上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


前のお話になってしまうのですが

2014年のクリスマスディナーは
『O Pulecenella』へ、行ってきました。



横浜のイタリアンといえばココ
的なお店です。








テーブルセッティング
オ・プレチェネッラ1


外の道路を見ると、雨で濡れてるのが分かります。

そういえば、以前にディナーへ来た時も
雨が降っておりました。





メニュー
オ・プレチェネッラ2


クリスマスは、こちらのコースメニューになってます。





カンパイ
オ・プレチェネッラ4


とりあえず、スプマンテで乾杯





付き出し
オ・プレチェネッラ3


付き出しは、3種の盛り合わせになってます。

左のカップの中味は、イイダコ。
その下に、細かく砕かれて、クリーミーなピュレ状のブロッコリーが。
ポテトも入ってます。

真ん中が、あわびの香草パン粉焼き

右が、寒ブリ ういきょうのヴァネットソース







パン
オ・プレチェネッラ5


シンプルなパンは
そのまま食べても、お料理のソースに合わせても

どっちもおいしい





冷菜
オ・プレチェネッラ6


ズワイガニとプンタレッタのサラダ
レンズ豆のエスプーマとサンダニエーレ産生ハム





アップで
オ・プレチェネッラ7


レンズ豆のソースは、本当にレンズ豆
プンタレッタっていうお野菜のシャキシャキ感が、いいアクセントに。





店内
オ・プレチェネッラ8


ポインセチアに、クリスマスっぽい飾りがついてるような。





温菜
オ・プレチェネッラ9



フォアグラを詰めた玉ねぎのアルフォルノ
バルサミコのヴィネグレット





アップで
オ・プレチェネッラ10


皮ごと焼かれた玉ねぎは、水分をいっぱい含んでいて
口に入れると、甘さが広がります。

濃厚なフォアグラは、おいしいのはもちろん
触れてた部分の玉ねぎにも、フォアグラの味がしっかり染み込んでます。





パンのおかわり
オ・プレチェネッラ11


ハイ、ココから
1皿来るごとに、パンもおかわりしております。

だってーーーー。
パンが進むんだもーーーーーーん。

ランチタイムはともかく
ディナータイムは、サービスもいいしね






パスタ
オ・プレチェネッラ12

自家製フレゴリーナ 桑名産はまぐりと甘鯛のウロコ焼





アップで
オ・プレチェネッラ13


ふっくらしっとりの甘鯛は、鱗がパリパリでイイ食感。

身が厚くて、ぷりっとしたはまぐりは
甘鯛と共に、火の入りが絶妙。

自家製の細かいパスタも、ソースとよく合います。





パスタ2
オ・プレチェネッラ14


仔牛肉を詰めたアニョロッティデルプリン
欧州産3種のキノコと伊産冬トリュフ





アップで
オ・プレチェネッラ15


この写真を撮りながら

トリュフもしっかり薫りがするし、ポルチーニとか
きのこの薫りもすごいんです

パスタはハーブの薫りがして、ソースもおいしいから
色々楽しめる一皿です。





メイン
オ・プレチェネッラ16


仏シャラン産鴨肉のカラメル焼き そのスーゴのソースと
アンディーブのロースト添え





アップで
オ・プレチェネッラ17




この鴨、はむたんが今までの人生で食べた鴨の中で
間違いなくNO.1のおいしさ

皮はしっかり焼き目がついていて、ものすごぉーく香ばしい。
もうっ、たまりませんッ

厚くカットされた身は、本当に柔らかくて。
アンディーブの苦味もイイですね。





ドルチェ
オ・プレチェネッラ18


エスプレッソとキャラメルムースのトルタ
チョコレートのマカロンとブラッドオレンジのソルベ





アップで
オ・プレチェネッラ19


このソルベ、ブラッドオレンジの味が濃いです。

飴細工がキレイで
チョコのムースはもちろん、もっちりしてチョコが濃厚なマカロンもおいしい。






今回、オ・プレチェネッラへ行って
あらためて、そのおいしさを再確認しました

店内は狭いし、バッグ置くところはないし
マフラーは預かってもらえないし
ランチタイムのサービスは、全然よろしくないしで

色々ありますけど




でも、おいしいから
また行きます






スポンサーサイト
テーマ : イタリアン    ジャンル : グルメ
2015_07_31


朝早めに起きて、展望露天風呂へ行ってみました~。





朝の景色
山翠楼朝食1


山を眺めながら、ぼーっとして・・・。





朝食
山翠楼朝食2


お部屋へ戻ったら、お楽しみの朝ご飯





香の物
山翠楼朝食3


ごはんのお友達





サラダ
山翠楼朝食4


お野菜がシャキッとしてて、おいしかったでーす。





お膳
山翠楼朝食5


おかずがいろいろ。





お豆腐
山翠楼朝食6


すでに、にがりが入ってるのかなぁ。
火を入れると、程よく固まってお豆腐になりました~。





お魚&デザート
山翠楼朝食7


旅館の朝食には欠かせない、焼き魚と
デザートも遊びにきて。





テーブルの上
山翠楼朝食8



テーブルの上が、にぎやかになりました





スカイラウンジ
山翠楼朝食9


チェックアウト前に
スカイラウンジで、ティータイム





外を眺めながら
山翠楼朝食10


いいお天気で、気持ちよいです~








こんなカンジで、山翠楼を楽しんできました~。



色々と、否定的な意見もある山翠楼ですが
はむたんたちは、楽しくステイできたので

これなら、『海石榴』も行ってみてもいいかなぁ~
って、思えたので。





海石榴の高いお部屋、本当に高いから
とりあえず、姉妹館の山翠楼で様子を見てから!!って思って。







で、後日、海石榴へ行ったので
それはまた今度、UPしまーす。







テーマ : 温泉旅行・温泉宿    ジャンル : 旅行
2015_07_29


山翠楼のお食事は、お部屋食になります。





御品書
山翠楼夕食1


何が出てくるのか、楽しみ




食前酒・先付・前菜
山翠楼夕食2


食前酒・先付・前菜が、まとめて遊びにきました。

食前酒は、日本酒がベースの梅酒で
軽いです。





先付
山翠楼夕食3


お豆腐を湯葉で巻いてあります。





前菜
山翠楼夕食4


手前右から



美味鶏の練り物の中に、牛蒡がはいったもの。

その奥が、スモークサーモンの棒寿司
赤いのはなんだったか忘れちゃったけど、ワインに着けたもので
香りも味も、赤ワインってカンジ。

その左が、辛子味噌がのった・・・なんだっけ?

