初プーケット、とっても楽しかったです

バンコクの情勢が危ないため、家族はとても心配だったそうですが・・・
旅行前に『プーケットは大丈夫だよ
って何度も言ったんですけど、帰りを待つ方はそうもいかないようで。。。



エヴァソンは、本当にまわりに何もないですし、敷地を出るまでも結構かかるので
アクティブに動きたい方は、他のホテルの方がいいかも。

ですが、ホテルライフを楽しみたい方なら、楽しく滞在できると思います
まわりに何もない分、出歩く気にならないのでゆっくりできます。


気になるレストランでのディナーも、利用しやすい料金設定だと思いました。

1番利用客が多そうだった、Into The View のビュッフェも
価格は850バーツに税・サなので、約1000バーツ。
行った時のレートで換算すると、3000円。

タイで考えたら高いんでしょうけど、ホテル内って考えたらいいですよね。



それ以外のレストランは、頼むものによっても異なりますが
そんなに高くないと思います。

1品だいたい、300~500バーツくらいだったような・・・。
高いのは、もうちょっと高いです。

Medは全体的に高めかな。アラカルト以外にコース料理もあります。

レストランによって、営業していない曜日もあるので
お部屋のインフォメーションで要checkです。



日本人スタッフの方はとても親切でした。

夕食時にレストランでお会いした時は、
色々な日本人客に『何か困ったことはないですか?』って声をかけてました。

こーゆーふうに気に掛けてもらえると、うれしいですね


他にも、Into the Beach のいっつも笑顔のウェイターさんとか
車寄せにいる、やっぱりいっつも笑顔のスタッフとか
通り過ぎる時に、ちゃんとあいさつを欠かさないフロントやレストランスタッフとか
素敵なスタッフもいっぱいいました。


ただ、残念な点もちょっとだけ・・・

インフィニティプール前で、スタッフが数人ペンキを塗っていたのですが
そのまわりに、何人もスタッフが集まってきて、ただ座っておしゃべりしてるんです。

ペンキ塗りの人も、手をとめて一緒におしゃべりです。
2~3時間くらいの間ず~っと。
(↑決して、大げさに言ってるのではないです。午前中ずっとでしたから。)


よくもそんなにしゃべっていられるなぁ(ダンナ様談)


ひょっとしたらタイでは当たり前なのかもしれませんが、
でも、それなりのホテルで、ゲストもいっぱいいる前でって考えると

・・・それってどうなのよって思います。



でも1人だけ、その会話に入らず、黙々と仕事をしてる方もいました

この人は、他の人が全員いなくなった後も、1人でペンキを塗ってました。
ずいぶん、個人差があるなぁ


私個人としては、エヴァソン・プーケットは、リピートは全然ありです
お手頃価格で、コスパが良いホテルだと思います。

プーケット自体は、間違いなくリピします
(言い切っちゃった)


ということで、プーケット旅行記はコレでおわりです。


プール

スポンサーサイト
2010_05_18


5日目、今日は日本へ帰る日です。

まだ帰りたくな~い
旅行へ行くと、毎回そう思います。

片道じゃ旅行にならないから、仕方ないんだけど・・・。



最終日ものんびりしたいので、朝食後は昨日と同じインフィニティプールでのんびりします。
プールの前のbarに2F部分があるのに気付いたので、ちょっとのぞいてみます。

