上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


恒例()のネイルから
ネイル







そんなんで
めちゃめちゃ楽しみにしていたカンクン旅行なのですが。







コレが、東日本大震災の1週間後の出発だったんです。
ハイ。



この頃って
予想外にエアが変更したり、運休しちゃったりしてたっぽいのですが
(夏のエアを予約してたSQからも、同じ時期に運休の連絡が来ました)
デルタもそれは例外ではなく。


予約していた羽田-デトロイト間の復路が運休に・・・。
しかも、そのメールが届いたのが、出発まであと34時間ていう夜の8:00。
あくまでも、予約してる人へのメールではなく、スカイマイル会員へのちょっとしたお知らせ的な感じで。



出発まであと1日しかないのに
今更どうしろっつーのさ




DLのホームページで見てみると
代替便となると、LA経由が1番濃厚そうで
さらにどーしても、1泊ステイが必須のようで・・・。

なにかイヤな予感がする

こーゆー場合、運休を決めたエア側の責任だと思うんだけど
悪名高いデルタだしなぁ・・・。




ということで、出発まで30時間を切った真夜中(本来ならとっとと寝たい・・・)に
念のため、LAの空港付近のにどんなホテルがあるのか、見てみます。

これって、出発前々日に旅行者がすること
なんて疑問を思いつつも・・・。




ココまでは、まぁ仕方ないとして
翌日、有給消化中のダンナさまにデルタへTELしてもらったのですが。


イヤな予感が見事に的中




まぁ、いい人で終わりたいダンナさまは、強く言うっていうことができないんです。
それも大きいと思うのですが。

予想通り、復路のCUN-DTW-HND
CUN-LAX-NRTへと変更になり
やっぱりLAXで1泊しないといけないと。



そして
『LAXでの宿泊費は、お客様のご負担になります。』



と、きました。



いい人のダンナさまも、さすがに何度も言ったらしいんだけどダメで。
DLからすれば、イヤならキャンセルすれば?ってことなの






確かに、うちらは

格安航空券のエコノミーしか買えない
しかも上級会員には程遠い、
ただの平会員のビンボー庶民だけどぉ。






それって、あんまりじゃない





マジ超ー頭くるんだけど


TELしたのがはむたんだったら、電話口で超怒ってただろうなぁ・・・。





仕方ないので、出発前日に
LAのホテルで安いの探して、自分で予約しました。

HISで『ウェスティン・エアポートロサンゼルス』が
7,500円と、他と比べてかなり安かったから。





しかもさ。

羽田を早朝出発の便だから。
本当は車で行って、駐車場泊めればいいかな~

って思ってたのに。

往路が羽田で、復路が成田になるから
車で行っちゃったら、帰り困っちゃうから、車で行けないし。




仕方ないから、羽田までタクシー予約しましたよ・・・。
思ったよりは、まだ安かったけど
でも予想外の出費は痛いなぁ






リアルにデルタがキライになった瞬間です

『もう2度と、デルタになんか乗らない
と、この時、心に固く誓ったんです。



もちろん、本気でそう思ったのですが




そのうち、さくっとその誓い破りそうな気がします

・・・プライドないなぁ




でるたきらーい
飛行機

スポンサーサイト
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2012_02_29


気づくと、何ヶ月ぶりかのブログ更新に・・・

えへ。
もう笑うしかないじゃぁん




と。
いうことで。

ほぼ1年前のカンクン旅行記を
ゆっくり書いていこうかなぁと。





ダンナさまが『転職しようと思ってる』と言ったのが
確か2010年の秋頃で。

それから、転職活動を始めて
4~5ヶ月後ぐらいの2月に、無事に内定をもらって



『せっかくだから、3月は有休消化する
というダンナさまの言葉で、それならどこか旅行いっちゃおう


と。
なって。




閑散期の今こそ
オープン当初から気になっていた、カンクンのロイヤルに泊まるしかない

繁忙期のカンクンへのエアってば、高いんだもん






こんな感じで
9年ぶり2回目のカンクン旅行が決まりました







ビーチ側から見た、ロイヤル
外観1





カンクンの『The Royal Cancun』というホテルは
2007年オープンの、オールインクルーシブのホテルです。

9年前にカンクンへ行った時も、ダンナさまとでしたが
まだ結婚してない独身の時でした。

その時はもちろん、ロイヤルは姿形もなく
『リッツ・カールトン』のジュニアスイートに泊まりました。
なんか、ヨーロピアンラグジュアリーだぁ~
なんて思ってみたりして



それに比べると、ロイヤルは少しカジュアルっぽさは残りますが
食事もドリンク(もちろんアルコールも)も込みのオールインクルーシブ、
全室オーシャンビューで、16歳以上限定の白亜のリゾートとなれば