ブロッコリーのおひたし

最後が、まるじゅう(さつまいも)のお煎餅と里芋









椀物
山翠楼夕食5


北海道産 帆立の真薯 三浦大根のみぞれ仕立て

ほっこりする、優しいお味です。





造り
山翠楼夕食6


伊豆近海の旬のお造り

器がおさまった、この外のケース(?)
ただの飾りじゃなくて、運びやすいっていう実用的な要素もあっていいなぁ。





アップで
山翠楼夕食7


鰤・太刀魚・赤イカ・目鯛

赤イカは、長芋と一緒になってるのですが
長芋のシャキシャキ感と、よく合います





こっちもアップで
山翠楼夕食8


白みる貝





鶴さん
山翠楼夕食9


事前に、結婚記念日と伝えてあったので
お祝いということで、遊びにきました~。

この器、横浜の某お店でも
見る気がするー。





オープンッ
山翠楼夕食10


中には、一口サイズのお赤飯が。

お祝いの言葉もいただいて
ありがとうございます





焚合
山翠楼夕食11


筍の揚げ饅頭に、桜海老の餡がかかったもの。

この揚げ饅頭
筍の食感が残ってて、イイカンジ





鍋物
山翠楼夕食12


こちらのお鍋でいただくのは・・・





こちらの食材
山翠楼夕食13


駿河湾産の真鯛と
北海道産のズワイガニのしゃぶしゃぶ

さっとくぐらせて、いただきます。



真鯛がおいしかった
ズワイガニは、そこそこ火を通さないと、ちょっと生臭かったの。








料理長からの一品
山翠楼夕食14


料理長からの一品
ということで、遊びにきたのは

北海道のじゃがいも、北あかりのカルボナーラ仕立て

麺に見立てたじゃがいもは、クリームソースとの相性もいいですよね。





蓋物
山翠楼夕食15


三ヶ日三段肉の吉野仕立て

山翠楼の名物だそうです。





御飯・香物・止椀
山翠楼夕食16


こちらのご飯は『ゆめぴりか』と、いうことで





アップで
山翠楼夕食18


ゆめぴりかって、初めて食べたんだけど

もちもち感があって
噛んでると、後からもち米の味がやってきて

おいしー



もちろん、おかわりーーー








デザート
山翠楼夕食19


柚子シャーベット
ババロア&ブルーベリーソース
わさびみたらし団子(でも、わさびの味しなかった

と。

1番手前にあるのが
和風ろーるけーき 湯河原みかんの蜜煮を添えて




このロールケーキは、生地・クリーム共に
八丁味噌を使っているそうです。

ただ、主張しているワケではないので
言われなければ、はっきりお味噌とは気付かないかも。




お味噌が入ってるからかな

コクがあって、甘みの中に塩っ気を感じるクリームと
もっちりとした、軽くてくちどけのよい生地が、イイカンジ








全体的に、華やかなお食事とは全く違うけれども

旬ものもや、地元の食材を使った
上品なお味のお食事がいただけます。




『質実剛健』 みたいな。(イヤ、たくましいとは違うんだけど・・・)

