1年ちょっと前のお話になってしまうのですが・・・






ダンナさまが
『泊まらなくてもいいから、アマンへ行きたい

と、騒ぐので
彼のバースデーのお祝いで、『ザ・レストラン by アマン』へ行ってみました~。



オープンしばらくは、レストラン利用も宿泊者のみだったようなのですが
そのうち、レストランだけの利用もできるようになったので。











ガーデンレセプション
アマン1


アマン東京の33F ロビーフロアになります。
ダイニングがあるのも、こちらの33Fです。



和紙に覆われた、壮大な吹き抜けと圧巻の天井高
枯山水あり、水が張る空間に生け花ありと

静かな時間が流れる、こちらのロビーひとつとっても

『アマン』の非日常なラグジュアリー感を
完成された、圧倒的な美しさを感じます。





それはもちろん、泊まってみたいけどさ
価格を考えると、温泉も捨てがたいしなぁ

と思ってしまう、お年頃なワケで・・・。












テーブルセッティング
アマン2


ロビー見学を終えて
レストランへ来てみました~。







ザ・レストラン by アマン 内装
アマン3


ダイニング内も、天井が高いです~

人も少なく
静かでゆったりした空間が、広がってます。








カンパイ
アマン6


グラスシャンパンは、ルイナール ブラン・ド・ブラン。
おいしーよね







メニュー
アマン5


あらかじめ予約したのは
こちらの18,000円(ぐらいだったかと・・・)のコース。



telで問い合わせた時に
コースは2種類あって、品数は同じで内容が豪華になる

と、いうことだったので。





『アマン』っていうだけで、高いと思っていたので
想定外の良心的な価格に、よいイミでビックリです~












窓の外
アマン7


だいぶ、店内が反射してしまってますが・・・

窓の奥の方で、棒状のオレンジに光ってる建物が
東京タワー








パン
アマン8


パンは、こちらの3種類。







パンのお供
アマン9


パンのコンディメントも
オリーブオイル・ホイップバター・岩塩の3種類。







アミューズ・ブーシュ
アマン10


なんだったか、覚えてないので







アップで
アマン11


とりあえず、写真だけ・・・







冷前菜
アマン12


北海道産ホタテ貝のカルパッチョ 
菜花と色々な人参のインサラータ 紫蘇のサルサとイスラエル産フレッシュオシェトラキャビア







アップで
アマン13


新鮮なホタテがおいしくて
ウニもキャビアも一緒に楽しめる、ゼイタクな一皿







温前菜
アマン15


ソフトシェルクラブ 
青森県産菊芋のブルーテ 黒酢のアクセント







アップで
アマン16


ソフトシェルクラブ、大好き







パスタ
アマン17


手打ちパスタ オレキエッテ 
鴨肉のボロネーゼソースと鴨レバーのフリット 3色のカリフラワーを一緒に







アップで
アマン18


手打ちのオレキエッテが、おいしい

ボロネーゼのソースをたっぷり絡めて
鴨レバーの濃厚な旨みも楽しみながら、いただきます。








お魚
アマン19


ホウボウのポワレ 
天蕪と長野県産ちぢみほうれん草 浅利のジュと山葵







アップで
アマン20


あらかじめ、苦手と伝えていたので
はむたんのは、山葵ナシです。

『もう、これだけでずっと飲んでいたい』と思ってしまう、あさりのジュのソースと
しっとりと仕上がったホウボウが、よく合います








日本酒
アマン21


フツーだったら、ワインを合わせるところだけど

メニューに日本酒もあったから
アマン東京ブレンドの真澄を。








パン
アマン22


パンがなくなって、リクエストを聞かれたので
バゲットとみるくパンをいただきました~。







お肉
アマン23


岐阜県産飛騨牛うち腿肉の味噌漬け焼き 
フランス産フォアグラと下仁田葱のコンフィ ペリグーソース 黒トリュフのスライス







アップで