超いいとこどりなホテルじゃないですか


『次にカンクン行くなら、ココ泊まるしかない』
って、オープン当初から思ってたので。







春分の日に絡めて、4泊6日の日程で決めます。

と。
ふと気づいてしまいました。




蛇が降りてくる日だ




チチェンイッツァ遺跡のピラミッドは有名だと思いますが
年に2回、『ククルカン降臨現象』が起こるんです。
それが、日本でいうところの、春分の日と秋分の日なんです。



前回、カンクンへ行った時にピラミッド登って
『いつか、降臨現象みたいなぁ~』
なんてことを思ったんです。



ハイ。
確かに当時、そう思いましたとも。

今も見たいと思うのも事実ですが。







4泊6日で短いし、2回目のカンクンだから
降臨よりも、ホテル内でのんびりしてたいなぁ~

と、なまけもの的なことを思い。





降臨現象はあきらめました。

年に2回しかない日なのにねぇ





ちょうど、デルタで『羽田発の便なら、ダブルマイルあげるよ~』
っていうキャンペーンもやってたので

羽田発、デトロイト経由のカンクン行きを
『オールウェイズ』というところで、購入。(約98,000円/人)

ホテルは、もちろん『ロイヤル』で決まり。
ロイヤル・コーナースイートのお部屋を
ウォータースポーツカンクン』というところを通して、予約($2,150/room 4泊)



なので、1人あたりの旅行代金は
4泊6日で、約190,000円です。


ちょうど、出発の1ヶ月前に手配しました。
もう少し早く動ければ、ホテルはもうちょっと安くなったかも・・・

それでも
ツアーよりも、個人手配の方が全然安くおさまってるハズです





お部屋のバルコニーからの景色
バルコニーから





こんな感じで
何もしないカンクン旅行が決まりました


この後、思わぬトラブルで
ちょっと出費が増えるのですが

それは続きで・・・。






そーいえば。

9年前にカンクン旅行から戻って
ダンナさま(当時は彼氏ですが)は、確かに言いました。




『こんなに長時間飛行機のるぐらいなら、もうカンクンなんて行きたくない
と。




やっぱり、月日がたつと、人間コロッと変わるんですねぇ。

言った張本人は
『そんなコト言ったっけ

と、あの『リピはない』発言は、こってり記憶にないみたいです。





むしろ、今は
『カンクンならいつでも行きたい』とか言ってるし(笑)
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2012_02_29


朝食の始まりは、ジュースから
朝食 ジュース


湯河原の青みかんジュースです。

寝覚めの1杯ということで
シークヮーサーに似た、爽やかな酸味が




まずはお膳が
朝食1


それぞれの中身は・・・




こんな感じです。
朝食2


右手前のものは、大根なのですが
お出汁がいい感じで、思わず飲んでしまいました。

上にのってるのは、あわびです。
これも、おいしくて


後は、見たとおり
サラダと、香の物と。




炭火
朝食 炭火


コレで焼くのはもちろん




はむたんの金目鯛
朝食 魚1


干物です




ダンナさまのかます
朝食 魚2


あともう1つの選択肢は、鯵でした。




ごはんセット
朝食 ごはん


ごはんは、もちろんおひつで来ますよ
お味噌汁は、しじみ汁でした。

奥の黒い小箱の中は




小鉢たちが
朝食 小鉢


左上から時計回りに

くるみ・塩辛・しらす・わさび漬け・海苔のつくだに・こんにゃく味噌

です。




食後のフルーツ
朝食 フルーツ


昨日の夕食は、食後はお茶でしたが
朝食の場合、コーヒー・紅茶・リラクゼーションティ(ハーブティ)の選択肢があるようです。

朝はコーヒーっていう人、多そうですもんね




カフェ
朝食 カフェ


私は、リラクゼーションティを。

『セントジョーズワート』という
爽やかな香りで、ちょっと酸味が強いものです。

だから、はちみつがおすすめなんですね。




イスに座って
朝食 カフェ2


せっかくなので、畳を離れて、いただきます。




外を見ながら・・・
朝の光


ココ、秀邑は、心からリラックスできるお宿だと思います。

お値段もハンパないけど
居心地の良さも、ハンパないです。



ただ、現実問題として、こちらへ泊まるお金があれば、海外へいってしまうと思いますので
リピは・・・難しいです。
どーしたって、高いもん




気持ち的なところで言えば
また行きたいのは、間違いないです。









思わぬアップグレードで、非日常の世界を味わうことができました。
仲居さんの、つかず離れずな感じも、心地よくて。

もちとん、帰る時は
見えなくなるまで、ずっと手を振ってくださいました。









リピしたいけど、厳しいので
もう少し、手の届くところで、どこか探してみようかな~。

また、どこかのんびりできる温泉旅館に行きたいので

どー探しても、手の届く範囲じゃ
秀邑にはかなわないんだろうけど









本当にステキなお宿でした。
ほむら






・・・とりあえず。
ようやく秀邑終えられたぞ
テーマ : 露天風呂付き客室のある宿    ジャンル : 旅行
2012_02_06


01  « 2012_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。