上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


ジュメイラ・エミレーツ・タワーズのクラブラウンジは
7:00~1:00の間、オープンしていて
時間帯によって、こんな感じで分かれてます。



 7:00~11:00 ブレックファースト
13:00~17:00 ランチ&ティータイム
19:00~22:00 ディナータイム(フードが並ぶ時間)
18:00~21:00 ハッピーアワー(アルコールが提供される時間)

 
昼間の時間帯も、ランチ&ティータイムがあること
アルコールのお時間が、3時間で長めなこと

が、ココに来たかった理由です。





それぞれの時間帯で、出てくる食べ物は
いたって普通の品揃えですが

ディナータイムっていっても、よくあるような、ちょっとつまむ系だし



でも、昼間に来ても、何か置いてあるのはうれしいし

ハッピーアワーも、実際に3時間も居座ることはなくても
幅が広いのは、利用する側にとっては、イイことですよね








ラウンジ
ランチ1


端っこの窓側のテーブルにしてみました~。





ランチタイムのラインナップ
ランチ2


せっかくなので、細かく見てみま~す

いらないとか言っちゃ、イヤ





生野菜
ランチ3


サラダいかがですか





アラビアンチックなものも
ランチ4


野菜スティック・オリーブやチーズなんかと一緒に
アラビアンチックなものも、ありました~。

エビのサラダ(というか、エビ)がおいしかった





サーモンやハム
ランチ5


丸っこいサンドイッチが、カワイイ





パンとか
ランチ6


サンドイッチもいくつか種類があるから、ちょっとうれしい





フルーツたち
ランチ7


朝食の時にはいなかった、イチゴちゃんが





デザート
ランチ8


キレイにディスプレイされてるから
さらにおいしそーに見えちゃいます





スコーン
ランチ9


スコーンお久しぶりかも~





窓側で
ランチ10


いただきま~す

機内食から数えると
何食目なのか、すでに分からないような





おかわり~
ランチ11


ピタサンドおいし~





デザートも
ランチ12


糖分補給のお時間





最後は・・・
ランチ13


クッキーで締めて・・・。










この時間は、アフタヌーンティみたいな感じですね~。

クラブラウンジでいただけるランチとしては
十分な内容だと思いま~す
スポンサーサイト
テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_02_27