派手さはないし、むしろ地味なんだけど
奥ゆかしさがあるっていうか。






もしも気になる方は
追加料理を頼んだら、華やかさがプラスされるかもー。











夜のお庭
山翠楼夕食20


お庭がライトアップされてまーす。





露天風呂
山翠楼夕食21


そんなお庭を眺めながら
ゆっくり露天風呂につかって、のんびり




テーマ : 温泉旅行・温泉宿    ジャンル : 旅行
2015_07_28


山翠楼には、宿泊客なら誰でも利用できる
『スカイラウンジ』があります。

せっかくなので
露天風呂を楽しんだ後に、行ってみました~。





フリードリンク
山翠楼ラウンジ1


コーヒー・紅茶・緑茶・オレンジジュースがおいてあって
セルフで楽しむシステムです。





スカイラウンジ
山翠楼ラウンジ2


時間帯によっては、人が混み合いますが





窓からの眺め
山翠楼ラウンジ3


山の紅葉を見ながら





ティータイム
山翠楼お風呂7


ゆっくりティータイム






この後、お部屋へ戻りますが

そういえば、外観やロビーの写真を撮っていないコトに気付いたため
夕食前に、写真を撮りに行ってみました~。










表門
山翠楼1


夜のエントランス。

建物の外観も、撮ろうと思ったんだけど
フツーの建物だったから、スルーしてみた。





玄関広間
山翠楼2


宿に入ると
もれなく、こちらの広間に出ます。

この畳の広いスペースも
山翠楼の特徴のひとつだと思われます。





ロビー
山翠楼3


広間をあがった2階に、ロビーがあります。





もう1枚
山翠楼4


人がいないから、とっても静か。


この後は、お楽しみの夕食なので
早くお部屋に戻ろっと









テーマ : 温泉旅行・温泉宿    ジャンル : 旅行
2015_07_27


お部屋の写真をひととおり撮ったら
今度は、大浴場へ行ってみまーす





大浴場入り口
山翠楼お風呂1


お部屋にも露天風呂はあるけど
大浴場もやっぱり、気になるもんねー。





マッサージチェア
山翠楼お風呂2


誰もいなかったから、座ってマッサージしてました。

肩と背中と腕。
本当、ヒドイんです・・・





パウダールーム
山翠楼お風呂3


結構、イスがずらーって並んでるから
人が多い時間帯でも、大丈夫そうな気がしまーす。





更衣室
山翠楼お風呂4


タオルが置いてあるから
お部屋から持ってこなくて大丈夫。





お風呂
山翠楼お風呂5


内風呂が1つ、露天風呂が1つの
シンプルな造り。





内風呂
山翠楼お風呂6


窓ガラスの向こう側が
石造りの小さな露天風呂になってます。

ココは、特に何か景色が見えるワケじゃないんだけど・・・。













展望露天風呂
山翠楼お風呂8


大浴場とは別に
旅館の最上階に、展望露天風呂がありまーす





と、いうことで
移動してきました。











更衣室
山翠楼お風呂9


あ。
ちゃんと鍵付きだ。





パウダールーム
山翠楼お風呂10


大浴場と比べると、こじんまりとまとまってます。





内風呂
山翠楼お風呂11


小さめの内風呂もあります。





展望露天風呂
山翠楼お風呂12


おそらく、山翠楼のウリの1つだと思われる
展望露天風呂でーす





紅葉を見ながら・・・
山翠楼お風呂13


もう、紅葉も終わりのシーズンのため
こんなカンジですが

宿の方曰く

もう1週間早ければ
ちょうど見頃だったそうです。




それでも。

今回、紅葉は全く期待してなかったので
十分です~









ちなみに夜だと・・・
山翠楼お風呂14


ちなみに、夜の場合は

あたりまえだけど
真っ暗で、なにもわかりませーん





テーマ : 温泉旅行・温泉宿    ジャンル : 旅行
2015_07_25


奥湯河原にある老舗の旅館、『山翠楼』へやってきました~。

いつもなら、外観から入るところですが
今回、昼間の写真を撮っていないので

いきなりですが
お部屋レポからいきまーす。





じゅこう
山翠楼お部屋1


泊まるお部屋は『珠光(じゅこう)』というお部屋です。



山翠楼は、聚楽第(スタンダード)・源氏(ハイグレード)・桃山第(DXスイート)
と、3つのカテゴリーに分かれていて

今回は、桃山第(DXスイート)の
露天風呂付和洋室(15畳+洋室+BED)のお部屋でーす





山翠楼の中で、1番いいお部屋











ドア
山翠楼お部屋2


老舗のお宿なので、古いのは知ってますが
中がどんなカンジなのか、気になります。

ドキドキ・・・





・・・の、前に
山翠楼お部屋102


ドア横に、こんなスペースが。
山登り中の、休憩スペースみたい。





玄関
山翠楼お部屋3


写真を撮らなかったので、うまく伝える自信がないのですが
防火扉で、鍵をかけるカンジになります。



ドアは、2つ上の写真にある横開きのドアなのですが
それ自体は、鍵がかからず

引き戸の内側に内蔵(?)してある防火扉を出して
鍵をかけるカンジ。




初めてのシステムで、ビックリしました~。
このあたりから古さを感じるけど、ちょっとおもしろーい。

ちなみに、姉妹旅館の『海石榴』のお部屋の鍵も
同じシステムでした。










お部屋
山翠楼お部屋4


シンプルな15畳の和室は、広々として
キレイで清潔感があります。

古いって覚悟していたからか
むしろ、全然キレイじゃーん。





角度を変えて
山翠楼お部屋5


この右側が・・・





ベッドルーム
山翠楼お部屋6


ベッドルームになっております。





角度を変えて
山翠楼お部屋7


もちろん、こちらにもTVが。





ベッドルームから
山翠楼お部屋8


ベッドルームから、和室を望んでみました。





広縁
山翠楼お部屋9


広縁から、お庭を





お庭
山翠楼お部屋10


お庭は、こんなカンジ。
新緑の季節なら、もっと緑がいっぱいなのかな。





露天風呂
山翠楼お部屋11


お部屋の露天風呂でーす。





目線はきっと、こんなカンジ?
山翠楼お部屋12


2人でヨユーで入れるスペースがあるから
ゆっくりお湯につかれますよ~。





外のシャワー
山翠楼お部屋13


外のシャワーと、座れるようになってるスペース。





洋室
山翠楼お部屋14


和室のお隣は、こんなカンジ。

洋室っていうか
大浴場にある更衣室の一部ってカンジ。





角度を変えて
山翠楼お部屋15


写真に写ってるドアから、外の露天風呂へ行けます。

お部屋自体は、リノベーション入ってキレイだけど
右側に移ってるパーテーションとか、レトロな雰囲気を醸し出してるよね。





冷蔵庫
山翠楼お部屋16


もちろん、これらは有料で





価格表
山翠楼お部屋17


こんなカンジの料金。





ティーパック
山翠楼お部屋18


お茶やティーパック、コーヒーが置いてあります。





セーフティボックス
山翠楼お部屋19


セーフティボックスが、小さいのがいくつもあって
本当、大浴場の一部みたい。

お部屋が広いから
2名どころか、もっと多い人数で泊まれるもんね。





トイレ
山翠楼お部屋20


このあたりは、ものすごぉーく
レトロなカンジ。





水場
山翠楼お部屋21


トイレの前に、こんな水道があるんだけど
いつの時代のものなんだろ。





バスルーム
山翠楼お部屋22


バスルームへやってきました。





アメニティ
山翠楼お部屋23


洗顔料・化粧水・乳液・メイク落としが、置いてあるので
こだわりがある方でなければ、持ってこなくても大丈夫。





他のアメニティ
山翠楼お部屋24


基本的なところは、あると思います。





バスタブ
山翠楼お部屋25


石造りだから

こけたら痛そう・・・
なぁんて、思ってみました。





ドリンクメニュー
山翠楼お部屋26


最後に、ドリンクメニューを撮ってみました。





さすが、山翠楼で1番高いお部屋というだけあって
2人で泊まるのには、とっても広かったです。





和室やベッドルームは、リノベーションが入ってるけど
部分的に、レトロ感があるので

あるイミ、おもしろいかもー。






ただ
気になる人は、そのレトロさが気になっちゃうと思われます。







テーマ : 温泉旅行・温泉宿    ジャンル : 旅行
2015_07_23


真鶴の『丸入水産』で、新鮮なお刺身を食べた後は
奥湯河原へ向かいます。

でもそのまま行くと、旅館のチェックイン時間よりだいぶ早いから
途中、ちょっと寄り道を。




ってコトで
万葉公園へ行ってみました~。








狸福神社
万葉公園1


駐車場に車を停めて、少し歩くと
こんなかわいらしい鳥居がいっぱい出てきました~。

ちょうどこの時期、夜のライトアップがある時だったので
たぶん電球が巻かれてるんだと思われます。




本当は、夜のライトアップも興味あったんだけど
奥湯河原からだと、車出さないと来られないから

あきらめました~。









散策
万葉公園2


小さいけれども
朱塗りのアーチがかった橋って、風情ありますよね。





紅葉
万葉公園3


もう、紅葉も終わりのシーズンでしたが





もう1枚
万葉公園4


かろうじて、部分的に残ってました。





風呂桶の滝
万葉公園5


これだけ大きな風呂桶って、なかなか斬新な絵。

ちょうど目の前が、『独歩の湯』っていう足湯なんだけど
この桶から、足湯へお湯が注がれてるみたい。





独歩の湯
万葉公園6


そういえば、現国で『国木田独歩』っていたなぁ・・・。

ぐらいしか、覚えがございませんが
『独歩の湯』という名の、足湯施設です。



門のところに『白虎』とあるだけあって
他の門にはきっと、『青龍』『朱雀』『玄武』ってあるハズ。









ちょっとのぞいてみた
万葉公園7


そんなに足湯に興味はないので
写真だけちょっと撮ってみました~。

万葉公園は入場無料、お散歩し放題ですが
こちらの独歩の湯は、入場料300円となっております。





戻って来た
万葉公園8


『公園内って、赤い橋がいっぱいあるんだねー』って言ったら
ただ、同じ場所に戻って来ただけだった・・・。






万葉公園9


千歳川というらしいです。
この川。





お散歩
万葉公園10


川沿いをお散歩。
日が当たらなくて、寒いぞーーー





気になる
万葉公園11


川の右側の、レトロな建物が気になります。
あれ、なんだろ???





