上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


朝食も、個室でいただきます。





個室
米屋朝食2


昨日とは違うお部屋でしたが
作りは一緒みたいです~。





朝ごはん
米屋朝食3


とりあえず





アップで
米屋朝食4


地鰺のなめろうと、いくらが
うれし~





ヨーグルトとみかんジュース
米屋朝食5


健康的。






米屋朝食6


ココで焼くのは、お魚じゃなくって・・・





岩海苔
米屋朝食7


岩海苔を炙って、いただきます。

ちょっと炙りすぎて
お部屋が焦げ臭くなってしまいましたが・・・

でも、この海苔がおいしかったので
もっと欲しかったーーー





卵焼き
米屋朝食8


トレーの空いていたスペースに
卵焼きと何か(塩辛?なんだったかなぁ・・・)が、遊びに来ました~。





お魚
米屋朝食9


えぼ鯛とめざし・・・って言ってたような気がする。

コレは、焼かれた状態で来るから
網で焼く必要はないみたい。





ごはん
米屋朝食10


朝起きて、朝食が用意されてるって
シアワセです~

おかげで、この釜だけじゃたりなくて
おかわりしてしまいました~





梅干し
米屋朝食11


手前だったか、奥だったか
梅干しが入ってます。

けっこうおいしかった気がしまーす。





食後のデザート
米屋朝食12


フルーツジュレと栗ようかん





珈琲
米屋朝食13


珈琲も一緒に・・・





ごちそーさまでした
米屋朝食14


お食事もおいしいし、のんびりできる旅館なので
個人的には、また行きたいなぁ~

って思う、お宿でした。





ブログ用に、カメラを持ってると
女将さんをはじめ、従業員の方が

『写真撮りましょうか?』って言ってくれます。

2人一緒の写真て、あまりないので
そーゆーの、うれしいですね
スポンサーサイト
テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
2014_01_17