こんな感じで、大勢が座れるソファがありました。
1F部分はカウンターなので、大勢の場合は、こっちに案内されるのかな?
INFINITY BAR

2F部分からプールを見下ろすと、こんな感じです。
2Fから


本当、最後まで良い天気でよかった~
この旅行中は、夜に1度だけスコールがあったけど、後はずっと晴れてました。

日本人スタッフの方のお話だと、私たちが行く2日前までは
お天気が悪かったそうです。

GWの間、晴れててくれて本当に良かった

あ、そういえば。
GWだけあって、エヴァソンでの日本人率はけっこう高かったと思います。



後ろ髪をひかれながらも、シャワーを浴びたり、荷物のパッキングがあるので
12:00頃、お部屋へ戻ります。

若干、あわてながらも3:00前には支度も整い、フロントへ向かいます。


と、私のワンピの裾がほどけてるのを発見
ちょっとひっぱってみたら・・・ほぼ1周ほどけちゃった

ちょうど、外にルームキーピングの方がいたので、針と糸をもらいました。

コップンカー
結局、タイ語は、サワディーカーとコップンカーしか覚えられなかった。。。

あはは・・・


チェックアウト中
チェックアウト


今度は、ちゃんとサラに案内してもらえました

特に問題もなく、すぐに終わったので、ショップをのぞいてみます。
値段高いのかなぁ~と思いながら見てみましたが、石けんなら150バーツとお手頃価格

特に買うモノもなかったので、すぐ出ちゃったけど。


6時まで時間がいっぱいあるので、昨夜いった Into the Beach へ行きます。
ソファ席、ゆったりできます。
昼間の INTO THE BEACH


とりあえず、さっきもらった針と糸で、ワンピの裾をまつります。
何が悲しくて、旅行先でチクチクしてるんだろう・・・


特にお腹すいてるわけではないですが、時間もあるのでビーフハンバーガーを頼んでみました。
確か380バーツくらいだったと思います。

小っちゃいですが、お肉の味がしておいしかったです
また、写真取る前に食べちゃった。。。


昨日は夜だったから気付かなかったけど、
天井から、白い粉が降ってきます。

ダンナ様いわく、ペンキがおちてるんだろう・・・と。

結構な量が降ってきます。
たぶん、ドリンクの中にいっぱい入っちゃってるんだろうなぁ。

でも飲むけど



同じく、昨日は夜で気付かなかったけど、カウンタ付近に黒板がありました。

5~6時と、23時以降(22時以降だったかな?)は
アルコール1杯頼むと、もう1杯無料っていうのをやっているみたいです。

もっと早く知ってたら、夜もっと来たのに~
なので、今後エヴァソンに行かれる方、いかがですか?



6時近くなったので、エントランスへ行くと、お迎えの人が来てました。
私たちの他にもう1組いて、ワゴンで空港へ向かいます

バイバイ、エヴァソン。
また来たいなぁ



帰りも45分くらいで空港へ到着。
特に混雑もなく、お土産売場へ。残ったバーツを使い切ります。500バーツくらい。

スーパーと比べると、お菓子とかぼったくり
ポテチとか3倍以上だもん。ぶちぶち。


帰りのプーケット~バンコク間ですが、国内線なので小っちゃい機材かと思ったら
3-4-3で、バンコク~成田間より大きかった。


乗ってから、わりとすぐに軽食が出ました。
軽食 外箱


中を開けると・・・
軽食


サンドイッチとアップルパイとオレンジジュースが入ってます。

ダンナ様はパンがパサパサと申してましたが
私はおいしくいただきました。

もう、夜だし食べるのやめようと思ったんだけど・・・食べちゃった。



バンコクまでは、すぐです。1時間半ぐらいだったかなぁ?

プーケットでのチェックインの時に、
『バンコク乗り継ぎの場合は、このシールを分かりやすいところに貼ってね』
って、紫色の四角いシールをもらいました。


が、何のイミもなかった・・・


うわさには聞いてたけど、スワンプナーム空港、ちょっとわかりずらかったかも。
電光掲示板に出てこないし。

んでも、キレイな空港でした。
成田ももっとカッコイイ空港にしてほしいなぁ。



バンコク~成田間は、機内食は朝食が出るようです。
乗ってすぐ、飲み物とスナック(フルーツケーキ)が配られました。

時間も時間なので、映画も見ずに寝ます。
おやすみなさい・・・


狭いエコノミー席ではぐっすりとはいきませんが、それでもけっこう寝ていたようです。
食べ物のにおいで起きました

機内食って、だいたい前方の席から配られることが多いと思いますが、
タイ航空は、往路も復路も全部後ろから配ってました。

朝食は、焼き豚のライスか、オムレツです。
手書きの日本語のメニューがありました。


ライスです。豚さんはどこかなぁ
朝食 ライス


オムレツです。
朝食 オムレツ


このオムレツ、薄味が好みの私は大丈夫ですが、
おそらくケチャップがないと、味があまりないです。

後でワゴンを見たら、ケチャップがいくつかのってました。
ひょっとしたら、人数分の用意がないのかなぁ。


乗った直後に配られたフルーツケーキと、降りる直前にもらったお花。
フルーツケーキとお花


このお花、成田~プーケット間でも配ってました。
でも、私の列は配られなかったんです

ちょっと寂しかったので、もらってうれしいです。
でも、本当は往路でほしかったなぁ。



と、こんな感じで、無事に日本へ戻ってきました。
6日間、あっという間だったけど、楽しかった
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_05_17