お部屋のドア
お部屋のドア


横にでかいドアです



ちなみにお部屋は、45Fの旧市街側。


ブルジュ・カリファビューは、空くまで時間がかかっちゃうって言われたから
それなら、早めに入れるお部屋でいいかなぁと。

次に泊まるシャングリラで
ブルジュ・カリファビューのリクエスト入れてるし。






お部屋入ってすぐのパネル
お部屋22 パネル


お部屋の温度調整とか
Don't disturbとかは、このパネルで。


この時期のドバイは、涼しいので
温度をかなり上げたんだけど、冷たい空気しか出てきませーん

なので、空調はoffにしておきました。


それでもけっこう寒かった・・・





入り口からお部屋を撮ってみました~
お部屋2


クラブプレミアルームという
クラブルームの中では、1番低いカテゴリーになるのですが

それでもお部屋の広さは、63㎡


充分快適な広さです~





書斎スペース
お部屋3


荷物置きと化してました。





横へ視線を移すと・・・
お部屋4


ミニバーエリアです。





エスプレッソマシン
お部屋23 ネスプレッソマシン


エスプレッソマシンも、ちゃんとあります
あると、重宝しま~す。





ミニバー
お部屋5


クラブルームの宿泊者は
ノンアルコールのドリンクは無料です

キットカットなんかのお菓子もOKで
ちゃんと補充もありました~





引き出しの中は
お部屋6


ネスプレッソのカプセルとか、ミニボトルとか。





リビングルームへ
お部屋8 リビング


シンプルな感じ。





TV
お部屋9 リビング


ベッドルームとの間に、TVがあります。

両側にドアが収納されてるので
仕切ることもできます~。





角度を変えて
お部屋11 リビング


ドアの方を撮ってみました。





ベッドルーム
お部屋13 べッドルーム


こっちもシンプルな感じで。





クローゼット
お部屋14 べッドルーム


リビングルームとの仕切は
こちら側は、クローゼットになってます。





中は・・・
お部屋15 べッドルーム


ルームウェアとバスローブが、1着ずつしかなかったので
後ほど、持ってきてもらいました~。






旧市街を望む
お部屋12 ベッドルーム


窓は小さいながらも、一応リビング・ベッドルーム
どちらにもあります。

目の前は、なんか工事中だった気がする・・・。





バスルーム
お部屋16 バスルーム


今度は、バスルームへ・・・





バスタブ
お部屋17 バスルーム


の、ところに。





みどりのアヒル
お部屋18 バスルーム


コンラッドと、どちらが先なのかは知りませんが
バスルームの主のアヒルさんが




この子は、今は
うちのバスタブに浮いてます


ただ。
残念なことに。



設計ミスだと思われますが
水の上に浮かばせると、必ず顔が沈んでしまうという

それはそれは、とってもかわいそうな状況で・・・



あまりにも、つくりが雑ッ








シャワーブース
お部屋19 バスルーム


シャワーブースも、もちろんあります。





トイレ
お部屋20 バスルーム


奥にあるビデは、たびたび見かけますが
・・・何度見ても、使い方がわからない


と、思って。
このたびネットで、使い方を調べてみましたー



・・・。
・・・。
・・・。

無人島のサバイバル中に、出会うならともかく
文明社会のこの世界で出会っても、私には使い勇気がありません








アメニティ
お部屋21 バスルーム


缶の中に、歯ブラシとかが入ってます。

シャンプーなんかは、
モルトンブラウンでした。





フロアマップ
お部屋24 フロア


反射して見づらいですね





ウェルカムグッズいろいろ
ウェルカムグッズ


ホテルスタッフが持ってきてくれました~





アニバーサリーケーキ
アニバーサリーケーキ


今回は、嘘ハネムーンとかじゃないですよ~

結婚記念日のお祝いです
(数週間ずれてるのは、大目に見て~


このチョコレートケーキは、おいしかった~





ウェルカムフルーツ
ウェルカムフルーツ


フルーツは大好きだけど
このラインナップには、あまりひかれないぞ





ウェルカムスイーツ
ウェルカムスイーツ


砂糖菓子みたいな感じで
好みは人それぞれかと・・・。



お部屋の写真を撮ってるうちに、ランチタイムになったので
再びラウンジへ行きま~す

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_02_24


エティハド航空の送迎バスは
ドバイのチェルシータワーまで連れてってくれます

なので、そこからは。

宿泊するジュメイラ エミレーツ タワーズ(JUMEIRAH EMIRATES TOWERS)まで
タクります


タクシースタンドも
バスを降りたところにちゃーんとあるので、安心







近いから、拒否られたらどーしよぉ・・・




と、思いましたが

この旅行中、どれだけ近くても
1度も拒否られることは、なかったです~



初乗り料金は、Dh3(90円)ですが
最低料金が、Dh10(300円)って決まってるみたい。

(上記は、アブダビの空港で両替した時のレートです。10,000円→Dh330)








