無事にフィウミチーノ空港へ着いた後は
レオナルド・エクスプレスで、テルミニ駅へ移動します。





車内
ローマ1


ココで、ダンナさまがコワイことを言いました。
『オレ、体調悪い・・・』





機内で薄着だったからか
風邪を引いちゃったようです。




ちゃんと、はおるもの持って行かないから・・・








翌日は、朝からカプリへ移動するため
到着日のこの日は、テルミニ駅すぐのホテルを、予約していました。

で、油断して
駅からホテルの道を、あまり調べてなかったんです。





・・・さまよいました






駅を出て、通りを右へ行くのか、左へ行くのか・・・。

左右のどっちの方向にも、ちょっと進んでみたけど
それらしいのが、全然見当たらなくて。




で、『こっちかな』と思った方に、しばらく進んだんだけど
後ろから、ずーっと大柄な黒人さんが付いてきていて。



夜とはいえ、汗だくの暑い夏のローマで
ただでさえ、集中力が欠けるのに

ダンナさまは、熱でボーッっとしながら
自分のバッグ・ジャケットに加えて
スーツケースを2つゴロゴロ転がしてるっていう、荷物いっぱいな状態で

スリにでも狙われたら、たまったもんじゃないっ





さすがに、人通りも少なくなってきて
『コレ以上進むと、本当に危ないから戻ろう』と思って


『立ち止まって急に向きを変えたら
 後ろの黒人さんは、どう出るんだろう』って、行動に移したら


黒人さんも、同じく立ち止まって
その時ちょうど建物から出てきたアジア人に、突然話しかけて・・・。







その黒人さんが、本当にスリを狙ってたのかどうかは
分からずじまいだけど

『危険』な可能性は、少しでもつぶしておくべきですよね。





って、コトで
黒人さんの横を通り過ぎて、来た道を戻ってたら

呼び込みをしていたレストランのウェイターさんが
『どこ行くのー?』って、声をかけてくれて

何度か、同じように
通りのレストランやホテルの人に聞いて、無事に予約していたホテルに着きました











ウェルカムピラムホテル
ローマ7


実際にホテルに到着したは、夜の21:00前後だったと思いますが
その時は写真を撮らなかったので、翌朝撮った外観写真を載せてます。




ホテルへ着くのは、もう夜も遅いし
翌日は朝から移動だから、この日は寝るだけで、滞在時間も短い。

なので、『ホテル テルミニ』という安宿を予約していました。
ホテル代の高いローマで、1泊5,000円っていう破格のお宿。



ただ、そのホテルは、フロントがないため
姉妹ホテルの『ウェルカムピラムホテル』で、チェックイン・アウトが必要になるんです。



なので、チェックイン後
『ホテル テルミニ』へ、移動しないといけなかったんですけど

ピラムホテルで、お部屋を用意してもらえたので
移動しなくてすみました






このピラムホテルは、一応4つ星のようです。

『ホテル テルミニ』に泊まるよりも、いいのは間違いないですけど
・・・おすすめはできません。







お部屋
ローマ2


広さは十分あります。
スーツケースを2つ広げても、余裕だし。






ローマ3


ただ、このお部屋は天井が斜めで低いから、ちょっと圧迫感が・・・。
カーテンを見ても分かるように、窓も小さめ。

窓の下の布がかかったものは
折りたたまれたエキストラベッドでした。



5,000円だから、文句言っちゃダメだよね
でも、実際のお部屋は、写真よりもずっと古ぼけてて・・・








ドアの方を撮ってみた
ローマ4


こーゆー時に限って、薬を持ってくるの忘れちゃってるんですよね。

とりあえず、汗をかいて熱を下げようと思って
さっさと、ダンナさまには寝てもらいました。


熱で『寒い寒い』って言うから
ドアの上の冷房を切るんだけど

いっくらOFFにしても、数分すると必ずONになっちゃって。




はむたんは、エアコンとずーーーっと格闘してました。








バスルーム
ローマ5


奥はシャワーブースです。





洗面台の棚
ローマ6


最低限、シャンプー・リンス・石鹸・トイレットペーパーは