4日目、1日ゆっくりできるのも今日が最後
旅行はすっごい楽しいけど、帰る日が近くなるとちょっと寂しくなっちゃう
今日はプールでゆっくり過ごそ~。

プールは9:00からなので、朝食を食べて、8:40くらいにプールへ行ってみる。
2~3組くらいしかいないから、チェアも選び放題
さっそく、タオルを敷いて、日向ぼっこ~(パラソルの下だから日陰だけど)

インフィニティプールはこんな感じです。
インフィニティプール

プールは決して大きくはないです。むしろ小っちゃいかな。
でも雰囲気があっていいですよ~
ちなみに、こちらのインフィニティプールは大人のみになります。静かです。

どちらかというと、ボン島はファミリーやアジア人が多くて
こっちのインフィニティプールは、カップルや欧米人が多いです。
ここのプール、居心地よいです~
やっぱり閑散期なので、どこかしらチェアは空いてました。

横から見るとこんな感じです。
サイドから

完全に海にプールが突き出てます。
このプール、欧米の方々は温泉につかってるかのように、プールにつかってます。
やっぱり居心地いいんだね。みんな気持ち良さそうです

プールから、Into the Beach を眺めてみました。
プールから INTO THE BEACH

このプールの前にはbarがあって、スタッフが結構うろうろしてます。
なので、ドリンクやフードもすぐ頼めます
ここでもシンハーはバケツに入って出てきました
でも、ものすごく暑かったからかな。
中の氷は、あっという間に水になっちゃった

やっぱり、海はキレイな色をしてます。
今日はちょっと波が高そうでした。
まぁ、プールだから関係ないけどね。
読書をしたり、お昼寝をしたりでぼーっとしてました。

4:00頃、お部屋へ戻ることにしました。
途中のガーデンウイング棟からの景色です。
ガーデンウィング

たぶん、ステュディオのお部屋とかがある棟だと思われます。(たぶんですが)
デラックスのお部屋よりは、こちらの方が海に近いですね。

シャワーを浴びてる間に、お部屋にお手紙が来てました。
明日のレイトチェックアウトをお願いしていたのですが、
3:00までOKというお返事でした。
ありがと~ございます
ホテル出発が6:00だから、ダメならどうしようかと思ってたけど。
大丈夫みたいでよかった
タイ式マッサージに行くっていう手も考えたんだけど
ホテルでのんびりしたかったから。

ということで、安心して今日のディナーへ。
今日は、Into the Beach へ行きます。
INTO THE BEACH 2

夜だから分かりずらいけど、海沿いにあって、サンドカーペットなんです
ステキでしょ???(って、私が言うことでもないんだけど。)
せっかくだから、というかヒール歩きづらいから、サンダルは脱いで裸足で。

で、この写真の右側のソファ席が良かったんだけど、
ウェイターにこっちはドリンクと言われちゃいました。。。
食事の場合は、テーブル席だそうです。
あのソファ席に座りたいがために、ココへ来たんだけど。
んでも、海側の席へ案内してくれたので、いっかな。

牛肉のカルパッチョと、シーフードピザと、トマトとバジルのパスタ(だっけ?)
の3品をオーダーしました。
まずは、シンハーとカクテルで乾杯
せっかくの最終日なので、私もアルコールを頼んだのですが
・・・途中、酔いがまわりました
海外だと本当、すぐにまわっちゃいます。

お料理ですが、おなか空いてたのか、写真撮るのを忘れちゃいました。
フォカッチャ(大好き)やグリッシーニが最初に来ました。(もちろん無料)
パスタおいしかったです
シーフードピザは・・・コレでシーフードって名乗ったらアカン
カルパッチョは、ソースが甘かった。
ので、パスタソースをつけたら、おいしかったです。

ジャズの生演奏もしてました。
JAZZやってました

どーしてもソファの席に座りたくて、食後に移動させてもらいました。
ドリンクもおかわりして、ゆっくりくつろいじゃいました。
お会計は、2200バーツいかないくらいでした。

お部屋へ戻ると、こんなに小っちゃいヤモリがいました。
ちっちゃなヤモリ

虫とか本当にダメだけど、ヤモリは何度も見ているので、私も免疫ついてます。
触るのはダメだけど・・・でも見るのは大丈夫
小っちゃくって、目がくりっとしててカワイイ。
ヤモリって鳴きますよね?

