アル・サラブ・ルーフトップラウンジ(Al Sarab Rooftop Lounge)へ、行きました。

オープンエアで、とっても広いので
開放感があって良い雰囲気です



いただきま~す
ルーフトップバー


フード系もけっこうあったと思います。
私たちは、カラマリとかのおつまみ系を頼みました。


目の前で、生演奏ライブをやっていました。

客の絶対数は少なかったのですが
お隣に座っていた外国人の方々がかなりノッていたので

なかなか盛り上がってました
この一画だけ(笑)



店内の様子
ルーフトップバ2


わかりづらッ

完全にオープンエアなので
照明が少ないんです。

でもその分、雰囲気はいいですよ



コーナーのソファ席に案内してもらったので
とっても居心地良かったです

ただ、夜になると風が強くなって
本当に寒くって

壁や天井があるワケじゃないので、ふきっさらしだし
砂漠なので、夜冷えるのは当たり前なのですが



この風のせいで、明日のはむこたんの予定が・・・



アル・ハディーラへ行けなくて残念そうなダンナ様も
このバーは気に入ったみたいで、途中からごきげんが直りました

よかった・・・

長居してみたものの、寒さに耐えられなくなり
お散歩しながら、お部屋へ戻ります。



ベッドメイキング
ハネムーナー特典1


ハネムーン仕様だと思われます。
もちろん、なんちゃってですが



ハネムーン特典
ハネムーンケーキ


ケーキがおいてありました
チョコレートケーキです

見た目は良いのですが、中東のケーキってどうなんだろう
と、思いましたが

意外()にも、おいしかったです~



フラワーバス&キャンドル
ハネムーナー特典2


コレもハネムーン特典と思われます。

バスタブにキャンドル、いいですね
火事になると困るので、家じゃ絶対にしないですけど。
スポンサーサイト
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_31


サッカー残念です。
ホームで分けました。


試合内容までは覚えてないのですが

こんななら、プールサイドでのんびりしてた方が
気分もスッキリしたのに~ッ

と、思ったのは確かです





夕方から、ラクダ乗りとファルコンショーがあるので、行ってみます。



ラクダ乗り
ラクダ 1


本当に、数メートル歩くぐらいなので
記念写真にってところでしょうか。

でも、思ってた以上にラクダは高さがあって
びっくりしました


で、ラクダさんですが
乗降時は前足を曲げるので、結構かたむくんですよ。



こんな感じで。
ラクダ 2


そのまま滑り落ちるんじゃないかって感じで
ちょっとコワイです

ラクダですが
まつげが長くて、おめめがつぶらで、とってもカワイイです



鷹とお兄さん
ファルコン



大空を飛んでます。
ファルコン2


せっかくの砂漠なので、砂をお持ち帰りしちゃいます
空のミネラルウォーターのボトルにたっぷり

で、本当は、日本に帰ったら小分けにして配ろう
と思ったのですが、

そーゆーリクエストもあったし

でも1年経った今も
砂は結局、ペットボトルに入ったままです・・・


なまけもの~





この後は、カクテルパーティーみたいなのをやってるそうなので、
行ってみます。

建物の屋上みたいなところで、人も結構集まってます。


まだ、明るいです。
ウェルカムパーティ1


おつまみ系や、アルコール、ソフトドリンクをいただきました。

もちろん、このプロモーションの目的は
サービスで飲み物と食べ物の提供を・・・ではなく

スタッフ・ゲストで交流を図ろうというものなので
スタッフの方がみんな、声をかけにきてくれます。


でも、ゴメンなさい。
英語しゃべれないので、会話が続かないんです~

こーゆー時、英語話せるといいなぁって本当に思います。

思うだけで、何もしないからダメなんですけどね



それでも、1時間くらいかな
ゆっくり満喫させていただきました。



もう暗くなってきたので
本来なら、アル・ハディーラ(Al Hadheerah)でディナーといきたいところですが

全くお腹がすいてません


よく考えたら、昨日の夜から機内食も含めたら
いっぱい食べてるから、当たり前なんですが・・・。


前もって予約しちゃったので
レストランまでキャンセルに行きます。



夜の砂漠
夜の砂漠


ライトアップされてて、イイ感じです



アル・ハディーラ
アルハディーラ


キャンセルを申し出ると
スタッフの方も残念そうです。

『せっかくだし、中、見てみれば?』

お言葉に甘えて、ちょっと中へ入らせてもらいました。


シーフードのコーナーとか、やっぱり気にはなりますが
ビュッフェっていう気分じゃないので、やっぱりお店を後にします。



アル・ハディーラは、アラビアン料理をビュッフェ形式で提供していて
ベリーダンスや生演奏なんかも楽しめます。

このレストランのためだけに来るお客様もいるようで
人気のレストランです。


行ってみたかったレストランではあるのですが(特に、ダンナ様が)
そんなに食べられないのに、1人Dh295(8,300円くらい)はちょっと・・・

ということで、あきらめました



夜のプール
夜のプール


ライトアップされてて、夜のプールも雰囲気あります

どこへ行こうか考えましたが
軽くつまめるようなものがいいってコトで

アル・サラブというルーフトップバーへ行くことにします

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_30


しばらく、プールでのんびりします。



砂漠
砂


プールサイドをちょっと行くと
こんな道が続いてます。

この先には、アル・ハディーラというレストランがあります。



デッキチェアから写真を
プールサイドから


だんだん、お昼も近くなり
お腹が空いてきました。

プールサイドで頼もうかとも考えましたが
すぐそばのレストランへ行ってみることにしました



アル・フォッサン(Al Forsan)
アルフォッサン


こちらでのランチは、ビュッフェだそうで

『そこまで食べる気分じゃな~い』
とは思いましたが、

1度入ったのを出るのは気が引けるので、ここにします。


個人的には、あまりビュッフェって興味はないのですが
ここのはスゴかったです

かなり種類が豊富で、味も美味しかったです

写真を残していないのが、本当に残念です


お肉などを焼いてくれるカウンターに
まだ見習いのシェフって感じの人がいたのですが

日本のマンガが大好き
ということで

笑顔で、色々と話しかけてくれました。
お料理に関しても、アレがおすすめだよ~とか。



かなりステキなランチでした

でも、色々なものがあるので、目移りしちゃって
デザートもいっぱい種類があって、かなり欲張っちゃって

食べ終わる頃には、かなりの満腹感です


夜、アル・ハディーラへ行く予定なのですが
こんなにお腹いっぱいで、行けるのかな・・・



食事場所ですが。

アウトサイドも選べますが
かなりハエが寄ってきますので
インサイドの方が良いかと・・・。



食後に写真を1枚
ブランコ1


レストランを出てすぐのところに
こんなブランコがありました

ランチ前と比べると、風が出てきました。
後から考えると、コレが前兆だったのかな~。



本当はプールサイドでくつろぎたいところですが

『リアルタイムでサッカー見るんだ

と隣で騒ぐ人がいるので、お部屋へ戻ります。



普段から、代表戦は見てますが
ドバイまで来て、しかもリゾート満喫中なのに・・・

と心の中で思いますが、口にはしないでおきます。



ウェルカムフルーツ
ウェルカムグッズ


お部屋へ戻ると、ウェルカムフルーツがおいてありました

ぶどうがあるなんて、うれしすぎます
しかもこんなにいっぱい

ダンナ様は、フルーツはあまり食べないので
はむこたん独り占めです



ウェルカムデーツ&チョコ
デーツ&チョコ


パッケージかわいすぎっ


デーツは、アラブならではのお菓子で
バティール(Bateel)というところのが有名です。

ナツメヤシの実なのですが
ドライフルーツがあまり好きじゃないので、どうかな?と食べてみると

かなり甘いですが、意外にイケます


チョコは、確かPatchiのだったと思います。
ダンナ様に全部食べられちゃいました
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_29


この後は、お散歩へ出かけたダンナ様が
撮った写真たちです。



エントランス
エントランス



エントランス付近
エントランス2



たぶんエントランス付近
798.jpg


もちろん、敷地内です。
周りは砂漠が広がってます。

そういえば、このホテルのお隣は
ドッグレース場だそうです



ゲート・・・かな
エントランス3


なんだか、ちょっと砦みたいです~。



建物
建物


コレ、どこ



ロビーバー
ロビーラウンジ


大きなランプがあります
アラビア~ンな感じです。



廊下
廊下


このホテルは、照明がカッコイイです



絵になるスペース
外観1


池と、その前にソファが置いてあって
いい感じのスペースです



別の角度から
外観2


どの空間も絵になっちゃうので
気付くと、いっぱい写真撮っちゃいます。



ホテル内のどこか
外観3


結構、迷子になれる感じのホテルです(笑)

でも、時間もゆっくり流れてるので
あえて迷い込みたくなっちゃいます。
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_28


楽しみにしていたプールです



こんな感じです。
プール1


超~ステキ



もう1枚
プール2


絵になるプールです~
大人のためのリゾートって感じですね



デッキチェア
1823.jpg


パラソルもデッキチェアもい~っぱいあります。
場所取りとは無縁の世界ですね



ちょっと上から
プール3


これは、あくまでも
プールの1部分です。

けっこう広いんですよ~。

しかも、プールの向こうには、砂漠が広がってるんです


日本人からすると、不思議な光景です




この時期のドバイは、冬にあたります。
昼間は暑くなりますが、プールにはちょうど良い感じです



砂漠の近くに寄ってみました。
プール4


目の前がキレイな海っていうのもいいんですけど
砂漠も不思議な感じでいいです

リゾート気分を味わえます



大きなチェス盤
チェス


私がチェスが得意なら、絶対遊んでるんですけど・・・。



プールサイド
プールサイド


ちょっと要塞みたいで
でも、おしゃれで雰囲気があって

絵になります



こっちも
プールサイド2


このホテル、どこをとっても
絵になります

私がプールサイドでのんびりしている間に
ダンナ様はカメラを持って、お散歩へ出かけました


テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_27


空港から、タクシーでバブ・アル・シャムスへ向かいます。

タクシーの運転手でも、場所が分からない人が多いと聞いていたので
ホームページから、地図(といっても簡素なものですが)を持って行きました。



タクシースタンドへ行くと、ラッキーなことに
その場にいた運転手さんが、行ったことがあるから分かるよ~

ってことで、乗り込みます。
女性の運転手で、ピンクタクシーでした




朝の6:00ぐらいで、まだまだ暗いのですが
車がいっぱい走ってます

ドバイは、みんな飛ばします
このドライバーの方は、100km/hぐらいでした。


途中、外国人労働者の方が乗っている
超きったないボロボロのぎゅうぎゅう詰めのバスを何台も見ました

朝早いし、
やっすい賃金でこき使われるし、お疲れなんでしょうか。

みんなぐったりしてるのが、窓越しにも分かりました。





このドライバーの方ですが、1度、高速の分岐を間違えたらしいんですね。
で、すぐ気付いたらしく

『地図貸して~』って。

で、確認したら、やっぱり間違ってたらしく



そのままバックし始めたんです



って、ココ高速だし、
分岐だから、カーブかかってるんですよ


 