しばらく、放置プレイしてましたが
そろそろ落ち着いてきたので

伊東の『淘心庵 米屋』の続きから・・・。





夕食
米屋夕食1


個室と部屋食とあるようです。
私たちは個室での夕食でした。

この廊下の両側に、個室があります。



この建屋は別邸で
本館よりも全然新しくてキレイなんです~





個室
米屋夕食2


特に、何か景色が見えるワケではないけど
キレイで充分な広さです。





お品書き
米屋夕食3


ごっはんーーー





八寸&食前酒
米屋夕食4


食前酒は石榴のお酒です。





それぞれ撮ってみました~
米屋夕食5 米屋夕食6

米屋夕食7 米屋夕食8


旅館でいただく和食は
なんだかとっても美味しく感じます~





ドリンクメニュー
米屋夕食26


悩んだ結果





ドリンク
米屋夕食9


みかんのお酒を頼んでみました。





先椀
米屋夕食10


お椀にピントがあってますが
蕪のスープです。





山葵
米屋夕食11


山葵がやってきたので、ダンナさまがすりおろしてます。




お造り
米屋夕食12


それぞれアップで・・・





地鰤・鮪・縞鰺
米屋夕食13


お刺身がおいしいと、シアワセ感じます~





戻り鰹のたたき
米屋夕食14


あまり、鰹って好きじゃないけど
ココのはちゃんと、美味しかったです





炊き合わせ
米屋夕食15


鰻さんです。

ちょっととは言え
お昼に続いて、夜も食べられてうれし~





岩塩焼き
米屋夕食16


岩塩焼きのお塩が、遊びに来ました~。





伊勢海老とローストビーフ
米屋夕食17


本日のメインの
伊勢海老とローストビーフです。

ローストビーフは、もちろんそのままいただきますが
伊勢海老の方は・・・





伊勢海老の岩塩焼き
米屋夕食18


岩塩の上で
温めて、いただきまーす





強肴
米屋夕食19


地金目鯛の煮付けです。

・・・コレはフツーかもぉ。





箸休め
米屋夕食20


『米屋の金胡麻豆腐』です。





口替り
米屋夕食21


3種類から選べたので
『秋味焼浸し』にしてみました。

他の選択肢は
丸茄子の田楽か、ビーフシチューでした。





食事
米屋夕食22


こちらも選択肢が3つあったので
ダンナさまも私も、『松茸炊き込みご飯』を選んでみました。

鯛茶漬けも悩んだけど、やっぱり秋だし
『松茸』の文字を見たら、頼まずにはいられませ~ん。


ちゃんと1人1つ、お釜がやってきました





松茸ごはん
米屋夕食23


お茶碗によそって





いただきまぁーす
米屋夕食24


1人1釜だから、おかわりもできるも~ん





水菓子
米屋夕食25


食後のデザートは
パンナコッタと栗です。




ごちそうさまです
おいしかったです~








ちなみに、コチラの旅館は










お夜食
夜食1


夜食で
帳場でラーメンがいただけます





醤油ラーメン
夜食2


いたってシンプルな醤油ラーメンです。


たかがラーメン
と、言ってしまえば、それまでですけど

こーゆー風に、夜食でいただけると
なんか楽しくなっちゃうんです。私

テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
2014_01_15


米屋の大浴場は、岩風呂と古代檜の風呂の2種類があって
時間によって、男女入れ替えになります。





大浴場
米屋お風呂1


到着した日は、写真奥側の岩風呂が
女性用になってました。





岩風呂
米屋お風呂2


チェックイン後にすぐいったら
誰もいなかった





洗い場
米屋お風呂3


貸切状態





露天風呂
米屋お風呂4


眺望はないですけど、の~んびり





脱衣所
米屋お風呂7


ちゃんとタオルが置いてありまーす。





マッサージチェア
米屋お風呂5


マッサージチェアがおいてあると、うれしいです~
お風呂後に利用して、リラックス





洗面台
米屋お風呂6


近づくと・・・





アメニティ
米屋お風呂8


お部屋と同じように、基礎化粧品が置いてあるので
手ぶらで大浴場へ行けちゃいまーす





入浴後のお楽しみ
米屋お風呂85


お風呂上がりは、小さい頃に飲んだ
懐かしいジュースでクールダウン











利用したのは翌日ですが、古代檜風呂もご紹介を。











のれん
米屋お風呂15


時間入れ替え制なので
翌朝は、古代檜風呂が女性用になってました。





古代檜風呂
米屋お風呂17


岩風呂と比べるまでもなく、コンパクトです。





洗い場
米屋お風呂18


湯気で白くなってしまいましたが
こちらのお風呂は、洗い場もコンパクトです。





露天風呂
米屋お風呂16


露天風呂は岩風呂でーす。





脱衣所
米屋お風呂19


古代檜風呂は、コンパクトな設計になっているようで
マッサージチェアはなかったです。





お風呂上がりは、牛乳を
米屋お風呂855


朝は、お風呂上がりのドリンクが
牛乳に変わります。

地味にこーゆーの、うれしーですよね











お風呂紹介ということなので、なんなら貸切風呂も。












貸切風呂
米屋お風呂9


米屋は、貸切露天風呂が1つあります。
ただ、洗い場はないので、湯船しかないでーす。






米屋お風呂14


1回、外へ出るので
シブーイ傘がおいてあります

いいなぁ。コレ。





1度
米屋お風呂10


外へ出て






米屋お風呂11


門をくぐると





脱衣所
米屋お風呂13


こじんまりと。





露天風呂
米屋お風呂12


この貸切風呂は利用してないのですが
中が気になったので、見学だけしてみました。





テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
2013_11_25


『淘心庵 米屋』のお部屋は
本館・別邸・離れの3種類があります。

離れは、全室和室仕様でそんなに興味がなかったので
本館と離れとで、どっちがいいか悩んだんです。




1つの判断基準になる価格も
全然変わらないし

別邸の方が、いいような気がするけど