アマン24


メインがうち腿肉ということで
正直なところ、メニューを見てガッカリしたんだけど



目の前にお皿が来た時点で、トリュフの香りが広がります。

一口食べて
『ごめんなさい』って、謝りました。




お肉の、赤身の旨みが存分に味わえて

添えてあるフォアグラと、ペリグーソースで
とってもおいしくいただきました











デザート
アマン25


福岡県産あまおうのシャルロットと飴細工 
ポルト酒とスパイスのジュレ タヒチバニラアイスクリーム カシスとルバーブのコンポート







アップで
アマン26


『アマン』という名前が、どうしてもついてくるから
期待しないで、お店へ行ったのですが

想定外に、どのお料理もおいしくて
このゆったりした空間も、とても心地よくて




大満足のディナーになりました











プティフール
アマン27


プティフールをいただきながら、余韻に浸ります。







ごちそうさまでした
アマン28


ロビーがあまりにもステキなので
帰る前に、もう1度写真を撮ってみました~。







スポンサーサイト
テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ
2017_06_07


石川町駅からすぐのイタリアン
『リストランテ レガ(RISTORANTE REGA)』へ、行ってきました~。

今回はディナーですが、ランチは特にCPが高いお店です。






外観
REGA1_2017041701034551c.jpg


こじんまりとした、かわいらしいリストランテです。
たぶん、常連の方が多いんじゃないかと、勝手に思っております。






カンパイ
REGA2_201704170103463b5.jpg


とりあえず
泡&白でカンパ~イ

そう広くない店内は、ぎっちりテーブルで埋められてます。

ちょっと残念でもあり
でもそれも、こちらのお店の味の一つとも言えるかと。






ストゥッツィキーノ
REGA4_201704170103480fe.jpg


ストゥッツィキーノは
鯛のカルパッチョ。






パン
REGA5_2017041701034906e.jpg


パンのお皿が、ナスの形をしてます~






前菜1皿目
REGA7_20170417010351abb.jpg


前菜の1皿目は、お野菜と白魚のフリット






前菜2皿目
REGA8_20170417010352d39.jpg


前菜の2皿目は、生ハムの下に
ホワイトアスパラガスとポーチドエッグが、隠れてます。






パン
REGA10_20170417010354083.jpg


最初とは違うパンが、遊びに来ました~。






パスタ1皿目
REGA12_20170417010357ab2.jpg


パスタの1皿目は、ワタリガニのスパゲティ






パスタ2皿目
REGA13_20170417010358fae.jpg


パスタの2皿目は、ウサギとゴボウのガルガネッリ






ペッシェ
REGA15_20170417010401abf.jpg


お魚は、選択肢がいくつかあるので
はむたんは、鮮魚のヴァポーレを。

この日は確か、スズキだったと思います。
白ワインのソースで。






ダンナさまのお魚
REGA16_20170417010403064.jpg


ダンナさまは、甘鯛の鱗焼きを。
カポナータが添えられてます。






カルネ
REGA17_20170417010404ae4.jpg


お肉は、はむたんは
フォアグラと黒毛和牛のポアレ マルサラソース (+¥1,000)を。






アップで
REGA18_201704170104064c4.jpg


フォアグラとお牛さまが、ステキです~






ダンナさまのお肉
REGA19_20170417010407ce1.jpg


ダンナさまは、スペイン産イベリコ豚のロースト。

コレ、ちょっともらったんだけど
ソースがおいしい



お肉、こっちが正解だ~(心の声)