私もダンナ様も、ドライバーの方以上に、後方の確認をしました。
命がけのドライブみたいな・・・。

『今、車来たら、うちらヤバいよねぇ』って、笑うしかできません




運良く、車が来なかったからいいものの
スピード出した車が来てたら・・・




普通に、もしも日本で高速走ってて
前からバックで車が迫ってきたら・・・

はっきり言って、私、よける自信ないですよ





途中から周りの風景が、何もない砂漠になっていきました。

私の中で、砂漠って言ったら
ゴールド色の細かい粒子・・・みたいなイメージなんですが

この辺りは、全然違います。


砂の色も、けっこう薄いし
何よりも、丸~い草のかたまりが、いっぱい生えてます。


砂漠にも、色々あるんですねぇ。





1時間くらい、走ったのかなぁ。
ホテルへ到着しました

無事に着いてよかった~(笑)

タクシー代もDh160ぐらいだったと思います。
走った割に、全然安いですよ~(日本円で4,600円くらい)


フロント
フロント


思った以上に、こじんまりなフロントで
ちょっとビックリしました。


それ以上に
ホテルスタッフのまきまき英語にビックリです

早口だし・・・


どう考えても、まだチェックイン時間には程遠いのですが
もう、お部屋へ案内してくれるそうです



ベッドから窓側の方を
部屋1


壁の質感とか、このホテルによく合ってます
シンプルなんですけど、砂漠のホテルっていう雰囲気が出ていていい感じ



今度は、反対の方を
部屋2


ちなみに、1番下のランクのお部屋です。
広くはないです。

でも、充分ですね

ちょっと照明が暗めかなぁ。



正面のTVを
部屋3


この日は、ワールドカップ最終予選の
日本-オーストラリアの試合がある日で

『絶対リアルタイムで見る
と、ダンナ様は意気込んでます。



ソファのあたり
部屋5


アラビアンな感じのソファです。
壁についてる照明も、ステキなんです


ベッド
部屋6


うちも、ベッドの上にこーゆーのかけたいんです。
でも、地震とかで頭の上落ちたら・・・って、ちょっと心配で(苦笑)



バスタブ
バスルーム1


質感が、やっぱりそれっぽいです

写真だと分かりづらいですが
結構、大きいです



バスルーム全体
バスルーム2


全然、全体像になってないのですが・・・

奥がトイレになっていて

向かって右側が洗面台、
左側がバスタブです。



洗面台
バスルーム3



雰囲気のあるお部屋で、大満足です

この後は
軽くシャワーを浴びて、プールへ行きます
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_26


ドバイへ行くなら、絶対に2月って決めてました。

なぜなら
ドバイのベストシーズンで、セール時期だから




下手な時期(夏)に行こうとすると、かなりの酷暑なんです・・・。

価格も安くはなりますが
湿度100%、気温50度とか言われた日には・・・



絶対、外に出たくない




ベストシーズンは、暑さも和らぐ11月~4月ぐらいだそうです。

その中でも、毎年1~2月の時期は
ドバイ・ショッピング・フェスティバル(DSF)というセールが開催されます


さすがに、1月はお休みがとりづらいので
それなら2月にって感じです。

2~3月は、砂嵐が発生するという点が、ちょっと気になりますが
行くならやっぱり、セール時期に行かないと





あまり、長いお休みがもらえないので
午前中仕事してから、成田を夜発の便で出発です


本当はキャセイであれば、午前中に成田を出て
その日のうちにドバイへ到着することが可能です。

飛行機自体はエミレーツの方が良いと思いますが
当日中にドバイへ着けるのは、大きなメリットだと思いますので

お休みが長めにもらえる方なら
キャセイを考えてみても、いいのかも





18:20発のCX505で、成田を後にします
この機材は、新しいようで、エコノミーでもシェル型です。


前のシートが倒れてこないので

『膝がつっかえない

と、ダンナ様は、うれしそうでした。


・・・。
そんなに、足は長くないハズなのですが、一応つっかえるらしいです



機内食です
機内食1


お魚です。



お肉の機内食
機内食2


この10ヶ月後に同じ路線に乗ったら、
機内食がヒドイことになってました


↓同じ年の12月の、成田→香港線の機内食
機内食チキン


なんだか、とってもシンプルです。

おそばはなくなるし、
フルーツはうれしいけど、サラダないし、
つけあわせもない


その分、かさばる炭水化物でお腹ふくらませとけッみたいな。

シビアに経費削減を感じますね~。




で、キャセイで本当にビックリしたのが。

成田発なので、ほとんど日本人かと思いきや
半数は、中国系・インド系っぽい感じでした。


ある意味、海外を感じられる雰囲気でしたが

・・・なんででしょう

ちっともうれしくない(笑)







ドバイへは、香港で乗り継ぎです。

香港到着後、免税店を一通り見てからゲートへ行くと



日本人がいない


実際に、香港-ドバイ間は
往路も復路も、日本人は私たちだけだったと思われます。

時間があったので、様子を観察してたのですが
本当に、中国系・インド系ばっかり・・・


やっぱり、安いエアってこうなっちゃうのかなぁ
完全アウェーです



CX745で、香港を23:55発なのですが、
機内食でてきました


メニュー
機内食5


ちょっとブレてます



チキン
機内食3


キライなポテトサラダ以外は、全部食べました。
夜中に食べたら、太っちゃう・・・



ビーフ
機内食4


普段は、機内食でもあまりマズイとは言わないんですけど

ダンナ様のをちょっともらったら・・・これは、マズかった





お腹もいっぱいなので、睡眠をはかります


私は、うるさくても気にせず眠れちゃいますが
ダンナ様はダメなんです


で、周りを中国人に固められ
みなさんず~っとおしゃべりされてたそうで


ダンナ様が珍しく、イラッとしてました




ドバイ着予定は5:00頃です。
なので、その前に朝食BOXが配られます。



こんな感じ
機内食6


・・・ホットミールがいいなぁ






と、ちっともうれしくない、このアウェー感の中
定刻より早くドバイへ到着しました


ドバイの空港は、広くてキレイでスゴイ
と聞いてましたが

それはきっと、エミレーツ専用のターミナル3のお話なんですね。


ターミナル1でしたが
特に、コレと言ったことはありませんでした。




空港で忘れてはいけないのが
両替とビールの購入です。


私の感覚でいうと、空港より街中のショッピングモールの方が
レートが良いと思って、小額しか両替しませんでしたが

空港の方が、レートが良かったです



おまけに、事前のクチコミでは
ドルを持ってくより、円をそのまま持ってった方が良い

というコトで、ドルを持っていかなかったのですが


・・・。
円はあまりにも弱すぎでした

ドル安の時でしたが、それでも
ドルと円では、1割ほど違ってました


そうと分かってれば、ドル持ってったのに~~~
両替の1割は、大きいですよ




ビールですが、ドバイはイスラム圏なので
旅行者が街中で買うのは、簡単にはいかないようです。

なので、空港で調達しておきます。


あっ!
もちろん、ホテルのレストランやバーでは、ちゃんと飲めますよ~

でも、ミニバーよりも空港の方が、全然安いから



空港内の時計
時計


全部ROLEXでした。


この後は、タクシーでホテルへ向かいます。
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_25


ドバイには、ステキなホテルがいっぱいあるけど
個人的に前から気になってるのが

バブ アル シャムス(JUMEIRAH BAB AL SHAMS DESERT RESORT&SPA)と、
アル カスル(AL QASR)

の2つ。





『バブ アル シャムス』は、砂漠にあるホテルで
ちょっと要塞チックな、とっても雰囲気があります

そして、もう1つの『アル カスル』は、
マディナ・ジュメイラという、リゾート複合施設の中のホテルの1つで、ゴージャスです

どちらも、ジュメイラグループのホテルで
人気があるホテルです






エアはキャセイで、その2つのホテルに泊まるプラン

っていうのがなかったので
アル・カスル6日間をアレンジします。



バブ・アル1泊、アル・カスル3泊の4泊7日で、約25万円。

どーしても、アレンジ加えちゃうと
追加代金が高~くついちゃうんですよね


それでも、他の旅行会社より安いから
仕方ないのかなぁ・・・






でもやっぱり納得がいかな~い






何気なくエアやホテルを調べてると
どうやら、個人手配の方が全然安くすみそう

なので、ツアーをキャンセルして、個人手配に変えます。



エアはその時で最安値だった、RAJトラベルというところで
そして、ホテルは地球の歩き方で予約しました。

アル・カスルが予約できなかったので
同じマディナ・ジュメイラ内の1ランク上のホテルにします。




エアは同じくCXで、サーチャージ等込みで、98,200円。

ホテルは、1部屋1泊あたり
バブ・アルが48,000円、ダル・アル・マシャフが58,800円。



なので、1人あたりの旅行代金は、約21万です。

ホテルのグレード上がったのに、
1人あたり4万円も安く済んじゃいました~






と、喜んだのも束の間
今度は、旅webの方が、更に安いことを発見しちゃいました。

元々行きたかった、アル・カスルで、1部屋1泊あたり、50,800円です。

どうしようか考えましたが
現地でお金も飛ぶだろうと考え、鞍替えしました。






コレで完璧かと思われたのですが
さらに安いところを発見

SouthTravelsという、ドバイの旅行会社のサイトです。



大丈夫なところなのか、クチコミを調べますが
不安なものが出てきます。


オプショナルツアーで利用したけど、
時間になっても、お迎えが来なくて、返金もないとか・・・

ホテル予約で利用したけど、
旅行間近になって、他のホテルへ変更してくれってメールが来たとか・・・
しかも、グレード下がるみたいな・・・


キャンセルがきかなくなる時期ですし、若干の不安はありましたが、
プラス思考()に考えて、ココで予約をしました。




不安をぬぐうのも兼ねて(
ホテルへ直接、ハネムーンのリクエストもかけておきました。

なんちゃってハネムーンなのですが・・・
これで何回目のハネムーンになるんだっけ・・・

それはともかく、
ホテルからちゃんとお返事が来たので、一安心です





1部屋1泊あたり、バブ・アルが$378(34,500円)
アル・カスルが$502(45,820円)

なので、1人あたりの旅行代金は、約184,000円です

ツアーじゃないので、移動のタクシー代を含めても
190,000円以内で収まるハズです。




頑張った甲斐があって、
当初の予定より1人6万円、2人で12万円も安くなりました




この差額は、めちゃくちゃ大きいです
もう1回、どこか旅行いけちゃいますよ~


って、元のツアー代金が高いだけかもしれませんが




ジュメイラグループは、ホームページから直接予約が1番安い
っていうお話もありますが

この時は、SouthTravelsの方が、安かったです。







あとは、オプショナルツアーですが
HORMUZ TOURISMという、やっぱりドバイの旅行会社へ、メールで予約をしました

デザートサファリが、Dh165/1人(4,800円)
バトー・ドバイが、Dh365/1人(10,600円)です。



せっかく、ドバイへ行くのなら
砂漠を四駆で駆け抜けるデザートサファリ

フレンチのコース料理がサーブされる
バトー船でのディナークルーズは、ハズせません



こんな感じで、手配を進めました。
やっぱり、ツアーより個人手配の方がいいですね





イマイチ、まとまりのない文章で
自分の文才のなさを反省しつつ


2009年2月10日~16日の、4泊7日のドバイ旅行記のはじまりです。
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_24


