パリ旅行記の途中ですが
またまたちょっと寄り道を・・・


先日、お台場へ行ったので
日航東京の2Fにある『中国料理 唐宮』で、ディナーしてきました






エントランス
唐宮1


今回で2回目です~。





カンペー
唐宮2


はむたんは、山査子酒のロックを。

ドライバーのダンナさまは
スパークリングウォーターで、ガマンしてもらって・・・



コースでも良かったんだけど
食べたいものを、アラカルトでオーダーしてみました~








ふかひれ餃子
唐宮3


セオリー完全無視で
一切、前菜を頼まない私たちでーす





酔っ払い海老
唐宮4


酔っ払い海老のエビさんが、遊びにきました~

紹興酒が注がれて・・・





ただいま、よっぱらい中
唐宮6


分かりづらいですが
エビさんが中で暴れてまーす

布にくるまれて、ふたの重しのためにお皿をのせられた中で
もがいている模様。



で、このまましばらく放置プレイでーす。








ふかひれの姿煮込み
唐宮7


蟹の卵入りのスープを選択したら
フカヒレさんのお姿が見えませーん

ウェイターの方も
『スープで見えませんが、きちんと中におりますので』って






なので。








フカヒレの姿を出してみた
唐宮8


小さいけど、きちんと厚みがあって
ソースを絡めて、おいしくいただきました~





牛フィレと野菜のXO醤炒め
唐宮9


牛フィレがたぁーっぷり入ってます~





北京ダック
唐宮10


皮(鶏の方じゃなくて、生地の方)が厚みがあってもちもちしてるんです。

ダックの存在感は、ちょっと薄いんだけど
生地はおいしいです。





お鍋が出てきた!!
唐宮11


これから、海老さんに火が入るみたい。





1尾ずつ
唐宮12


お鍋の上のところから、シェフが入れていきます。





ピントが全く合ってませんが・・・
唐宮13


お出汁で茹でたら





できあがりー
唐宮14


ダンナさまが、好きなんです。
酔っ払い海老。(写真は1人分です)

パフォーマンスも楽しめるしね。



ほんのりお酒の香りがする身もおいしいんだけど

エビさんの頭の部分をすうと
紹興酒がまわったお味噌が・・・







スープも
唐宮16


優しいお味でした。





有頭海老の中国醤油炒め(みたいなカンジ)
唐宮17


海老さんが大きいんです





アップで
唐宮18


大きな海老は身も厚く、弾力があっておいし~





担々麺
唐宮19


最後は、山椒の香る担々麺で。

山椒のさわやかな香りと、ピリリとした辛さが
よく合ってま~す





ごちそうさまでした
唐宮21


ホテル内なので、安くはないですが
おいしかったです~。



ちなみに、窓からの景色は『ゆりかもめビュー』なので
決して良いとは言えませ~ん





スポンサーサイト
テーマ : 中華料理    ジャンル : グルメ
2013_10_30


このパリ旅行の最後の晩餐は
『SENDERENS』のディナーです~

ミシュランのお店で
マドレーヌ寺院の向かいにあります。




詳しいコトは知りませんが

オーナーシェフのアラン・サンドランス氏は
以前、パリの老舗の名店『Lucas Carton』で3つ星を獲得・そして守り続けてきたのですが

もっとカジュアルに、より多彩な人が来訪するレストランを目指すために
その3つ星を返上(!!)して



リニューアルオープンしたのが
この『サンドランス』なんだそうです。






一般市民のはむたんが、もしもそんな立場だったとして
万が一にも、お星様なんてもらうことあったら

絶対に返上なんてマネできないだろうなぁ・・・





1度もらっちゃったら、
何があっても絶対にしがみついて、離したくないハズ・・・。







まぁ、そんな立場になることもないから
マジメに考える必要もないんだけど

自分の器の小ささが、つくづくイヤになります~














外観
サンドランス1


マドレーヌ寺院の本当に向かいなので
スクリーブから徒歩で・・・

皮むけるわ靴擦れだなんだと、申しておりますが
あくまでも、歩ける距離は歩きます(←ただのバカ)