川のアップ
万葉公園12


けっこう、勢いよく流れてまーす。





もう1枚
万葉公園13


川沿いに、ちょっとお茶できるところがある
って、地図に書いてあるんだけど

結局どこなのか、わからなかった・・・。





不動滝
万葉公園15


そろそろいい時間になってきたので
山翠楼へ向かいまーす。



に、しても。
この季節の万葉公園のお散歩は、超寒かった・・・










テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
2015_07_22


師走のとある日のお話ですが
奥湯河原にある老舗の旅館、『山翠楼』へ行ってきました~。



山翠楼は、同じく老舗で有名な『海石榴(つばき)』と
姉妹旅館になります。

以前からダンナさまは
『海石榴へ行ってみたい』と、たびたび言っていたので

海石榴へ行く前に、先に姉妹館の山翠楼がどんなカンジか
見てみるコトにしました~。






と、いうことで
温泉へ行く前に、まずはランチでーす










貴船神社
まるいり1


目的地が奥湯河原のため
とりあえず、真鶴へ来てみました~。

なぜなら
お昼ごはんで、行ってみたいお店があったから






で、ランチタイムまでは時間があるので
お店の目の前にある『貴船神社』を参拝することに。




この写真、分かりますか
上まで、階段が長いんです

これはとりあえず、昇っておかないとー
っていう、意味不明な動機からなんだけどね。


ちなみに。
鳥居をくぐってから、108段だそうです。




数字にすると
全然たいしたことないねー。

10往復するなら、話は別だけど。









本殿
まるいり2


昇ってきました~。
予想通り、とってもこじんまりしてます。

まだ、早い時間なんだけど
意外と、他にもお参りしてる方が何人かいらっしゃいました。





厄除厄祓門
まるいり3


厄除厄祓門っていう名前からすると
くぐると、そんな厄を除けて祓ってくれるのではないかと思われます。





心願成就石
まるいり4


きっとこちらも

心願成就石という名前から
お願い事が叶うように、心から祈願しましょうってコトですね。





上から見下ろしてみる
まるいり5


ちょっとお散歩してみたものの、そんなに広くはないから
下へ降りるコトにしまーす。





お店の開店まで、まだまだ時間があるから
この後、近くをふらふらしたりしてたんだけど

それも限界なので
お店の前に戻ってみました~。









丸入水産
まるいり6


昔からあると思われる
かなり年季の入ったお店です。

2Fのバルコニーの手すりに、お店の名前が入ってるんだけど
なぜか、横になっちゃってるし・・・



11:00開店らしいですけど
15分くらい前に、もう入れてもらっちゃいました~








お座敷
まるいり8


なんだか
おばあちゃんちみたいなカンジがしまーす。

1卓だけ、畳の上にイス&テーブルがありました。
足腰の悪いご年配の方のためかな。





お品書き
まるいり7


定食以外にも





お品書き 裏面
まるいり9


一品料理もあります。





突き出し
まるいり10


2人とも、3,400円の『まるいり定食』にしてみました。

最初に、大根の煮物とお漬け物がきたので
食べながら待っていると・・・





最初の舟盛り
まるいり11


最初にやってきたのは、かわはぎ。





アップで
まるいり12


肝と一緒に、遊びに来ました~
新鮮なのがわかります。ぷりっぷり

写真も
カワハギが動くから、ぶれちゃってまーす。





ユメカサゴ
まるいり13


次にやってきたのは、ユメカサゴ。
背びれに気をつけてって。

ってコトは
背びれにきっと、毒でもある・・・のかな



身は弾力があって、濃厚な旨みが楽しめます~

ちなみに、この子が1番暴れておりました。
お皿から飛び出ちゃうんじゃないかと心配で・・・









伊勢海老&サザエ
まるいり14


次の舟盛りは、伊勢海老&サザエ。







伊勢海老
まるいり15


伊勢海老に寄ってみました~。





もっかいアップで
まるいり16


伊勢海老の、透き通ったキレイな桜色にうっとり





さらに寄ってみた
まるいり17


プリプリって引き締まった身はもうッ





サザエ
まるいり18


・・・ダンナさまに
肝をとられてしまいました





最後の舟盛り
まるいり19


最後の舟盛りは
『高級刺身だよー』って、持ってきてくれました~

この舟盛り
全景を撮るために、立ち上がって撮っております




この先は、写真の羅列で失礼します。









ヤガラ
まるいり20





ウニ&イカ
まるいり21





たぶん、カンパチ
まるいり22





たぶん・・・???
まるいり23





たぶん・・・?
まるいり24





たぶん、ブリ?
まるいり25





ヤガラの頭
まるいり26


なんか、刺されそうでコワイ・・・。





ごはん
まるいり27


ごはんがちょっと・・・。
べしょってやーらかくて。






伊勢海老椀
まるいり28


伊勢海老のお味噌汁も、遊びに来ました~。






1人¥3,400っていう価格は
定食として、そこだけ見ちゃうと高いけど

内容を考えたら
納得満足ご満悦な価格だと思いまーす




新鮮なお刺身が、色々食べられますよーーーーー


テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
2015_07_21


象の鼻スイッチ』ってご存じですか



質問しておいて、なんですが
はむたんも、よく分かりませーーーん

ただね、前記事の『随縁亭』ランチの帰りに
お散歩しながら象の鼻テラスのあたりを歩いてたら

『象の鼻スイッチ』っていう言葉が、いたるところから聞こえてくるんです




もちろん、そんな言葉の存在なんて知らないので
なんて言ってるのか分からずに

何度も何度も何度も、耳を澄まして
がんばってリスニングしたのですが。






ちなみに、象の鼻スイッチとは
象の鼻テラス・象の鼻パークで、『スイッチを押すと何かが起こる

というもので。






例えば。








ご案内
象の鼻スイッチ1


左の仕掛け人が
右の2人組カップルに、何かお話ししてると思われます。

たぶん、『矢を射ってみてください』みたいなカンジじゃないかと。





矢を射ると・・・
象の鼻スイッチ2


正確には、『スイッチ』ではないですけど
通りすがりの方が、矢を射ると・・・





命中しちゃった
象の鼻スイッチ3


近くにいた男の人に、命中しちゃったらしい

そして
そこを通りすがった女の人に・・・





『結婚してください