去年(2009年)の2月に、ドバイへ行ってきました

10年以上前から、ずうぅ~~~~~~~~~っと行ってみたくて
でも、まだもうちょっと・・・と後伸ばしにしていた、ドバイへようやくです


ハネムーンの時にも悩んだのですが



でも、結局ハネムーンなら水上コテージ
ってことで、モルディブになり

なんだかんだ言って、ズルズルそのままになって・・・

ダンナ様が見たがっていた、バージュ・ドバイも未完成のままでしたが
もうコレ以上待ちきれなくなって、GOって感じです。



ホテルは、バージュ・アル・アラブはムリなので
(我が家の財政事情はキビシイんです

オープン当初から気になっていた、アル・カスルと
やっぱり砂漠は外せません、バブ・アル・シャムスです。


エアは、普通ならエミレーツ・・・
となるところだと思いますが、

マイルを貯めたいし、安いし
ってコトで、キャセイです。



キャセイは、何度か乗っていて、それまではイメージ良かったんですけど
1度、ビジネスにインボラアップしてくれたし(笑)

久しぶりに利用すると
なんかイマイチでした

今後は、あまり乗りたくないなぁ




当初は、ツアーで行こうと思い、1度は予約をしたのですが
調べていくと、個人手配の方が安かったので

今回の旅行は、個人旅行です




ちょうど予約をした後に、ドバイのバブル崩壊とかで

TVでこれでもかッ

っていうくらい、マイナス面を強調していましたが。
有名キャスターの方みなさんそろって(苦笑)



まぁ、予想通り
実際に行ってみると、旅行者にとっては何も問題ないです

2月はベストシーズンと言われている時期で
欧米の方もいっぱい、リゾートを満喫されていました。



メディアってコワ~イ・・・




結論から言うと、かなりの消化不良な旅行でした

7日間じゃ、日程が短すぎて
せっかくのリゾート気分を味わえずに終わっちゃったんです

せっかく、ステキなホテルに泊まってたのに・・・




ということで、リベンジを誓います
次は絶対に、リゾート満喫するんだから

いつ行けるのかは、知りませんが



で、次から旅行記の始まり・・・
と言いたいところですが、

その前に、手配内容を1度、挟みたいと思います。



ここ数年、一気にメジャーになったドバイですが

昔は、ドバイ行きたいって言っても、な人が多かったんです。
そういえば、モルディブもそうでした。


それでも、情報が思った以上に少ないと感じたので

少しでも、これから行かれる方の
ご参考になればいいのですが・・・。
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_23


みなとみらいのパン・パシフィックホテルの中にある
クイーン・アリス 横浜店へ行ってきました。

何度かお邪魔している、大好きなお店です


何気なく、HPを見てみたら
食べたことのない、おいしそうなメニューがいっぱいだったので

『行きた~い

と、ほぼ勝手に決めました。



メニューです
クイーンアリス メニュー


プリフィクスなので、好きなモノを選びます。
何にしよ~かなぁ

って、私はだいたい決めてきてるけど



メインのメニューです
クイーンアリス メニュー2


砂肝、気になるんです。
砂肝がメインになっちゃうなんて



エシレバター
バター


大好きなエシレバターも
おいしいので、パンもいっぱいおかわり食べちゃいます。

今日は珍しく、カクテルではなく、シャンパンで乾杯です




ソファ席から
クイーンアリス


窓は遠いですが、ゆったり座れるソファ席が
お気に入りです




冷前菜
多彩な食材のファルシーとラム酒のアクセント セザンヌの静物画をモチーフにして
オードブル1


ダンナ様が頼んだものです。

なんだか、とっても長~い名前ですが
横浜美術館の“ポーラ美術館コレクション展”とのタイアップメニューだそうです。




このお皿がテーブルに来た時点ですでに

『私もコレにすれば良かった・・・』

ちょっと後悔しました。



セザンヌの静物画をモチーフにしてるということで
見た目からして、ステキ過ぎます

それだけじゃなく
味もとってもおいしかったです(←ちょっとずつもらいました)




1番下の、グレーっぽいのが、トリュフのゼリーで
お皿に見立ててるそうです。

で、緑色のがパスタで、テーブルクロスって言ってたかな

その上に乗ってるのが

小たまねぎ・・・・・上に雲丹が乗ってます
トマト・・・・・・・・・・中には、えびのカクテルが入ってます
なす・・・・・・・・・・・上には、小さく刻んだチーズとオリーブが
洋梨のコンポート・中には、フォアグラのパテがたっぷり

グラスの中は、パイナップルだそうで、
1番右端のは、確かオリーブで、中にカニが入ってます。


なんだか、とっても豪華なオードブルです

やっぱり、タイアップ企画は
かぶってでも頼むべきだった



マグロの焼き〆 カルパッチョ仕立て
オードブル2


本来は、ワサビが入ってるそうですが
苦手なことを伝えると、ちゃんとワサビ抜きでつくっていただきました。

もちろん、コレもおいしかったんです


でも。
あっちを最初に見ちゃったら・・・ね(苦笑)



温前菜
フォアグラのソテー 大根添え
オードブル3


コレはやっぱり、外せません
2人とも、かぶっても絶対に頼みます。

ちょっと他のを頼んで冒険してみようか・・・
なんて思ってみても

思うだけ~。


やっぱりおいしいんです

残ったソースも、パンに付けてキレイに食べちゃいます。



とうもろこしの冷製ポタージュ
スープ1


ダンナ様が頼んだものです。

とうもろこしがの味が濃い~です。
とっても甘くて濃厚で、おいし~


最初、私が頼もうと思ったのですが

ダンナ様に
『平たく言ったら、ただのコーンポタージュだよ』

と言われ


『あ。そっか~。』
と素直に変えたのですが・・・


なんで、そう言ったダンナ様が頼んでるんだろう


こっちのスープのが、私の好みだった。



そばの実入り 鶏と三つ葉のスープ
スープ2


私が頼んだスープです。



お魚料理
黒鯛のコンフィ ミルフィーユ仕立て じゃがいものコルネを添えて
魚1


ダンナ様が頼んだものです。

ソースがおいしい
私、好きな味です。

ダンナ様は、今回はほとんど
食べたことのないもの選んでます。


“変わった美味しさがあって良い

だそうです。



オマール海老のフリカッセ(+1,050円)
魚2


目の前に来るのと同時に、マイタケの良い香りがします

なんだか本当に、毎回来るたびに頼んでます。


ダンナ様曰く

“変わらない美味しさもある

だそうです。



グラニテ
グラニテ


確か、グレープフルーツだったような・・・。



お肉料理
リ・ド・ヴォーと砂肝のサラダ仕立て ガーリック風味
肉1


ダンナ様が頼んだものですが

本当おいしいッ
リ・ド・ヴォーいいですね


あぁぁぁぁぁぁぁ
私もコレ頼むべきだったぁぁぁぁぁぁぁ


なんだか
片っ端から、人の頼んだものをうらやましがってますが

本当においしいんです~

ずるいッッ
(何がって言われそう)



牛フィレ肉の網焼き ワサビ風味
肉2


ワサビがダメなので、ワサビ抜いてもらいます。
名前のワサビ風味が、意味のないものになりました(笑)

もちろん、おいしくいただきました。


ですけど
やっぱり、隣を見ちゃうと・・・(苦笑)



クレーム・ダンジュ
デザート1


ダンナ様が頼んだものです。

私は、あまりレアチーズ系好きじゃないんですけど
これは酸味が控えめで、おいしい

私がキライなヨーグルトも入ってるらしいけど
味しないし



さくらんぼのジュビレとクラフィティ
デザート2


むしろ、こっちのクラフィティの方が
ヨーグルトの味が強かったです。



コナコーヒーと紅茶で
クイーンアリス2


来たときは、まだ5:30で、外も明るかったけど
さすがに、夜の8:00にもなると、暗くなります。

今回もおいしい食事をいただきました


若干、隣の芝生状態でしたが
もちろん、私が頼んだものも、全部おいしかったです



次は、いつ行けるかなぁ
テーマ : フレンチ    ジャンル : グルメ
2010_07_22


横浜の有名イタリアンと言えばココ
オ プレチェネッラ('O Pulecenella)です。



ダンナ様がずぅ~~~~っと前から行きたがってて
でも、私が行く気がなくて、そのままだったんです。

だって。

トラットリアって言ってるくせに
トラットリア価格じゃないんだもの



で、ずぅ~~~~っとスルーしてたのですが
ある時、ふっとお料理の写真を見て

『やばッ
 超おいしそ~

人間なんて、そんなものですよね。



考えが180°コロッと変わったので
まずは、ランチでということで、ようやく行ってきました。





横浜駅周辺とは言っても
川沿いをけっこう歩きます



土曜日で予約なしだったので
開店の11:30とほぼ同時に、行ってみました。

ダメだったら、予約を受け付けてない
お隣のマシケラへ行こうと思って。

でも、12:50までにはお店を出る
という条件で、入れました




ランチは、AコースとBコースの2種類があります。

前菜・パスタ・コーヒー・デザートのAコースに
メインをプラスしたのがBコースです。

時間制限もあるので(笑)
私たちは、Aコースにしました。



店内の様子
オプレチェネッラ1


開店と同時だったからか、
けっこう空席がありました。

でもそのうち、いっぱいお客様が
入ってきました。



前菜
前菜


見た目からして、キレイです


左から

生クリームのムースに 赤ワインのジュレをのせたもの

モンゴウイカに イカスミをあわせたもの(・・・だったと思います。たぶん

いなだのカルパッチョ

マッシュポテトの上に、鳥胸肉をのせたもの


どれも、おいしかったです~



アオヤギとズッキーニのパスタ
アオヤギ3


パスタは、6種類から選べるようになってます。

自家製生パスタ、ロングの乾麺、生ショートパスタ
それぞれ2種類ずつ、選択肢がありました。

せっかくなので、2人とも生パスタを選びました。

別々のモノを頼むと
あらかじめ、取り分けて持ってきてくれます。



まずは、アオヤギとズッキーニのパスタが来ました。

パスタにアオヤギ使っちゃうんですね~。
おいしかったです



雛鶏とピーマンのソース パッパルデッレ
バッバルデッレ


コレ、おいしい~

ソースがかなり、ピーマン色強いんですけど
本当おいし~

余ったソースも
パンにつけて、キレイに食べちゃいました。



デザート
シュークリーム


シュークリームです。

お皿のくぼみにシュークリームが入ってるのですが
そのくぼみに、うす~くチョコレートが塗ってあります。

おいしかったです~



ということで、大満足のランチでした
もっと早く来ておくんだった(笑)

次回は、ディナーでお邪魔します



ランチは、Aコースが2,100円
Bコースが3,360円です。

テーマ : イタリアン    ジャンル : グルメ
2010_07_21


私の好きなケーキ屋さんの1つが
グラマシーニューヨーク(GRAMERCY NEWYORK)です。

高島屋の中に入っていて
チーズケーキや、季節のフルーツロールが人気の有名店です。



私が好きなのは
“グラマシーニューヨーク”という
店名と同じ名前のショートケーキです

っていうか、基本コレしか食べてない・・・


ふわっふわの、やわらかい生クリームと
キャラメリゼされたナッツが
おいしいんです~



で、ダンナ様がある日
買って帰ってきてくれました。



ケーキです
ケーキ2


中身はなんだろうなぁ


と、箱を開けようとすると
『見たことないのがあったから、買ってみた』

という、ダンナ様の声がします。


ということは、私が好きなのじゃないのね。



こんな感じでした
ケーキ1


ダンナ様の言葉通り
私の好みは、完全無視でした(笑)