用意がありました。






ダンナさまの風邪は

一晩どっさり汗をかいてぐっすり寝たら、全快とまではいきませんが
熱は微熱くらいまでは下がったみたいで


ホッとしました











お部屋の窓からの景色
ローマ9


いー天気





エレベーターのボタン
ローマ10


基本、新しさを全く感じないホテルですが
エレベーターのココだけは、新しいです。

ちなみに、昔ながらのレトロなエレベーターもありました。
使わなかったけど。





ホテルロビー
ローマ8


パブリックスペースは、ちゃんとキレイで雰囲気があります。





8:45発の電車でナポリへ向かうので
7:30前には、ホテルをチェックアウトしました~。


スポンサーサイト
テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_26


シートは、フルフラットでなくライフラットでしたが
ちゃんと眠れました



2回目の機内食が出てきたのは
まだまだ、ローマには程遠いあたりだったと思います。

半分ちょっと過ぎたぐらいかなぁ。
『もう2回目』ってビックリしたので・・・。





メニュー
機内食21


2回目の機内食のメニューです。

メインの1つを、手書きの線で消しちゃってるあたりが
チャイニーズクオリティ





シャンパン
機内食22


バカのひとつ覚えです。ハイ。





前菜
機内食23


きくらげの上に、エビさんがのってます。





アップで
機内食24


なんなら
パクチーもっとのせてくれてもいいよ~





パン
機内食25


ごまごま。





メイン
機内食26


はむたんは、こちらを。



メニューを見たカンジだと
練り物が来るとは思わなかったけど

練り物なので、フツーにおいしいですよ。




で、写真を見て思い出しました。
MUの機内食は、必ずパン+ご飯なんです。

ボリュームを心配してくれてるのでしょうか。










ポーク
機内食27


ダンナさまは、こちらを。

こっちも、ハンバーグ状態で来るとは思わなかったけど
味は、ハズさないです。





けど。
ちっちゃくね











フルーツ
機内食28


盛る人のセンスが・・・





カフェタイム
機内食29


アールグレイをいただきます。









ビジネスクラスの機内食としては
『これは、どうなんだろう・・・』


と、思われる方が多そうな気がしますが



中国東方航空に乗る
と、決めた時から、多くは望んでいないはむたん。







なので。








ライフラットシートで、横になれて
ゆっくりご飯が食べられて
それで、お得な価格でヨーロッパへ行ければ


庶民のはむたんには、十分でございます




テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_24


1食目の機内食ですが、メニューが渡されず
FAさんが1人1人に口頭で説明して、希望を聞いてました。



『メニューないの
ってビックリしましたが

2回目の食事の時には、ちゃんとメニューが配られたので
すかさず中を見て、配られなかった理由がなんとなく想像できました。




1食目の内容が、実際とメニューとで、だいぶ違ってる

メインの選択肢も、メニューにはいっぱい乗ってるけど
説明では、そんなになかったもん。






と、いうワケで
この後のメニューの写真は、2回目の機内食の時に撮ったものです~。











シャンパン
機内食1


お酒は、全く疎いので
銘柄聞いても、分かりませーーーん。





赤ワイン
機内食2


機内食3





白ワイン
機内食4





お茶
機内食5





1食目のメニュー
機内食6


メインの選択肢は、こんなにないし
スープもないし(と思ったけど、写真見たら前菜と一緒に出てきてた・・・
中華or洋食の選択肢もないし

それなら確かに、メニュー配りたくないよねぇ





アミューズ
機内食7