象の鼻スイッチ4


男『スキです
  今、会ったばかりですけど、スキになりました
  僕と結婚してください






『ムリです~』
象の鼻スイッチ5


女『ムリですーーーーーーー。

逃げる女性と、それを追う男性。


で、『象の鼻スイッチ』っていう言葉と共に
フェイドアウト。







こんな演劇パフォーマンスが楽しめる
イベントのようです。


他にも。









警察と犯人
象の鼻スイッチ6


ちょっと、何を言ってたか覚えてないんだけど

ボタンを押した人の前を
警察と犯人役の人が、話しながら通ってみたり。





サムライ???
象の鼻スイッチ7


なんか話しながら
刀を持った人があらわれて・・・





敵は本能寺にアリ
象の鼻スイッチ9


『敵は本能寺にアリ』って、フェイドアウトするんだけど





強者もいた・・・
象の鼻スイッチ8


観客の中にも、強者がいて。

サムライ役の人が去る前に
斬りかかって、戦いを挑んでみたり





ロミオとジュリエット
象の鼻スイッチ10


あまりよく覚えてないけど
ロミオとジュリエット的なカンジの一コマがあったり





コレ・・・ちょっとハズカシイ・・・
象の鼻スイッチ11


コレ、ちょっとハズカシイと
個人的に思ったパフォーマンスなのですが

このボタンを押すと・・・





ほめごろし
象の鼻スイッチ12


左側の女性2名が、仕掛け人なのですが
彼女たちが現れます。

で、ボタンを押した人に向かって

『あの人誰?
 超キレイ
 スタイルいいーーー
 モデルみたーーーい

と、通りすがりに
めっちゃもちあげて、大声でウワサ話をしてくれます


ボタンを押したのが男性なら
もちろん、誉め言葉も男性仕様になります。





このボタンだけは、恥ずかしくて押せないよ・・・







このボタンとは言わず、一切ボタンに触れるコトはなかったんだけど
遠巻きに見ながら、めっちゃ楽しんでました

シアター象の鼻、何度かやってるみたいなので。





もしも偶然、この光景に出会うことがあれば
ぜひぜひ、足をとめて楽しんでみてください

損はしないですよーーーーーーーーー











赤レンガ
象の鼻スイッチ13


12月ということで
赤レンガパークでも、クリスマス仕様のお店が並んでました~。









テーマ : 日記    ジャンル : 日記
2015_07_17


『ホテル モントレ横浜』の中にある、日本料理のお店
『随縁亭』でのランチのお話です。

これもまた、だいぶ遡ったお話です。

何度か行っていて、以前も記事にしたコトがあるので
コメント欄は閉じてまーす。







ホテル モントレ横浜
隋縁亭1


12月だったので、クリスマスのリースが飾ってありまーす。





クリスマスツリー
隋縁亭2


フロントにはもちろん、クリスマスツリーが





随縁亭
隋縁亭3


お店は、2Fへあがると
エントランスが出てきます。





オブジェ
隋縁亭4


かわいらしいオブジェが並んでるから
毎回、ついつい撮っちゃうんだよねー。





窓側のテーブル
隋縁亭5


お店の雰囲気的には
ファミレスが高級感を出したカンジ、と言えなくもないのですが・・・





外を見ると・・・
隋縁亭6


目の前が、山下公園になります。

お店が2Fなので、遠くまで見えるワケではないのですが
落ち着いた雰囲気なので、ゆったりできます。





カンパイ
隋縁亭9


とりあえず。
生と梅酒でカンパイ





前菜
隋縁亭10


帆立と彩野菜
芽玉菜芥子漬け
烏賊紅葉和え
サーモン寿司
たらの芽田楽





アップで
隋縁亭11


何から食べようか、迷っちゃいまーす。





食前酒
隋縁亭12


こちらも梅酒ですけど
オーダーしたものとは、ちょっと違うから大丈夫





お碗
隋縁亭13


鮟肝豆腐

お豆腐に鮟肝が練り込んであります。





御向
隋縁亭14


確か、まぐろと鯛だったと思います。





煮物
隋縁亭15


菊花蕪 錦餡かけ

ふたを開けると・・・





こんなカンジ
隋縁亭16


・・・と、このあたりで





日本酒へシフト
隋縁亭17


ダンナさまは、日本酒が呑みたくなるお年頃のようで
日本酒へシフト。

はむたんも、ちょっとだけ呑んじゃおーっと





焼物
隋縁亭18


鯧利休若狭焼き

魚へんに昌で、『マナガツオ』って読むらしいです。
難しい・・・





揚物
隋縁亭19


蟹大葉揚げ
数の子磯辺揚げ





アップで
隋縁亭20


数の子の天ぷらって、初めて食べました。

どんなだったのか、肝心なところを忘れてるのですが
『おいしーじゃん』って思ったのは、覚えてます。

なんかね、ホクホクッとしたカンジだったと思う。
『天ぷらにすると、こうなるんだー』みたいな。





御食事
隋縁亭21


黒米の炊き込み

と、いうことで。





オープンッ
隋縁亭22


イクラものってるよ





デザート
隋縁亭23


お店の方とお話してる時に
『結婚記念日が近い』っていう話になったら

遊びにきたデザートに、お祝いのメッセージがついてました



こういうサービス、リアルにうれしいですよね









最後にお茶でゆっくり・・・
隋縁亭24


お食事の内容を、全く覚えてないのですが
またお邪魔しまーす。







この後、お散歩しながら帰ったのですが
ちょっと面白いものに出会ったので、それは次の記事で・・・










テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
2015_07_16


だいぶ前のお話になってしまいますが
おいしかったから、UPしちゃいました~。



六本木ヒルズのけやき坂に、2014年3月にオープンした
ジャン・ジョルジュ東京。



上海やNYで行きたかったけど、結局、他のお店に行ってしまったので
今回行くコトができて、よかったです~








Jean-Georges Tokyo
jg1.jpg


オープンして9ヶ月で、ミシュラン一ツ星を獲得してましたね。
そんなミシュラン発表直後のお話です。

たびたびですが
古くてゴメンなさい。。。






カウンター
jg2.jpg


1Fは、オールカウンターで
ライブ感あふれる、オープンキッチンとなっております。

2Fはテーブル席でーす。





天井
jg3.jpg


吹き抜けで、天井が高いの。





ぱーてぃーぴーぽー
jg4.jpg


お店の外を見てみると
ぱーてぃーぴーぽーが

クリスマスや年末が控える、12月の師走の季節だから
シェフ曰く、この時期はやっぱり多いらしいでーす。





パン
jg5.jpg


最初のパンは、ビジュアルがスコーンみたいな