あっ、でもショートケーキがあるから
ちょっとは入ってるのかな。



左上から逆時計回りで

コーヒームースの上にコーヒーゼリーとかがのったもの
やっぱりコーヒー系
佐藤錦のショートケーキ
ホワイトチョコのムースで、中からサマーオレンジ?みたいのが。



グラマシーのケーキは、しっかり甘いです。
個人的には、もう少し甘さ控えめとかでも・・・。


佐藤錦のショートケーキ、おいしかったです

でも、ショートケーキはやっぱり
『グラマシーニューヨーク』の方が好き
テーマ : スイーツ    ジャンル : グルメ
2010_07_20


先日、横浜のインターコンチネンタルへ宿泊した時に
ランチへ行ってきました

2Fにある
『アジュール』という、フレンチレストランです。



ホームページで写真を見て
重厚感のあるクラシカルな雰囲気にひかれて
行ってみたくなったんです

ちょうど、
5,000円分の食事券がつく宿泊プランだったしね



前もって、12時で予約していきました。

行った時は、半分くらい空席だったのですが
途中で全て満席になってました


土曜日だったとは言え、大人気なんですね



横浜フランス月間ということで
グラスシャンパンのサービスがありました

銘柄、おっしゃっていたんですけど
よく聞き取れませんでした


まぁ、聞き取れていても
分からないですけどね



ドリンクメニューでは、
グラスシャンパンが、1,980円でした。(高ッ

それと同じものかどうかは分かりませんが
(さすがに違うと思うのですが)
いただきます

辛口でおいしいです~



お酒弱いのに、昨日からよく飲んでます。



店内の写真
アジュール1


HPの写真どおり、雰囲気があります。



テーブルの上のお花
アジュール3


テーブルによって、お花の種類が違いました。



オードブル
蛸のマリネと小海老のミルフィーユ 
アジュール オードブル


見た目もキレイですが、味もおいしいです。
上に乗ってるいくらと一緒に食べると、いい感じ



パン
アジュール パン
 

3種類あります。
フランスパンが1つ行方不明なのは、ダンナ様が食べちゃったから。。。

ゴマのロールパンと、フランスパンと、ライ麦パン
・・・でしたっけ

最後がちょっとあやふやです


途中、グラスで赤ワインなんかも頼んじゃいました
弱いのに、大丈夫なの



スープ
枝豆の冷たいクリームスープ コンソメのジュレと共に
アジュール スープ


冷製スープはよくありますが、
こういった形でサーブされるのは、お初にお目にかかりました

氷で冷やされていて、涼しげなカンジがステキです



お魚
イトヨリのポワレ アヴォカドのピュレとマジョラム風味のトマトドレッシング
アジュール 魚


おいしかったです
このコースの中で、私的には1番好きかも



お肉
仔牛フィレ肉と夏野菜のグリル ローズマリーソース
アジュール 肉


普通においしくいただきました。



デザートは5種類くらいの中から
好きなものを選びます。


エキゾティックフルーツサラダ
アジュール エキゾティックフルーツサラダ


私が頼んだものです。

迷ったんです。
チョコレートタルトと。

でも、ダンナ様がチョコレート好きなので
かぶらないようにフルーツを選択したのですが


・・・。


かぶせてでもチョコレートタルト頼むんだった


フルーツももちろんおいしいんですけど。
マンゴーも入ってたし。

でもやっぱり、はむこたんはケーキが好きだったみたい。



コレがチョコレートタルト
アジュール チョコレートタルト


間違いない
こっちだった・・・。

(私の場合ですよ

チョコタルトの上をベリーが一周してるし
生クリームものってるし。



ちなみに、他の選択肢だと
シャーベット・アイス・ココナッツムースでした。



最後にプティフール
アジュール プティフール



おいしかったです~
雰囲気もあるし



ただ、1点だけ・・・



次のお料理が出てくるまで、ものすごい長くて

特に、食事が終わって、デザートが来るまでなんて
40分も時間がかかってました。

ダンナ様が時間をはかってたらしい・・・。



確かに、満席で忙しかったのかもしれないけど
時間がない時だったら、ちょっと困るかも


まぁ、特に困ってなかったから、ゆっくりしましたが。

ランチなのに、3時間はお店にいました。
(これでもデザート食べたら、すぐ出たんですけどね。)

時間かけながらだったから、酔わずにはすみましたけど。


ちなみに、こちらのコースで、5,775円です。



リピはどうかなぁ
ランチなら、もう1回くらい様子見に行ってもいい・・・のか


同じみなとみらいなら、私は
“クイーンアリス”か、“ル シエール”の方がいいかな。
テーマ : フレンチ    ジャンル : グルメ
2010_07_19


朝起きると、雨は降ってませんでした
でも、まだくもりです



朝ご飯を食べに、ラウンジへ行きます。


いただきま~す
朝食1


種類は多くはないですが、
ラウンジでの朝食って考えたら、充分満足だと思います

特にフルーツが充実していて、うれしかったです



ジュース類
朝食 ビュッフェテーブル1


この牛乳、きんたろう牛乳だそうです。

私は飲んでないのですが、
1番下側の飲み物は、デトックスってなってました



パンたち
朝食 ビュッフェテーブル2


スーパークロワッサン(スーパーがつきます)にロールパン、フランスパン
デニッシュ系3種類に、食パン系3種類

種類豊富です。
トースターもあって、みんな温めて食べていたようです。

ジャムも、自家製っぽくておいしそうでした。
(私は、バター派なので・・・)



オムレツとベーコン
朝食 ビュッフェテーブル3


コンチネンタルと聞いてたので、
卵系があるのは、ちょっとうれしかったです。



サラダとスモークサーモンとハム
朝食 ビュッフェテーブル4


サラダ、いっぱいいただきました
たまには、お野菜もとらないと・・・。



ゆで卵とシリアル系とフルーツ
朝食 ビュッフェテーブル5


フルーツいっぱいです
なくなると、ちゃんと補充もありました。

アメリカンチェリーに、イチゴにパイナップル、
オレンジ、グレープフルーツ、メロン、キウイ

女性には、うれしいですね



コーヒーマシーン
ラウンジ コーヒーマシーン


昨日のカクテルタイムもそうですが、
みなさん結構こちらで、カプチーノ作ってました。

紅茶のティーバッグは、朝食の時は、3種類しかありませんでした・・・
昨日は、木箱に6種類くらいはあったのになぁ



朝食後、ダンナ様がお散歩にいってしまったので、
私はちょっと一眠りしてました



で、ふっと起きたら。


外キレイに晴れてます



オーシャンビューです
お部屋から1


お部屋から見えると、やっぱりうれしいです
昨日、コレを見たかったなぁ・・・



ベイブリッジと鶴見つばさ橋も。
お部屋から2



今回の宿泊プランには、5,000円分の食事券がついていたので
12:00から、アジュールを予約しておきました。

2Fにある、フレンチレストランです。


予想外に時間がかかったのには、ちょっとビックリですが
でも、おいしくいただきました

その内容は、また次の時にUPします。



アンバサダー特典で、チェックアウトは16:00までです。

なので、ランチをしてから
チェックアウトしました。



今回は、クラブルーム宿泊だったので
めいっぱいラウンジを満喫しちゃいました

カクテルタイムが楽しめるのは
やっぱりいいですね
テーマ : 国内ホテル情報    ジャンル : 旅行
2010_07_17


お散歩から戻ると、6時を過ぎていたので、
ラウンジへ行きます

今回、とっても楽しみにしていた、カクテルタイムです

17:00~21:00の間は、
ラウンジでアルコールやちょっとしたオードブルが提供されます。



ラウンジへ行くと、もうすでに、人も結構いました。
にもかかわらず、1番奥のソファ席が空いてたので、ラッキー

ゆったり座って飲めます
ただ、この席はクーラーのすぐ近くで、本当に寒かった・・・


この席、人気のようです。
何組か、ココが空いてるか、見に来た方がいらっしゃいました。



とりあえず、かんぱ~い
カクテルタイム1


ダンナ様は、スパークリングワイン
私は、カシスオレンジです。

オードブル系もいただきます


早々とおかわり
カクテルタイム2


だんだん、盛り付けが雑になっていきます
途中で補充がなくなってしまいましたが、えびさんおいしかった

せっかくなので、ビュッフェテーブルも撮ってきました。


ハム・フルーツ・小鉢系
カクテルタイム ビュッフェテーブル1


フルーツは、オレンジ・グレープフルーツ・パイナップルでした。
小鉢は、えびだったり、まぐろだったり・・・。


チーズ・フランスパン・まぐろのタルタル・オリーブ
カクテルタイム ビュッフェテーブル2


イカ墨のフランスパン、おいしかったです

私的には、まぐろのタルタルが1番おいしかった

周りを見ると、みなさんフランスパンにチーズとか色々なものをのせて
カナッペにして食べてました。


野菜スティック
カクテルタイム ビュッフェテーブル3


野菜に混ざって、グリッシーニもあります。
ディップは、個人的には両端のものが好みでした。



忙しい時間は、食べ物の補充やお皿の片付けが一切なかったです(苦笑)
人も、途中からいっぱいだったから、仕方ないんだろうなぁ・・・。


ダンナ様は、いっぱいお酒が飲めて、とっても満足そうです
私はあまり飲めないのですが、気付くといっぱい食べちゃいました


食べ物の補充は、同じものが出てきたり、
なくなったのか、他のものに変わったりしてました。



ハムがなくなって、出てきたのがコレ
カクテルタイム ビュッフェテーブル追加1


帆立に海老にカニまで入ってて、ちょっと豪華です。
味もおいしかったです



まぐろの後に追加されたのが、コレ
カクテルタイム ビュッフェテーブル追加2


スモークサーモンです。
ちなみに、このサーモンの後は、枝豆になってました

サーモンの前に写ってるスナック類ですが、
真ん中の野菜チップスがおいしくて止まらない

補充されても、すぐなくなってました。



そういえば。
今、書いてて思いました。

お肉系がなかった
(正確には、ハムはありましたけど。)