シャンパンと一緒に





前菜
機内食8


・・・コレが、なんだったか
全然思い出せないんです~





アップで
機内食9


見た目からして、謎の物体がいます。

ぜんっぜん思い出せないけど
食べたカンジは、怪しくなかったです。





パン
機内食10


こんなパン
エコノミーでよく見かける~





メイン
機内食11


はむたんは、海老さんを。
・・・メニューには、海老の文字は一切ないんですけどね。

味はおいしいんです
よくある、アジアン的な味付けで。



でもやっぱり
器が変わったら、エコノミーの機内食ですよね

さすがに、エビさんはもっと少なくなるだろうけど。








クラブミート
機内食12


ダンナさまは、こちらを。

これも、中華でよくあるカニの炒め物的な味で
おいしかったですよ





フルーツ
機内食13


盛りつけ方って、その人のセンス出ますよね・・・。





デザート
機内食14


デザートは、ダッツのアイスでした

アイスだけだと、物足りなさはあるけど
ダッツはおいしいから、いいコトにしよ。





中国茶
機内食15


MUだから
食後の飲み物は中国茶にしてみた。





チーズ
機内食16


最後は、ゴルゴンゾーラで締めて。





お水
機内食17


と、一緒に。





お菓子
機内食18


ポテチをいただきました~。





おやすみなさい
機内食19


食後は、横になって寝ます。
おやすみなさい

通路を挟んだお隣は、中国人の親子でしたが
とっても静かでした。


テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_20


沖止めが多いって聞いてましたが
この便は、フツーにブリッジから行けました。





運命の分かれ道
東航1


中国東方航空なので
大袈裟じゃなく、リアルに運命の分かれ道です~。





シート
東航2


ライフラットのシートです~。
窓3つ分ってところでしょうか。

余談ですが
他のEU路線(LHR・CDG・FRA)は、フルフラットです。





真っ正面から
東航3


とは、言っても
はむたんたちには、十分です~





機内
東航4

この機材は、A330-200で
ビジネスクラスは、2-2-2のアブレストです。





座席の前
東航5


こんなカンジです。





パーテーション
東航6


もしも、お隣さんが知らない中国人なら
絶対に、パーテーションを出しちゃうだろうなぁ・・・





シートコントロール
東航7


この辺は、適当に。





リモコン
東航8


・・・の下に
小物入れるスペースとか、電源とか色々。





ウェルカムドリンク
東航9


さすがにロングホールなので
シャンパンがありました~





いただきまーす
東航10


弱いけど
とりあえず飲んどくもーん





まだ飛び立ってないけど
東航11


とりあえず、シートを倒してみた。





スリッパ
東航12


もちろん
もれなく靴べらも付いてきます。





アメニティ
東航14


フェラガモです。





こんなカンジ
東航15


あ。

カタール航空のフェラガモのポーチより
こっちのが、見た目いいかも





中は・・・
東航16


フェラガモのリップクリームとボディローションです。
ちょっと香りがキツかった・・・。



そういえば、写真撮り忘れてるみたいですが
パジャマもありました。
紺色の。








ヘッドホン
東航17


音響に詳しくないので、どの程度のものかは分かりませんが
エコノミーのと違うのは、分かります

ビックリしたのが、ヘッドホンと一緒に
耳の部分にかけるための、ブルーの不燃布が配られたこと。



神経質な方ではないので、あまり気にしないですけど
でも確かに、直接触れる部分がカバーされると、衛生的な気がします。






中国って、そういうの気にしなさそうだけど
意外と繊細なのね。





ローマ行きだからか
思ったよりも、欧米の方がいらっしゃいました。


テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_19


空港へ着いたので、とりあえずチェックインしまーす。





スカイプライオリティ
pvg11.jpg


ビジネスクラスなので、もちろん
コチラのカウンターでチェックインします。




東方航空は、浦東空港をハブとしてるだけあって
カウンターがいっぱい並んでます。

もっと手前には、エコノミーのカウンターもあって
ガラガラだったけど

わざわざ
ビジネスクラスのカウンターまで来てみました。







赤い絨毯
pvg12.jpg


ただ、東方航空は沖止めが多いと聞いているので
あまり肩身は広くないんでしょうか





ラウンジのインビテーション
pvg13.jpg


いただきました。





裏側
pvg14.jpg


裏側を見ると、マップが載ってます。





で、ココ
pvg15.jpg


地図を見ながら来れば、分かりやすかったです。





ラウンジ内
pvg16.jpg


最初っから、全く期待してなかったからいいけど
予想通り、雰囲気のないラウンジです~





フードコーナー
pvg17.jpg


結構、人が多かったです。





アルコール
pvg18.jpg


はむたん的には
魅力的なものはないみたい。





冷蔵スペース
pvg19.jpg


サンドイッチやフルーツ、サラダなんかが入ってます。




ホットミール
pvg20.jpg


野菜炒め・・・かな





炭水化物
pvg21.jpg


見た目的には
ケチャップライスと、ナポリタンもどき





もう1つホットミール
pvg22.jpg


お肉の炒め物と、お団子里芋
おいしそうなものは、並んでませーん





パン
pvg23.jpg


左の緑色の袋は、中国人がいっぱい持っていって人気だったので
私も食べてみました。

ほろほろ系のクッキーで
コレはおいしかったです~





SNACKS
pvg24.jpg


よく分からないものには、手は出しませーん。
なぜなら、中国だから。





サラダ
pvg25.jpg


イマイチ、ひかれるものがなかったから
生野菜に手を出してみた。

ドレッシングはキューピーみたいで、日本語が書いてありまーす。





チケット
pvg26.jpg


まぁ、MUのラウンジなんて
こんなものでしょ。

完全に想定内でーす



なので、とりあえず
ボーディングタイムまで、ゆっくり座ってました。


あ。
写真撮ってないけど、マッサージチェアが1台ありました。






ラウンジ内のマナーは、全然悪くなかったし
静かだったし
トイレの清掃も、すぐ入ってたし。




・・・むしろ、予想してたのよりも良かったかも




やっぱり、人生は前向きに考えないと



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_18


帰りも、空港までリニアで行くので
ホテルからリニアの駅まで、タクります。

以前の記事でも書きましたが、
帰りのタクシー代は、28元でした。

行きの白タクに払ったお金は、20元。



まぁ、確かにそれは
白タクの運ちゃんも、必死で抵抗するワケね。







で、ココで
心配していたコトが起こります。(ってほどでもないけど・・・)







タクシーに乗って、リニアの駅まで行ったので
必然的に、リニアの駅のタクシー乗り場で、降ろされるワケです。


『もしも、昨日の白タクのオヤジがいたら・・・』


それは、メンドウだし、マズイ
万が一、タクシー仲間引き連れてこられたら、困っちゃう・・・






ってコトで、タクシーを降りて
2人して、早歩きで駅構内の入り口へ向かって行くと


・・・背後で、怒鳴るような大声が聞こえる


『昨日の白タクオヤジかも・・・』


私たち2人とも、スーツケースがちょっと特徴があって
かなり覚えやすいんですよね。





コワくて、振り向けないので
(ホラー映画とか、よく振り向けるなぁって思います)