シャンパーニュ
サンドランス2


店内はカジュアルな感じで
なによりも照明が、ちょっと変わってます。

赤・黄・緑って順々に変化するんです。

ちなみにこの写真は、赤い照明です。





アミューズ
サンドランス3


覚えてませ~ん




パン
サンドランス4


バターと一緒に





メニュー
サンドランス8


バタフライモチーフ、カワイイ





メニューを開いてみた
サンドランス17


今回は、アラカルトでオーダーしま~す。





お肉とデザートのページ
サンドランス18


なぜなら、またもやla fourchetteのサイトで
『アラカルト30%offプラン』を見つけちゃったから






サンドランス5


緑色の照明だと、こんな感じ。





アントレ
サンドランス6


はむたんは、フォアグラを。





アップで
サンドランス7


こっちもおいしかったんですけど





ダンナさまのアントレ
サンドランス9


サーモンです。





アップで
サンドランス10


マナー違反ですが
ちょこっともらったら(お行儀悪くて、すみませーん

この火の入り方、超はむたん好みです~
大好きなフォアグラよりも、こっちのがスキでした。





たぶん、黄色の照明
サンドランス27


黄色と緑色の照明、似てるんですよねぇ・・・。

某サイトで、お得なプランを出してたので
てっきり、すいてるのかと失礼なコトを思ったんですけど

さすがの有名店、人がいっぱいでした~。





白ワイン
サンドランス11


それぞれのお料理にあったワインをいただけます。
メニューにも載ってるし。

弱いはむたんは、シャンパンでアントレまで、もっちゃいましたけどね。





ココで不思議なコトが起こります。




プラは2人ともお魚なので、2人とも白ワインなのですが
別々のお料理なので、ワインも違うハズなんです。


でも、飲み比べると
どーも同じ味にしか思えない・・・










ダンナさまのプラ
サンドランス12


と、いうか
違うものをオーダーしたはむたんの前にも、遊びに来ちゃいました・・・。

コラコラ。
頼んだもの、違いますよ~。




ギャルソンへそう伝えたら(コラは言ってないけどね)
1度、お料理をさげて、確認しに行ったのですが

またコレを持ってきて。


『なになに?』
と思ったら

『お料理が来るまで、こちらをどうぞ』って。






じゃあ、遠慮なく
こちらの『ラングスティーヌの天ぷら』をいただきま~す










ソース
サンドランス13


このソースをつけてってコトなんだろうけど
味が濃くて、天ぷらをそのままいただく方がおいしいかも~。






はむたんのプラ
サンドランス14


そんなに急いでこなくてもよかったんだけど

ラングスティーヌ1尾と、お野菜をちょっとつまんでたら
あっという間に来ちゃいました。





アップで
サンドランス15


オマール海老のラヴィオリ ヴァニラ風味
です~。





中を開いてみた
サンドランス16


ほうれん草が目立ちますが
ちゃんと、オマール海老もいましたよ~。

メニュー通りに、リアルにバニラ風味でした。





アヴァン・デセール
サンドランス19


これも確か、前日同様に
イチゴのスープみたいな感じだったと思います。

下は・・・ミントだったか、チョコだったか
覚えてないけど

個人的には、前日の方が・・・もごもご。





デセール
サンドランス20


はむたんは、サントノーレを。





アップ
サンドランス21


はむたんの知ってるサントノーレとは
形・ボリュームがだいぶ違いますが

シュークリームに変わりはないので





ダンナさまのデセール
サンドランス22


彼はチョコ好きなので、選んだんだと思われます。





ソースがかかった
サンドランス23


ちょっともらったような気もするんだけど
覚えてない・・・。





プティフール
サンドランス24


と、一緒に





紅茶を
サンドランス25


ごちそうさまでした





シュガー
サンドランス26


お砂糖が、1つずつ
ロゴ入りのパックになっていて

ちょっとかわいかったです~






個人的な感想を述べるなら
『星なんてなくても、日本のレストランっておいしいよねぇ』って


もちろん、おいしかったですけどね










ただいま~
サンドランス28


夜のスクリーブ。

気のせいか、『SCRIBE』の照明が切れてるような・・・




テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_10_28


今回泊まったお部屋は
『ラグジュアリールームクラブソフィテル』です。
(長い・・・)

