朝食の始まりは、ジュースから
朝食 ジュース


湯河原の青みかんジュースです。

寝覚めの1杯ということで
シークヮーサーに似た、爽やかな酸味が




まずはお膳が
朝食1


それぞれの中身は・・・




こんな感じです。
朝食2


右手前のものは、大根なのですが
お出汁がいい感じで、思わず飲んでしまいました。

上にのってるのは、あわびです。
これも、おいしくて


後は、見たとおり
サラダと、香の物と。




炭火
朝食 炭火


コレで焼くのはもちろん




はむたんの金目鯛
朝食 魚1


干物です




ダンナさまのかます
朝食 魚2


あともう1つの選択肢は、鯵でした。




ごはんセット
朝食 ごはん


ごはんは、もちろんおひつで来ますよ
お味噌汁は、しじみ汁でした。

奥の黒い小箱の中は




小鉢たちが
朝食 小鉢


左上から時計回りに

くるみ・塩辛・しらす・わさび漬け・海苔のつくだに・こんにゃく味噌

です。




食後のフルーツ
朝食 フルーツ


昨日の夕食は、食後はお茶でしたが
朝食の場合、コーヒー・紅茶・リラクゼーションティ(ハーブティ)の選択肢があるようです。

朝はコーヒーっていう人、多そうですもんね




カフェ
朝食 カフェ


私は、リラクゼーションティを。

『セントジョーズワート』という
爽やかな香りで、ちょっと酸味が強いものです。

だから、はちみつがおすすめなんですね。




イスに座って
朝食 カフェ2


せっかくなので、畳を離れて、いただきます。




外を見ながら・・・
朝の光


ココ、秀邑は、心からリラックスできるお宿だと思います。

お値段もハンパないけど
居心地の良さも、ハンパないです。



ただ、現実問題として、こちらへ泊まるお金があれば、海外へいってしまうと思いますので
リピは・・・難しいです。
どーしたって、高いもん




気持ち的なところで言えば
また行きたいのは、間違いないです。









思わぬアップグレードで、非日常の世界を味わうことができました。
仲居さんの、つかず離れずな感じも、心地よくて。

もちとん、帰る時は
見えなくなるまで、ずっと手を振ってくださいました。









リピしたいけど、厳しいので
もう少し、手の届くところで、どこか探してみようかな~。

また、どこかのんびりできる温泉旅館に行きたいので

どー探しても、手の届く範囲じゃ
秀邑にはかなわないんだろうけど









本当にステキなお宿でした。
ほむら






・・・とりあえず。
ようやく秀邑終えられたぞ
スポンサーサイト
テーマ : 露天風呂付き客室のある宿    ジャンル : 旅行
2012_02_06


そんなに、早起きするタイプでもないし
ましてや、温泉へ行っても、わざわざ朝風呂へ行くことは、ほとんどないのですが

ココ、秀邑の場合は、例外です。



絶対に、朝ごはん前にも入らないと
広いし、源泉かけ流しだし、自然の中で気持ちよいし





朝の露天
朝の露天


お天気も良いです




傘と一緒に
傘と露天風呂


お風呂、広いでしょ




下を流れる川を見ながら
朝の露天3


時間の流れが止まったかのような錯角さえ覚えます。
そのくらい、ひたすらぼーっと・・・。




お部屋の外観
お部屋 外観


うん。
外観を明るい時に見ると、田舎の民家みたいな(笑)

でもきっと、土間だったり、トイレが外だったりとかって
そーゆーコンセプトなのかなぁって思ってみました。





川


時期によっては、鹿さんも通るとかって
仲居さんが、おっしゃってたような・・・。




お風呂上りのジュース
ジュース


格別ですタダだし



このあとは、朝ごはんです~
朝風呂もいいですね
テーマ : 露天風呂付き客室のある宿    ジャンル : 旅行
2011_07_28


久しぶりの更新になってしまいました・・・。
コメントいただいてたのに、お返事がおそくなってしまいまして
本当にゴメンなさい




先週の3連休は、軽井沢へ行ってました。
毎回、旧軽かアウトレットくらいしか行かないのですが
何度行っても、飽きません(笑)