ドルチェ
REGA20_20170417010409619.jpg


ドルチェは、フォンダンショコラ。






小菓子
REGA21.jpg


カフェと一緒に、小菓子をいただきます。



正直なところ、今回ビジュアル的に
『ん???』と思ったのがいくつかあったのですが

たぶん、またランチでお邪魔すると思われまーす








テーマ : イタリアン    ジャンル : グルメ
2017_04_19


横浜エリアで大人気のイタリアン、『SALONE2007』ですが
しばらくご無沙汰しておりました。

その間に、中華街のあたりから
山下町のバーニーズの地下へ移転したのも知ってはいたのですが

行く機会がなく・・・





と、いうコトで
ようやくランチですが、行ってみました~










バーニーズの地下
salone1_201602252205581b9.jpg


先程も書きましたが

以前は、中華街の端っこのあたりだったのですが
バーニーズニューヨークのB1へ移転しております。






テーブルセッティング
salone2_20160225220559f60.jpg


移転後はじめてのsaloneだし、
ランチタイムに伺うのもはじめてだから、楽しみ






内装
salone3_20160225220601c89.jpg


以前よりも広くなって、お隣のテーブルとの間隔も広いし
高級感がUPして、より落ち着いた雰囲気となっております。






シャンパン
salone4_2016030218512828f.jpg


シャンパンでカンパイ






Inizio/序章
salone5_201602252206040e5.jpg


A5サーロイン・メークイン・トリュフ

SALONEでお決まりの、最初の一皿。
シアワセ






メニュー
salone6_201602252206516dc.jpg


9月のランチのメニュー。
ランチは、5,000円のコースオンリーです。

ちなみにディナーも、12,000円のコースのみで
月ごとにメニューが変わります。






Stagione/訪れ
salone7_2016022522065221d.jpg


カツオ・葡萄・モッツァレラ





アップで
salone8_201602252206546a9.jpg


戻りカツオは、バーナーで軽く表面が炙られてます。






パン
salone9_20160225220655d53.jpg


オリーブオイルたっぷりのフォカッチャは
ローズマリーやお塩が効いていて、そのままでおいしいし

シンプルな白いパンも
そのままでも、お料理に合わせても






Ispirazione/着想
salone10_20160225220657d8e.jpg


ラビオリ・ペッシェラグー・ブロッコリー・リコッタ





アップで
salone11_201602252210073f0.jpg


ブロッコリーとリコッタチーズのフィリングを挟んだだけの
包まれていないオープンラビオリです。

上の黒いのは、アンチョビと竹炭のパン粉で
ピンクペッパーもかかっています。

お魚の出汁が効いたラグーと、この黒いパン粉
かなりイイです






Campanilismo/郷土
salone12_201602252210085bd.jpg


鮮魚・トラバネーゼ・茄子





Birra
salone13_2016022522100998e.jpg


ダンナさまは、メナブレアを。





Terra/大地
salone14_20160225221011b46.jpg


オルゾット・人参・牛ラグー






アップで
salone15_201602252210122bb.jpg


牛ラグーソースでいただく、大麦のリゾットの上には
赤ワインビネガーで味付けして、オーブンで焼いた人参が。

タイム・ジュニパーベリーの香りも楽しめます。






Ristretto/濃縮
salone16_20160225221027602.jpg


ムール貝・サフラン・ンドゥイヤ



ムール貝・アサリとサフランのゼリー・リコッタチーズ
白バルサミコゼリー・松の実・ンドゥイヤ・フィノキエットのパン粉・マジョラムなど

この日のワンスプーンのお料理も
とても複雑な味わいが楽しめる、計算し尽くされたものでした。











赤ワイン
salone17_2016030218512902b.jpg


お肉の前に、2人とも赤ワインにしてみました~






Filosofia/哲学
salone18_2016022522103086b.jpg


仔羊・ポレンタ・ひよこ豆・レーズン






アップで
salone19_20160225221032bcb.jpg


ポレンタの上に
煮込まれた仔羊・ひよこ豆・燻製されたリコッタチーズ・レーズン・ヘーゼルナッツ

シナモンパウダーも、かかっています。






Spaghetti/お好きな量で・・・
salone20_20160225221033323.jpg


SALONEのランチといえば
のこちらのポモドーロは、自分のお好みの量でオーダーできます。

