FC2ブログ



朝、新聞がお部屋に届くのですが
1面(でいいのかな?)に、砂嵐の写真と記事が出てました

もちろん、アラビア語は分かりませんが、写真を見る限りは
場所によっては、結構ヒドかったようです。

今日もまだ、空気がくすんでる感はありますが
昨日よりいいです




今日は、夕方からデザートサファリです
クルーズと違って、コレはさすがに中止はないハズ(苦笑)




まずは、朝ごはんです。
朝食は、2ヶ所のレストランから選べます。

プールサイドにある『Khaymat Al Bahar』と
ロビーの下の階にある『Arboretum』です。





この日はお散歩がてら、プールサイドの方へ行ってみました。



お散歩中
クリークから


アル・カスルです。
外観から高級感出てますよ~。



レストランへ着くと、人がほとんどいなくて、イイ感じでした

まさか、自分でブログをやるとは思ってもいなかったので
相変わらずの写真ナシです

でも、満足度の高い朝食だったのは、間違いないです
種類も多いし、おいしいし


ここぞとばかりに、いっぱい食べました
苦しくなる1歩手前で、何とかとめました~(苦笑)




食後は、同じ敷地内の
『スーク・マディナ・ジュメイラ』へ行きます。

マディナ・ジュメイラ内の3つのホテル宿泊者は
クリーク(運河)の上を行き来するアブラ(船)に乗って移動することができます。

反対に言えば、宿泊者でなければ、アブラには乗れません


ってことで、アブラで移動します




偶然にも、乗るのは私たちだけだったので
1周してくれました。



アブラからの風景
クリークから2


いいですね~
リゾートへ来たって感じがします。

昨日は、空が真っ白だったんですけど
この日は、雲が見えるので、きっと天気も回復してきてるんですね。



船頭()さんと一緒に。
アブラ


この方、フォトグラファーだそうです。
IDもあるよって、見せてくれました。

本当かどうかは知りません。
IDも紙だったから、自分で作れちゃうだろうし(苦笑)


『写真とってあげるよ~』


って、私たちの写真、いっぱい撮ってくれました。
ポーズも指定で(笑)




アブラ2


なんだか、ディズニーのアトラクションにでも乗ってる気分です



ダル・アル・マシャフ
アブラ3


ヴィラタイプのホテルです。
といっても、1棟1室ではなく、10室前後入ってるそうです。

マディナ・ジュメイラ内のホテルで
1番高いホテルです。

王族の夏の別荘をイメージしてるそうです。



アル・カスル
アブラ4



スークのアブラ乗り場
アブラ5


スークへ着きました
1周してもらったので、お礼のチップも忘れずに



スーク内には、色々なショップやレストランがいっぱい入ってます。

ブランド物はないですが
雑貨屋さんとか、アラビアンチックでかわいいのがいっぱいなので

おみやげとか選ぶのに、いいと思います



スーク内をお散歩中
スーク


この時は何も買いませんでしたが
フラフラしてるだけでも、楽しめると思います。



この当時、まだ日本未上陸の『Patchi』も、もちろんスーク内にあります
レバノン発のチョコレートブランドです。

おいしいと評判で、Arabian GODIVA とも言われているそうです。

とりあえず試食だけして、買うのは最後にとっておきます



そういえば。

今年のバレンタインの時、高島屋の催事場にPatchiいました
この時が日本初上陸だそうです



屋外スペース
スーク2


バージュ・アル・アラブと
ミナ・アッサラーム(マディナ・ジュメイラ内の1番お手頃・・・とは言っても高級ホテル)です。



マディナ・ジュメイラの模型
スーク3


ミナ・アッサラームへ向かう道の途中だったと思います。
マディナ・ジュメイラの模型がありました

分かりづらいですが、中央にいる大きめの建物が、アル・カスルです。
その周りにある小さい建物たちが、ダル・アル・マシャフです。
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_08_05


07  « 2010_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top