個人的に、アウトレットなら、軽井沢が1番好きかも
御殿場も楽しいですけど






本題の秀邑のお話に戻って。

離れ2部屋のみなので、特にパブリックスペースというものは、ありません。
なので、必然的にお食事もお部屋になります。




カンパ~イ
食事


仲居さんが、1品ずつ運んでくれます。

はむたんたちを担当してくれた仲居さんですが
若い方で、とても良い方でした




茶碗蒸し
茶碗蒸し


きんこの茶碗蒸しです。(分かりずらい写真でスミマセン
なまこすら食べた覚えがないのに、『きんこ』だなんてはじめて聞きました。

なまこを干して、味を凝縮したものと、おっしゃってましたが
人生初のなまこ、いけますね




前菜
先付


左上から、時計回りで

カプレーゼ
マスタードで煮た大根の雲丹のせ
カニのマリネ

です。

マスタードがキライなはむたんですが、こーゆーのはいただきます
だって、おいしそーで、食べないともったいないじゃーん

まぁ、しっかりマスタードのお味を感じましたけど・・・。




ヴーヴ
ヴーヴ


ハイ、シャンパン入りました~

予想外にステキなところに泊まれちゃって
ワインも良心的ときたら

飲まないワケにはいかないでしょー


でも、はむたんはお酒に弱いので、ほとんどダンナ様に飲まれてしまいました




お椀
おわん1


さよりとわらびのお椀です。




ふたを開けると
おわん2


お上品な、優しいお味でした。




御造り(2人分)
お造り1


本鮪 石鯛 スズキ 平目

涼しげな演出です。




アップで
お造り2


1人分だと、こんな感じです。

甘さ強めの、土佐醤油でいただきます。
おいし~
もっとちょーだぁい




パスタ
からすみのパスタ


からすみのパスタです。 
青じそドレッシングをお好みで

メニューにはなかったらしいけど、料理長がぜひってことだそうです。
元々、お品書きはないから、メニューにあったのかないのか、よく分かりませんが


もう少し、からすみが主張してくれた方が、好み・・・かも。




サラダ
サラダ


春野菜 芽キャベツとホタルイカの温サラダ

芽昆布のドレッシングでいただきます。
ホタルイカ、おいしいもんね




メイン(2人分)
焼き物1


茨城の紫峰牛です。
サシがいい感じで入ってます。

エリンギっぽく見えるのは、なんとかしいたけっておっしゃってました。
(なんだったか、思い出せませーん)
普通のしいたけより、甘くて丸い味でおいしいですよ~。




溶岩焼
焼き物3


下から熱を加えるワケではないので、早めに焼いてねって。
もちろん、『急がせるようで申し訳ないのですが』っておっしゃってました。




薬味
薬味


黒七味・千本ねぎ・辛味大根・オレンジポン酢・みそ・岩塩
の6種類です。

でもね。
お肉は、1人3切れなんです。


計算おかしいって絶対
6種類あっても、全部試せないよ~


心から、もっとお肉ほしいと思いました。
薬味がいっぱいなのに、おあずけ状態・・・




ご飯(2人分)
あさりご飯


深川飯です。

初めて食べたのですが、おいしくて




お茶碗によそって
ご飯とお味噌汁


お味噌汁もやってきました。




香の物
香の物


ちゃんと1人分ずつ籠でやってきます。




デザート
デザート


柚子シャーベットと苺です。




お茶と一緒に
お茶


お食事も、期待通りおいしかったです~
ただ、ボリューム的には、もっとあってもいいんかなぁ・・・と。(特にお肉

ターゲットが、もう少し年配だとは思うので
こんな感じなのかなぁ・・・とも思いますが。




ごちそうさまです。
ごはん


ヴーヴをほぼ1人で飲んでたダンナさまは
この後しばらく、熟睡に入りました

ベッドがすぐそこで、よかったね


そういえば。
ベッドは、シモンズでした。




夜の露天風呂
夜の露天


ひとり熟睡に入ったダンナさまは、放置プレイで。

夜の露天は、最初はちょっとコワいと思ったのですが
暗いし、めちゃめちゃ静かだし。


でも、その暗さや静けさに慣れると
本当にゆっくりできて、いいですね




ぼーっと。
夜のおふろ


リアルに、1時間以上ボーッとしてました。

普段、温泉入っても、そんなに長湯できないんですけど
ココの露天は、いくらでも入っていられると思います。





月


ダンナさま、ひとり熟睡状態です。




夜のお部屋
夜のお部屋


さすが、奥湯河原ですね。
とっても静かな夜でした。

テーマ : 露天風呂付き客室のある宿    ジャンル : 旅行
2011_07_26


秀邑のお部屋の続きです。
ご参考までに。
こちらの旅館は、2009年6月にオープンしたらしいです。




テラス
ほむら お部屋 窓


お部屋からテラスの方を撮ってみました。
向こう側に、露天風呂もちょっと見えます。




近づくと、こんな感じ
テラス2


土間(で合ってますか?)にある下駄も、いい感じです。




別の角度から
テラス


3月は寒くて、あまりこのイスは使いませんでした。。。




エスプレッソマシン
ほむら お部屋3


お部屋へ1度もどって。