ロビー
ロビーラウンジ


昼間の外観写真を、撮りそこねたので
ロビーの写真から

ホテルとオフィスビルとの
ツインタワーになってます。


今回、ここに決めた理由はただ1つ







クラブラウンジが充実してそうだから






本当は、ラッフルズに泊まりたかったんだけど

予約するタイミングを考えてる間に
年末だからか、最低宿泊数を決められちゃったみたいで

予約できませんでした~








もう1枚
ロビーラウンジ2


フロントでチェックインしたものの
『まだお部屋が準備できない』って。




で、しょうねぇ。
まだ、10時だもん





正直、私たちが聞き取れたのはココまで。

前回に引き続き
ドバイの英語は、ぜ~んぜん分かりませーーーーん

確かに、英語わからないけどぉ
たかだかチェックインごときで分からないのって、ドバイだけだよぉ~。




あぁ・・・。屈辱・・・





とりあえず、どこか行って時間つぶそうと
フロントから移動しようとしたら

『エレベーターは、あっちよ。42階ね』

ってクラブラウンジの階数を教えてくれたので。





じゃー、とりあえず
ラウンジに行ってみま~す










クラブラウンジ
クラブラウンジ1


クリスマスツリーがありま~す。

日本は、クリスマスが終わると片付けちゃうけど
海外はそのまま、クリスマス&ニューイヤーですよね。





逆光ですが
朝食1


ラウンジ内では、みなさん朝食を楽しんでいらっしゃいました~

朝食タイムは、7:00~11:00になります。





下のフロントのお姉さんが、何を言ってたのか
さぁーっぱり分からなかったけど

ここの方々の英語は、ちゃんと分かりましたよ~





再度、同じ書類を記入することになりましたが
座って、チェックイン手続きを。


お部屋は、まだ用意できないけど
その間、朝食でも食べて待ってる

って、言われたので、そーすることに。






クラブラウンジで朝ごはん食べられるなら
機内食たべるんじゃなかったぁーーー











そんなんで、ラウンジの朝食タイムの様子を・・・
朝食2


シリアルとかー





ベリー系とヨーグルト
朝食3


補充もちゃんとありますよ~。

タイミング悪く、こんな写真だけど





シロップ漬けのフルーツとか
朝食4


生フルーツがあれば、この辺りはそんなに・・・。





フルーツたち朝食5


の、次は・・・





チーズとかくるみとかー
朝食6


パンが黄色いと
無条件においしそうに見えちゃいます~。





サーモンやハムとかー
朝食7


レモンが
種が落ちないように(?)、ちゃんとくるまれてます~。

ステキ


でも、はむたんは
レモンかじるの好きだったりします~。





デニッシュとか
朝食8


写真撮り忘れましたが
ちゃんとエッグステーションもありますよ。





控えめに
朝食9


なので、こんなカンジで
控えめに、本日2回目の朝食をいただきました~。


ココのラウンジは
ランチタイムも、食べ物が並んじゃうらしいから

今いっぱい食べちゃうワケには、いかないのらー。


機内食たべてから、まだそんなに時間たってないし・・・。





ジャムやバター
朝食10


各テーブルに、置いてあります~。





窓側
朝食11


窓側のテーブルが空いたので、移動してみました。





42Fからの眺め
朝食12


エミレーツタワーズのクラブラウンジは
海側を向いてます。



こーしてみると

カッコイイ高層ビルがいーーーっぱい建ち並ぶ
都会的なイメージのドバイも

やっぱり砂漠のド真ん中なのね~





前回の4年前にドバイに来た時は

宿泊したのが、砂漠&ビーチエリアで
高層階から下を見ることがなかったので

中心地も、こんなに砂漠が広がってるところだとは
知りませんでした




普通に、アスファルトが敷かれてるのかと思ってたら
全然、違うのねー。


新しい発見









もうちょっと左側の写真も
朝食13


よくもこんなに、いっぱいビルを建てちゃったのねー


と、思うのと同時に


地盤てどうなってるんだろ



地震大国の日本ならではの
心配をしちゃいました。





シェイク・ザイード・ロード
朝食14


このシェイク・ザイード・ロード沿いには
いっぱいホテルがあります。



片側5車線(6)っていう
超BIGな主要幹線道路は


本当、みんなすっ飛ばしてるしー。
これだけ車線あっても、渋滞もおこっちゃうしー。





ラウンジ内
朝食15


朝食タイムが終わると
ラウンジ内も閑散とします。

実際のラウンジのスペースは
この両側にもちゃんとあるので


少なくとも、はむたんが滞在してた時は
席がなくなるっていう場面は、見ませんでした~。





入り口から
朝食16


ラウンジの入り口から
写真を撮ってみました。


そろそろ、お部屋の準備ができたらしいので
ラウンジを後にします。



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_02_20


今回のドバイ旅行は

海外で、初カウントダウンをしてみた~い

と、ついつい思ってしまったので




シンガポールや香港と迷いつつ
予算とにらめっこしながら、実行に移してみました~。



はむたん、4年ぶり2回目のドバイです~








今回のネイルから
ネイル


最近、あまり色をそろえたくない病にかかってます。
飽きっぽいからかな





のぞみで
新幹線


年末の忙しい中
仕事もそこそこに納めて、新幹線飛び乗りました~




予約した時は、新幹線代を考えても
成田発よりも名古屋発の方が安かったんです

だから、名古屋発にしたんだけど
予約した数日後に見たら、見事に同じ価格になってました~






・・・どれだけ、自分の早まった行動を後悔したことか






なので。

完全に
ムダな時間とお金と労力をかけて、セントレアへ向かいまぁーす



新幹線だけならまだしも
名古屋から先も、セントレアまでの道のりは遠かった・・・








私の大バカ~~~~~~~~~






おまけに。

ドバイはこっちより暖かいから、荷物を少なくしたくて
コートなしの薄着で行ったら






年末の日本でその格好は、あまりにも厳しすぎました




当たり前だけど、本当に風邪ひくかと思った・・・











初セントレア
セントレア


ひとつ、ビックリしたことが



羽田や成田のカードラウンジでは
ビールは『有料or無料は1杯まで』って、なってるけど

セントレアのカードラウンジには、ちゃんとビールサーバーがあって
何杯でもOK


しかも、柿ピーやチョコみたいな
本当にちょっとしたおつまみだけど、ちゃんとおいてあるしー。





スバラシイ





でもやっぱり、成田or羽田がいい









足元ひろびろスペシャルシートぉ~(ドラえもんっぽく言ってみた)
exit row


往路はオファー出してないので
もちろん言うまでもなく、エコノミーです~


でも、足がのばせるから
快適




エティハド航空の名古屋発着の場合、北京を経由します。
(成田発着は、アブダビまでスルー


通常は、名古屋-北京はガラガラで、北京-アブダビ間が人がいっぱいらしいけど

さすがに年末は
名古屋から人がいっぱい乗ってました~。

むしろ、空席なんてあったかなぁ・・・?