もう、明日は日本へ帰る日です。
本当、寂しいなぁ
いつもなら、ココでパッキングをするところですが
眠いので、明日にします。
まだ帰りたくないよ~。
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_05_16


3日目の今日も良い天気です
今日は、とっても楽しみにしていたボン島へ行く日です
エヴァソンに宿泊するなら、とりあえず行っておかないとね。
ボン島は、エヴァソン所有のプライベートアイランドです。

朝ごはんを食べてから、ボートが出る桟橋へ行きます。
暑いので、トロリーに乗っていきます。
お散歩も良いのですが、こう暑いとやっぱり歩くのはちょっとツライです。
このトロリー(バス?)は、ゲストももちろんですが、スタッフも利用します。
むしろ、利用する人数でいったら、スタッフの方がずっと多いです。
あと、お部屋に置いてあるビーチバッグ。
コレもスタッフみんな持ってます。
それなら、ゲストにプレゼントしてくれてもいいのにぃ・・・。
欲しい方は、shopで売ってます。

桟橋のオブジェ(?) ギリはこっちらしいです。(私はギリの外観、苦手です)
ギリはこっちらしいです

ボン島へいく場合は、桟橋付近のカウンターに名前などを書きます。
人数でも把握するのかなぁ?
海は、透明度は低そうですが、色はキレイな色をしてます

桟橋をパチリ。
桟橋前

ボート出航です。木製のちょっと頼りなさげなボートです。
いっぱいは乗れなさそうです。16人+操縦士2名くらいが限界かも。
ボン島へ渡るスタッフもいっぱいいるみたいですが、ボートにはゲスト優先で乗ります。
すると、スタッフが全員あぶれちゃったんだけど、そのあぶれちゃったスタッフ達は
きれいな白いスピードボートに乗って、早々とボン島へ行っちゃいました。
絶対、あっちのが快適だよ~
スタッフが乗るくらいなら、ゲストを乗せてよ~

ボートから見たボン島
ボン島

ボン島へ行くと、ウェルカムすいか(笑)がありました
タオルをもらって、ビーチ前の席をとります。
ちなみに、ここのタオルスタッフ、本当ケチです。1人1枚しかくれません。
理由も聞いてくれないんです。
1枚しかなかったら、海入って濡れた後どうするの
その辺の安宿じゃないんだから、もう少し気を配ってよ

気を取り直して。
チェアとパラソルは、充分な数がありました。(繁忙期は分かりませんが・・・)
どのチェアを見渡しても、テーブルはありません。
デッキチェア&パラソル

タオルからチェアのマットがはみ出しちゃうじゃん。
やっぱりもう1枚くれてもいいと思うよ~。
か、大きなタオル用意するとかさ。ぶちぶち。

海、キレイです~
砂は裸足だとちょっとイタイかも。
海キレ~

ボン島で気になっていたのが、デイサラ。
大きさによって変わるらしいけど、1500バーツ++~ってお部屋の案内にあったので
どんなものか、お散歩がてら見てみました。
外観はこんな感じです。
デイサラ 外観

・・・私の好みではなかったかな。
デイサラだと、プライベート送迎らしいって聞いてて、興味はあったんだけど。。。
中は、大きなオレンジ色のデイベッドがあって、屋外シャワーとかもあるらしいんだけど、
ナチュラルテイストというか、素朴というか。

まぁ、ボン島自体が、素朴な感じかな。
あまりリゾートっぽさは感じません。
ドリンクやフードなんかも、特に聞きに来てくれません。スタッフもうろうろしてないし。
1軒レストランがあるので、そこへ行って言えば持ってきてくれるんだろうけど。
お手洗いは、島ってことを考えれば、充分かなぁ・・・
私は1度行った後は、我慢しちゃったけど

なんだかんだ書いちゃいましたが、海はキレイで、見ていて癒されます。
うみ~

ダンナ様は早速、朝食で失礼したパンを持って、シュノーケリングしてました。
お魚、けっこう集まってくるそうです。
すっかりパンのお兄さんになってたらしく、お魚がずっと後をついてきたと言ってました。
その後、浅瀬でパンをばらまいてみましたが、浅瀬でもいっぱい寄ってきました。
黄色に青(黒だったかな?)ラインの入ったお魚でした。