でも、シーフード系が充実してたので、うれしかったです




カクテルタイムを充分楽しんだので
お部屋へ戻ります。



ルームサービスで、ピザでも頼もうかな
なんて、話していると。


思い出しました

今回の宿泊プランには、
『ファーストドリンク50%offクーポン』がついてきてました。



2Fのスターボにでも行ってみようか

再び、お部屋を出ます。



スターボ
スターボ1


ミュージックラウンジというだけあって、
ピアノの生演奏や歌がありました。

落ち着いた雰囲気です。



ホテルオリジナルカクテルを頼んでみました。
スターボ2


『5』の方が、スイカリキュールをベースに、
フルーツのジュースやジンジャーエールを合わせたもの。

『15』の方が、紅茶リキュールをベースにしたもの。



それぞれ、5周年記念カクテル・15周年記念カクテル
と、メニューに書いてありました。

1杯2,100円で、
ホテルの形をしたグラスは、お持ち帰りできます




私が頼んだのは、5周年記念の方です。
甘いカクテルが好きな方には、おすすめです


他にも、桜リキュールをベースにした
10周年記念カクテルもありました。



後は、グラスでですが
モエのロゼが、2、850円
ドンペリが、3,150円でした。

グラスだと、あまり値段変わらないですね。





お部屋へ戻ると、雨がやんでます


窓から 夜2


視界は、まだ完全には晴れてなさそうなんですが、
でも昼間の大雨と比べたら、もう全然。



ピア21
窓から 夜3


ず~っと前に、1度行きましたが
かなり酔ってしまった思い出が・・・。

船酔いはそんなにしない方なんですけど。


テーマ : 国内ホテル情報    ジャンル : 旅行
2010_07_16


横浜のインターコンチネンタルホテルへ、行ってきました。


結婚前は、イベント毎にホテルに泊まってましたが、
最近はほとんどなくなり、国内で宿泊というと、ディズニーへ行く時くらいです。

なのでちょっと新鮮な感じです



個人的には、みなとみらいのホテルなら
パンパシやロイパの方がおすすめです


なら、なぜインタコかというと。
5月に、プライオリティクラブの72時間セールというのをやっていたからです。


実際に見てみると、料金的には通常とほぼ変わらなかったのですが、
5,000円分の食事券がついてくる

ということだったので、それなら久しぶりに行ってみようかなぁと。
海側のクラブルームを予約して行ってきました



このホテルの宿泊は、3回目ですが
クラブルームは初です。

28Fのクラブラウンジでチェックインを済ませ
お部屋へ案内してもらいます。


こんな感じのお部屋です。
お部屋3


通常のお部屋だと、ちょっと古さが否めないのですが
クラブルームなら、キレイでいいですね。

でも、ちょっと狭いかなぁ~



別の角度からも。TVはブラウン管です。
お部屋2


今度は、バスルームへ行って・・・
バスルーム1


備え付けのドライヤーが、古さを物語ってます
でも、ちゃんと普通のドライヤーも置いてあるので大丈夫

シャワーブースは独立しています。
バスルームは、ちょっと暗い気もします


バスタブ
バスルーム2


アメニティは、Elemisです。
アメニティ1


香りがいいし、使い心地もよいです
バスソルトも置いてあります。


コンディショナーの成分を見てみると、
ジメチコンの文字がありません

だから、いいのかなぁ



歯ブラシやシャワーキャップなんかは、この箱の中に。
アメニティ2


ナイトウェアやバスローブ、セーフティボックスもちゃんとあります。
インターネットの接続は無料でした

携帯の電波は、かなり悪かったです。



お部屋へ案内されてすぐに、お部屋へ届きました。
ウェルカム


こちらは、アンバサダー特典の
ミネラルウォーターとチョコとフルーツです。


チョコの箱の中身はこんな感じです。
チョコ


フルーツたち
フルーツ


アメリカンチェリーとプラム(でいいのかな)とびわです。
いただきま~す



そういえば。
アンバサダー特典のアップグレードはありませんでした。

このホテルの場合は、シティ側から海側になるくらいなのかな。
UGでクラブルームになっても、ラウンジアクセスはできないって聞いたことあるし。



フルーツやチョコをつまんでから、ラウンジへ行ってみます。



ラウンジで、ティータイムです


冷たい飲み物は、注文すると持ってきてくれます。

温かい飲み物は、コーヒーマシーンや紅茶のティーバッグがあるので、
自分で作ります。



入り口付近の席から、奥側を撮ってみました。
ラウンジ


ちょっと暗めに写っちゃいましたが、
実際はそんなことありません。

カクテルタイムも近づいていて、
ラウンジスタッフの方が、色々と準備をされてました。

ラウンジ入って左側に、パソコンが2台置いてありました。




テーブルの上
ラウンジテーブル


どのテーブルにも置いてある、この一輪挿し(ペン立てだと思いますが)
かわいいです


いただきます
ティータイム


ラウンジへ来た時は、このお菓子はなかったのですが
途中で出てきたので、1種類ずついただきます

ティーバッグもけっこう種類があって、うれしいです。
私は、バニラの香りの紅茶が気に入りました



小腹も満足したところで
1度、お部屋へ戻ります。


窓からの景色
雨


天気がよければ、ベイブリッジが見えるハズですが
あいにくの雨です

しかも、結構な雨です。
なんでかなぁ・・・

隣のクイーンズスクエアまで、屋根の下を歩けば、雨に濡れずに行けるので
ちょっとお散歩へ行くことに。


同じようにして、屋根の下を歩く人がいっぱいでした

DIESELやZARAを見て、あとは適当にブラブラします。
土日は人がいっぱいだけど、平日は本当に人が少ないです。

晴れてたら、外お散歩したかったんだけどなぁ・・・。
言っても仕方がないので、そろそろホテルへ戻ります。


ロビー 2Fから
ロビー


この間、オーシャンテラスへ来たばかりで、
その時は1Fから撮ったので、今度は2Fから撮ってみました。



テーマ : 国内ホテル情報    ジャンル : 旅行
2010_07_14


今回のバリ旅行は、7泊9日で
行くまでは、日程にも余裕あると思ってたのですが

やっぱり9日間くらいじゃ、短かったです。



コレでも、私たちにとっては、長い方なのですが・・・

長期休暇をとれる欧米の方が、心からうらやましいです



日本も、有給を消化できるような環境になってほしいです






今回泊まった『ザ・レギャン』ですが

『次バリ行く時は、またココ

って、思わずリピを誓いたくなるホテルでした。





徒歩で数分のところに、有名なレストランがありますし

いっぱいレストランが並んでるオベロイ通りも
タクシーで数分です。

雑貨屋さんやスーパーがある、ジャラン・ラヤ・スミニャックという通りへも
タクシーなら近いです


乗車拒否もされないですし、
タクシー代も安いし、
オベロイ通りは、流しのタクシーもいっぱいいたので

どんどんタクっちゃっても大丈夫です




スミニャック・クロボカンの辺りは、ステキなレストランがいっぱい
食事には困らないと思います。





ちょっと残念なのは、近くに有名なレストランがいっぱいなのに
日程が足りなくて、行けるレストランが限られちゃうこと。



しかも気付いたら、朝食以外では
インドネシア料理食べてませんでした

ダンナ様は、私がスパへ行ってる間に
ランチしてたようですが。



ホテル内のレストランも
朝食でしか行かなかったし・・・。



やっぱりリベンジ図るしかないかなぁ(笑)





ホテルも、時間がゆっくり流れているような雰囲気で
のんびりとした贅沢な時間を過ごせるし、


ザ・レギャン、おすすめです


同じホテルに泊まるのを嫌がるダンナ様から

また行ってもいいなぁ~

っていう、前向き()な言葉も出ましたし







このバリ旅行は


ビジネスクラスに乗って、
ずっと泊まりたかったホテルに泊まって
ウェディングドレスを着て、カメラマンに写真を撮ってもらって


私にとって、かなり思い出深いものになりました






行きたいところがい~っぱいあるので
いつ行けるのか分かりませんが

またすぐにでも、バリへ行きたいです





ザ・レギャンの中庭の置物
中庭

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_13


空港への送迎は、15分遅れで来ました。
どうやら、道路がかなり混んでいる様子。



寄ってほしいお店があることを言うと

それは全然構わないけど
道路混んでるよ~。

と言われました。



買うモノも決まってるし、
お店の前につけてもらえば、大丈夫だもんね



ということで、寄ってもらうことにすると



あれ
道路が通行止めになってる



ディシニがあるラヤ・スミニャックという通りが
車が入れなくなってるんです

お店の前につけてもらうどころか
通りすら入れないなんて・・・。



やっぱり、あきらめるしかないんだ




そう思った時に

『オレ、走って行ってくるよ

と、ダンナ様が。




『え?いいの本当に

と、送り出したのはいいものの。




意外と、距離があるハズなんです。


この暑い中、走って出て行ったダンナ様を思うと
申し訳なくて・・・。

こんなことなら、最初に買っておけば良かった・・・



15~20分ほどして、梱包されたつぼを横に抱えて
汗だくのダンナ様が、帰ってきました




この炎天下の中、ありがと~




さっすが、ダンナ様。
カッコイイです~




こーして、我が家に来たつぼですが
置き場所に困ったため、床に放置プレイです

かわいそうに・・・




結局、空港へ着いたのは、
出発の1時間30分前でした。




おみやげ屋さんで、持ってたルピアを使い切ります。


90,000ルピアで置物を買いました。

100,000だったんですけど
『コレしか持ってないの~』って。


もっと小さいサイズもあるよ~って言われましたが
やっぱり大きい方がかわいいもんね




ビジネスラウンジは、プラダラウンジで
私的には、イマイチ・・・。

照明が暗かったからかなぁ





時間もなかったので、ラウンジもそこそこに
機内へ乗り込みます。

デンパサールからクアラルンプールまでは
なんちゃってビジネスとは聞いていましたが・・・




なんちゃってどころじゃなく
エコノミーと同じでした

そういえば、チェックインの時に
そんなようなこと言われたかも。


エコノミーとの違いといえば
シート上部にかかってる布の違いくらいかな。



一応、3人席を2人で使えるので
ちょっとは良いのかも。

座席の配列は、3-3でした。



機内食メニュー
メニュー


機内食は、ちゃんとあるみたいです。



機内の様子
機内1


ビジネスとエコノミーの境目には、
特にスペースも何もなく

気持ちばかりのカーテンが掛かってます。


あれ、意味あるのかなぁ
個人的には、かなりツボなカーテンでした(苦笑)




シートは、エコノミーと一緒だけど
機内食は、ちゃんと希望とって、クロスも掛けてくれました。


チキン
機内食 チキン


ダンナ様が頼んだ、チキンです。



フライドフィッシュ
機内食 魚


私が頼んだ、フライドフィッシュです。

正直、味はあまり覚えてないのですが
(カーテンのインパクトが、あまりにも強くて

完食したのは確かです。




小さな機材らしく
ビジネスでもモニターはありません。

なので、食後は寝ることにしました。



おやすみ中
機内2


2人で3席使ってるので、
いつもよりはまだ良いハズなのに

全然ねむれません

降りる頃には、2人ともミョーな疲れが・・・。


贅沢病





クアラルンプールに着いたら、ラウンジ直行です
だって、搭乗開始まで、30分しかないんだもの。

でも。

往路と同じく、復路もラウンジは混雑してました。



この旅行も最後なので

『とりあえずいっぱい食べちゃえ~

と、勢いよく色々とお皿に載せて、テーブルへ持って行くと



『そんなに食べるの

ダンナ様のビックリした顔がありました。



だって・・・。
貴重な思い出だし・・・





搭乗時間になったので、ゲートへ行くと
かなりの行列ができてました

しかも、入口1つだけで、ビジネス用とかないんです。



“ビジネスって言ったら、通してくれるんじゃないの?”