1杯ずつ入れられて、うれしーですね。
ダンナさまはコーヒー派なので、喜んでました。

ミネラルウォーターもおいてあります。




浴衣
ほむら 浴衣


ちゃんと足袋まであるのが、ステキ
浴衣も1枚に見えるけど、ちゃんと2枚あるんですよ~。




冷蔵庫
ほむら 冷蔵庫


ビールは有料になってしまいますが




ソフトドリンク
ほむら 冷蔵庫2


これらのソフトドリンクは、無料です
そーゆー細かいところも、うれしいです~

お風呂上りにはやっぱり、ジュースをぐびぐびっと




ワインセラー
ほむら お部屋 ワインセラー


お部屋にワインセラーまであります
のんべな人は、ついついいっちゃいますね、きっと

詳しくないので、分かりませんが
価格は良心的だと思います。

ヴーヴ(フルボトル)で、7,350円です(ステキ
ちなみに、モエシャンも同じ値段。

・・・だったら、ヴーヴのが絶対いいと思うんですけどぉ。




救急箱と懐中電灯
ほむら 救急箱


使うことにならなくてよかった~




お風呂へ
ほむら お風呂


廊下をまっすぐ行くと




バスルーム
ほむら お風呂2


これ、うちにもほし~
木でできてるの、いいなぁ。




タオル
ほむら お風呂3


このタオル掛け、電気通ってるから、乾くの早いし。




歯ブラシがいっぱい
ほむら アメニティ1


気前いいですね。




ちゃんと化粧水なんかも
ほむら アメニティ2


結唯にもちゃんとあったし。
こーゆーの置いてあると、本当助かります~




シャワー
ほむら お風呂4


使い心地は、フツーに(笑)




内風呂
ほむら お風呂5


かけ流しの天然温泉です。
贅沢です~

時期が時期なだけに、申し訳ない気持ちもありましたが
すみません。
ゼータク気分を味あわせていただきました。




露天風呂
ほむら 露天


3月の寒い時期なので、緑がまばらとはいえ、
超ー気持ちいいです
川も、真下に見下ろせるし。

もちろん、こちらもかけ流しの天然温泉です


本当に申し訳ないとは思いましたが
贅沢に、浮世離れした時間を過ごすことができて
昨日のイヤなコトも、しばらく忘れられました。




別の角度から
ほむら 露天2


一部浅くなって、寝湯になっています。
この露天が本当に気持ちよくて
かーなーりー長時間、入ってました。

日本の旅館っていいなぁ~って、しみじみ思っちゃいました~。



そりゃ、そうですよね。
1泊7万/人 なんていったら、いくら2食ついてるとはいえ
軽く海外旅行だっていけちゃう金額だもん




大げさでなく、心からリラックスできます
おふろ

テーマ : 露天風呂付き客室のある宿    ジャンル : 旅行
2011_07_14


『結唯(ゆい)』を後にして、お隣の旅館『秀邑(ほむら)』へ移動です。

漢字が苦手なはむたん(というか、得意なのあったっけ)には
この秀邑と言う漢字、読めませんでしたよ~




秀邑のエントランス
ほむら 外観1


先ほどの『結唯』は、5室でしたが
こちらの『秀邑』はさらに少なく、2室のみです。

しかも、離れのお部屋です


イヤでも、期待が高まっちゃいます




階段
ほむら 外観2


階段をちょっと上がって、通路を抜けていくと・・・




分かれ道()が
ほむら 外観3


分かりづらいですが
手前側を左へ行くと、今回泊まったお部屋になります。

もう1部屋は、もうちょっと奥を左に曲がる感じです。




お部屋の入り口
ほむら 外観4


ドキドキ




淙(そう)
ほむら お部屋


今回泊まったお部屋は、和洋室の『淙(そう)』というお部屋です。

ちなみに。
もう1つは、『椛(もみじ)』という名前で、和室だそうです。




玄関
ほむら 玄関


この玄関横に、トイレがあります。




トイレ
ほむら トイレ


あえて難点をあげるとすれば。

トイレへ行くのに、一瞬玄関を通らなきゃいけなかったので
そこだけ、ちょっとメンドウだった・・・。




お部屋へ
ほむら お部屋2


靴を脱いでお部屋へ上がると・・・




和室
ほむら お部屋 和室


お部屋へ入って左側が、琉球畳の和室になります。




置物
ほむら お部屋 和室2


なんか、かわいかったから撮ってみた




洋室
ほむら お部屋 洋室


右側が洋室になってます。




天井
ほむら お部屋5


結唯のお部屋もいいなぁ~って思ったけど
やっぱり、はむたんは和洋室の方が好きみたい




お部屋の片隅
ほむら お部屋 洋室2


なんとなく、撮ってみました。




横から
ほむら お部屋4


このお部屋、外のテラスも含め、専有スペースが100㎡になります

本当は、1度に乗せたかったのですが
ちょっと長くなってしまうので
お風呂や細かいところは、次でご紹介します。




1つ言えるのは
アップグレードされて、よかったぁーーー


テーマ : 露天風呂付き客室のある宿    ジャンル : 旅行
2011_07_12


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top