朝食いっぱい食べたからかなぁ、そんなにお腹も空かず
読書やお昼寝をしてぼーっと過ごしました。
こういう、何もしない時間大好きです
贅沢な気分になります。

満潮時、デッキチェアが大変なことになりました。
水上デッキチェアです(苦笑)
水上デッキ(笑)

私は、怪しい雰囲気を感じて、下に置いといた荷物を避難させたので良かったですが、
ビーサンを流されて追いかけてる人もいました
この水上チェア、なかなか見られない新鮮な光景でした。
荷物流されてたら、そんなのん気なコト言えないけどね

カヤックも無料なので、やってみました。カヤック大好き
ブイで仕切られてるので、かなり狭い範囲でぐるぐる回ります。
本当は、もっと自由に動ければいいんだけど、それでも楽しめました。

3時ごろのボートで、ホテルへ戻ろうということになり、
往路と同じように、復路もカウンターの用紙に名前を書きます。
このぐらいの時間から、帰る人が増えるようで、
名前を書いておかないと、乗れなくて次のボートまで待たないといけなくなります。
私達は早めに書いておいたので、大丈夫でした

帰りのボートからホテルを見た撮ってみました。
ボートから見ると、ホテルの敷地が広いのがよく分かります。
ボートからホテルをのぞむ

お部屋へ戻る前に、インフィニティプールを見てみました。
すると
こっちの方が私のタイプ~
とっても絵になります。ダンナ様も同じコトを思ったようです。
おトイレもちょっとのぞいてみましたが、やっぱりこっちの方がキレイ。
(向こうは島なんだから、当たり前なんだけどね。)
明日は、こっちへ来ようね
お部屋へ戻って、シャワーを浴びます。

今日のディナーは、Into The View のディナービュッフェに行きます。
ビュッフェは曜日毎にテーマが変わり、土曜日は『オーシャン&アース』でシーフード&お肉です。
ハネムーン特典でもらった無料クーポンを持っていきます。

海側の席は、全部予約席になってました。
そっかぁ、みんなちゃんと予約してくるんだね。
ドレスコードは全くないハズですが、女の人はみんなちょっとドレスアップしてます。
もちろん私もワンピース
ディナービュッフェは、1人850++なので、そんなに期待はしてなかったのですが・・・。
種類はそんなに多くはないですが、ホテルでこのお値段なら良いと思います。

私の盛り付け、雑です
ディナービュッフェ

端の方に、小さいロブスター(または、大きなエビ)やカニが氷に乗ったコーナーがあって
いっぱいおかわりしちゃいました

左から、ビーフ、チキン、フィッシュで、その場で焼いてテーブルまで持ってきてくれます。
コレおいしいですよ~オススメです。他のテーブルの方もおかわりしてました。
ビーフ チキン フィッシュ

デザートもありました。一応、一通り食べましたが、チーズケーキがおいしかったかなぁ。
(ちょっとうろ覚えです。。。)
アイスもおいしかったナッツとか自分でトッピングできたし。
ビュッフェ、なかなか満足度高かったです
クーポンでお食事は無料だったので、お会計はドリンクのみで、400バーツくらいでした。

ボン島、素朴なところではあったけど、のんびりできて、今日も1日楽しく過ごせました
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_05_16


セントラル・フェスティバルはとても大きいです。
私たちの好きなA/Xもありました。安くなかったので、何も買わなかったけど。

時間が限られているので、まず最初にNARAYAを探します。
チェエムスパの方からだと、かなり奥側にありました!
お土産用なので、ささっと決めちゃおうと思いましたが、
案の定、優柔不断な性格のため、時間がかかってしまいました。
おかしいなぁ。品揃えも豊富なワケじゃないのにね・・・

結局、1番小さなサイズ紺のリボンバッグ(160バーツ)を3つ、
その上のサイズの紺のリボンバッグ(205バーツ)を2点
同じ型のコットンバッグ(235バーツ)を1点、
取って違いのベージュのバッグ(175バーツ)を1点
ちょっと変わった形のポーチ(140バーツ)を1点
計1440バーツになりました。
あれ?思った以上に買ってるけど、お金足りるのかな・・・

私がNARAYAでお土産選びに格闘している頃、
ダンナ様はその辺をフラフラ暇そうにしてたようです。
こんな写真を撮ってました。
セントラルのダースベイダー(?)