なんて2人で言いながら
ちゃんと列に並びました。


他に、横入りしてる人もいなかったので・・・。




お行儀良く待って、機内へ入ると
人がいっぱいです。

少なくとも、ビジネスは満席です。
往路は、3人席の真ん中は、空いてたのに。




ビジネスのシート
機内


これだけスペースがあると
快適なフライトを楽しめます


前の座席の下から、
包まれたつぼが、顔を出してます。


1200円のわりに
このコ意外と大きいんです



機内食メニュー
ビジネス メニュー


食事が提供されるのは、1回のみで
乗ってすぐか、朝にするのか、聞かれます。

もちろん、朝食です。
そんなに、夜中にいっぱい食べても・・・ね



メインを選ぶのですが、
チキンサテは品切れって言われました。


2列目なのに、もう


残る選択肢は、オムレツか、ビーフかなので
2人ともビーフにしました。



私は、朝からお肉でもラーメンでも唐揚げでも
なんでもいけちゃいますが

ダンナ様は、朝からステーキはキツイはずです・・・。


オムレツだと、寂しかったのかな



1本だけ映画を見て
フラットにして寝ます。

おやすみなさい




朝食は始まる頃、ちょうど目が覚めました
あっさごっはん~~~~



パンたち
ビジネス 朝食1


真ん中にある、ミューズリー初めて食べましたが
不思議な感じでした。



テンダーロイン
ビジネス 朝食2


ビジネスとは言え、正直期待してなかったのですが
意外に、ちゃんと美味しかったです



窓からの景色
朝焼け


ビジネスクラスなら、到着遅れてもいいのに~
と思いましたが(笑)

むしろ定刻より、ちょっと早めに着いちゃいました。


私たちにとっては、貴重な体験で
とても楽しかったです



また乗りたいなぁ・・・。

でも、次あるのかなぁ

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_12


今日は、日本へ帰る日です。



朝っぱらから、ゴネてみます。

まだ帰りたくないよ~



ダンナ様に横から
『でも、帰りもビジネスだよ』

と言われ、素直に静かになります。


帰りたくはないけど、ビジネスは楽しみなんです~



最後の朝食
8日目 朝ごはん


この後は、荷物のパッキングをして
チェックアウトをします。

帰りのピックアックまで時間があるので、
スミニャックを散策することにします。



本当は、スミニャックは昨日ダンナ様がもう行ったので
クタへ行こうと思ったのですが

近い方でいいかなぁと




とりあえず、タクシーでビンタンスーパーへ



ハイパーマートよりちょっと高かったけど
クリームバスも買い足したし、

お土産用に、化粧水やTシャツも買って
荷物もいっぱい増えて、満足です




その後は、ジャラン・ラヤ・スミニャックをふらふらと。




洋服は、“BODY&SOUL”というお店が
安くてかわいかったです



ガムランボールは、いかにも日本人向けのお店にあったけど
・・・やっぱり高いです

ウブドで買うのがいいんだろうなぁ。




最後にみた“ディシニ”というインテリア雑貨のショップで
すっごいカワイイつぼがありました

白い陶器っぽい感じの。

値段も、日本円で1200円でお手頃です。


ただ、大きさが結構あったので
持ち帰ることを考えると、ちょっと・・・

スーツケースに入るワケもなく、
持ち帰るのに、ちょうどいいバッグがあるワケでもないし
抱えるわけにも、いかないし。



ってコトで、
本当に泣く泣く断念したのですが



この選択が、後でちょっと困ったコトに・・・






そろそろ、ホスピタリティスイートの時間なので
ホテルへ戻ります。

お部屋は、1Fの301でした。



このお部屋、おそらくスーペリアスイートのお部屋と思われます。

私たちが泊まったお部屋よりも
1つ上のカテゴリーです。



バスルーム
ホスピタリティスイート2


やっぱりスーペリアいいなぁ
私たちが泊まったお部屋よりずっと、高級感を感じます。



ベッドルーム
ホスピタリティスイート


ベッドルームとリビングルームが
きちんと分かれてます。



お姫様ベッド
ホスピタリティスイート3


スーペリア以上は、天蓋付きになります。

やっぱり、高級感が増します


ステューディオでも充分だと思いましたが
実際に上のグレードを見ちゃうと


ステキですねぇ



リビング&ダイニング
ホスピタリティスイート4



テラス
ホスピタリティスイート5


目の前は、プールサイドのバーです。



デイベッド
ホスピタリティスイート6


スーペリア以上は、テラスにデイベッドがあります。

1Fも、目の前に中庭が広がってるので
結構いいカンジです。





このお部屋にも、
レギャンのビーチバッグが置いてあります。



あっ



気付いちゃった。
このバッグなら、つぼ入れて持って帰れるかも




とりあえず、フロントへ行って

『プレゼントのビーチバッグ、部屋に置いて来ちゃったんです。。。』

と言って、GETしてきました



しかも、ちゃんと表面がキレイなものが来ました





で、急いでタクってさっきの“ディシニ”というお店へ・・・


とも考えましたが。


やっぱり、ここは1時間、のんびり旅行の余韻にひたりたいので
送迎が来た時に、寄ってもらえるよう、交渉することにします。


通り道だし、寄ってくれるよね。
きっと




きっちり1時間で、ルームキーパーの方が来たので
ロビーへ移動します。



フロント(あれコンシェルジュデスクだっけ
フロント


ロビーラウンジ
ロビー


のんびり送迎を待ちます。
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_11


私がスパでリラックスしてる頃、

ダンナ様は、スミニャックあたりをジャランジャランしていたそうで。


マデスワルン2
マデスワルン2


特に何も買わなかったけど
有名なマデスワルン2で、ナシチャンプル・スペシャルをおいしくいただいたそう


時間もいっぱいあったから
ホテルを出てから戻るまで、タクらず、ずっと歩いてたらしい。

暑いし、けっこう距離もあるのに。。。






バリ旅行の最後のディナーは、ラ・ルッチオーラへ。

前から、行ってみたかったんです。


ダンナ様は喫煙者ですが
なぜか、禁煙席を指定しました。(なぜ


でも、おかげで2階席なので、ちょっといいかも


こんな感じ
ラルッチオーラ


ちょっと奥まった席だけど、
前に何もないから、景色は良く見えます

やっぱり、こーゆーちょっと素朴な雰囲気の方が
バリには合ってると思います。(あくまで私個人の意見ですが



空の色が変わってきました。
ラルッチオーラ2


前菜で、カラマリのフライと、何かのカルパッチョ(なんだっだかなぁ・・・?)
メインで、ショートパスタとシーフードのスープ仕立てをオーダー。

おいしい~





昨日の満席のクーデターと比べると、そこそこ空席があります。
でも、私は断然こっちだなぁ



私の好みって、少数派なのかな

ま。
人それぞれってコトで



だんだん暗くなってきました。
ラ・ルッチオーラ


時間がゆっくり流れてる感じが
とっても居心地が良くて

デザートにティラミスをオーダーしました


・・・普通にティラミスのつもりだったのですが
来たのは、アイスでした。

アイスじゃなくて、ノーマルのが食べたかった・・・


とは言え、大満足のディナーです



ドリンクは、2杯ずつ飲みましたが
お会計は、800,000ぐらい(8,000円)だったと思います。

このロケーションと内容なら、大満足です





帰り際に、ちょっと気になっていた
レギャン前のショップをのぞいてみます。

買わなかったけど、サンダルがかわいかったです





お部屋へ戻る前に、ホテル内をちょっとお散歩します。
最後だから。



ロビーのレリーフ前
レリーフ


やっぱり、コレいいなぁ~。



夜のザ・レギャン
夜のレギャン


夜も、雰囲気があってステキです
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_08


今日が、最後の宿泊日です。
朝食の時に、コンシェルジュの方が、明日の確認にいらっしゃいました。

今日は、午後からスパなので
午前中は、最後のプールを楽しみました。


スパなんてやめて、プールでのんびりした方がよかったのかなぁ


そんな思いもちょっとよぎりましたが、
やっぱり、バリへ来たら、スパも楽しみの1つですよね。


後ろ髪をひかれつつ、スパへ向かいます。

ダンナ様は、今回はスパはいらないそうで
お散歩へ出かけました。




今日のスパは、『ジ・アムルタ』というところで
やっぱり人気のスパの1つです。

バリの滞在も、残すところ後1日というところで
初めて、送迎が遅れてきました。


多分、道が混んでいたと思われます

DFS前の渋滞、すごかったもの



で、全然進まなくて、しびれをきらしたんだろうなぁ。

舗装されてない路肩を走るものだから
軽くオフロードっぽくて、意外に楽しかったです(笑)





今回の『アムルタ』ですが、
バリ到着日に行った『フランジパニ』と同じ道路沿いにある

とは聞いてましたが


本当にすぐそばでした



フロントの窓から
7日目 スパ


フランジパニは、夜だったから分からなかったけど
今日は昼間なので、海が見えます



フロント
7日目 スパ2


今回は、“ブライトネス・ホワイティエ”というコースで
スパを申し込んだCISのオリジナルコースです。


ボディマッサージ 50分
オレンジ&ハニーボディマスク 15分
フラワーバス 25分
バイオCホワイトニングフェイシャル 60分
クリームバス 60分 


の、3時間半で、料金は$88です。



オイルたち
7日目 スパ3


ウェルカムティーをいただきながら
オイルやクリームバスの薬剤を選びます。

実際のトリートメントルームは
フロントの建物から、数十メートル離れたところです。


充分、歩いていける距離だと思うのですが
しっかり、車を廻してくれました





今回は私1人なので
1人用の個室です。


クリームバスが有名なスパですが
私は、ボディマッサージが超イイ感じでした



フラワーバスは、本当にお花がいっぱいで

『こんなにお花だらけのフラワーバス初めて

っていうくらい、スゴかったんだけど



それだけお花がいっぱいってコトは・・・。



おそるおそる入ってみると、何か黒い点が見えます。



ハイ、バスタブ入ってものの10秒で
毛虫と目が合ってしまいました

ニョキっと上半身(?)持ち上げるんだもん

私も慌てて出て、シャワーへ



スタッフの人は、バスタブ入って入って
ってジェスチャーしてたけど

ムリです~~~~~~~

笑ってごまかしました




フェイシャルとクリームバスは、専用の個室へ移動します。


フェイシャルは、名前の通り
バイオ光線を顔に当てるのですが・・・

効果は分からずじまい


まぁ、やっぱりこんなものですよねぇ。




クリームバスは、本当に痛かった

分け目とか、耳とか日焼けしちゃってるんだけど
ガンガンマッサージみたいな・・・


でも、クリームバスの効果は大きかったです
髪のツヤとかさわり心地が、全然違いました




スーパーでもっとクリームバス買うんだった

かなり大きく後悔です。


テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_07


旅行中は本当に、時間が経つのが早いです。
何もしないで1日ゆっくりするのは、今日が最後です。


朝食後はやっぱり、プール前のデッキチェアでのんびりします
日本でも、こーゆー贅沢な時間を過ごしたいなぁ。

今日ももちろん、アイスを食べます
欲張りなので、2個食べちゃいました


まだ1度もビーチへ行ってないので
お散歩してみます。



ザ・レギャン前のビーチ
6日目 海


まずはクーデター方面へ。

砂浜を歩いてると、海岸沿いの眺めが超いいです

バリは有名なビーチリゾートですが
海は、決してキレイではないです。

でも、ヌサドゥアの海はキレイだったと思います。



フラっと歩いていると、クーデターに着きました。
バリで大人気のレストランの1つです。

昼間は、お客さんのほとんどが水着っぽい感じです。
夜だとどう変わるんだろ




今度は、また戻って
ホテルのちょっと先のラ・ルッチオーラまで行きます。



キレイじゃないとは言っても、やっぱり海は癒されます。
6日目 海2


レギャンを通り過ぎて、お隣の『サマヤ』前を通ります。
サマヤは、数少ないヴィラタイプのオンザビーチのホテルです。

人も少なくて、静かで落ち着いた雰囲気です。
さすが高級ホテルですね。いい感じです



ラ・ルッチオーラはすぐです。
こちらもバリで人気のレストランの1つです。

わらぶき屋根の2階建ての建物で
素朴な外観ですが、南国っぽくて好きだなぁ



ホテルへ戻ります。
海からプールを


ホテルからビーチへは、この段をちょっと下りるだけですが
そこにもちゃんとセキュリティの人がいました。



さっき見に行ったクーデター(KU DE TA)ですが
一応、気になってたレストランなんです。

特にダンナ様が。
私は、雰囲気だけっぽい感じが否めなくて、ちょっと・・・。

でも、せっかくだから行ってみようってコトで
ダンナ様に予約しにいってもらいました。



夕方ごろ、プールをあとにします。
プールとレギャン


お部屋へ戻って、ディナーへ行く準備をしていると
下の中庭で、結婚式が始まりました



バリって感じですね~。
結婚式2


この方たちは、ホテルスタッフ?
それとも、結婚式のためのバイト??