クラブとついてますけど
スクリーブは、クラブラウンジがあるワケではないので



特典といえば
アーリーチェックイン・レイトチェックアウト・ミニバーのソフトドリンク無料

な、感じでしょうか。







ドア
スクリーブお部屋17


開けると・・・





こんな感じ
スクリーブお部屋1


奥へ行くと





シンプルな感じ
スクリーブお部屋2


重厚感ある、クラシックなヨーロピアンスタイルの外観や
スタイリッシュモダンな雰囲気のパブリックスペースと比べると

シンプルなお部屋です。






スクリーブお部屋3


天井が高いです。
窓も、横幅はないけど、高さはあります

このお部屋は、スクリーブ通りに面しているのですが
ちょうど外壁の補修工事をしていて


窓を開けると、そこには足場が・・・。





残念です~












気を取り直して
スクリーブお部屋4


ベッド正面は、こんな感じ。





ミネラルウォーター
スクリーブお部屋6


ベッドのサイドテーブルに
フリーのお水がありました。





ドアの方を向いてみた。
スクリーブお部屋7


向こうへ行って





今度はバスルームを
スクリーブお部屋8


見てみまーす





洗面台
スクリーブお部屋9


こじんまりとした洗面台ですが
バスルーム全体が真っ白で、明るくて清潔感を感じまーす





バスタブ
スクリーブお部屋10


広さも充分





シャワーブース
スクリーブお部屋11


やっぱり
シャワーブースほしいですよね。





アメニティ
スクリーブお部屋12


バスアメニティは、エルメスです~

うれし~





バスローブも
スクリーブお部屋13


思いっきり影になってますが
バスローブも、ちゃんとあります。





ミニバー
スクリーブお部屋15


通常なら、そんなに用事はないけど





冷蔵庫
スクリーブお部屋16


ソフトドリンクが無料なのは
うれし~





フロアマップ
スクリーブお部屋14


この日も歩き疲れたのか
この後、ディナーの時間まで、はむたんおやすみ中

ダンナさまは1人で
ホテルの周りをお散歩してたみたいです。


テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_10_24


最後の1泊は、ル グランが満室で予約できなかったため
お向かいのスクリーブを予約してました。

本当に通りを挟んだ目の前だから
スーツケースがあっても、余裕だね





エントランス
スクリーブ1


もっと他に、大きなエントランスがあるかと思って
ホテルの周りをまわってみたけど

特に見当たらなかった・・・。





コンシェルジュ
スクリーブ2


右側にあるのが、コンシェルジュデスク。

フロントはこの奥だったと思うけど
写真撮り忘れてたみたい。


ちなみに、フロントには日本人スタッフがいました~。

隣にいた日本人ゲストが
日本語でチェックインしてました。





ホテルロビー
スクリーブ3


華やかさ・豪華さは控えめだけど
落ち着いたクラシカルな雰囲気、ステキです





エレベーターホール
スクリーブ4


3Fのお部屋でした。





ソファ
スクリーブ5


同じくエレベーターホールには
こんなソファがあります。





廊下
スクリーブ6


『THE パリ』的なクラシック外観とは対照的に
スタイリッシュな空間です。





もう1枚
スクリーブ7


鏡やアートポスターで飾られてるこの廊下
けっこう好きです





もう1枚
スクリーブ8


スクリーブも老舗のホテルですが
パブリックスペースもお部屋も、古さは全く感じませんでした。






『ル グラン』は、廊下でスタッフとすれ違っても
こっちが話しかけようそぶりをしないと、おそらく無言スルーです。

パリって、そんなものなんでしょうか

ただ、『スクリーブ』は全く異なり
スタッフみんな、きちんと笑顔で挨拶してきます。





お隣同士で、同じく老舗のホテルだけあって
どーしても必要以上に、比べちゃいますよねぇ。


テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_10_22


ルーヴルを出て向かった先は





ノートルダム寺院
ノートルダム1


本当は、中へ入りたかったけど