この後は、メイン(?)のスーパーです。会社用などのバラマキはスーパーでお安くね
後は、ホテルで飲む用のビールやお水・お菓子をちょこっと。
プーケットはカシューナッツが有名らしいので、ナッツ類も買っておかないと。
普段ならかさばるのがイヤで買わないカップラーメンも、少し買います。
特に買うものもないから、スーツケースはスペースがいっぱい

こう書くとたったの5行なのに、1時間半以上は、スーパーにいました
もう少し早く決められるようにならないと・・・
お会計は、3000円いかないくらいでした。お金足りてよかったぁ
ダンナ様は『こんなに買ってもそんなに安いんだ』と驚いてました。

そろそろおなかも空いてきたので、レストランへ戻ることにします。
と、ダンナ様が香水売場で立ち止まりました。
どうやら、香水と一緒に並んで置いてあるバッグが気になるもよう。
店員さんに聞くと、香水をある一定金額以上買うともらえるみたい。
良いなぁと思ったGAのバッグは、アルマーニの香水を5500バーツ以上だって。

皮じゃないので高級感はないけど、かわいいし、おしゃれな感じ。
なので、メンズ用、レディース用それぞれ1つずつ選びます。
香水として考えると、免税店や日本で買ったほうが全然安いんだけど
バッグがついてくると思えば、お得だよね
どっちかというと、香水がおまけで、バッグがメインな気もするけど・・・

香水2つで、約5600バーツ。ギリギリ超えたね
で。ビックリしたのが。
香水売場は、10%offだったの。だから、お会計も5100バーツいかないくらい。
でもバッグはちゃんとくれるらしい。5500いかないのにね。
日本だったら、値引き後の価格でカウントしそうなところなのに。太っ腹

ということで、ただでさえスーパーのお買い物で両手がいっぱいだったのに、
さらに荷物が増えちゃった。
店員さんも笑ってたもん。大丈夫~?って感じで

外へ出ると、時間は6:30で、けっこう暗くなってきた
ちょうど3時間、お買い物してたみたい。時間があったら、もっと長くいたハズ。
また大通りを渡って、タイナーンレストランへ。
思ったより、地元の人っぽい客層です。

写真は1枚も撮ってません。
結論から言うと、スパでクーポンをもらわなければ、まず来ないだろう
っていうところです。
良い意味でも、悪い意味でも、予想通りな感じです。

まずくはないです。
とんかつは、日本と同じ味でおいしかったし
おすしはシャリが柔らかくて酸味強いけど、海外って考えれば、とびっこならイケルし
シューマイみたいな飲茶系3種類も良かったし。
ラーメンコーナーみたいなのもあったし。青菜いっぱい入ってたけど(笑)

でも、せっかく広いお店なんだから、もう少し清潔感を持ってほし~
ということで、1時間もしないで出てきちゃいました。
雷も鳴ってたし

ピックアップまで、まだ20分くらいあります。
とりあえず、スパの前まで歩いて行く途中で、雨が降ってきました
この旅行中、唯一のスコールです。
間一髪、濡れずにすみましたが、もう少しお店出るのが遅かったら・・・。
いくら目と鼻の先っていう距離でも、この大雨だとちょっとイヤかも。

スパ前の屋根があるところで車が来るのを待ってましたが、
スパの人が来て、中で座って待ってていいよ~って。
ありがと~
親切に、お茶も出してくれました。重ね重ねありがと~
こんなところも、チェエムスパ、おすすめです

10分くらいして、お迎えの車が来ました。
ドライバーの人も、早く帰りたいのね。
超スピード出てました
雨が降ってるから、ちょっとコワかったもん。

こんな感じで、今日は1日、外出していた日でした。
全然、写真撮ってないなぁ(笑)
テーマ : 海外旅行    ジャンル : 旅行
2010_05_15


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

はむこたん

Author:はむこたん
マイペースな旅行記だけど
少しでも、参考になったら
うれしいです~*≧▽≦*

ご注意!!

当ブログの写真・画像・文章の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます

カテゴリ

おすすめリンク

宿らんおすすめブロガー/伊東遊季亭 川奈別邸

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top