たぶん、オーバーブッキングとかしてたんじゃないかと
思うくらい。

アブダビ以遠の人優先で
北京までの人は、なかなかチェックインさせてもらえてなかったし

搭乗口でも、後回しにされてたし・・・。





どっちみち、この便で北京行っても
到着するのは日にちが変わるミッドナイトなワケだから

宿泊費や食事、ちゃんと代替便が用意されるなら
翌朝とかでも、私だったら構わないけど~








足のばしちゃうもんねー
exit row2


エミレーツ航空では、exit rowに座った友人を
悲劇が襲いましたが

エティハドのこの便は、全然だいじょぶでした~



まぁ、周り日本人だらけだったしね。





メニュー
機内食メニュー


エコノミーでもちゃんとメニューがあるって
ステキ





中華風鶏肉
機内食1


ダンナさまは、こちらを。





和風魚介類の鍋仕立て
機内食2


どの辺が鍋仕立てになってるのか、激しく疑問。

マジメに
誰か教えて~~~~

だって。
見た目はチリソースがかかってるみたいな感じだもん。




味も、チリソースではないけど
私が知ってるお鍋とは、全然ことなる味で。

味には、文句なかったけど。





北京
pek.jpg


地面の白い部分は、雪だって。

コンタクトもメガネも外してたはむたんには
何も見えませんでしたが。


北京に着くと
『人数・お荷物確認のため、終わるまで動かないでください』
っていうアナウンスがありました。


トイレもガマンして~って。




特に『終わりよ』ってアナウンスもないから
いつまでじっとしてればいいのか、よくわからなかった








アメニティ
アメニティポーチ


北京から乗ってくる人は、前噂と違って
少なかったです~。


まぁ。
いっぱい載ってきても、席が空いてなかっただろうけど。



話がずれましたが
アメニティポーチの中味は、歯ブラシ、くつ下、耳栓・・・だったかな





再びメニュー
機内食メニューpek


北京から先も、メニューが配られました~。





カップラーメン
カップラーメン


ダンナさまは、カップラーメンと
ホットチョコレートを





サンドイッチ
サンドイッチ


私は、サンドイッチを



最初、頼んだ時は
『ラーメンしかない』って言われて。

『じゃー、お水だけでいいよ~』って寝ようと思ったら
しばらぁーくしてやってきました。




どこかにあったのね。
律儀な一面を発見





でも。
もう歯磨きもして、寝る気満々だったので


ダンナさまのテーブルへ押しやりました。








鶏肉入り中華風玉子麺
機内食 朝食1


朝食は中華を。
ごちそうさまでした~





ワッフル
機内食 朝食2


ボケボケ写真はたいがい
ダンナさまが撮ったものです~





空港とうちゃーく
auh


なんか、すごーい

みんなココで写真撮ってました~





エティハドバス
エティハドバス


エティハド航空の当日の航空券があれば
アブダビ-ドバイ間を無料で乗れちゃいまぁ~す

ビジネスクラスやファーストクラスなら
リムジン送迎サービスがあります。


うらやましい・・・。





ドバイへ
エティハドバス2


お水もらえます。

ちょっとうれしい





砂漠
エティハドバス3


早朝なので、眠いんです~
なのでドバイまでの1時間半、寝ますッ





14時間フライトは長かった・・・
北京経由とはいえ、なぜヨーロッパより長いの
テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_02_18


順番通りに、2011年(古ッ)の上海の旅行記を書くか
色々すっとばして、記憶が新しいうちに、1番最近のドバイ旅行記を書くか



考えた末に(大げさ



記憶が新しいうちに、ドバイ旅行記にいこうかなぁと
思いました~。



なので、その前に。




今回のドバイは、エティハド航空を利用したのですが


アップグレードオファーっていう、ちょっとおもしろいシステムを利用して
帰りだけ、ビジネスクラスで帰ってきたので


そのシステムについて、ちょっとだけ書いてみまーす。









詳しいことは、こちらに載っていますが。



エティハド航空のアップグレードオファーは
1つ上のクラス(Y→C、C→F)へのアップグレードの入札制度みたいな感じで

エティハドから、一定のレンジで金額を提示してくるので
その範囲内で、自分で金額を決めて、オファーを出します。











出発の14日~3日前の間に、座席の空き状況によって

『アップグレードしてみな~い
っていう挑戦的な(ウソウソ)メールが、エティハド航空から届きまーす



もちろん有償なので、興味がない方は放置プレイで



・・・話が終わっちゃった






とりあえず

『どんなかなぁ?どきどき

って、ちょっとでも思っちゃったら
届いたメールの中のリンク先をクリック





そーすると、利用できるフライト毎に
オファーを出せるようになってると思いまーす


座席が満席でない限りは。。。






私は、NGO-AUHの単純往復だったので
往路・復路の片道ずつオファー出せるようになってました。





で、1番気になるところが

『じゃー、いくらで出すのよッ』

ってところだと思うんだけど
(・・・って、誰も気にならなかったらどーしよぉ





エティハドから、一定のレンジが提示されてます。
はむたんの時は、46,000円~92,000円ってカンジでした~。





他の人々はどんなカンジなんだろぉ
ってググってみましたが



『最低料金で乗ってやったぜぇ。うらやましいだろぉ。



なぁーんておっしゃってたのかどうかは、分かりませんが。
最低料金の方が多そうな感じでした~。

BKK-AUHが300ユーロ以下だったぜ
とかね。






じゃー、はむたんも最低料金で運試し~

って言いたいところだったけど
できれば、帰りだけでもエコノミーは避けたかった・・・。






EKのエコノミーの、しかも友人のお話だけど

友人が非常口のところの、足元広々スペシャルシートを指定したら
途中でお隣の大国の方々が、友人の前のそのスペースで寝だしたらしいんです~。

しかも、友人の荷物を枕にして



もちろん
『ふざけんなッ』
って、荷物はとりあげたらしいんだけど(あたりまえ)