人がいっぱい並んでたので、あきらめました・・・。





外観の写真だけ
ノートルダム2


パリは日程に余裕がないと
きちんと見るのは難しいんですね。






この後は、行きたい場所の1つだった
『奇跡のメダイ教会』へ行きました。

るるぶに、ちーっちゃく載ってるだけだったんですけど
『人へ渡すお土産にメダイがぴったりじゃん』って思って。

決して信心深さではないあたりが、不純なんです~





でも実際に行ってみたら
ちょうどお昼休みの時間帯で、教会がクローズしてたので





近くの公園へ
メダイ1


特にまわりに何かあるワケではなさそうなので

地元の方々が、のんびり憩ってるのに混ざって(?)
1時間ぐらい、ボーっと日向ぼっこしてみました~。





この後、ホテルへ戻ったら
チェックアウトして、次のホテルへ移動しないといけないので

本当は、早めに戻って
最後のティータイム@クラブラウンジを楽しみたかったけど

メダイを買いたい気持ちの方が大きかったから
クラブラウンジのティータイムは、あきらめました








最寄り駅のあたり
メダイ2


人も車も、全然いないんです~。

パリへ来て、人混みしか目にしてなかったので
ちょっと寂しい感じもしちゃいました。





教会前
メダイ3


でも、教会の前は
オープンを待ってる人が、予想外にいらっしゃいました。


そうこうしているうちに、扉が開いたので






中へ
メダイ4


礼拝堂までは、こんな感じで
レリーフがあります。




メダイ5


礼拝堂も少し中をのぞいてみましたが
本当に熱心な方々がお祈りをされてたので

写真を撮ることはできませんでした。


NGじゃないと思うけど、あの雰囲気は邪魔できませーーーん






メダイ
メダイ6


礼拝堂の手前のお部屋で、メダイが売られてます。

そんなに人が多いワケじゃないんですけど
日本人の方が1組いらっしゃいました。




日本人女性に 『コレ、流行ってるんですか?』 って聞かれたから
はむたんが 『いえ、知らないです~』 って答えたら

すかさずその女性が 『なんか、流行ってるらしいですよ~』 って。
はむたんも 『そうなんですか~ って。






・・・この
自己完結できるなら、なぜ私に質問したです




お目当てのメダイを買えたので
チェックアウトするために、ホテルへ戻りまーす。








ル グラン
ルグラン エントランス2


チェックアウトして次の宿泊ホテル、
すぐお向かいの『スクリーブ』へ行きました。




テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_10_20


前日、ヒールで10km歩いたツケは
1晩ぐらいじゃ回復しませんでしたが

明日はもう帰らないといけないので
今日も観光しまーす



でも、メトロやタクシーは
ちゃんと使うようにしないと・・・









あさごはん
朝食1


この日も、ラウンジで朝食をいただきまーす





パン
朝食2


この後は、メトロ





ルーヴル美術館
ルーブル2


ルーヴル美術館へやってきました~。

この日は第1日曜日で、無料開放日です
予想はしてましたが、人がいっぱい





並んでみた
ルーブル1


本当は、もっと早く来たかったけど
結局、着いたのがオープン45分前くらい・・・だったと思う。

当たり前ですけど
この後どんどん、後ろに列が伸びていきます。






で。
なぜか。






ダンナさまにカメラを持たせて、はむたん1人で並んでる内に
前の人が変わってました

早い話が、横入りされてたみたいなんです~

私は全く気付かず(それもどーかな・・・)
戻ってきたダンナさまが『あれ』って。








横入りしたところを見てたら、確実に怒るんだけど

いつの間にか前にいて、しかも元々前にいた人たちと
仲良くおしゃべりして、既成事実つくっちゃってるし

そのずーずーしさには、本当に納得いかないけど
そのままスルーしました。







こーゆー時、後からでも気付いた時に
文句を言うのが正解なんでしょうか???

ちなみに、横入りしたのは
悪評高いお隣の大国ではなく、イタリア人でした。

ヨーロピアンも、マナー悪い人が多くてイヤ






それとも日本人が、キレイ好きで
素直にマナーを守っちゃうだけ???????