よくは分かりませんが、
ココはさすがバリです。



いい加減・・・



上から見てて分かるぐらい、隣と話してたり
退屈そうにしてみたり・・・。


良くも悪くもバリってコトかな(苦笑)

そんなところも、好きです。


当事者ならイヤだけど
私は部外者だし~



新郎新婦待ち
結婚式3


シンプルなセットですが、雰囲気があっていいですね

まわりのお部屋の方も
みんなテラスから見てました。



新郎新婦
結婚式4


おそらく、神父さんを挟んだ両側の方たちが
主役のお2人だと思われます。



フラワーシャワー
結婚式5


congratulation

素敵なものを見させてもらいました。
結婚式ってやっぱりいいなぁ

幸せのおすそ分けをもらった気分です






クーデターへは、ホテルから歩いて数分です。
その前に、ホテルの前のお店で両替をします。


思えば、両替専門店ではなく
日本で言うところの○○商店みたいな感じで

両替もやってますよ~
みたいなお店なので


こうなることは、想像できたハズなんですよね。





まず最初に。

$100→995,000ルピアっていうレートが出てるのに
最初に電卓で1ケタ少ない金額を提示してきました


『来たな←もちろん心の声


あなた、私からぼったくるおつもりですね

もちろん『違~う』って言って、正しい金額を打ち直します。




すると次は。

20,000ルピア札を持ってきました。

やっぱり、ぼるおつもりなんですか



故意的に細かいお札でいっぱいにして
数をごまかそうという、常套手段の1つと考えていいのですか?

まぁ、2,000ルピアじゃないので、全然良心的なのでしょうが(苦笑)



話では色々聞いてますが、実際に悪質な両替は経験がないので
『コレはまずい』と思って出て行こうとしたら


50,000ルピア札が出てきました。



最初から持って来いよ~





で、次は。

店員が数えた後、私が数えたら、
また店員が数えやがった



そのムダな行動は何



最後に数えるのは私なの

頭きて、その後、私はまた数えましたよ。
負けない気迫が大事なので。


数え直したら、ちゃんと20枚だったので
この店員は、抜き取る技術は持ってなかったのかも。





50,000ルピア×20枚→1,000,000
なので、おつり5,000ルピアを渡さないといけません。



ところが。

枚数も合ってて、安心してるところで
おつり45,000ルピアって言いやがった



『はぁ~



なんだか、私の言葉使いまで悪くなってます。
スミマセン



『違う5,000ルピアでしょ



って言って、出てきましたが。


その時の店員の、苦虫をつぶしたような顔
すっきりしました


なんだか勝負に勝ったみたいで、気持ちよかった


って、正しく両替するのが当たり前なんだから
別に得したわけでも何でもないんだけど。




バリの両替は、ごまかそうとするところがいっぱい
とは聞いてましたが

いい勉強になりました





このバリの半年前にドバイへ行ったのですが
その時にタクシーでぼられて、本当に悔しかったので

もう2度と、あんな悔しい思いはしたくないです。






ということで、無事に両替もできたので、クーデターへ


大人気のお店ということですが
確かに分かります。

スタイリッシュで、雰囲気がおしゃれだもの。



こんな感じ
クーデター2


分かりづらい写真で、スミマセン。。。



このレストランも、オンザビーチなので
サンセットの時間帯は特に、大人気だそうです。

もちろん、私もこーゆーのは好きですよ
でも、バリで私が求めてるのは、コレじゃないんです



しかも、高い



前菜にイエローツナのカルパッチョとソフトシェルクラブ、
メインがバラマンディのソテーとチキンレッグ。

それに、ビールとジュース1杯ずつで、970,000ルピア。



前菜は、フツーにおいしかったけど
それだけのお金を出す気にはならないし

メインはイマイチだし・・・



雰囲気はもちろんいいですよ~。
ダンナ様は、気に入ったようです。

でも、それだけのお店は、私はちょっと・・・。



食事じゃなくて、ビーチサイドのデイベッドで
お酒を楽しむならいいのかも



予想通りとはいえ
ちょっと残念な気持ちで、お店を出ました






そういえば、
ヤモリって鳴くのでしょうか



夜中、ちっちゃな恐竜みたいな鳴き声を聞いたのですが・・・。
あれってヤモリ・・・

(恐竜の鳴き声は知らないので、勝手なイメージです
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_06


今日も1日のんびりする日です~

朝食後は、昨日と同じプール前のチェアへ。



今日も良い天気です。
5日目 プール


バリは、この時期は乾季でベストシーズンです。
旅行中は、スコールも1度もありませんでした。

やっぱり、お天気がよいとうれしいです



太陽を撮ってみました。
5日目 プール 2


なんとなく、ハワイやオーストラリアと比べると
日差しが弱く感じます。

なんででしょう
それとも、そう思うのは私だけなのかな・・・。



みなさん並んでます。
5日目 プール3


なんだか、見ていて微笑ましい光景です

プールに入って、のんびり海を眺める・・・
贅沢な気分になりますね~。


このプールサイドですが
午後になると、アイスステーションが出現します

もちろんフリーです

プールサイドで食べるアイスって最高です



ダーイブッ
5日目 プール4


レギャンのプールですが、2段になっていて
この奥にもプールが続いてます。

なので、子供がみんな楽しそうに
ダイブしてました。


昨日のイチゴのジュースはハズレでしたが
パイナップルジュースはアタリでした






ディナーへ行く前に、コンシェルジュの方に

ラ・ルッチオーラと、
ホスピタリティ・スイート

の予約をお願いしました。




ラ・ルッチオーラは、人気のレストランの1つで
ホテルからちょっと歩いたところにあります。

オンザビーチのレストランで、
サンセットの時間が特に人気です。



ホスピタリティ・スイートというのは、
ホテルのサービスで、チェックアウト後に1時間お部屋を貸してもらえるんです。

シャワーを浴びたり、ちょっとのんびりしてみたり
1時間とはいえ、アウト後にそういうサービスがあるのは、うれしいです







今日のディナーは、マタ・アイル・カフェ(Mata Air Cafe)です。

こちらは、ヴィラ・アイル・バリというホテルの中のレストランで、
HPがあるので、日本から予約をしておきました。



ちゃんと送迎サービスがあるのですが、
5分前には、きちんとスタンバっててくれてました。



驚いたのが。


たかだかレストランの送迎(しかも車なら数分)なのに

車に乗ったら
おしぼりとミネラルウォーターのサービスがありました


宿泊客と勘違いされてるのかと思っちゃいました

素敵なサービスでうれしいです。



マタ・アイル・カフェ
5日目 ヴィラアイルバリ


さすが、ヴィラ・アイル・バリの中だけあって
キレイだし、おしゃれです。

トイレなんて、レギャンよりキレイでした
(新しさが違うからね。。。)




予約したのは、『アクエリアス』というコースです。

アミューズ・前菜・スープ・お魚・グラニテ・お肉・デザートに
パン・コーヒーがつきます。



このコースのスゴイところは、プリフィックスなのですが
普通のアラカルトメニューの中から例外なしに、好きなのを選べちゃうんです



だって。

メニューには、ロブスターも入ってるんですよ




フルコースで、好きなもの選んじゃって
サービス心旺盛な送迎までついて
1人400,000ルピアです。

しかも、HPからの直接予約なので
そこから20%off


だから、この内容で320,000ルピア(3,200円)です

ステキすぎます


今はメニューが変わってるようなので、ちょっと違うと思います。



ゴキゲンなはむこたん
ヴィラ


送迎だけじゃなく、レストランスタッフの接客も
丁寧でいいですよ~



ガーデン
5日目 ヴィラアイルバリ3


このホテル自体、海からはちょっと離れてます。

なので、海は見えませんが
こーゆーお庭を見ながらの食事も、いいですね



私たちは、ヴィラタイプのホテルは選択肢に入りませんが
(虫がイヤっていう、軟弱な理由で・・・)