と、いうコトで
はむたんは80gを。





だいたい女性で30~60g、男性で80~100g
と、説明していただいたので

まぁ、小食のはむたんだから、男性の少なめ量ぐらいでちょうど・・・
かな???と、思って。





以前なら、もう少し多めでオーダーしていたと思いますが
最近、胃の縮小化を図ってるんです~











150g
salone21_20160225221202a24.jpg


ダンナさまは、150gで。
前の写真の80gと比べると、やっぱりボリュームありますね






Dolce/小さなドルチェ
salone22.jpg


北イタリアピエモンテ州の郷土菓子 ボネ

アマレッティというビスケットを砕いて混ぜ合わせた
チョコレート風味のプリンです。






アップで
salone23.jpg


ボノの上には、アマレッティのジェラートが。
カラメルがかかっていて、トップには砂糖漬けのオレンジを。

まわりには
砕いたスポンジケーキとアマレッティが、散りばめられています。






P.P.e Caffe o Te/お茶菓子と コーヒー、エスプレッソまたは紅茶
salone24.jpg


小菓子と一緒に・・・






紅茶
salone25.jpg


紅茶をいただきます。






ごちそうさまでした
salone26.jpg


スタッフお手製の、イラスト入りメニュー。







お久しぶりの
そして初ランチタイムのSALONE2007でしたが


SALONEの少量多皿の構成は、以前と変わらず
いえ、以前以上に驚きと興奮に満ちていて

存分に楽しませていただきました











お散歩
salone27.jpg


余韻を楽しみながら、ちょっとお散歩を・・・。






ケーキ
salone28.jpg


どこのだったか忘れたけど
ケーキを買って、おうちに帰りました~







テーマ : イタリアン    ジャンル : グルメ
2016_03_02


前のお話になってしまうのですが

2014年のクリスマスディナーは
『O Pulecenella』へ、行ってきました。



横浜のイタリアンといえばココ
的なお店です。








テーブルセッティング
オ・プレチェネッラ1


外の道路を見ると、雨で濡れてるのが分かります。

そういえば、以前にディナーへ来た時も
雨が降っておりました。





メニュー
オ・プレチェネッラ2


クリスマスは、こちらのコースメニューになってます。





カンパイ
オ・プレチェネッラ4


とりあえず、スプマンテで乾杯





付き出し
オ・プレチェネッラ3


付き出しは、3種の盛り合わせになってます。

左のカップの中味は、イイダコ。
その下に、細かく砕かれて、クリーミーなピュレ状のブロッコリーが。
ポテトも入ってます。

真ん中が、あわびの香草パン粉焼き

右が、寒ブリ ういきょうのヴァネットソース







パン
オ・プレチェネッラ5


シンプルなパンは
そのまま食べても、お料理のソースに合わせても

どっちもおいしい





冷菜
オ・プレチェネッラ6


ズワイガニとプンタレッタのサラダ
レンズ豆のエスプーマとサンダニエーレ産生ハム





アップで
オ・プレチェネッラ7


レンズ豆のソースは、本当にレンズ豆
プンタレッタっていうお野菜のシャキシャキ感が、いいアクセントに。





店内
オ・プレチェネッラ8


ポインセチアに、クリスマスっぽい飾りがついてるような。





温菜
オ・プレチェネッラ9



フォアグラを詰めた玉ねぎのアルフォルノ
バルサミコのヴィネグレット





アップで
オ・プレチェネッラ10


皮ごと焼かれた玉ねぎは、水分をいっぱい含んでいて
口に入れると、甘さが広がります。

濃厚なフォアグラは、おいしいのはもちろん
触れてた部分の玉ねぎにも、フォアグラの味がしっかり染み込んでます。





パンのおかわり
オ・プレチェネッラ11


ハイ、ココから
1皿来るごとに、パンもおかわりしております。

だってーーーー。
パンが進むんだもーーーーーーん。

ランチタイムはともかく
ディナータイムは、サービスもいいしね






パスタ
オ・プレチェネッラ12

自家製フレゴリーナ 桑名産はまぐりと甘鯛のウロコ焼





アップで
オ・プレチェネッラ13


ふっくらしっとりの甘鯛は、鱗がパリパリでイイ食感。

身が厚くて、ぷりっとしたはまぐりは
甘鯛と共に、火の入りが絶妙。

自家製の細かいパスタも、ソースとよく合います。





パスタ2
オ・プレチェネッラ14


仔牛肉を詰めたアニョロッティデルプリン
欧州産3種のキノコと伊産冬トリュフ





アップで
オ・プレチェネッラ15


この写真を撮りながら

トリュフもしっかり薫りがするし、ポルチーニとか
きのこの薫りもすごいんです

パスタはハーブの薫りがして、ソースもおいしいから
色々楽しめる一皿です。





メイン
オ・プレチェネッラ16


仏シャラン産鴨肉のカラメル焼き そのスーゴのソースと
アンディーブのロースト添え





アップで
オ・プレチェネッラ17