気を取り直して
ルーブル3


だいたい1時間ぐらい待ったかな。
オープン15分後ぐらいには、入れたと思います。

だいたい、予想通りな感じかな。






で。
最初に行った場所は・・・











やっぱりモナ・リザ
ルーブル5


1番混むっていうから
1番最初に行ってみました~。

噂通り、思ってたよりかなり小さーい





オブジェ
ルーブル6


こういうオブジェ、好きなんです。





天井を見上げてみる
ルーブル7


こーゆーところも、絵になりますね





ナポレオンの戴冠式
ルーブル8


まずこの大きさに、圧倒されます。

この近くにあるハズの『民衆を導く自由の女神』も見たかったけど
どうもルーブル・ランス美術館へ遊びに行っちゃってるらしくて・・・



残念です~







サモトラケのニケ
ルーブル9


基本、美術に詳しくないので
よくは分かりませんが

このフォルム、キレイですね。

現在は修復中だとか。





天井が
ルーブル10


キラキラしてます。
確か、王冠とかが展示してあったような・・・





ナポレオン3世の居室
ルーブル11


こちらは大サロンです。

贅沢な装飾が、シャンデリアが、天井がソファが
すべてが豪華絢爛





大食堂
ルーブル12


この豪華な、そして重厚感のある空間
すごいです





ティアラ
ルーブル13


ステキ





ハンムラビ法典
ルーブル14


中学校ぐらいかな?
授業で出てきた記憶はありますが

コレがそうなんですねぇ。





アップで
ルーブル15


ダメだ・・・。
はむたんには、記号にしか見えない・・・。





有翼人面牡牛像
ルーブル16


なんか、濃いーっていうか、強いっていうか・・・





よく分からないけど
ルーブル17


彫刻がいっぱ~い。




ミロのヴィーナス
ミロのヴィーナス


有名なミロのヴィーナスに会えました~。



率直な感想を言うと

なんか、男っぽいし
当時は知らないけど、今の時代だと太いちょっとぽっちゃり・・・。



でも、この腹筋
スバラシイです~








エロスの接吻で目覚めるプシュケ
エロスの接吻で目覚めるプシュケ


私はこの作品を知らなかったのですが
人気者みたいですね。

曲線美





スフィンクス
スフィンクス


行ったことないけど、エジプトの香りが





同じような顔が並んでて
ルーブル19


芸術品に対して、申し訳ない気持ちになりますが


なんだか笑ってしまう・・・ぷぷ







よく分からないけど
ルーブル20


隣で同じポーズをとって、写真を撮ってみたんだけど
手の角度が全然違ったから、この像単体で・・・





えっとぉ・・・
ルーブル21


・・・コワイ





細い入口が
ルーブル1


途中で、こんな細い入口があったから入ってみたら





こんな感じになってました
ルーブル2


とっても狭い空間でした。





どーーーーん
ルーブル22


きらきら





奥側が
ラムセス2世像


ラムセス2世像のハズ。





鏡の絵画
ルーブル23


鏡を使った絵画、おもしろーい





中庭・・・かな?
ルーブル24


色々なものが、ところが
絵になってます~。





よく分からないけど
ルーブル25


なんだか
『春が来たわうふふふふふふ

みたいな雰囲気を感じてみた。





バスタブ(?)
ルーブル26


コレが、公園にある遊具の1つとかなら
迷わずに中へ入るんだけど(子供か

さすがにそれはムリだから
(マナーの悪い某国の人じゃないしー)