バターの香り豊かなパン。

温かくて、サクッとしてます。
バターをたっぷりつけて、いただきまぁーす





テーブルセッティング
jg6.jpg


このパンのお皿とか、薄くてとってもカワイイの。

食器類は某ブランドで統一されてるって、教えてもらったんだけど
・・・どこのだったか忘れちゃった





カンパイ
jg10.jpg


とりあえず、グラスシャンパンを
ビルカール・サルモンです。

はむたんはそんなに飲めないから
ダンナさまだけ、ワインペアリングにしました。





メニュー
jg7.jpg


Winter Tasting Menuは、こんなカンジ。





アミューズ
jg8.jpg


全粒粉のクルトンの上に、ウニがのってまーす。
丸い粒はライムです。

カリカリのクルトンと、ぷちぷちはじけるライム
クセがなく甘~いウニに、ライムの爽やかな酸味

色々な食感や味が楽しめます。





エッグキャビア
jg9.jpg


キャビアさま。サイコー

中のスクランブルエッグが、温かくて滑らかで濃厚なんです。

甘みのある、柔らかい液状のスクランブルエッグと
上のクリーム、キャビアを一緒に・・・シアワセ





本マグロのヌードル仕立て
jg11.jpg


本マグロのヌードル仕立て
アボカド、ラディッシュ、ジンジャーマリナード





アップで
jg12.jpg


本マグロの下には、アボカドのペーストがひいてあります。
ジンジャーの効いたソースが、よく合ってます。





パン
jg13.jpg


パンが変わった。





フォアグラテリーヌのブリュレ
jg14.jpg


フォアグラテリーヌのブリュレ
パイナップルと国産レモンのジャム





アップで
jg15.jpg


もうッ

ナイフをいれた時の
キャラメリゼされた表面の『サクッ』が、たまらない

下には、ブリオッシュがあって
ローズ風味の塩が、お皿の上にのってます。


パイナップル&レモンのジャムを
濃厚なフォアグラテリーヌと一緒にいただきます。





コレは個人的な好みですが
フォアグラ単体でも、とぉーってもおいしい










リゾット
jg16.jpg


毛ガニのリゾット
海藻とユズ





アップで
jg17.jpg


カニ味噌の風味が、とっても豊かな
食感のよいアルデンテのリゾットには

カニの身も入っていて
上の岩海苔とユズも、和を感じられていいです~





お魚
jg18.jpg


スパイスをまぶしたアイナメ
スウィート&サワーソース





アップで
jg19.jpg


アイナメが、ふっくらと柔らかく仕上がっていて

上にのってるスパイスは
ヘーゼルナッツやブラウンバターが、甘みを醸し出しています。

鰹だしの効いたスープをたっぷり絡めて
いただきまーす





お肉
jg20.jpg


蝦夷鹿のロースト
かりんとマデラ酒のコンディメント ブルーチーズ



ジビエの季節だからかな。
メインは鹿さんでした








アップで
jg21.jpg


かりんは、本当にかりんってカンジ。
甘みや酸味、果実感がたっぷり。

ブルーチーズも、少しにおいは和らいでいるけど
まんまブルーチーズ。



両方のソースを合わせると

やっぱり、ブルーチーズの方の香りやクセ、塩気が表に出てくるけど
そこに果実感もプラスされて



おいしいです~








メッセージプレート
jg22.jpg


事前に、結婚記念日のお祝いと伝えていたので

こんなメッセージプレートが、遊びに来ました
ありがとうございます





デザート
jg23.jpg


温かいJGチョコレートケーキ
キャラメルアイスクリーム





アップで
jg24.jpg


温かいフォンダンショコラと、冷たいキャラメルアイス。
一緒に食べて、おいしくないワケがないですよね

ちなみに、フォンダンショコラは
そこまでは溶け出さなかったです。





ミニャルディーズ
jg25.jpg


たぶん、奥から

ヌガー、ライム(ユズだっけ?)のプリン
クッキーをホワイトチョコでコーティングしたモノ、フランボワーズのお餅





紅茶
jg26.jpg


最後は、アールグレイを。

このカップ、表面のマットなカンジがとってもカワイイ





上を見上げてみる
jg27.jpg


お手洗いは2Fなので





下を見下ろしてみる
jg28.jpg


2Fへ上がって
下を見下ろしてみました~。






さすが、ジャン・ジョルジュさん

アジアンテイストが随所に散りばめられた、NY発のフレンチは
どのお料理も、どれもとってもおいしくて

カウンター席も、目の前でお料理ができあがるのを見られて
シェフとお話ができて楽しくて

サービスも、お見送りまでしっかりしていただけて




リアルに、ゴキゲンになれちゃう
すごぉーーーーーーく、ステキなお店でした。

また行きたぁーい







BMW i8
jg29.jpg


ヴィトンの前を通ると、BMW i8 が展示されてました。

LOUIS VUITTON が、BMW i8 のために
i8専用のラゲージを製作した


とか、でしたっけ。





車自体は、コラボしていないですけど
行き交う人みんな、写真を撮ってました









テーマ : フレンチ    ジャンル : グルメ
2015_07_14


カンクン旅行記は、前回で一応終わりにしましたが
ダンナさまが、携帯のカメラで機内食の写真をいくつか撮ってくれてたので

それだけ、UPしまーす





まずは

復路のアメリカン航空
ファーストクラスの1食目(洋食)です。








アミューズ
DSC_0143.jpg


スモークチキンのクロスティーニ






前菜
DSC_0147.jpg


塩漬けサーモン





スープ
DSC_0149.jpg


ジンジャーキャロットスープ





サラダ
DSC_0150.jpg


季節のグリーンサラダ
甘くスパイシーなピーカンナッツ・ブルーチーズ





メイン
DSC_0153.jpg


カレー風味のエビとホタテ貝柱






デザート
DSC_0154.jpg


アイスクリームサンデー





和食は和食で、不思議なカンジでしたが
洋食は洋食で、おいしくなかったそうでーす












もうひとつ

往路の日本航空
ファーストクラスの朝食です。








オマール海老
DSC_0075.jpg


フミコの洋食から
カナダ産オマール海老の冷製サラダ仕立て


いくら携帯っていっても
あまりの画像の悪さに、びっくり

ものすごぉーーーーく、平ぺったい絵みたいなカンジ・・・。







かにいくら丼
DSC_0076.jpg


アラカルトから、かにいくら丼





朝食
DSC_0077.jpg


クイーン・オブ・ブルーと一緒に