本館は、『平成22年6月リニューアル』ってあるから、1番新しいカンジかなぁ?とも思ったし。





で、はむたんには決められなかったので
ダンナさまにどっちがいいか聞いてみたら

『・・・本館かなぁ』ってコトで
本館にしてみたんだけど。





でも。
たぶん、コレは失敗





リニューアルしてても、元の造りが古いから
別邸の方が全然新しそうで、キレイそうでした・・・。

別邸のお部屋そのものは、見てないけど
建物の廊下なんかから想像すると、おそらくそうだろうと・・・。





なので、もしも泊まることがあるなら
別邸がおすすめだと思われます~





そうは言っても、お部屋そのものは広くてキレイだし
居心地よかったから、またリピしてもいいなぁ~って思ってるワケですが









今回のお部屋
米屋おへや1


『ぼたん』という、48㎡の和洋室のお部屋です。





ドアを開けると・・・
米屋おへや2


はむたんの第一印象。


リニューアルってウソでしょぉぉぉぉ


けっこう年季入ったカンジで
ちょっとビックリしました・・・








トイレ
米屋おへや3


すぐ右手前側がお手洗いになってます。





肝心のお部屋
米屋おへや6


玄関の左側が、お部屋になってます。

・・・安心しました
玄関口と違って、ちゃんとリニューアルされてまーす





角度を変えて
米屋おへや5


ちょっとレトロ感が漂う、和室スペースです。





座椅子
米屋おへや20


『殿様イスだぁ~』と
ムダにひじをかけて、喜んでおりました





冷蔵庫
米屋おへや8


冷蔵庫を開けると





こんな感じ
米屋おへや7


このビールとお水は無料です~






米屋おへや9


なんか、おばあちゃんちにありそうな
ノスタルジックなカンジ。

と、いうか。
映画のリングに出てきそうな・・・





ちょっと違うかな










ふすまを開けると
米屋おへや10


ふすまの中には、作務衣と寝間着
それに足袋が入ってます。

こちらの大浴場には、タオルなどが完備されていて
特に何かを持ってく必要があるわけじゃないからかな。

カゴバッグは、置いてませーん。






ベッド
米屋おへや11


和洋室なので、お布団ではなくベッドです。
日本人だけど、はむたんはやっぱりベッドがスキ





ベッド側から、リビングスペースを
米屋おへや12


元々、住宅街だし、2Fということもあって
特に眺望はないけど

十分なスペースで
のーんびりくつろいでました~





TV
米屋おへや13


の、隣に
小さい壺みたいなのがありますが




茶香炉
米屋おへや22


なんか、香炉っていうと
平安時代を連想するのは、はむたんだけ???

この茶香炉のおかげで
お部屋の中が、常にいい香りです~





洗面台
米屋おへや15


玄関の右奥が、お風呂になってます。





アップで
米屋おへや16


特にこだわりがなければ

化粧水や乳液は、置いてあるから持って行かなくても大丈夫
もう1本はたしか、メイク落としだったような気が・・・



メンズのも置いてるし
『手ぶらで行っても大丈夫』って、うれし~









巾着袋
米屋おへや17


この中に
コットンや歯ブラシなんかが入ってます。





お風呂
米屋おへや18


檜の良い香りがしまーす

半露天風呂だそうですが
・・・それはどーなんだろお。





シャワー
米屋おへや19


たびたび、このPOLAのコンディショナーを見かけますが
私、コレ、キライじゃないです





館内図
米屋おへや21


パブリックスペースが、ちょっと残念な本館ですが
お部屋の中にいる分には、気になりません。

周りに何もないところなだけに
その分、お部屋でゆーっくりできました



テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
2013_11_21


城ヶ崎海岸でのーんびりお散歩した後は
伊東へ戻り、本日のお宿『淘心庵 米屋』へ。





淘心庵 米屋
米屋1


チェックイン時間あたりに着いたら

ちょうど、ご年配の夫婦が前にいて
『ただいま』って門をくぐられてました。



リピーターの方が多いのかなぁ。
でも、分かる気がします。








はじめまして
米屋2


門をくぐると、建屋まではすぐなのですが
小さいながらも






米屋3


川が流れてます

『今年は水不足で・・・』って、女将さんがおっしゃってたので
本来なら、もう少し水量が多いのかも。






米屋4


小さなお庭スペースながらも
小さな池があって、鯉が泳いでました~





米俵
米屋5


エントランスでは、米俵がお迎えしてくれます。

やっぱり『米屋』だから





帳場
米屋55


こちらで、チェックイン手続きを行います。

実際は、人がいっぱいだったので
人がいない時の写真を載せてます。





座ってみた
米屋6


本来なら、このガラス窓から
滝が見えるらしいんです。

ただ、今年は雨があまり降らなかったから
確かに、豪快な滝というよりも
細くちょろちょろ水が流れてる・・・っていうカンジで

『お水が少なくて、恥ずかしいわ』って、女将さんがおっしゃってました。


でも、そんなコトないですよ~。
目の前の窓が大きいと、それだけで気持ちいいもん








小菓子
米屋7


チェックイン時には、お抹茶と小菓子
おもてなし





エレベーター
米屋8


お部屋へ案内していただきまーす。

エレベーターの1Fは
写真は撮ってませんが、お土産コーナーになってました。





花車
米屋9


『淘心庵 米屋』は全部で17室という、こじんまりとした旅館です。
だから、敷地や建物が広いワケでもないし

伊東といっても、南伊東だから

海が見えるワケでもないし
まわりは民家なので、何かあるワケでもなく。




でも、趣や風情を大切にしようっていう雰囲気が
伝わってくる感じがします。




テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
2013_11_20


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。