後ろにしゃがんで撮ってみた







出口へ
ルーブル27


美術とか全く詳しくないし

オーディオガイドも借りてないから
適当に見て回っただけですが



おもしろかったです~






なんだか、いっぱい歩いたような気はしますが・・・




テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_10_17


パリ旅行記の途中ですが
ちょっと寄り道しまーす。





先月のお話ですが
『荒井屋 本店』で、しゃぶしゃぶを食べてきました

老舗の牛鍋屋さんですが
しゃぶしゃぶももちろん、おいしいんです~





エントランス
荒井屋1


お座敷の予約なので、こちらから。

1Fのテーブル席の予約だと
入り口が変わります。





大広間
荒井屋2


オープンすぐの時間だから、誰もいませーん。





ドリンクメニュー
荒井屋5


今日はウーロン茶にしまーす。





ひじき
荒井屋3


あ。
先月と一緒だ。

まず最初に、こちらが出てきます。





しゃぶしゃぶ~
荒井屋4


火が入りました





薬味とか
荒井屋6


しゃぶしゃぶのタレは
ポン酢とごまだれの2種類です。





まずは1皿目
荒井屋7


お肉が遊びにやって来ましたー
と、一緒に





お野菜も
荒井屋8


こっちは、おかわりしないけど





ごはんも
荒井屋9


こちらももちろん、おかわり自由でーす。





2皿目
荒井屋10


分かってはいたけど





3皿目
荒井屋11


前回の牛鍋の時と





4皿目
荒井屋12


あまり見た目が変わらなーい





最後の5皿目
荒井屋13


本当は、〆のおうどんも食べ放題に含まれるのですが
あまり頼まないかも・・・。

もちろんおいしいし、はむたんは大好きなんですけど
おうどん頼むなら、お肉がいいって。





牛鍋と同じく、5,775円+サービス料です。



そういえば。

今回はわりと
仲居さんが、あく取りとか色々と、様子を見に来てくれたので

サービスされた気分になりました




いつもはけっこう
放置プレイなんだけどね







と、いうことで
新鮮味&中味のない、『しゃぶしゃぶ@荒井屋本店』となってしまいましたが


必ずまた、お邪魔しまーす






少なくとも、私たちは
木○路のお祭りよりも、こちらの方がずーーーーーーっとおすすめです

祭ってる時は、一瞬安いと思っちゃうんだけど
お肉少なくて追加しないといけないから、結局安くないんだよねぇ。


〆の中華麺は、おいしいんだけどさ。


テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
2013_10_16


この日のディナーは
凱旋門からすぐの、『Le Chiberta』へ。

さすがに、徒歩ではなくタクりました~(当たり前





エントランス
le chiberta1


こちらのお店は
3つ星シェフ、ギーサヴォワ氏のセカンド店です。

斜め向かいには、吉野建氏がオーナーシェフを務める
同じく1つ星の『ステラマリス』があります。





内装
le chiberta2


壁一面に、ワインボトルが並んでます


『ココにバッグを置いてね~』
って言われたので、こわごわ置いたら

『ボトルは空っぽだから、大丈夫だよ』って。


なので、これらのボトルは
中身は入ってないと思われまーす。







シックなスタイリッシュモダン
le chiberta4


黒を基調とした
モダンな雰囲気になってます


私たちのところの担当は、フランス人でしたが
日本人の女性スタッフもいらっしゃいました。







テーブルセッティング
le chiberta3


今回は、『ムニュ デギュスタシオン』を
ワインペアリングで。





アヴァン・アミューズ
le chiberta5


ちょっと前のコトなので
なんだったか、忘れちゃいました~





シャンパーニュ・カクテル
le chiberta6


フレッシュなイチゴいり





アミューズ・ブーシュ
le chiberta7


やっぱり、覚えてませ~ん





パン
le chiberta8


海藻入りのバターと一緒に。



このパンがすごいんです

ある程度、減った段階で
パンが残ってても、お皿ごと交換されちゃうの

パンを追加するんじゃないんです~。



おいしいから、ついつい進んで
何度も交換してもらっちゃったんだけど

あの余ったパンって、どうなっちゃうんだろ・・・







アントレ
le chiberta9






アップで
le chiberta10


下がクラブミートで、上がアボカドの2層仕立て。





白ワイン
le chiberta11


よく覚えてないけど、おいしいワインでした





ポワソン
le chiberta12





アップで
le chiberta13


覚えてないけど、おいしかったのは確かです

写真は撮ってないけど
ワインはやっぱり白です





赤ワイン
le chiberta14


お肉なので、赤ワインが遊びに来ました~





ヴィアンド
le chiberta15





アップで
le chiberta16


お肉はアニョーです(丸い方。)
部位が異なる2種類が楽しめます。





フロマージュ
le chiberta17


ワインはお肉と同じ赤ワインが
どんどんつがれまーす。

私はそんなに飲めないので
ほどほどで・・・





アヴァン・デセール
le chiberta18


ストロベリーのスープです。

苺がすっごく濃厚
少しお酒もきいてます。





グラン・デセール
le chiberta19


チョコレートのケーキとピスタチオのアイス

・・・に見えますね。





プティフール
le chiberta20


と、一緒に





紅茶を
le chiberta21


ミシュラン1つ星と言われると
日本の色々なお店の方がおいしいと、私たちは思ったんだけど

ギャルソンのサービスは心地良いし
素直においしかったので、大満足です~





今回は、LaFourchetteのサイトから予約したので
通常価格(€155)よりちょっとお得な€125でした。



たかが€30
されど€30



おかげで、チップもごきげんで置けちゃいます










夜の凱旋門
le chiberta22


タクシーを拾って帰りました

ル グラン までは、€10ぐらいでした。




テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_10_09


アレクサンドル3世橋まで来たので
(個人的には、ミラボー橋の方が見たかった・・・)

アンヴァリッドも寄ってみまーす。





オテル・デ・ザンヴァリッド
お散歩11


予習ナシの旅行のため、詳しいことはわかりませんが
皇帝ナポレオンが眠っているところだとか。





でも
お散歩12


はむたんの足が、もう限界ギリギリのため
さらーっとしか見てません





中央広場
お散歩14


『撃てーーーーーーー

大砲の指揮をとってるつ・も・り





教会では
お散歩15


結婚式が行われてたみたいでーす

参列者に続いて
主役のお2人も出てきてました。(写真は撮ってません)