こんなカンジの朝食だったらしいです。






私が食べたワケではないので、写真の羅列になっております。





テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2015_07_13


長かったカンクン旅行記も、ようやく最後になりました~。

途中、放置プレイしちゃったけど
完結できて、よかった





軽食
8日目 AAファーストクラス31


途中の軽食は、お蕎麦とフルーツをいただきました。

このお蕎麦がまた、油の香り&味が強く漂っていて
日本とは違うなぁと、あらためて思いました。



きっと、お蕎麦がくっつかないように
油をいっぱい混ぜたんだろうなぁ・・・と思われます。






例えば

食べる直前に、ごま油やトリュフオイルをかけるなら
風味を楽しめると思うんですけど

くっつかないように油をたっぷりまぶして、放置プレイは
ちょっと・・・










モニター
8日目 AAファーストクラス32


ちなみに、軽食をいただいたのは
このあたり。





ギャレー
8日目 AAファーストクラス30


ギャレーに何かあるかなぁ

って思って、来てみました。
おやつにスナックをいただいて。





お茶
8日目 AAファーストクラス33


グリーンティを。





映画を見てみた
8日目 AAファーストクラス34


最近、あまり機内で映画を見るコトないんだけど
ちょっと気になったので、見てみました。

『グランド・ブダペスト・ホテル』




なんとなく見てみただけだから

まぁーったく予備知識がない分
そのキャストの豪華さに、びっくり


ジュード・ロウがいたのも、うれしい驚きだし
エドワード・ノートンまで



オーソドックスなストーリー展開が、分かりやすくて
映像やキャストが楽しめると思います。










到着前のお食事
8日目 AAファーストクラス35


到着前のお食事は
フライドライスを選んでみました。





アップで
8日目 AAファーストクラス36


日本を意識したモノとかじゃないから
コレ、いいかもーーー





チョコ
8日目 AAファーストクラス37


スパークリングウォーターをオーダーしたら
レモン入りでやってきました~。

チョコと一緒にいただきながら
カンクン旅行も締めに入ります。





ありがとうございました
8日目 AAファーストクラス38


いえいえ、こちらこそ
ありがとうございます。

日系とは全く違うけど
フレンドリーなサービスは、居心地よいカンジで

おもしろい機内食も、楽しめました~





お土産
8日目 AAファーストクラス39


往路のJAL機内で買った、森伊蔵(親にあげました。)と
手前のミニボトルは、現地で買ったテキーラ。

このテキーラは、味見させてもらったら
カルーアみたいで、苦手な人でも大丈夫そうなカンジ。



まぁ、その分
『ガチテキーラ』的な罰ゲーム的な雰囲気もね、減っちゃうんだけど

いくつか買って、配ってみました。







と、いうことで
もれなく長く続いてしまったカンクン旅行記ですが

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます




今回は途中、放置ブログになってしまったにも関わらず
変わらずに温かいお言葉をいっぱいいただいて
本当に本当にうれしくて。

みなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。




文才がないため、自分のお礼の気持ちすら
うまく伝えられないことが、とてももどかしいのですが。


本当に本当に。


ありがとうございます





この後は、ちょっとレストランや温泉のお話を挟もうか
それとも、軽~く(完全プライベートじゃないから、本当に軽く)台湾旅行にしようか

ただいま考え中です。


テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2015_07_09


飛行機に乗ると
やっぱり機内食って、とっても楽しみなんでーす

とは、いっても
米系航空会社だから、そんなに期待はしてないけど





メニュー
8日目 AAファーストクラス8


お食事&ドリンクメニューです。





機内食メニュー
8日目 AAファーストクラス9


前菜・スープ・サラダと続いて





メイン&デザート
8日目 AAファーストクラス10


メイン&デザートの選択肢は、こんなカンジ。





スナック
8日目 AAファーストクラス11


途中の軽食と、到着前のお食事は
こんなカンジ。





ワインリスト
8日目 AAファーストクラス10


全く詳しくないから、よく分からないけど
とりあえず撮ってみました





ドリンクメニュー
8日目 AAファーストクラス13


このページは、日本語がないみたい。





シャンパン&ナッツ
8日目 AAファーストクラス14


とりあえず、シャンパン&チェイサーとナッツを。





和食メニュー
8日目 AAファーストクラス21


はむたんは、事前に
和食をリクエストしておきました。

事前予約が必要です。





一の膳
8日目 AAファーストクラス17


予想通り、まず見た目から
外国の方が考える和食っぽいカンジで

なんとなぁーく、笑いがこみ上げてきました





アップで
8日目 AAファーストクラス18


小鉢三種

真ん中は、『茄子のオランダ煮』で
オランダ煮ってなんだろって思ったら

揚げ煮浸しってカンジでした。





八寸
8日目 AAファーストクラス19


梨の赤ワイン煮の存在感が、大きかった。





鮪のたたき
8日目 AAファーストクラス20


わさび醤油ドレッシングが別添えだったので
助かりました





二の膳
8日目 AAファーストクラス23


メインがいらっしゃいました。





台の物
8日目 AAファーストクラス24


すずきの黄身焼きです。





しらたきの和え物
8日目 AAファーストクラス25


イクラはうれしかったんだけど
しらたきが、山葵だかマスタードだかの味で・・・。

ただ単に、好みの問題ですが。





デザート
8日目 AAファーストクラス26


デザートは、フルーツいっぱい





写真で通じるかどうか、分かりませんが
全体的に、不思議な味です。

ジャンルは和食だけど、アメリカ~ンな要素が
随所にちりばめられております。





と、いうことで

心の中で、いろいろツッコミながらの
なかなかおもしろい、お食事でございました。









窓の外
8日目 AAファーストクラス27


相変わらず、どこか分からないのですが
食事が終わったあたり。





フルフラットにしてみた