ずーっと、背後から怒鳴る声が聞こえてきてましたが
前だけ見て、足早に去りました・・・。




振り向いてないので、本当に前日の白タクオヤジだったのかどうか
分かりませんが

その可能性は高かったんじゃないかと思われます~。








リニアの車内
pvg1.jpg


空港へ向かう車内も、すいてます~





時速
pvg2.jpg



217km/hからの





外の景色
pvg3.jpg


まだ、きちんと写ります。





上がってきた
pvg4.jpg


300km/hオーバー





ブレた
pvg5.jpg


外を撮ったら、ブレました。

ただ、これが
リニアのせいなのか、はむたんのせいなのかは、分かりませ~ん





335km/h
pvg6.jpg


まだまだ。





365km/h
pvg7.jpg


もっともっとー





400km/hオーバー
pvg8.jpg


イエスッ





430km/h
pvg9.jpg


アンビリーバボー





外の景色
pvg10.jpg


ブレてます。



こんなカンジで
帰りのリニアは、400km/h体験できました~





テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_17


9,900円でアップグレードされて
広いお部屋でゆっくりさせていただきましたが

その価格には、もちろん朝食も入っているので
遠慮無く、1Fのレストランでいただきまーす





レストラン内装
朝食1


赤が基調になってるあたりが、中国っぽいです~。

あまり、中国との関係がよろしくない時期でしたが
このレストランには、日本人観光客がいっぱいいました。

ちなみに、朝食はブッフェになります。





せいろ
朝食2


チャイニーズコーナーの一角で
何かが蒸されてます。





ヌードルバー
朝食3


スタッフに言って
好きな麺や具材をゆでてもらいまーす






ハイ突然ですが
ココで3択クイズでーす




誰ですかぁ
品質管理の甘い中国のヌードルバーで

スタッフがいなかったからって
茹でないで、汁なし油そばのようにして、そのまま食べちゃった人は







答えは、次の3つから選んでね









①ダンナさま
②ダンナさま
③ダンナさま












インドコーナー
朝食4


なかなか、バラエティに富んだブッフェです~。





ワッフル
朝食5


ワッフルもいいけど
個人的には、フレンチトースト大好きです~

ココ以外にも・・・





充実したラインナップ
朝食7


パンが、ものすごぉーく充実してます
ショーウィンドウの中のデザートは、売り物かと・・・。





こっちも
朝食8


デニッシュやドーナツ系だけじゃなくて
オーソドックスなタイプも





フルーツ
朝食9


まるごとりんごは、いらんっ





ホットミールの一部
朝食6


このあたりで
スタッフに『どれだけ写真撮るの』って言われちゃったので

おとなしく、カメラをしまってみました・・・。





いただきまぁーす
朝食10


写真を撮れなかったものを中心に・・・。



お肉ジュージューがありますよ~

なぜか
『朝からお肉はムリ』と言い切る、ダンナさまのお皿にも
いらっしゃいました。



ナゼ・・・









サラダ
朝食11


生野菜もあります。

ココは中国なので、どうしようか迷いましたが
とりあえず食べてみました~。

特に異常ナシでーす






朝食12


おいしかったです~


ちなみに、の写真が








ダンナさまの麺
朝食13


汁なし油そば状態です。


どうやら、彼は
正しい食べ方を知らなかったようなので

『スタッフに茹でてもらうんだよ~』って
正しい食べ方を教えてあげたら





もうそれ以上は、手を付けようとしませんでした・・・。
味は、おいしかったらしいですけどね。






麺は1度、すでに火が通ってるとは思いますが
中国なだけに、あまり食べる気にはならなかったんだと思われます。きっと・・・。


テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_13


四川料理の夕食後は、軽~く1杯、いってみまぁす

近いけど
暑いし、ビミョーな距離だから、タクって向かった先は・・・





上海環球金融中心
リビングルーム2


上海環球金融中心です。
この写真じゃ、なにがなんだか分からないけど

栓抜きの形をした、森ビルって言った方が
分かりやすいのかなぁ。

他にも、上海ヒルズとか、上海ワールドフィナンシャルセンター(SWFC)とか
色々な呼び方がありますよね。





近くの工事中のビル
リビングルーム1


現在、建設中の高層ビルで
ねじれてますぅ~。





パークハイアット
リビングルーム3


目的地は、上海環球金融中心の高層階にある
パークハイアットです。

ココのオブジェは、変わったのがあって
カワイイですよね。





オブジェその1
リビングルーム4


こんなのとか。





オブジェその2
リビングルーム5


このポーズ&表情をマネて、一緒に写真撮ってみましたが
・・・なかなか難しかった





Living Room
リビングルーム6