あまりのマナーの悪さ・・・というか非常識さに
話を聞いただけのはむたんも超ビックリ




『CAさん、何も注意しないの』って聞いたら
『イヤ、全然まわってこねぇ』・・・だそうで。

しかも、お隣の国の方だけじゃなく
欧米の方々も、そんなだったらしい・・・








エティハドの名古屋発着は、北京経由なので
その話を聞いたら、それはそれはとぉーーーーーーーーっても恐ろしくなって

名古屋を選んでしまった自分に、はむたんは本気でショックを受けたそうな


同じ中東のエアだし。
exit rowを指定してたので・・・もしも、同じような状況になっちゃったら



そんな無秩序状態で何時間も過ごしたくなーーーい









えーっと・・・。
話が飛んだったので、元に戻して(しーましぇ~ん










できれば、往復共にビジネスクラスに乗りたいけど
最低料金で乗っても、大きく予算オーバーだから

じゃぁ、片道だけでも出してみようかなぁって。




本当は、飛行時間の長い往路の方が、お得な気分だけど

往路は、時期的に日本人だらけで
北京から乗ってくる人は少なさそうな様子。

某国の嫌がらせを受けるなら、帰りの可能性が高そうだ・・・




という予想にまとまったので



時間的な面で『短い復路だともったいない・・・』という葛藤と戦いつつ
復路だけオファーを出してみました~







で、ようやく。
『いくらで出すのよッ』に戻るワケですが






ほぼほぼ最低料金でがんばるっていう手も考えたけど

スカイトラックス社のランキングでも上位で
勢いのある中東系エアのビジネスクラスなら




ぜひとも乗ってみたぁーーーい






なので、最低料金に+10%ほど上乗せして(それでも10%だけ
金額を51,000円に決めました~

最低料金で、UGできなかったら後悔しそうだし
+10%ぐらいなら、損した感も生まれないだろうし。





と、いうことで。
オファーを出したら、後はメールが来るのを待ちまーす






注意点は、


①アップグレードできるのは、1ランク上のクラスまで。
  Y→C、C→Fってカンジ
  Y→Fはダメだよぉ~って。

②ショーファーサービスは利用不可
  エティハドのパールビジネス・ダイヤモンドファーストクラスは
  通常、ショーファーサービス(リムジンでの空港送迎サービス。でも日本は例外)
  が利用できますが
  アップグレードオファーで、YからCになっても、利用はできませーーーん

③アップグレードの可否メールが来るまでは、変更可能
  金額の変更もできるので、いっぱい悩めまーす。
  可否メールが来るor出発28時間前
  の早いほうまでなら、オファーのキャンセルもできるらしいでーす







そんなこんなで、どきどき待ってると
出発の24時間前までに、結果のメールが届くらしい。



この『出発24時間前まで』っていうのは、搭乗便の出発時間の話みたいで

復路しかオファーを出さなかった私の場合

自宅PCにメールが来たのは
すでにドバイへ出発した後だったので



確認することができず





帰りのチェックインの時まで
UGされたのかどうか、分かりませんでした~






結果的には、オファーが通ってたので
無事に、ビジネスクラスに乗ることができました






復路、50、000円ぐらいでのアップグレードは


いくらショーファーサービスがつかないとはいえ
最初からビジネスクラスで予約するより、だいぶお得になってると思われまーす


普段ならお疲れの帰りのフライトも
11時間っていう長時間ながら、快適に帰ってこられたもんねー


他社のマイレージプログラムでしたが
ちゃんとボーナスマイル(10%だけどね)も、もらえました~。
テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行
2013_02_13