8日目 AAファーストクラス28


フルフラットにしてみました。

ロングフライトで、フルフラットで横になれるのって
大きいですよね。





ベッドメイキングしてもらった
8日目 AAファーストクラス29


FAさんが、ベッドメイキングしてくれました。

はむたんたちのあたりは、男性FAが担当してくれたのですが
フレンドリーな笑顔でサービスしてくれて

とっても好印象でした










テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2015_07_07


帰りは、アメリカン航空のファーストクラスです。
もちろん、特典でーす。

本当は、JALさんに乗りたかったけど
そう簡単に、とれるハズもなく・・・





シート
8日目 AAファーストクラス1


DFW-NRTのAA61は、機材は777-200で
ファーストクラスは、1-2-1のアブレストです。

今は、内装リニューアルして
ビジネスクラスとエコノミーの、2クラスになりつつあるんですよね。

その新しいビジネスクラスと、この旧式ファーストクラスのシート
そんなに大差なさそうです





角度を変えて
8日目 AAファーストクラス2


前から撮ってみました





後ろから
8日目 AAファーストクラス4


このシート、古さが否めないので
物足りなく思う方もいらっしゃるのではないかと、思われますが

ゆったりスペースがあって、フルフラットになって
はむたんからしたら、十分に快適なシートです~





ファーストクラスキャビン
8日目 AAファーストクラス3


16席ありますが
半分も埋まってなかったと思います。





ウェルカムドリンク
8日目 AAファーストクラス5


もちろん、シャンパンで





アメニティ
8日目 AAファーストクラス6


アメニティは、こんなカンジです。

ポーチが大きくて、使いやすいみたいで
ダンナさまは、たびたび旅行に持っていってます。





パジャマ
8日目 AAファーストクラス7


アメニティでパジャマがあると
なんだか、うれしくなります

機内で着替えて、くつろいでました~。





ヘッドホン
8日目 AAファーストクラス12


BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン。
ケースが、ちょっと年季入ってるっぽい。





シートコントローラー
8_201506040204251fb.jpg


おかしい。
上下逆さまになっちゃった・・・





モニター
8日目 AAファーストクラス22


ちょっと小さめ。





窓の外
8日目 AAファーストクラス16


どのあたりなのか、全く分からないけど
いいお天気






テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2015_07_06


帰りも、ホテルから空港まで
マヤンスカイさんに車を頼んでおりましたが

きちんと時間通りに、お迎えに来ていただきました。
3:30

暗いし、眠いし、まだ帰りたくないけど
そうも言ってられないもんね・・・。





空港
8日目 空港1


まだ早いから、お店もほとんど閉まってます。

店舗っていうカンジじゃなくて、フロアでそのまま営業
みたいなお店は、開いてました。





ババ・ガンプ・シュリンプ
8日目 空港2


『フォレスト・ガンプ』でお馴染みの
ババ・ガンプ・シュリンプも、もちろんクローズ。





Mera Business Lounge
8日目 空港3


オープンしていれば
このメラ・ビジネス・ラウンジが使えるハズなんだけど

時間が早いと、例外なくこちらもクローズのようで・・・





フードコート
8日目 空港4


フードコートも、もちろんクローズ。

ただ、搭乗時間近くなったら
ココはオープンになって、人がいっぱいになってました。





と、いうワケで
まだ暗くて眠くて、ラウンジも入れないとなれば

搭乗口近くのソファで、ぐったりする他
することはございませんでした・・・









搭乗券
8日目 空港5


今回のCUN-DFW間の、はむたんのチケットです。



お気づきになりましたか
『SSSS』の文字に・・・。






ウワサに聞いたコトはありましたが
まさか自分のチケットに遊びにくるなんて・・・






Secondary Security Screening Selection の略で
もれなく、厳重な保安検査が待っているという

メンドくさい、悪魔のようなスバラシイ権利を得られます。






まだ、出てきたのがメキシコ発だったので

片っ端から、時間をかけて手荷物検査をさせられますが
なんだかんだ言っても
他の人よりも、全然メンドくさいぐらいで済みました。

アメリカ発で出てきたら・・・
もっともっとキビシくて、イヤになるハズ















機内
8日目 空港6


飛行機に乗る直前も、しっかり手荷物検査が入りましたが
無事に、機内へ搭乗いたしました。





ビジネスクラス
8日目 空港7


AA1058のビジネスクラスは、こんなカンジです。
まぁ、カリブ-北米間なので。





機内食
8日目 空港8


朝食は、オムレツでした。





ダラス・フォートワース
8日目ダラス1


ダラス・フォートワース空港へ到着。








Admirals Club
8日目ダラス2


もちろん、ラウンジへ直行
アドミラルズクラブへ。

残念ながら、ダラスは
フラッグシップラウンジ(ファーストクラスラウンジ)がありません。





ドリンク
8日目ダラス3


アメリカでよくあるカンジの





フルーツ&スナック
8日目ダラス4


フツーのラウンジです。





窓の外
8日目ダラス5


とりあえず、窓の外の飛行機を眺めながら





おやつ
8日目ダラス6


おやつをつまみます。
マフィン、意外とイケます。

っていうか、それくらいしかない





チケット
8日目ダラス7


よかったぁ~。
今度は『SSSS』が出てこなくて

ちなみに、
上のチケットで、アルコール1杯は無料なので





ワイン
8日目ダラス8


1杯、お酒をいただきました。

あざっす。
盛られてます





ラウンジ内
8日目ダラス9


静かで、落ち着けます。





クッキー
8日目ダラス10


『THE アメリカ』なドロップクッキーは
やっぱりおいしいです~





テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2015_07_02


06  « 2015_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。