この鴨、はむたんが今までの人生で食べた鴨の中で
間違いなくNO.1のおいしさ

皮はしっかり焼き目がついていて、ものすごぉーく香ばしい。
もうっ、たまりませんッ

厚くカットされた身は、本当に柔らかくて。
アンディーブの苦味もイイですね。





ドルチェ
オ・プレチェネッラ18


エスプレッソとキャラメルムースのトルタ
チョコレートのマカロンとブラッドオレンジのソルベ





アップで
オ・プレチェネッラ19


このソルベ、ブラッドオレンジの味が濃いです。

飴細工がキレイで
チョコのムースはもちろん、もっちりしてチョコが濃厚なマカロンもおいしい。






今回、オ・プレチェネッラへ行って
あらためて、そのおいしさを再確認しました

店内は狭いし、バッグ置くところはないし
マフラーは預かってもらえないし
ランチタイムのサービスは、全然よろしくないしで

色々ありますけど




でも、おいしいから
また行きます






テーマ : イタリアン    ジャンル : グルメ
2015_07_31


ちょっと前のお話になってしまいますが、
石川町にある、リストランテ・レガへ行ってきました~。




数年前に1度、クリスマスディナーで行った後は
1度も足を運ぶことがなく。(特に理由はないんだけど)



でも、気になっていたので
今回ようやく、ランチで行ってみました~。










RISTRANTE REGA
rega1.jpg


石川町の駅を出て、元町方面とは逆に
ちょろっと歩いたところにあります。





メニュー
rega2.jpg


今回はMenu B (¥3.500)の
前菜・パスタ・お魚・お肉・デザートがいただけるコースにしてみました。

他には、お魚orお肉のMenu Aや、メインが付かないパスタのコース、
こだわりの特別コースなんかがあります。





アミューズ
rega3.jpg


今回はカメラを忘れて、スマホで撮ったので
あまり画像がよくないです~。

楽しみすぎて、カメラを忘れたパターン



覚えてないけど、ビジュアル的にタコのマリネだと思われます。
ジェノベーゼソースでいただきます。







スパークリングワイン
rega4.jpg


食べログのクーポンを持って行くと
もれなくワンドリンクいただけちゃいます





前菜
rega5.jpg


4種の盛り合わせになっています。
左から、生ハムメロン・トリッパの煮込み・バーニャカウダ・なにかのお魚のフリットのマリネ

前菜盛り合わせって、アタリハズレがありますけど
こちらのお店は、どれもおいしくいただきました~。




内臓系って食べず嫌いなところがあって、初トリッパでしたが
この独特の食感、けっこうスキかも









パン
rega6.jpg


フォカッチャ大好き





ニョッキ ゴルゴンゾーラ
rega7.jpg


はむたんは、パスタはコチラを選択。
ゴルゴンゾーラLOVE





アップで
rega8.jpg


もっちりした食感と、ゴルゴンゾーラの旨みたっぷりのソースが
とってもよく合っていて、最後まで飽きずにいただきました~。

おいしくないニョッキって、飽きちゃうんです・・・。私。






本日のパスタ
rega9.jpg


ダンナさまは、本日のパスタを
オイルベースのパスタです。





パン
rega10.jpg


パンのおかわりをもらって。





鮮魚のソテー 春キャベツのスープ仕立て
rega11.jpg


お魚は、ダンナさまはこちらを。





カナダ産オマール海老とホタテ貝のグリル(+800円)
rega12.jpg


お魚は、はむたんはオマールしゃん





アップで
rega13.jpg


ぷりっ





鳥取大山鶏のクレピネット マルサラソース
rega14.jpg


ダンナさまは、お肉はコチラを。
しっかりと歯ごたえが楽しめて、鶏の味も濃いです~





北海道産黒毛和牛のタリアータ(+800円)
rega15.jpg


はむたんは、タリアータを。





アップで
rega16.jpg


キレイなロゼ色
お肉はもちろん、サイドのポテトもおいし~





パン
rega17.jpg


おかわりすると、パンが変わるのもうれしーです~





デザート盛り合わせ
rega18.jpg


この時は、はむたんのバースデーランチだったので
それを伝えたら、デザートが盛り合わせになって遊びに来ました~

さらに。
マフィンのお土産まで、いただいちゃいました





ティラミス
rega19.jpg


デフォルトのデザートは、ティラミス。
もちろん、盛り合わせのものより大きいよ。





プティフール
rega20.jpg


最後は、紅茶と一緒にプティフールをいただいて







UP料金のものも混ざってますが
この内容で3,500円って、コスパ高いと思います

こじんまりとした店内は
女性のお客様でいっぱいでした。





テーマ : イタリアン    ジャンル : グルメ
2014_07_17


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top