戦車と一緒に
お散歩16


なかなか、生戦車を見ることって少ないので
すごーーーーい





ドーム教会
お散歩17


ココにナポレオンが眠ってるらしいです。
スルーしましたけど





庭園も
お散歩18


疲れてなければ、もう少しゆっくり見たかったなぁ。





地下鉄
お散歩19


さすがに歩き疲れたので
地下鉄に乗って、ホテルへ帰ります。





マドレーヌ寺院
お散歩21


疲れてはいても、とりあえず写真は抑えます





ただいまー
お散歩22


ホテルへ戻ったら
ディナーの時間まで、クラブラウンジで一休み

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_10_08


とりあえずの目標、凱旋門まで歩いてきたので
この後は、次の目標、エッフェル塔へ向かいまーす





凱旋門を離れて・・・
お散歩1


地図とにらめっこして
道を間違いながら、歩きまーす。

このあたりは、まだまだ元気でーす





ペニンシュラ建設中
お散歩2


凱旋門からほど近いあたりに、建設中です。
ペニンシュラホテルズの、ヨーロッパ初のホテルです。



ペニンシュラは、上海しか泊まったことないのですが
夜景やハードが素晴らしかったので、やっぱり気になります

ソフト面は、気になる点がちょっと・・・ね





(通販風に)
『でも、パリにオープンだなんて、きっとお高いんでしょぉ

そんな冗談を言いながら、てくてく歩きます









エッフェル塔
お散歩3


シャイヨー宮から見る、エッフェル塔です。





後ろを振り返ってみた
お散歩4


噴水は、常に上がってるワケじゃないのね。





もう、目の前
お散歩5


2人とも、初の生エッフェル塔です~

橋も渡って





下から見上げてみた
お散歩6


よく見なかったので、混んでたのかどうか分かりませんが

『たぶん、混んでるだろう』
と、いうことで





記念写真
お散歩7


外観を押さえたので、お散歩に戻ります。





セーヌ川沿いを
お散歩8


このあたりから、足に負担が・・・。

痛いし
セーヌ川はキタナイし


泳ぎには、それなりに自信のあるダンナさまも
『キタナイし流れ早いし、こえー』って。







アレクサンドル3世橋
お散歩9


パリで1番豪華な橋とか。

こんな適当に撮った写真だと
全然美しさが伝わらず・・・すみません





もう1枚
お散歩10


バンドエイドとかコットンで、応急処置はしてみるものの
はむたんの足が、もう限界に近づいてきているので

アンヴァリッド駅からメトロで戻ろうと思ったのですが



すぐそこに、アンヴァリッドも見えてるので
もう少し、お散歩を続けてみまーす。


テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_10_07


けっこう長居して見学していたオペラ・ガルニエですが
あまり時間もないので

次へ向かいまーす。





ヴァンドーム広場
paris1.jpg


オテル・リッツが確か、工事中だったと思います。




写真は載せてませんが

噴水や、そのまわりで憩っている方々を見ながら
チュイルリー公園を通って








コンコルド広場
paris2.jpg


あまり時間もないので





オベリスク
paris3.jpg


先を急いで・・・





目標物を望む
paris4.jpg


向こうに、微かに見えますが

コンコルド広場から、
とりあえずの目標物、凱旋門を望んでみましたー

まずは、あそこまで歩きまーす





シャンゼリゼ通り
paris5.jpg


AUX CHAMPS ELYSEES

GWのパリは、お散歩するのに悪くないかもー