11月のお話になってしまいますが
関内にある梅林へ、行ってきました~。

2度目の訪問です。


同じような名前で『元町梅林』っていう
先代女将のサービスと、品数いっぱいのお料理が有名なお店があります。

こちらの梅林は、そちらとは無関係ではないようですが
別のお店みたいです。
元町梅林の女将のご実家が、こちらのお店だとかなんとか・・・



よーするに、よくは知らないと




関内・桜木町の他にも、アクセスできる駅がありますが

ちょっとお散歩がてら~
なんて、変な道を選択すると

ものすごいところを歩くことになります。


本当にこわかった・・・





外観
梅林 外観


創業1942年の老舗でごじゃーます。

内装は・・・渋いというか、レトロというか。
もちろん、キレイにされているんですけどね。



全部個室みたいです~。
今回は、階段で上の階に上がりました。

一応、小さめながらもエレベーターがあるんですけど
エレベーター内も畳で、ちょっとビックリします




今回頼んだのは、『ハマの梅林コース』15,750円
特選素材を使ったおまかせコースになります~。









先付
梅林 つきだし


いくらやわかめが入ったとろろです。





えびさんとか
梅林 八寸


この後は





特選素材
梅林 特選素材


この日の食材を持ってきて見せてくれます

松茸

この時期ならあるだろうと思って来たから
なかったら、どうしようかと・・・





わさび
梅林 わさび


今度は、ご年配の方(先代)がいらっしゃって
目の前で、サメ皮で山葵をすり下ろしてくれます。


山葵はきらいでも
このパフォーマンスには、アガっちゃいま~す





伊勢海老のお刺身
梅林 伊勢海老


伊勢海老のお刺身がやってきました~

まだ、ぴくぴくしてる伊勢海老には申し訳ないけれど
甘くて身が引き締まってて、とっても美味です~





お造り
梅林 お刺身


とらふぐと大間の中トロです





アップ
梅林 お刺身 アップ


ほどよく脂の乗ったピンク色の中トロも
白く透き通るトラフグも

お美しくて





わたりがに
梅林 わたりがに


1人1パイきちゃいました~

しっかりとした肉質で
淡泊な感じだけど、甘みが強いです。

カニミソも同じように
ものすごく濃厚っていうのではなく、でも甘い感じで。

身がしっかりつまっていて
食べ応えがありました~。


どーしても、一生懸命に蟹を食べてると
無言になっちゃうじゃん





おさかな
梅林


なんだったのか、思い出せませーん

まだまだ、渡り蟹と格闘中で
なんだったのか覚える余裕がなかったと思われまーす





揚げもの
梅林 かさご


かさご
オコゼ

それ系(雑)のお魚で、おいしかったです。


このお料理が来た時も、まだまだ渡り蟹との格闘が続いてて
なかなか存在感のある渡り蟹でした~







松茸ごはん
梅林 松茸ごはん


楽しみにしていた松茸ごっはん~





お食事
梅林 ごはん


伊勢海老のお味噌汁と一緒に
おいしくいただきました~

ごはんは、全部食べ切っちゃってもいいし
残ったら残ったで、ちゃんと包んでくれまーす。





水菓子
梅林 水菓子


帰る時に

『お荷物になりますが、よろしければお召し上がりください』
って、きゃらぶきの佃煮みたいなのを持たせてくれます。





お花
梅林 お花


ちょいちょい、テーブルとかイスとか畳とか写真に写ってるけど
なかなかレトロでしょ。






ちなみに。

こちらのお店、おいしいお食事をいただけるので

私は(ダンナさまも)好きですし
またお邪魔しますけど。


人によって、好き嫌いあるかも・・・


サービスは、中には雑な方もいらっしゃいます

後は、全部個室はうれしいけど、ちょっとレトロかなぁ。
テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
2013_02_12


結婚記念日のディナーは、
青山にある、葉山庵Tokyoへ行ってきました~。

みなとみらいにある、グランシェール葉山庵へは、何度か行きましたが
こちらへはお初です

たいがい、あまり横浜から出ないので・・・





店内
葉山庵1


ビルの6Fにあるのですが

こんな感じで
小さめながらも、プールや庭園があってステキです~





メニュー
葉山庵 メニュー


シェフのサイン入り。

内容がゴージャスでしょ
1回、来てみたかったんです~。





シャンパン
葉山庵 シャンパン


この日は電車だし
結婚記念日のお祝いなので

シャンパンを



ダンナさまがほとんど飲んじゃったけど・・・。
しかも普段はドライバーだから、超うれしそうに飲んでました~









アミューズ
葉山庵 アミューズ


ズッキーニのスープ。

上のはごぼうっぽく見えるけど
確か、皮だった気がします~。

ズッキーニだったか、とうもろこしだったか、それ以外だったか。(うろ覚え~





豆乳のパン
葉山庵 パン1


エシレバターと一緒にいただきます~。
このあたりは、みなとみらいと一緒みたい。





前菜
葉山庵 前菜


駿河湾産赤座海老 3種の調理法(クリュ・ポワレ・ビスク)


私の中で、葉山庵は
赤座海老と葉山牛をすごぉーく推してるイメージです~





アップで
葉山庵 前菜 アップ


キャビアと一緒にいただく、軽~く火を通したクリュはもちろん
海老の味がとぉーっても濃厚なビスクがゼイタクな気分





天然酵母のパン
葉山庵 パン2


2つめは、天然酵母のパンです~。





スペシャリテ
葉山庵 スペシャリテ


葉山庵の2大スペシャリテを盛り合わせで
フォアグラの茶碗蒸し 黒トリュフとポルト酒のソース
白トリュフの香るカプチーノを浮かべて
フォアグラのソテーとスッポンのコンソメ 五穀米のリゾットを添えて