87Fにあるラウンジ
『Living Room』へ、やってきました~。

前回、忘年会で上海へ来た時に、ココで夜カフェしたので
今回も同様に、食後に来てみました~。




あらかじめ、HPで予約してたから、その旨をちゃんと伝えたんだけど
なぜか、『予約が入ってない』って言われて

『そんなワケなぁーい!』って、予約時に印刷した紙を見せたら
スタッフさん、1度確認しにどこかへ行って、再び戻ってきました。










窓側のテーブルへ
リビングルーム7


無事に、窓側へ案内してもらいました~。


念のため
ちゃんとプリントアウトしておいて良かった







こんなカンジ
リビングルーム8


8:30ぐらいだったと思いますが
あまり、ライトアップされてないですね。





寄ってみた
リビングルーム9


反射して、色々と写りこんでしまってますが
こんなカンジの景色が見えます。





軽く1杯
リビングルーム10


ダンナさまは、ビールを
はむたんは・・・なにか適当にカクテルで





おつまみ
リビングルーム11


おつまみ代わりに
オードブルを頼んだら、おもいっきり小粒だった

確かに、安かったもんねぇ。





ごちそうさまでした。
リビングルーム12


展望台は、94~100Fなので
それと比べると、だいぶ高さが違いますが

展望台が、360°ぐる~り楽しめるのに対して
こちらだと、一定の方向しか見られないし



でも、どーせお金払うなら、展望台よりも
はむたんは、こっちのゆっくり座って1杯のがスキです~








で、この後
タクって帰るワケですが

・・・全然、違うところで降ろされてしまいました

『ココじゃない
 インターコンチネンタル

って、訴えるも
どうやら中国語オンリーのドライバーらしくて・・・。




近くまで来てるらしいのは
なんとなく分かったので

仕方なく降りて
45分ほど、夜の上海をさまよっておりました・・・。

異国の地でさまようって
こんなに寂しいものなんですね・・・

どっちが北で、どっちが南かも分からないし・・・。
中国語分からないし・・・。
英語分かってもらえないし・・・。






後から、地図をみると
降ろされたのは、ヤオハンのあたりだったので

地理感さえあれば、5~10分で着いてたようですが・・・。










ウェルカムフルーツ
リビングルーム13


お部屋に戻ったら
ウェルカムフルーツが、お部屋に届いてました~

無事に、ホテルに戻れて
本当によかった・・・。




テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_12


夜ご飯は何にしようか、迷いましたが
上海はこの1泊だけなので、『やっぱり中華料理でしょ』ってコトで

ホテルから歩いて5分くらいの
『巴国布衣』という、四川料理のお店へ行ってみました





まだ明るいです
四川1


手前の大きなビルの中にあります。

あまりよく見てないのですが、近くに
ちょっとした、ショッピングモールみたいなのも見えたので

40℃じゃなければ、見てみてもおもしろかったかも~。





エントランス
四川2


日本から予約をしていきました。





店内
四川3


時間が早かったので、ガラガラですが
この後、満席どころか、並んでる人もいたので

予約は必須かも~。



ちなみに、現地の方も多いですが
駐在員っぽい日本人の方も、結構いらっしゃいました。。








ドリンク
四川4


旅行記は書いていませんが
前々回の上海旅行で

『小南国』でスイカジュースを頼んで
はむたん大当たりです



・・・あの時は本当に、キツかった
寝ててもどうしようもないから、出歩いて食事もフツーにとってたけど




でも、負けじと
今回もスイカジュースを頼んでみました~

ダンナさまは、青島を。
ちなみに、手前の袋はおしぼりです。もちろん有料。









口水鶏
四川5


四川料理の定番の、よだれ鶏です。

さすがに辛いです~
でも、おいし~





お野菜
四川6


いい箸休めになりました~。





海老の石焼き
四川7


細かいコトは忘れましたが、おいしかったです
海老さんがいっぱいで、おすすめ

・・・ただ、こうして写真で見ると
若干、絵的に気持ち悪いような





麻婆豆腐
四川8


かなり、山椒が効いてます
しびれます~





とこぶし
四川9


ガーリック蒸しにしたけど
コレは、なくてもよかったかも・・・。





担々麺
四川10


最後は、担々麺で締めて





スイカ
四川11


サービスのスイカをいただきまーす






そして、ほどよい時間(7時30分くらいだったかな)になると
こちらのお店のウリである『変面ショー』が、始まります










変面ショー
四川12


こんなカンジで
ステージに、仮面をかぶった方が出てくるのですが・・・





仮面の早変わり
四川13


写真では、この瞬間を伝えることができないのですが・・・


仮面が一瞬にして、変わるんです
決して、大袈裟ではなく、本当に一瞬で。






ふたたび仮面の早変わり
四川14


当たり前ですけど
手を使うわけでもなく、いきなり変わります。





まだまだ早変わり
四川15


はむたんたちのテーブルが、ステージ横だったので