涼しいけど、歩いてると暑くなってくるカンジ。





LOUIS VUITTON
paris6.jpg


みんな大好き、ヴィトンの本店。
はむたんは、どちらかといえば、他のブランドの方が好きだけどね





近づいてきた!
paris7.jpg


だんだん近づいてきました



・・・と、同時に
お、お手洗い・・・行きたい








こちらで借りてみた
paris8.jpg


どこの国でも、人気なのね。
マックです。

みんな同じ考えなのか
女性用トイレは、超行列

しかも、すぐ後ろは日本人みたいで
思いっきり日本語が聞こえてきました~






まだまだ先は長いので
無料でお手洗いへ行けて、よかったです~




お手洗いを借りただけで、出てきちゃいましたが

やっぱりまずかった???












すぐそこ
paris9.jpg


目の前までやって来ました~






アップで
paris10.jpg


人が少なければ、上へ昇りたかったんだけど
並んでる列が長かったので、外観だけ・・・





歩いてきた方向
paris11.jpg


シャンゼリゼ通りを眺めてみた。





新凱旋門
paris13.jpg


あのあたりだけ、急に近代的なカンジ。





とりあえず写真
paris12.jpg


予習とかしてないから(そーゆー問題
よく分かってないけど





paris14.jpg


とりあえず、写真に残して





paris15.jpg


眺めて満足したので
次はエッフェル塔を目指しまーす。

そこも、まだゴールじゃないけどね。




テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_10_04


朝食の後は
超ベタベタなパリ観光へ


まず最初に行くのは





オペラ座
オペラ座1


前日、通り過ぎただけのこちらから。
ホテル目の前だしね。





中へ
オペラ座2


少しだけ並んでましたが
せっかくなので、中へ入りまーす






オペラ座22






上へ
オペラ座3


あがると





オペラ座4


見学は、裏から入るのですが
観劇の時は、正面エントランスからこちらへ出るんですよね。きっと。





オペラ座23







オペラ座24










豪華絢爛なパレ・ガルニエですが





キラキラ
オペラ座6


きらきらゴージャス





もう1枚
オペラ座7


あ。
なんか向きが変になっちゃったけど

きらきらですぅ~。





ル グランをバックに
オペラ座8





書庫
オペラ座25


上から下まで、本がいっぱいの書庫とか





衣装も飾ってあったり
オペラ座9


全く予習もなしに来てしまいましたが
こちらのオペラ・ガルニエは、バレエ公演が多いらしいですね。

席によっては、お安いものもあるようなので
ただ見学するよりも、チケットを買って公演を見に行く方が
正解な気がします。





オペラ座10


写真はかなり明るいですけど
実際は、もっと暗かったですよ~。

リハーサルやってました。





天井
オペラ座26


見上げてみた。





最後にもう1枚
オペラ座27


このパリ旅行中
どこもみんな、人がいっぱいで混んでいたので

ルーブル美術館をのぞけば
唯一、中へ入ったのが、このオペラ・ガルニエですが


とっても面白かったです~




次に来ることがあれば
見学だけじゃなく、公演を見てみたーーーい
テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_10_03


09  « 2013_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top