜ぶ一品でした











ワインたち
テールドトリュフ22


真ん中の『ドメーヌ・リショーム』が、さっきダンナさまがオーダーした赤ワインで
カベルネ、シラー、グルナッシュをブレンドしたものらしいのだけど

ミディアムボディっていうだけあって、そこまで重さはないものの
複雑な風味が、とってもおいしかったです~。





赤ワイン
テールドトリュフ25


ココで、2人そろって赤のグラスワインを頼んだんだけど
さっきダンナさまが飲んだものの方が、好みだった・・・。





お肉
テールドトリュフ23


黒毛和牛のロッシーニ ポレンタ添え スライスした黒トリュフ





アップで
テールドトリュフ24


お肉とフォアグラが、セパレートタイプのロッシーニは初めてかも~。

ランド産のフォアグラは
『元のサイズはこの2倍で、じっくりと火を通しました』と、いうだけあって

とっても濃厚




舌の上でとろけるフォアグラと
柔らかくて、旨みが口の中で広がるお肉さまと
香り高い黒トリュフと

それぞれで食べてもおいしいけど、一緒に食べるともうサイコー
フォアグラの下のポレンタも、おいしい~。











ごはん
テールドトリュフ26


ストゥブで炊いたごはんと黒トリュフ 玉子かけごはん





ストゥブアップ
テールドトリュフ27



まず先に、ご飯を見せに来てくれるので、写真を。





TKG
テールドトリュフ28


で、待ってると
目の前に遊びにきましたTKGwith黒トリュフ

玉子は会津地鶏の玉子だそう。



白だし醤油がかかった、玉子が濃厚なTKGには
細かく刻まれた黒トリュフも混ざってて

どこを食べてもトリュフの香りが楽しめます

キャビア丼やキャビア茶漬けもゼイタクだと思ったけど
この黒トリュフの玉子かけごはんもゼイタクで、超おいしい










デザート
テールドトリュフ29


濃厚ヴァニラアイス トリュフ入りカラメルソース





アップで
テールドトリュフ30


バニラアイスはおいしいけど、カラメルってスキじゃなくて。

刻まれたトリュフが入ってたけど
カラメルと一緒に残しちゃいました・・・





小菓子
テールドトリュフ31


クッキーだったかな、小菓子と一緒に





カフェ
テールドトリュフ32


紅茶を。



前菜からデザートまで、すべてトリュフを楽しめる
とてもステキなディナーでした






スポンサーサイト



テーマ : フレンチ    ジャンル : グルメ
2016_02_26


01  « 2016_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top