・・・な、ながい





フォアグラのソテー
葉山庵 スペシャリテ アップ1


絶品

大好きなフォアグラのソテーも
やわらかく上品なスッポンのコンソメも
それぞれでいただいても、一緒にいただいても、どっちもおいしーーー


コンソメスープは、目の前で注いでくれまーす。





フォアグラの茶碗蒸し
葉山庵 スペシャリテ アップ2


こちらも、変わらずおいしいです~。

トリュフの香りいっぱいで、フォアグラが濃いぃ~茶碗蒸しです。





3つめのパン
葉山庵 パン3


なんだったか覚えてないけど、このパンもおいしいです~。


でも、この後のおかわりは
豆乳のパンをいただきました





お魚料理
葉山庵 魚


国産黒アワビと生ウニの重ね焼き
アワビの肝の濃厚なソース 生海苔風味


海の幸のおいしいとこどり的な。





アップで
葉山庵 魚 アップ


肝のソースが合う分
ウニ独特のくさみがどーしても気になったので
それがちょっと残念・・・





グラニテ
葉山庵 グラニテ


・・・フルーツ系だったのは覚えてるんだけど。(記憶が雑





お肉料理
葉山庵 肉


葉山牛サーロインの網焼き ソースジュ・ド・ブッフ
芽葱と山葵風味の茸を添えて


山葵が苦手なコトを伝えていたので
山葵風味じゃない茸を添えてもらいました~





はやまぎゅうーーーーーー
葉山庵 肉 アップ


葉山牛のサーロインがおいしくないワケがない

ジューシーでお肉の旨みが広がって。
どー考えても、もっとほしいよねぇ





デザートメニュー
葉山庵 デザートメニュー


デザートは、お好きなものを選べまーす





アヴァンデセール
葉山庵 アバンデセール


岐阜県産富有柿のコンポート ラ・フランスのソルベと金木犀の香り


今、気づきました。
確かに、金木犀の香りがしてた(気づくの遅すぎ





グランデセール
葉山庵 デセール


はむたんは、モンブランを

結婚記念日って伝えておいてくれたので
メッセージ入りでやってきました





チョコのテリーヌ
葉山庵 デセール2


ダンナさまが頼んだもの。
・・・ブレてるねー。





カフェ
葉山庵 セーデルブレンドティー


葉山庵へ来たら、やっぱりセーデルブレンドティーを頼まないと。

ローズペタルジャムを入れると
より一層バラの香りが







と、いう感じで
ステキな結婚記念日になりました~

おいしかったぁ
ちなみに今回のコースは、21,000円でした。





テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
2013_02_07


馬車道にある天ぷらやさん、天七へ行ってきました~。
(12月ですけど

前に1度行って、おいしかったので
今回は再訪です。

以前は、横浜スタジアムの近くにあったそうですが
東日本大震災でビルが地盤沈下して、今のところへ移転されたそうです。






外観
天七


今回は、『雅』12,000円のコースをオーダーしました。





前菜
天七2


食前酒の梅酒(中央)も一緒にやってきます。
金粉が浮いてます~

私がオーダーしたドリンク(右側)も、梅酒です~。
しかも、食前酒と同じ種類





アップ
天七3


もろきゅうなんて、何年ぶりだろ・・・。





えびの脚
天七4


天ぷら1品目は、やはりコチラですね。
カリッと香ばしく揚がっていて、この後が楽しみになりまーす



こちらのお店の油は、胡麻油100%だそうです。
もちろん、上質なものを使ってるんだと思います~。

香りが豊かで、サクッと軽めに揚がってます。






車えび
天七5


レアに揚がっていて、おいしい





ぎんなん
天七6


ほっくり。





お刺身
天七7


赤身と鯛の2種類です。
フツーにおいしいお刺身。





おさかな
天七8


白鱚だったと思います。(確か・・・)
すっごくフワフワに仕上がってます。





なす
天七9


以前、こちらで茄子をいただいた時もそうだったのですが

水分いっぱいでみずみずしく
普段食べてる茄子の天ぷらとは、全然違います

スバラシイです~





牡蠣
天七10


こちらも、ジューシーでおいしくいただきました~

とっても熱々なので、やけど注意だけど





サラダ
天七11





ドコモ茸
天七12


大将がそう言ったんだもーん。
『ドコモ茸です』って。


『へー!本当にあるんだー!!
と、ダンナさまがビックリしたところ

『んなわけないでしょ。』
という、お言葉が返ってきました。



なんてお茶目なお方




本当は、『しめじ』だそうです。

椎茸、もしくはエリンギにしか見えないけど
超ビッグなしめじ


味は間違いなくしめじ
水分がギュギュってなってるから、おいしーし、歯ごたえも良かったです~。








帆立
天七13


肉厚な貝柱で、半生に仕上がってま~す。





酢の物
天七14


そーだ
こちらでは、お塩が3種類用意されてます。

沖縄のお塩と、緑色の抹茶のお塩、カレーのお塩です。
あとは、天つゆに大根おろしをいっぱい入れて食べる感じ。

私はだいたい、基本のお塩でいただいていました。
シンプル イズ ザ ベスト





???
天七15


なんだったのか、思い出せませーん





甘鯛
天七16