この後、真っ正面へ移動して、見逃さないように凝視しましたが

ぜーんぜん、しくみがわかりませーーーーーん




聞いた話によると、伝統芸能の1つで
この仕組みは、中国の国家機密にもなってるとか。






こんな感じで、四川料理と仮面のショーを
楽しんでみました

お会計は、確か6,000円いかないくらいだったと思います。



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_10


今回は、トランジット1泊なので
あまりこだわらずに

リニアの駅から近めで、コスパの良さそうな
『インターコンチネンタル浦東』に泊まってみました。

楽天トラベルで9,900円の、1番安いお部屋です。






でも、アサインされたのは
低層階ですが、広いお部屋でした







お部屋
上海7


ベルボーイに案内されて、お部屋のドアを開けると



・・・あれ
なんだか、広そうな感じがするよー。







お部屋に入ってみた。
上海8


なんだかアップグレードされてるぅ~





反対側から
上海9


ベッド側から撮ってみた





ソファ
上海10


ゆったり





デスク
上海11


窓に向かって、デスクが置いてあります。

アジアでは
必ず、デスクの引き出しを開けてみることにしてます。





なぜなら
上海23


文房具類が入ってるコトが多いから

日本のホテルでは、あまり見かけないので
斬新でおもしろーい。





クローゼット
上海12


壁側のあたりは、クローゼットになっていて





クローゼット内
上海13


スペースも、ハンガーの数も充分
バスローブもありまーす。





ベッドルーム
上海14


広々です~





逆側から撮ってみた
上海15


ベッドの向こうは、バスルームです。





こんなカンジ
上海16


バスルームも広ーい





バスアメニティ
上海17


バスソルトがあると、とってもうれしいです~





シャワーブース&トイレ
上海18


シャワーブースは、あるといいですよね。





アメニティいろいろ
上海19


たいがい、使わないですけどね。





お水
上海20


ベッドサイドの他に、バスルームにも
無料のお水が置いてあるんですけど




・・・このお水、おなじもののハズだけど
片方つぶれてるにしても、大きさとか違う気がしてしまいますぅ。

チャイニーズクオリティ









外を眺めてみた
上海21


このお部屋は8Fで、特に何かが見えるワケでもないので





こんなカンジ
上海22


ちなみに、この年の上海は猛暑で
この日も40℃越えだったハズです。

本当は、せっかく朝の便にしたんだから
いろいろお散歩したかったけど

残念ながら、ノーマルな日本人の私は、40℃への耐性は持ち合わせていないので
お部屋でのんびりしてました~。





扇子
上海24


ウェルカムグッズでいただきました。





フロアマップ
上海6


1泊だけなのがもったいないなぁ~
って思うお部屋で、快適でした


テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_05


東方航空でローマへ行く場合は
上海で1泊トランジットが必要なので

本日は、
インターコンチネンタル浦東(上海錦江湯臣洲際大酒店)に泊まります。





MAGLEV乗り場
リニア0


浦東空港から市内へ出るなら
やっぱり『リニア』かな。

1回、乗ってみたかったんです~
どのくらい速いのか、気になって。




ってコトで、MAGLEV乗り場へ








車内
リニア1


すいてます。





スピード表示
リニア2


残念ながら
市内へ行く時は、たいしてスピード出てませんでした。

400km/h以上って聞いてたのにぃ

中国だから、こんなものなのかな





到着
リニア3


龍陽路に着きました

とりあえず、リニアの外観撮ってみましたが
・・・汚い






この後、タクシー乗り場へ向かい
タクシーに乗るわけですが・・・

白タクと気付かずに、白タクに乗ってしまいます。







ココから長文になるので、興味のない方はスルーしてくださーい








タクシーマークの表示通りに進んで、タクシーがいっぱいいるところへ出たけど
なんだか、様子が変






客引きしてるみたいに
運転手がいっぱい外へ出て、おしゃべりしてるんです。

はむたんの感覚からいくと
『正規な乗り場ではなさそう』って、危険信号が点滅しました

でも、表示の通りにやってきたんだけどなぁ・・・。






どーしよーか困ってるところに
タクシーの運転手が『TAXI?』ってやってきました。

警戒しながらも、自分の勘よりも
「表示通りに来た」事実を信じて、乗り込んでみます。(もっと自分を信じていれば・・・)




運ちゃんが、親切に色々話しかけてくるので(怪しむべきポイント①)
油断して、私も警戒心を解き始めて

でも、メーターからレシートが垂れ下がってて
メーターの表示が見えなくて(完全に怪しむべきポイント②)






はむたんが、『メーター使って』って言ったら
運ちゃんは、『大丈夫だよ』って、運ちゃんレシートをひらってめくってみせて(でも表示は見えない)