こちらのホテルは人気があるようです。


レストランしか利用してませんが、
なんとな分かる気がします。

泊まってみたいと思ったもの



ロブスター
5日目 ヴィラアイルバリ4


写真はこのロブスターしか撮っていないのですが・・・。



前菜は、ダンナ様が、焼きシメマグロのカルパッチョ
私が、サーモンのマリネです

ダンナ様が頼んだモノは、アミューズと完全にかぶりました(笑)
でも、おいしかったです~


スープとお魚は2人も一緒で
何かの豆っぽいスープと
もちろん、お魚はロブスターです


グラニテは・・・なんだったかなぁ
お肉は、ダンナ様がラムで、私がビーフです。


デザートは、ダンナ様がチョコレートケーキで
私が、チーズケーキです


ぜ~んぶ、おいしくいただきました
パンやバター(チーズ入り?)までおいしかったです


ビンタンビールとカクテル1杯ずつ飲んで
860,000ルピア(8,600円)ぐらいです。

雰囲気もいいし、サービスも心地よいし、食事はおいしいし
大満足のディナーでした



次にバリ行くときは、また絶対に行きた~い
って思う、おすすめのレストランです



夜の中庭
5日目 ヴィラアイルバリ5

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_05


今回は、9日間あるので
いっぱい時間がある~

と、旅行前は思ってたのですが。

時間が経つのは早いです
特に、楽しい時ほど・・・。



4日目にして、よーやく1日のんびりできる日です。

朝食後は、水着に着替えてプールへ



プールとレギャン
プールから


私たちは、プール前の真ん中辺りのデッキチェアに。

バリの旅行パンフで見るこのプールで
の~んびりしたかったんです



インフィニティプール
プール1


サマーバケーションの時期ですし
宿泊客も多かったように思われますが

よくある『デッキチェア争奪戦

が繰り広げられることは、ありませんでした。


コレはうれしかったです




私たちは(というか、私が)プール前のデッキが
1番お気に入りだったのですが

そう思ってたのは、かなりの少数派のようで。


みなさん、海の前のデイベッドの方が、お好みのようでした。



もう1枚プール写真
プール2


デッキチェアに寝転がって

読書をしたり、
お昼寝をしたり、
i-podを聞いたり、
のんびりプール越しに海を眺めたり。



ゆとりのある時間て大切だなぁ~



ビーチリゾートへ行ってのんびりすると
毎回そう思います。



ストロベリークラッシュという名前の
苺のジュースを頼みましたが

超~薄くてハズレでした
高級ホテルなんだから、もうちょっとお願いします~




今日のディナーは、ULTIMO(ウルティモ)です。


オベロイ通りにある、人気のイタリアンのお店です。
予約していないので、早めに行きました。


このお店、外からはそんなに大きく見えないのですが

思った以上に奥行きがあって
店内には、中庭もありました。

私たちは、中庭のアウトサイドの席です。



見ていると、予約席が結構あって
ドレスアップしてる人も多かったです。



味は、フツーにおいしいです。

せっかく頼んだシェアリングプレートを勝手に下げられた時には
ちょっとイラッとしましたが


フレッシュオイスター(好きなので、見るとついつい頼んじゃいます
アボガドとサーモンのタルタル
トマトソース系のパスタ

に、ビールとジュース1杯ずつで
230,000ルピア(2,300円)ぐらいです。



個人的には、昨日のササのが好きですね
でも、こちらもコスパ良いとは思います。

昨日もですが、さすがに3品だと
ちょっと量は少ないですね。




食後は、オベロイ通りをフラフラします。

オベロイ通りは、おしゃれなレストランや
洋服屋さんがいっぱい並んでます。



まずは、両替から・・・

時間を変えて、同じお店で、$100を2回両替しましたが
若干、レートが違いました。

早い時間の方が、ちょっと良かったです。
(985,000ルピアと980,000ルピア)

安心して両替できるお店で
利用客も多かったです。




で、ショップですが・・・
この通りのお店は、私はイマイチでした。

モノも良さそうには見えないし、
価格も、日本で同じくらいか、もう少し安く買えそうだし。

完全に、観光客狙いってコトかなぁ。



フラフラっとはしましたが、
特に何も買わずに、タクって帰りました
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_04


今日は写真を撮る日です
その前に、朝ご飯へ


レギャンの朝食は、ビュッフェスタイルです。


そんなに種類は多くないけど、ホテルの規模を考えたら
こんな感じなのかもしれません。


卵やパンケーキは
カウンターで頼むと、テーブルまで持ってきてくれます。

パンケーキは、5種類くらいあったと思います
チョコ、イチゴ、バナナ、マカデミア・・・

あれ?4種類だっけ


卵料理はやっぱりエッグベネディクト
ほぼ毎日食べてました





今回、私たちが申し込んだウェディングフォトツアーは
スタジオ5という会社でおこなっているものです。

送迎も、5分前に私たちがホテルロビーへ行くと
もうすでに待っていました



このスタジオ5は、
日本でウェディングドレスを扱っている
ホワイトドアという会社と同じグループのようです。

なので、受付やヘアメイクは
日本人の方が対応してくれました



まずは、ドレスの試着からです。

こちらを選んだのは、ドレスの種類が多そうだったからなのですが



結構かわいいドレスがありました

さすがに5号は、ほとんどありませんが
7号なら80着ほどあるそうです。





ゴージャス系にしようと思ったのですが
結婚式がそうだったので、今回はマーメイドラインに。


サイズが大きいので
細めにお直しをお願いします。


新郎の衣装は、黒がベージュかの2択だけでした



次は、ヘアメイクです。
日本人の方がしてくれたので、安心でした


ダンナ様はその間
外へ出て、ウィンドウショッピングをしていたようです。

けっこう賑やかな通りに面していたようで
なかなか退屈しないですんだようです。




ヘアメイクも、お直しも終わって
いよいよ着替えて写真を撮りに行きます




まずは、チャペルへ
チャペル


ココは、『クンジャ』というホテルのチャペルです。

海はないけど、ガラス張りのチャペルはステキで
ちょっとしたガーデンもあって、よかったです


ちなみに、カメラマンと、付き添ってくれるお姉さんは
現地の方です。



チャペルの中です。
チャペル 2



最初は、ビーチの写真さえあればいい
って思ってましたが。


チャペルの写真って、それっぽくなっていいですね




ただ1点、
ちょっと困ったことが・・・。



このチャペルの中



本当に暑かった・・・



付き添ってくれたお姉さん2人は
『失礼しま~す』って
ず~っと汗ふいてくれました。


本当、汗が止まらず大変でした




今度はビーチです。
ビーチ1


ビーチはどこへ行くのかなぁ・・・

って思ってたら

アナンタラ前でした



アナンタラですが、クチコミ通り
敷地狭ッ


目の前のビーチも、なかなか賑やかです。
バイクとかいっぱい・・・止まってるし



あれだけ、アナンタラを推していたダンナ様ですが
『アナンタラじゃなくて良かった・・・』

と申しておりました。。。




えっと、全然関係ないのですが。


さっきから、ちょいちょい写っているブーケ
私の手作りなんです


初めて作ったので、雑なのですが
写真だけなら、なんとかごまかせたかなぁ・・・



恒例のジャンプの直前
ビーチ2


この写真はジャンプ前ですが

ドレスだと、なかなか跳べないんですね~。


ダンナ様は、高く飛び上がってましたが
私は全然・・・



最後は、お姫様だっこで
ビーチ3



このフォトツアーですが

2カ所の撮影(残念ながら、場所は選べません)と
約30カットのデータ(実際には、40カットぐらいでした)と
衣装やアクセサリーのレンタル

が入って、$800でした。



自分のデジカメを持っていけば
それでもちゃんと撮ってくれます



旅行先でのウェディング写真
なかなか、良い思い出になりました



アルバムにするなら、+$300と言われ
相場よりお得なので、かなり悩みましたが

日本へ帰ってから、どこかへ頼むことにします。






この後は、1度ホテルへ戻ってから、お買い物へ行きます。

タクシーでDFSへ。


DFSは予想通り、特に気になるものはありませんでした。
なので、お隣のモル・バリのスーパーへ



行く途中で、ROTIBOYでおやつを食べます。


売っているのは、
コーヒーとバターの味がする、外見がメロンパンなパン(笑)

変な説明ですが
ほどほどにこってり気味で美味しかったです


後から知ったのですが
お隣の韓国や、タイにもあるらしいですね。





寄り道もほどほどに、ハイパーマートへ到着~

ここで、お土産を一通り買います



途中で、現地の人が日本語で話しかけてきました。

なんか、すれ違いざまとか
ちょいちょい話しかけてきたのですが

ひとつ覚えてるのが


『お土産にガムランボール買った方がいいよ~。

 でも、偽物に気をつけて。

 本物はお寺にしか売ってないよ。』



だそうです。


お寺ですか。
初めて知りました





この後は、タクシーで戻る途中で
ササ(SASA’)で夜ご飯です

このレストランは、オベロイ通りにあります。
満席ではなかったけど、けっこう人が入ってます。



ジュースは、薄くて甘くて
超マズイのですが

お料理は、一通り美味しかったです


特に、パスタ

シーフードのリングイネを頼んだのですが、超おいし~
滞在中に食べたもので、1番おいしかったかも。

バリでも、ちゃんとおいしいパスタ食べられるんですね~


他に、キノコのマリネとキングプラウンのグリルをオーダー。
ビールと、ジュース1杯ずつで
270,000ルピア(2,700円)です。

このレストラン、おすすめです
ジュース以外で(笑)



写真でちょっと体力を消耗したのか
お店でタクシーを呼んでもらって、まっすぐホテルへ帰りました。

明日は、オベロイ通りを散策したいなぁ。

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_03


お部屋のドアです。
ドア1


向かって右側が
私たちが泊まったお部屋です。

このドア、ものすごく大きいんです。

どのくらい大きいかと言うと・・・



こんな感じです。
ドア 2


確かに、私は小さいですが

にしても。

このドアの大きさは、スゴイです
しかも観音開きだし



建物を裏側から見た感じ。
外観



フロント近く
ロビー付近オブジェ


こーゆーの好きなんです
奥のレリーフ、あーゆーのほしい

普通の家には、絶対ムリだ・・・



外観を撮ってみました。
外観2


このホテルは、全部で70室ぐらいの中規模ホテルなので
敷地もあまり広くありません。

というか。

大規模なホテルと比べると、かなり狭かったです。


なので、あっという間に見終わってしまいました。


お部屋に戻ろ~



プール近くに咲いているフランジパニ
プルメリア


1度も利用しなかったのですが、
レンタサイクルや
クタまでのシャトルサービスがあります。


また、夕方の4~6時の間
プールバーでアフタヌーンティのサービスがあります。

私たちは1度も行けなかったので、ちょっと残念です
ちょうど、シャワーだのドライヤーだので、支度してる時間帯だったので・・・





お部屋へ戻って、荷物の整理をしたりするうちに
スパの時間になりました。

時間5分前にフロントへ行くと、
送迎の方がもうすでに来ていました




今日のスパは、ヌサドゥアの高台にある
フランジパニ・エステティックスです


メニューは、『ザ・フランジパニ』という3時間のコースで、


フランジパニを使ったマッサージが60分、
フランジパニのスクラブと、ヨーグルトパックが30分、
フラワーバスが30分
フェイシャルが60分


という内容で、$63というお得感のある料金です



フロントのあたり
フランジパニ


とってもキレイなスパで、対応も丁寧なので
安心してスパを受けられます

汚いと、私はともかく、ダンナ様に拒否反応が・・・



このスパ自体、高台にあるのですが
実際のお部屋も、階段を上って上へ行きます。

人気があるスパだけあって、雰囲気があります


私たちのメニューにはなかったので
使用しませんでしたが

トリートメントルーム内には、クリームバスの台もありました。



着替えをすませ、まずは足を洗ってもらい
トリートメント開始です

マッサージ気持ちよかったです

お花使われてる感はなかったのですが、
後で見たらお花の残骸があったので、ちゃんと使ってたんですね。



ボディマッサージも良かったのですが、
特にフェイシャルがよかったです

超気持ちいい~


本当に癒されました~


フラワーバスですが、お花の数は多くはなかったですが
I  BALI
って泡の上にお花で書いてあった、かわいかったです



物色中
フランジパニ2


帰りに、お土産用でクリームバス(35,000ルピア)や
ヘアビタミン(10,000ルピア)を買って帰りました。

商品自体には満足だったのですが、
オリジナルのものではなかったようで・・・

翌日、スーパーで半額以下で売ってるのを見ちゃいました


ちょっと悔しい




ホテルへ戻ったのが、10時くらい。

さすがにお腹が空きましたが、夜も遅いので
まずいケーキをつまんで(笑)、シャンパンをいただきました

さすがに、ケーキは完食には程遠かったです。



毎日、ターンダウン後には
1口サイズのお菓子が、部屋に置いてあります。

マドレーヌだったり、バナナケーキだったり
毎回違うので、ちょっとした楽しみでした



明日はいよいよ
ドレス写真を撮る日です

テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_07_02


06  « 2010_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top