最後の天ぷらだったのですが
うろこがパリパリで、身はふっくらフワフワ

とってもおいしくいただきました~





天丼
天七17


締めは、ダンナさまが天丼を選択。





天茶
天七18


はむたんは、天茶を。





フタを開けると・・・
天七19


最初は、はむたんも天丼が良かったんだけど

一緒じゃつまらないー
って思って、天茶にしてみました。


でも、結果的に天茶おいしかったので
大満足でーす





水菓子
天七20


こんな感じで、天ぷらを満喫してきました~。

外でいただく天ぷらって、本当においしくてシアワセ


なんだか、ランチはお手頃価格だそうなので
それも気になってます

天丼が1,500円、天ぷら六品のコースで3,500円
ステキ

テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
2013_02_05


2012年のクリスマスは、元町・中華街にあるイタリアン
SALONE2007へ行ってきました~

今回は、1年ぶりぐらいに行ったのですが
シェフも含め、スタッフがガラッと変わってて、ビックリしました





メニュー
salone メニュー


ディナーは、この10,000円コース1本勝負で
12月は、こんな感じでした。

サローネはメニューが月替わりで変わります。
・・・考えるの大変そう





テーブルセッティング
salone テーブルセッティング


テーブルにつくだけで
すでに楽しみでふわふわ~としてます~





山形牛のスピエディーノ
salone 山形牛


必ず、1番最初に出てくるお料理。

マッシュポテトを霜降りの山形牛でくるんでるのですが
トリュフオイルの香りが





カッポンマーグロ
salone カッポンマーグロ


『変な名前ー』と、はむたんは思ったのだけど
どこの地方か忘れたけど、郷土料理だそうでーす。





アップで
salone カッポンマーグロ アップ


ムール貝・アサリ・帆立のシーフードと
アスパラなどのお野菜が積み上がってます。


下のピンク色のものは、ビーツのスープですが
そんなに、ビーツビーツしてなくて、おいしかったです~。
黒い点々は、コーヒーパウダーだって。





鮮魚のヴァポーレ
salone ヴァポーレ


こちらも、必ず出てくる1皿。





アップで
salone ヴァポーレ アップ


魚介のおだしと、オレンジオイルの香りがよく合って
このスープ、大好きです~





パン
salone パン


このシンプルなパンが
そのまま食べてもおいしいし、お料理のソースに合わせてもおいしいし~。





トレネッテ カサゴラグー ロマネスキ
salone トレネッテ アップ


1皿目のパスタです~。

平打ちで厚みのあるパスタを
カサゴのブロードとサフランのソースでいただきます。

ソースだけでなく
カサゴの身も入ってますよ~





ホロホロ鳥のロートロ ペーラ エ ゴルゴンゾーラ
salone ホロホロ鳥 アップ


低音調理されたホロホロ鳥はもちろん、おいしいのですが

真ん中にあるのが、ゴルゴンゾーラのジェラートだったり
その上やお皿にある粒々はラベンダーで、香りや食感を楽しんだりと

攻めの一皿になってます~





オマールエビのクッキアイオ
salone オマール海老


今回のクッキアイオは、オマール海老です。





アップ
salone オマール海老 アップ


オマール海老・ポルト酒のゼリー・アーモンドスライス・赤たまねぎ・ローズマリー
などなどの、色々な食材がスプーンの上に載っていて

複雑な味わいになってますが

特にパッションフルーツのあまずっぱい酸味が、爽やかさを演出していて
とぉーってもおいしかったです~






羊のラヴィオリ アッラ ノンニーナ
salone ラヴィオリ アップ


2皿目のパスタです~。
やっぱり、パスタがおいしいと、うれしいですね

2つじゃ少ない・・・
もっと食べたぁい





鹿のアッロスト サルサチョコラータ エ ポルチーニ
salone 鹿


ジビエのシーズン

と、いうことで
メインは鹿さんでーす。





アップ
salone 鹿 アップ


どのお料理もおいしいけど
この鹿を食べて、『今日も、おいしいお食事だったぁ~
って、思いました。


ただ。
こちらのソースが、チョコなんですね。

決して、合わないワケじゃないけど
・・・ソースナシの方が、はむたん好みでした~





タルトゥーフォ ビアンコ
salone ドルチェ


時期が時期なので
お皿の粉砂糖が、雪みたーい





アップ
salone ドルチェ アップ


土台のパネトーネの上に
ホワイトチョコをまとった、バニラのアイスが乗っていて

キャラメリゼされたヘーゼルナッツや
チョコクリーム・ラングドシャなどでデコられてまーす





プティフール
salone 小菓子


以前に比べて、数が少なくなってる・・・





ごちそうさまでした~
salone カフェ


久しぶりに、行きましたが
やっぱりおいしい

ので。
そのうち、また行きまーす
テーマ : イタリアン    ジャンル : グルメ
2013_02_03


01  « 2013_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。