安心すべきポイントは、何もないんだけど
勝手に安心しきっちゃって。

運ちゃんもフレンドリーに
軽く観光案内みたいに、色々話してくれて

はむたんも、『上海スキで、何度か来てるんだよ~』
なんて、上海LOVEアピールしたりして。




ダンナさまと
『親切なドライバーでよかったね
 この人なら、ぼったくりとかでもなさそうだよね』






なぁーんて、何の根拠もないのに、すっかり油断して
目的地のインターコンチネンタルへ到着し

運ちゃんが、メーターの垂れ下がったレシートを持ち上げて
言った金額は




『198元』










やられた





日本円に直すと、3,300円とちょっと。
そんなにするワケないんです。

初乗りが14元(200円ちょっと)なんだもの。

コイツ、上海リピって言ってるのに、よくこんなマネするなぁ(はむたんの心の声)






最初は、柔らかく(一応、相手が悪くても丁寧にね)
『そんなにならないよ。初乗りが14元なんだから』って、言うと

『じゃあ、いくらなら払うのって。



はむたん『20元』コレでも、相場より高めのつもりで言ったカンジ)
運ちゃん『!!!!!!!!!
     そんなバカな。20分走ってるんだよ』

はむたん『でも、初乗り14元でしょ?高過ぎ』
運ちゃん『じゃあ、いくらなら払うの?』
はむたん『だーかーらー、20元』
運ちゃん『!!!!!!!!!
     20分走ってるんだよ!!!!そんなワケないだろ?』









しばらく、このやりとりが続きます。











途中で、運ちゃん車を降りて
トランクに入ってた、はむたんたちのスーツケースを降ろします。

でも、口論は続いてます。






続いてるけど、この時、はむたんもダンナさまも心の中で
『私(俺)がドライバーなら、お金払われるまで荷物降ろさないけどなぁ』

なんて、運ちゃんのこの行動に、びっくり
(実は親切なヤツ






で、どんどん口論はヒートアップしていきます。

はむたん『20元!!』
運ちゃん『いっぱい走ったでしょ!!!いくらなら払うんだ!!!』
ダンナさま『20元!!!!!』

途中から、ダンナさまも入ってきました。
(最初からでは、なかったみたい








こっちは、英語&日本語で
向こうは、英語&中国語で、どんどん強い口調に








途中で、運ちゃんから『50元』と金額を下げてきましたが
はむたんは『NO』って断固拒否

さらに『40元』て下げてきたけど、もちろん断固拒否





なぜなら、20元でも払い過ぎだって、心から思ってたし
細かいお金が、それしかなかったから。

100元札なんて出したら、絶対『おつりない』って言うに決まってる






しばらく、ホテル前の大通りで
ケンカ腰の口論が続き

はむたん『分かった!ホテルスタッフ呼んでくる!!待ってろよー!!!』






このセリフが効いたのかどうかは、わかりませんが
ココで運ちゃんが折れました。

はむたんが手にしていた20元を、乱暴にかっさらって
中国語でぎゃーぎゃー騒ぎながら、去っていきました

















勝ったどーーーーーーーーーー















『198元』って言われた時は、本当どうしようかと思ったけど
なんとか切り抜けられて、よかった~







ちなみに。
帰りに、ホテルからリニアの駅までタクったら、28元でした。


20元て、相場より安かったのね。
・・・それは確かに、運ちゃん怒るワケだ





ちょっと、運ちゃんに悪いことしたかなぁ
って思ったけど

ダンナさまいわく
『ぼったくろうなんて考えるヤツが悪い』って。







納得。











と、いうことで。
みなさま。白タクには、気をつけましょぉ


中国では、表示通りに進んでも
そこが白タク乗り場の場合があるみたいだから・・・





でも、そーなると
なにを信じていいのか、わからなーーーーーーーーい










気を取り直して。











インターコンチネンタル浦東
上海1


無事に着きました~





エントランス
上海3


最寄り駅は、世紀大道になると思います。

歩いてないので分からないけど、地図を見るかぎり
徒歩5分以上、10分未満ってところでしょうか。





フロント
上海2


チェックイン時間より、ちょこっとだけ早めだけど
ちゃんとお部屋に案内してもらえました

ココのフロントスタッフは、ちゃんときびきびされてました~。





エレベーターホール
上海4


ちゃんと、ベルボーイの方が案内してくれます。





吹き抜け
上海5


こんな感じで、吹き抜けになってます。
客室数多そう。



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2014_02_04


01  « 2014_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top